なぜ「違法判決」なのか?

「違法判決」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      掲示板や動画内での誹謗中傷…損害賠償を請求することはできる?

      3月7日、関西地方の不動産会社に勤務する女性が、物件を紹介する動画の音声を消えているものと勘違いし、男性を誹謗するような会話が入ったままYouTubeにアップロードされる事案が発生。 この社員がどうなったのかは不明ですが、一部では解雇されてしまったのではないかとの噂があります。 *画像はイメージです:https://pixta.jp/ ■ネットでの誹謗中傷は少なくない 最近はニコニコ生放送やツイキャス、ふわっちなど自ら動画を配信することが容易になる世の中になりました。

      また、SNSでも嫌な思いをしている人は多いと聞きます。いわれなき誹謗中傷や、過激な悪口など、匿名性が担保されているサイトほどそのような光景を目にします。 そのような書き込みには慰謝料の請求や名誉毀損罪での提訴を検討したいところです。 まず慰謝料の獲得についてですが、目に余る名誉毀損や悪口を書き込んだ者については、プロバイダ責任制限法を活用することで、情報の開示を求めることができます。


      ただ、実際に書き込んだ者を特定するためには、まずサイト運営者にIPアドレスの開示を求め、それにより判明するプロバイダに対して契約者の情報を求めなければならず、しかもログの保存期間は書込みから3~6か月程度のため、迅速に動くことが求められるなど、ハードルは低くありません。
      書込みをした者の情報を得ることができれば、慰謝料を請求することができます。
      なお情報の開示を求める場合は、そのURL、動画、書き込みのスクリーンショットなど証拠が必要となりますので保存しておきましょう。その際、単に通知をするだけでは対応してくれないことが一般的であり、自分の権利が侵害されたということのきちんとした説明と、本人確認書類を送ることが必要です。 本人確認書類は、免許証やパスポートの写し、印鑑証明書などが想定されています。

      悪質な書き込みに悩んでいる方は、弁護士に相談するとともに、法務省の人権擁護機関への相談も検討してみましょう。 *記事監修弁護士:清水陽平(法律事務所アルシエン。

      インターネット上の情報を削除代行する違法な業者に注意

      当たるとして、依頼者に代金の返還を命ずる判決が下されました。



      しかし、これまで明確な判断基準や判例が存在しないため、放置されてきたのが実状でした。 今回の判決で、ウェブサイトの管理者に情報削除を求めることは法律事件であり、弁護士資格のない者が代行することは弁護士法違反であるという判断が示されました。

      このような場合、ウェブサイトの管理者やプロバイダーなどに削除依頼を行う事もできますが、連絡先が不明確だったり、連絡先として表示されているメールアドレスが無効だったり、返事が返ってこない事も珍しくありません。
      一般の個人や法人が以上のような手続きを行うことは手間がかかり、かつ確実に削除できるとは限りません。
      多くの事業者によって提供されるようになりました。

      今回報道された通り、インターネット上の情報削除を代行できるのは弁護士のみです。 よって弁護士や法律事務所以外の業者には気を付けるべきです。 また、報酬に関しても、削除代行に関して弁護士以外が報酬を受け取ることはできないため、振込口座を確認することも見分け方の一つです。 最近では自身のホームページのアクセス数を稼ぐため、サイトへのリンクではなく記事そのものをコピー&ペーストした投稿も増えており、インターネット上から完全に情報を削除することは困難になっています。

      こうした事実を認識した上で、削除代行への依頼を検討すべきです。

      記事や書き込みの削除代行業者に違法判決…削除成功してても返金って本当?

      平成29年2月20日、削除代行業者が違法であるとの判決が出されました。

      被害者に代わってサイト側に削除要請を行う業者です。 そのような業者に、自分の権利義務や個人情報を預けることは非常に危険です。 また、悪質な業者の中には、依頼者の誹謗中傷等の書き込みを自ら行って、延々と報酬をむしり取ろうとする者もいます。

      また、削除代行業者に依頼を続けることは、違法な業者に金銭を支払うことを意味しますので、コンプライアンスの観点からも問題です。 契約書に押印していても、返金が請求できます。
      また、削除に成功したため納得して報酬を支払ったという場合でも、返金請求が可能です。ない このような場合は、ほとんどのケースで返金請求ができます。
      削除代行業者を現在利用している、又は過去にしたことがあるの方は、一度弁護士に相談されることをお勧めします。インターネットトラブルやWEBに関する事案を多く取り扱う。

      ルフトハンザ、労組のストに違法判決 独・労働裁判所で

      8日には長距離線、9日には長距離線とヨーロッパ域内路線、ドイツ国内線で多くの欠航便が発生、日本線の多くが欠航した。 VCは2014年から度々ストライキを行っており、その都度日本線にも多くの影響が出ている。


      関連キーワード - ベッキー - 川谷絵音 - ゲスの極み乙女。 - 長谷川豊 -

考察。「違法判決」とは何か?

「違法判決」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

違法判決に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 行政法過去問さん: 【H24-15-5】事情裁決は、行政事件訴訟法の定める事情判決と同様、処分が違法であるときに一定の要件の下で行われるものであって、処分が違法ではなく、不当であるにとどまる場合において行われることはない。 →違法でも不当の場合でもありうる。 - 3 日と 18 時間 17 分 48 秒前
  • 脱毛博士さん: エステ永久脱毛は違法行為です判決は法人としての株式会社ワールドビューティックに罰金300万円、同社社長には懲役3年、執行猶予4年、罰金300万円とエステ敗訴。脱毛は医療行為であることが判決で認められた。(報道より)
    > https://t.co/SqDnd8Sxny

    - 3 日と 18 時間 32 分 41 秒前
  • 慰謝料請求jpさん: 最高裁H2.2.20判決要旨/犯罪の捜査は国家及び社会の秩序維持という公益を図るためであって、被害者が捜査によって受ける利益は反射的にもたらされる事実上の利益にすぎず、捜査が適正を欠くこと又は検察官の不起訴処分の違法を理由として国家賠償法に基づく損害賠償請求をすることはできない。 - 3 日と 18 時間 42 分 9 秒前
  • なかじー@VFK12さん: RT @shinbunuzumibi: 「日本で学ぶすべての生徒に教育の機会を与える」という高校無償化制度の原点に立ち、その対象から朝鮮学校を外した国の処分は違法とした大阪地裁判決。その意義を学ぶうずみ火講座は9日(土)クレオ大阪中央で。けさの毎日新聞大阪版にも紹介記事が。緊迫… - 3 日と 18 時間 46 分 25 秒前
  • Nobadyさん: 大阪の朝鮮学校無償化却下は違法など、最近はどう考えてもおかしい判決ばかり下される - 3 日と 21 時間 39 分 44 秒前
  • H2kjさん: RT @YES777777777: 【朝鮮学校無償化訴訟で国側勝訴】朝鮮学校を高校授業料無償化の対象から除外したのは違法だとして、東京朝鮮中高級学校高級部の卒業生62人が国に1人当たり10万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は、原告側の請求を退けた。まっとうな判決です。 h… - 3 日と 21 時間 50 分 47 秒前
  • 概念主義者 ニートリアージ 我輩は猫以下さん: RT @plalasan: @3kichisan そもそも東京の三店方式にお上が一枚噛んでるのは、裁判で三店方式に違法判決が出る保証が無いのが分かってるから、ですからね。 - 3 日と 22 時間 7 分 6 秒前
  • ひつじかしさん: 【憲法】衆議院議員定数不均衡問題⇒投票価値の不平等が一般的合理性を有せず、合理的期間内における是正が憲法上要求されていると考えられるのに行われない場合、違憲。しかし、選挙の効力は事情判決の法理を援用して、無効とせず違法の宣言。参議院5.26対1は合理的期間論に基づき合憲 - 4 日と 1 時間 16 分 4 秒前
  • SGM村上チーフさん: RT @taz06033856255: @setagaya_tanaka 今日,被害女性の勝訴判決があったようですね。当然だと思います。暴力的,屈辱的な内容で勧誘手口も欺しそのもの。そもそも違法だと思います。女性も好奇心でそういうものに近づかないように。 - 4 日と 7 時間 27 分 57 秒前
  • もふもふさん: 再審で無罪判決が確定した場合においても、検察官の公訴提起及び追行時における各種の証拠資料を総合勘案して合理的な判断過程により有罪と認められる嫌疑があったときは、右酵素の提起及び追行は、国家賠償法上違法でない。 - 4 日と 8 時間 37 分 54 秒前
  • ネット保守連合・ヤマト海舟さん: RT @Sonjin01: @HARUHIKOBOY @bluef86t2t4 違法判決を検事と組んで出して、問題になった裁判官は同一人物ですか?上岡哲生(かみおか・てつお)判事(47)を口頭で注意。地検は担当検事を訓告とし、先輩検事を戒告の懲戒処分とした。2検事の名前は明… - 4 日と 10 時間 10 分 10 秒前
  • 概念主義者 ニートリアージ 我輩は猫以下さん: RT @koumuinbot3: 行政法、行政行為の効力:損害賠償請求の前提としての行政処分の効力→行政処分が違法であることを理由に国家賠償の請求をするには、あらかじめ行政処分につき取消しまたは無効確認の判決を得ておかなければならないものではない(公定力と国家賠償の関係) - 4 日と 13 時間 23 分 20 秒前
  • 鷺宮 銀@自作PC11台目さん: @mimigebarikan @hanakuma8798 不満があるなら本気で声上げないと向こうさんはただメシウマしてるだけだからね、一応同一労働同一賃金の違法ラインは高い方の8割を下回る場合にアウト判決が出てる模様 - 4 日と 15 時間 43 分 57 秒前
  • ロケットマンさん: RT @Doronpa01: 鮮人学校側から提訴された無償化を認めないのは国による違法行為だとした裁判結果は、控訴棄却となりました。大阪の異常判決はともかく、考え見れば当然の結果であり、我が国に「核を落とす」「核の炎で焼き尽くす」と宣言している無差別戦争狂国家北鮮の下部組織、鮮… - 4 日と 16 時間 19 分 38 秒前

    「違法判決」に関するブログ
  • 日本刀LOVE (@nihonnoto2) 2017年9月14日 - 16:05
    契約社員に手当なし 違法判決 | 2017/9/14(木) - Yahoo!
    ニュース fb.

    http://blog.goo.ne.jp/shigekiti1224/e/4f6d4fd995070f3627c8cd986e553807


  • https://t.co/VLt0eEVTHF09/14 12:52
    Tohya_Kaekoこの判決はいろいろ影響が出るんじゃないかな→契約社員に手当なし 違法判決 | 2017/9/14(木) - Yahoo!
    ニュース https://t.co/ztmYK2XvV2 #非正規労働09/14 17:03

    http://kaekko.blog.so-net.ne.jp/2017-09-15


  • 兵器廃絶の道
    国際司法裁判所の核兵器違法判決、全面的核実験禁止条約の採択、非核地帯化条約の成立など眼に見える核兵器廃絶の道について検証し、核なき未来について学びます。
    核の負の遺産

    http://kokoro2016.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/2-3e00.html


  • しかし、本来の目的に立ち返れば、「あいまい」な結果発表にはあまり意味がない。
    全国学力テストは、1956年に一部の児童・生徒を対象として開始されたが、旭川地方裁判所が66年、教育内容への国家介入を禁じた当時の教育基本法第10条に基づき、「文部省(当時)が本件学力調査を通じ教育活動の内容に影響を及ぼすことは、それ自体不当」という違法判決を出した。
    その後、最高裁では適法とされるも、それ以降、全国学力テストは打ち切られる。

    http://blog.goo.ne.jp/kk719/e/4587491606be6319da1c0cc116e2eeb3


  • 【朝鮮学校】無償化除外は違法判決!!! 全国の専門学校、塾も無償化対象というとんでもない判決!!
    【朝鮮学校】無償化除外は違法判決!!!
    全国の専門学校、塾も無償化対象というとんでもない判決!!

    http://blog.goo.ne.jp/kankantv/e/379012d9269a89372e6c50fdb992cbd9


  • 「違法判決」に関する教えてGoo!
  • 先日、二重課税について違法という判決が出たニュースを聞いた覚えがあるのですが、給与で所得税・住民税を引かれてますし、そのあとまた消費税で取られます。固定資産税も自動車税も給与収入から支払います。

    たばこもそうですし、ガソリンなんてさらに税金分に消費税をかけてとられていることになるんですよね?

    二重課税の「二重」とは、どういう状態を指すのでしょうか。

     
    わかりやすく言うと、「それをすることで発生する税」が二つ重なったらダメってことです。


    所得税は給与を得ることで支払う税
    住民税はそこに住むことで支払う税
    固定資産税は土地などを持つことで支払う税
    自動車税は自動車を持つことで支払う税
    消費税は物を購入することで支払う税
    土地や自動車は持たなければ発生しません(住民税は現状ではどこに住んでも支払うことになりますが、金額が違ったり、理論上は無税の地域を作ることも出来ます)。
    物を買わなければ消費税は発生しません。


    二重課税はその「一つのことをすることで二つの税がかけられること」です。


    所得に対して自動車を持ってても持って無くても自動車税をかけるのなら二重課税です。



    酒税やガソリン税は実際には原価の時点で酒税と消費税が同時に発生しています。


    ですから厳密に言うと二重課税です。




    しかし、仮に酒を消費税非課税にしたとしても、酒税を+5%に設定してしまえば同じことですから、「問題のある二重課税」とは認められません。

    相続税と所得税についてはそういった設定が出来ませんから「問題のある二重課税」として違法判決が認められたのです。


話題のトピック