なぜ「軍服」なのか?

「軍服」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      「自衛隊の存在を書けばそれでいいというものではない」石破氏が語った憲法9条

      14日、日本外国特派員協会で自民党の石破茂衆院議員が会見を開き、憲法9条について自身の考えを語った。 石破氏は今月発売の『文藝春秋』誌上などで、安倍総理が示した改憲方針について異議を唱えるなど、"安倍一強"とも言われる党内においての発言が注目されており、来年の党総裁選に向け"ポスト安倍"の一人とも目されている。

      話した上で「国会で論戦をするときに、相手の野党を論破すればいいのだとは思っていません。
      以下、本稿では石破氏のスピーチと、憲法改正についての質疑を紹介する。 ■非常に独特なのは第2項 急に憲法改正というのがクローズアップされました。

      5月3日の憲法記念日という日でありますが、その日に我が党の総裁である安倍晋三氏が憲法改正したいというグループにおいてビデオでメッセージを発表され、同じ日の読売新聞で同じ内容をインタビューに応じる形で発表されたということがありました。

      そこにおいて安倍総裁がおっしゃったのは、憲法第9条の1項と2項はそのまま残し、自衛隊の存在を第3項として明記することは、国民的議論に値するのではないか、とおっしゃったのであって、これでなければならないと言ったわけではありません。
      これは9条だけ論じても、あまり意味がありません。
      平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。第2項は第1項を受けて、「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。 憲法9条第1項は、不戦条約の規定をそのまま受けたものでありますので、このような規定は多くの国の憲法に存在するものであって、日本国憲法だけのユニークな規定ではありません。
      国または国に準ずる組織同士において行われる、領土等をめぐる武力を用いた争い。 ですから9条1項は当たり前のことが書いてあるんです。別に日本独特のユニークな規定ではありませんが、非常に独特なのは第2項であります。そういうものは持ちませんよ、と言っているわけですから、F-15戦闘機を200機持っている航空自衛隊は空軍ではありませんね、最新鋭の戦車を有している陸上自衛隊は陸軍じゃありませんね、イージス艦を6隻持っている海上自衛隊も海軍ではありませんね、そういうことになっています。

      戦争の時に用いられるルールが交戦権でございます。

      日本国憲法ができた時に日本国は独立主権国家ではありませんでした。日本国が独立主権国家となって国際社会に復帰をしたのは、サンフランシスコ条約が発効した1952年4月28日のことでございます。

      形式的には大日本帝国憲法改正の手続きを踏んでおりますので、もちろん色んな問題あるんですけども、日本国憲法は占領下において作られたものなので無効だという立場に私は立ちません。
      独立していないときに作られたので、独立に必要な規定がないのは当たり前のことであります。 似たような組織に見えて、その役割は全く違います。

      外に向けて作用するものであるがゆえに、その行動は国際条約あるいは確立された国際慣習に従うものでございます。

      警察が外国に行って警察権を行使するということはありません。
      そして自衛隊は、名前はどうでもいいんですけれど、独立を守るための組織であり、その行動は条約ならびに確立された国際慣習に従うべきだ、ということはどうしても入れておかなくてはいけません。
      国際連盟が失敗したその原因は、アメリカ合衆国が参加しなかったというのが大きな原因であったので、国際連合をつくるときにはアメリカが反対しないように、という十分な注意が行われました。

      第二次世界大戦は多くの犠牲を多くの国に与えました。

      うあんなことは嫌だということで、国際連合というものを組織し、国が勝手に自衛戦争もしてはいけないよ、どっか悪い国から侵略をされたら国際連合が駆けつけて、そういう悪い侵略を追い払うよ、というのが国際連合の精神であります。 しかしアメリカ合衆国は自分の国の利益が他の国の考えで左右されるのを非常に嫌う国でございますので、国際連合が何を決めようとアメリカ反対したら何も動かない組織にしてくれよ、という強い要請をいたしました。

      それが拒否権というものでありまして、なんでアメリカだけがそんな権利を持つんだ、うちにもよこせ、と言ったのがソビエトであり、イギリスであり、フランスであり、中華民国でありました。

      これが五カ国の安全保障常任理事国の拒否権というものであります。ソ連の権利はロシアが引き継ぎ、中華民国は後継国家ではありませんが中華人民共和国が引き継いでおります。 侵略されたら国際連合が助けにきてくれるはずなんだけど、五カ国が反対したら駆けつけてくれない、それはひどいじゃないか、ということに当然なります。これが認められないということは国際常識におそろしく反するものであり、憲法のどこをどう読んでも、個別的自衛権は良くて集団的自衛権は駄目だなぞということは論理的に出てこない。 9条をめぐる議論は、このことに終止符を打つものでなければならないと、私は固く信じるものであります。しかしそれが最も難しい防衛戦略であるということをきちんと国民に説明してこなかったことは、私自身強く反省をしております。 つまり9条を論じるにあたっては、軍隊なのかそうでないのか、あるいは集団的自衛権をどのように考えるのか、専守防衛をどのように考えるのか、そういうことを国民に迎えって訴えなければならないのであって、自衛隊の存在を書けばそれでいいというものだと私は思っていません。
      1989年、天安門事件のあった頃、中国の国防費はアメリカの3%しかありませんでした。ロシアの軍事費も、一番少ないときはアメリカの6%まで落ちました。

      この地域の軍事バランスが大きく崩れつつあります。そして中国は安定的に発展していくことは、この地域ならびに国際平和のために必要なことだと思っております。この地域において軍事バランスをきちんと保つことも同時に重要です。 なお北朝鮮に対しては、我が国のミサイル防衛の能力をさらに上げること。 この地域における平和と安全、そして日本国の独立、これを守っていくために今回徹底的な議論をする、それが我々に与えられた使命だと信じています。

      Q.2020年に施行したいという"タイムリミット"について、また、自衛隊の明文化についての見解は。 A.私はずっと以前から憲法改正は早ければ早いほどいいと申し上げてきました。

      オリンピックはビッグイベントですが、なにもそのときまでにという、そこに論理的整合性はあると私は思いません。
      1964年に東京オリンピックもありましたし長野オリンピックも札幌オリンピックもあったので、別にオリンピックがあるからというのは論理的な話だと思いません。
      早く行わなければならないが、それは議論が粗略であっていいということを意味するものでは全くありません。
      それは憲法改正をしようとする我々が確固たる考えを持ち、街頭に出てそれを訴え、小さな集会でもそれを訴えるということ。つまりきちんとした知識を習得するということ、それを可能にする行動起こすこと、それが憲法改正の早道なのであって、いつまでが期限だからそれまでにやれ、というのが早くするための手段だと私は思いません。
      それは当たり前のことで、3項をこのように変えるぞ、ということはおっしゃっていないので熟読してもわからないのは当たり前。ちなみに読売新聞は読売新聞としての憲法改正試案を発表しており、それは読売新聞が実現したい憲法改正だと思うが、それは安倍さんがおっしゃったこととは全く違うことが書いてある。しかし"前項の規定に関わらず"という憲法のあちこちで採用しはじめると、憲法って一体何だとなりますので、法律的には不可能ではないが、あまり正しいやりかただと私自身には思われない。 Q.憲法改正した場合、それがどのような役割を果たすのか。 A.私も大学では法律を専攻いたしましたが、憲法9条について深く教わった覚えがほとんどありません。
      日本の憲法学は、一部を除きまして東京大学の宮澤俊義先生の影響を強く受けています。

      この考え方に従えば、自衛隊というのは違憲だということになっておりまして、日本の法律を学んだ大学生の多くはそういう考え方を習ってまいりました。

      この考え方と違うことをテストで書くと、だいたい合格点をもらえないことになっております。法学部の学生でその状況ですから、それいがいの理科系のかた、あるいは経済系の方、多くの国民の皆さま方がこの憲法9条について深い理解とか問題意識を持っておられないのはむしろ当然だと思っております。 国民の9割以上は自衛隊の存在を是認しております。 そして、公明党さんの考えは公明党じゃないからわかりません。
      公明党の方々には随分親しい方もおり、真剣な議論をしてまいりました。

      みたいな、そういう考え方に少なくとも私は立っておりません。
      Q.自衛隊を憲法に書き込むという改正に同意する国民は多いかもしれないが、しかし安倍総理が改正することを問題する人が多いのではないか。そうであれば安倍政権というものが多くの理解を得られるように努力をするのが、作った我々の責任ということであります。総裁に向かって言う勇気を我々は持たなければなりません。

      「平和について考える機会になっているのか疑問」 エアレースでの零戦の飛行に否定的な『AERA』記者が炎上

      TLに零戦を讃える人がたくさんいて、考え込んでしまう。なってないようだけど 今を生きる私たちがすべきは、零戦に平和を奪われた人たちについて知ることじゃないの。戦闘兵器たる要塞、砦、城は文化財であり観光名所となっています。

      城、特に熊本城と同一視することに対して、竹下氏は次のようにツイート。 零戦と熊本城を同一視する人たち、発想が斜め上すぎるし、熊本出身で熊本城の復旧に寄付している私としては怒りで震える。それに対して、竹下氏が次のようにツイートしたことも、炎上に拍車をかける結果となっています。

      私は技術畑出身なので、軍事由来の技術に現在の世界がどれほど助けられ、豊かになっているかを一応知っています。

      軍事由来のものなら何でも反対というのなら、インターネットもGPSも使ってはいけない。ようにとらえるメンタリティは、正直理解できないものがあります。

      「 Re:CREATORS 」7話「世界の小さな終末」【感想レビュー】

      登場人物も出揃ってきましたし、さぁ、物語は大きく動き出しますよ。あらすじ 戦うことでしか分かり合えない者たちを止めるため、弥勒寺とブリッツの戦いに割って入るまみか。 弥勒寺の兄貴はブリッツのおじきとの再戦を望む形でセレジア側についたわけなので戦力としては貴重なように思われます。などを手掛けておりまして、このアニメにおいても浅からず縁のある制作会社です。 そんなカフェでの会合ですが、敵サイドにいるまみかだからこそ隠していることを打ち明けられる颯太くん。

      アニメ映画「劇場版はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」、新キービジュアルが公開!主題歌は早見沙織に決定

      より、新キービジュアルと主題歌情報が公開となった。1978年のTVアニメ化をはじめ、数度に渡りTVドラマ化されるなど幅広い世代に人気で、2017年には劇場アニメ化されることが発表になっていた。2017年に劇場アニメ化!連載40周年を記念して 今回、袴姿に身を包んだ紅緒と、軍服を着た伊集院忍少尉の姿が描かれた新キービジュアルが公開。 その映画主題歌を提供する光栄に恵まれたことに感謝いたします。 主人公の紅緒そのものになった気持ちで書き上げたこの歌は、 早見沙織さんの透明でまっすぐな声にぴたりとはまりました。

      現代を生きる女性たちへの心のエールになれば幸いです。
      関連キーワード - 声優 -

考察。「軍服」とは何か?

「軍服」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

軍服に関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news1/index.php(562): tweet_output('\xE8\xBB\x8D\xE6\x9C\x8D') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143