なぜ「西尾幹二」なのか?

「西尾幹二」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      【従軍慰安婦の嘘】西尾幹二氏【河野談話見直し会見】談話の中に書き込まれている強制は韓国のことではない

      規定し、今年に入ってニューヨーク州議会上院、ニュージャージー州議会下院において同様の議決を行ったことは、許しがたい誹謗で、憂慮に耐えません。
      世界には貧困のために、あるいは他の理由で、不幸にして自分の性を売らなければならなかった人たちはいました。

      しかし日本が国家としての権力を使って強制的に女性たちに性を売らせたという事実はありません。
      最初のウソが積み重なって、日本政府の弁解のまずさもあり、誤解の輪を広げました。

      アメリカ議会はこのことをしっかり再調査し、各決議を撤回していただきたい。韓国ではこの写真を強制連行の証拠として利用している。

      そもそもアメリカに、あるいは世界各国に、戦争と性の問題で日本を非難する資格はありません。
      市民の中には食べ物も少なく、チョコレート一枚で身体を売るような話も広がっていた時代です。 「また軍隊と性という問題としてなら、戦後の米軍が憲兵と日本の警察を動員して一定街路を封鎖して全ての女性の性病検診を行ったこと、その際、娼婦でない女性がまきこまれたことも書いてほしい。派手な衣裳と化粧でアメリカ兵にぶら下がって歩いていた風俗は、つい昨日の光景として、少年時代の私の目に焼きついています。

      米軍によるこの日本人慰安婦の数はおよそ20万人いました。

      『りべらる』というカストリ雑誌には、若い女性が特殊慰安施設に連れて行かれて、初めての日に処女を破られ、一日最低15人からの戦場から来たアメリカ兵の相手をさせられ、腰をぬかし、別人のようになったさまが手記として残っています。

      「どこの部屋からも、叫び声と笑い声と、女たちの嗚咽がきこえてきました。

      「二、三ヵ月の間に病気になったり、気がちがったりしました。

      日本をいま告発するアメリカ社会、キリスト教団体等は自分たちの父や兄が何をしていたかを知り、恥を知れと言いたい。 日本政府はアメリカに謝罪と賠償を要求するべきです。しそれができない、そのつもりがないというのであれば、日本も慰安婦問題についていかなる謝罪も賠償もすべきではありません。
      国際関係はなによりも相互性と公平公正を原則とします。 アメリカは日米戦争において自国の正義を守るために、日本を残虐非道の国であったとしておきたい。さもないと原爆や東京大空襲をした歴史上の犯罪を正当化することができないのでありましょう。 三月十日(土)晴東京大空襲 ○午前零時ごろより三時にかけ、B29約百五十機、夜間爆撃。 爆撃は下町なるに、目黒にて新聞の読めるほどなり。今後この問題をアメリカが謙虚となり、取り下げなければ、無実の罪を負わされ傷つけられた日本人の感情は内攻化し、鬱屈し、反米的方向へ走り出す可能性があります。 一番いけないのは日本をホロコーストを犯したナチスの国ドイツと同列に並べて裁こうとする余り慰安婦問題を針小棒大に描き出すことです。 ナチ管理下の売春では人種問題が困難で、ドイツ人士官や党幹部がユダヤ人女性と性交すれば死刑でした。あらゆる点で西欧と東欧では対応が違っていて、オランダやノルウェーなどでは公娼制度が施設として利用されました。

      しかし東欧やソ連地区では公娼制度が存在せず、ドイツの前線司令官はなかば強制処置をもって売春婦になる少女たちをかき集めました。

      韓国兵がベトナム女性を強姦してうまれた混血児 それがライダイハンです。日本の戦争をドイツの戦争と同じようにとらえ、ホロコーストもしていない日本をドイツと同じように扱うために慰安婦問題を大げさに言い立てるのは余りにバカげています。

      韓国はベトナム戦争に参戦し7000人―2万人の私生児を残してきています。



      百田尚樹の韓国ヘイト本がヒドい!「韓国は不潔」「朝鮮にハングルを広めたのは日本」など差別デマと歴史修正のオンパレード

      〉と煽っているが、ようするに、その手法は、韓国に謝るふりをしながら、結局はいつものように、日本の韓国侵略を美化し、韓国人を徹底的にバカにし、おぞましい民族差別的言辞を浴びせるというシロモノ。 たとえば、日本が韓国併合でこんなに貢献したと延々誇示しておいて、最後に〈それらは全部、日本人が頼まれもせずに勝手にやったことです。〉などと釈明ポーズをみせ、〈今、韓国人は世界で嘲笑され、馬鹿にされています。

      便所の落書きみたいな露骨な差別性に加えて、三流放送作家でもやらないようなサムすぎる手法。どれだけ悪質なミスリードを繰り返し、歴史を歪曲し、差別言説をまきちらしているかを、きちんと指摘しておかなければなるまい。これがまたに悪意丸出しのフレームアップで、"朝鮮は文明国の日本とは比べものにならない不潔で最悪の国"と印象づけようとしているのだ。

      から、〈城内ソウルを描写するのは勘弁していただきたいところである。また、1904~1905年に朝鮮を訪れたスウェーデン人ジャーナリストによるルポを根拠に、ひたすら"朝鮮の汚さ"を強調している。

      「道は狭く不潔で、家屋は低くて見栄えがしなかった。日本のように人目を引く商店や、古い寺などもない。四方から悪臭が漂い、戸外にはごみが積もり、長い毛をだらりと垂らした犬が集まってきては食べ物をあさっている。

      比較するように書いて、日本を持ち上げることも忘れない。なるネガティブな印象を持ってしまう人もいるかもしれない。 ●スウェーデン人ジャーナリストが見た日本支配下の朝鮮の実相 たとえば事実として、バードは〈大きいことによって醸し出される印象を別とすれば、東京の風景には人目をひくようなものはない。ある部分では日本の都市について辛辣な意見も述べているし、彼女の感じた朝鮮人の特性として、日本人らと比較してこうも記している。

      その理解の早さと明敏さは外国人教師の進んで認めるところで、外国語をたちまち習得してしまい、清国人や日本人より流暢に、またずっと優秀なアクセントで話す。 さらにグレブストに至ってはかなり朝鮮に共感していたようで、百田が引用した"釜山の第一印象"の文章の直後、彼が海辺の村落を抜けて市街地へ向かうと、そこは〈あらゆるものが典型的な日本〉だったとしたうえで、こう書いている。

      〈生活力の強い日本の種族の帝国主義根性は、朝鮮の滅亡をほとんど既成事実化してしまった。内心そんな目的を抱きながら日本は計画的にことを運んでいた。彼らが礎を築いているのは朝鮮の改革された未来のためではなく、自分たちのためなのだ。

      グレブストが韓国を訪れたのは大韓帝国時代の1904年末で、すでに第一次日韓協約も結ばれ、朝鮮は事実上の日本の占領状態に突入していた。その時代背景にあって、汽車を見に来た朝鮮人たちが煙に反応して騒ぎになったときの日本人の行動を、このように記述していることも見逃せない。 〈私はコンパートメントの窓からこの騒ぎを見つめていた。小人のように背の低い日本の役人らが朝鮮の子供らを情け容赦なくぞんざいに扱っている。

      彼らは日本人さえ見れば恐がって、三十六計逃げるにしかずとばかりに逃げていく。たちは鞭を握って、機会さえあればいつでもその味を見せつけた。まるで、そうすることが楽しいといわんばかりに...。対する批判的な記述を完全にネグっているのは間違いないだろう。よりも優れていた"などと印象付けるつもりは毛頭ない。

      ただ、百田の引用が極めて恣意的であるという事実を述べたまでだ。

      そして、このように他国、他民族のネガティブな部分だけをかきあつめるのが、ヘイト本の典型的印象操作のやり方であることは、もはや言うまでもない。なる小見出しのもと吹聴している"朝鮮人にハングルを広めたのは日本"なるデマである。総督府は実質的に文字を持たなかった民衆に、ハングルを教育し、普及させました。

      成立したものであることが今日確認されているからである。一本化するとともに、それまで必修科目だった朝鮮語を事実上外した。また1940年には東亜日報や朝鮮日報など朝鮮語新聞を廃刊に追いやっている。

      す〉などとは、まったくもってクラクラしてくるが、これだけでも百田本の悪質さは一目瞭然だろう。そこには、かつて朝鮮半島で朝鮮人がこぞって日本名を名乗ったのと同じ理由があるような気がしてなりません。
      歴史を歪曲したあげく、在日コリアン差別につなげるというコンビネーションをぶっているわけだ。

      この手のネトウヨ的ヘイトデマも、さすがにいい加減にしてもらいたいのだが、念のため言っておく。在日コリアンのなかに、いわゆる通名で生活している人たちがいるのは、お前らのような差別主義者がのさばっているからに他ならならない。 〈創氏改名は、朝鮮人が役所に届出をし、また裁判所の許可を申請するという形式をとった。それだけを見るなら、それぞれの朝鮮人の自発的意思にもとづくものということになる。だ、という理屈が大きな圧力となって朝鮮人にのしかかった。からの差別的な扱いによって半ば強制されたものとも言える。言いふらしているのは差別/被差別関係、あるいは支配/被支配関係を肯定していることに他ならない。百田がホラを吹いている『今こそ、韓国に謝ろう』が、正真正銘のヘイト本であることを実証してきた。他にも、同書から、挑発的かつ民族蔑視的なヘイト言説を列挙していけば、それこそキリがない。しかし韓国ほど露骨に、しかも何度も不正を繰り返す国はあまりありません。
      〉 〈私は長年、韓国の異常な内政干渉の理由を考えてきましたが、ある時、はっと気付いたことがあります。それは、彼らは他国の政治や文化に口を出しているつもりはないのではないかということです。

      ただ、一つだけ愚痴をこぼしておくと、百田センセイみたいなヘイトスピーカーが、あまたのデマをほざき、ネトウヨから喝采を浴びまくっているのと比較して、こうした妄言をしっかり検証する動きは、あまりにも鈍いと言わざるをえない。 たしかに、クソのようなネトウヨ言説をひとつ検証するだけでも、そのホラを吹く何十倍もの労力が必要となる。鼻で笑いたくなるトンデモばかりだからなおさらだ。

      しかし、その検証を怠った結果もたらされたのが、歴史修正主義や差別主義の蔓延する現在の状況ではないのか。ちろん本サイトは、今後も百田だけでなく、こうしたヘイトデマと徹底的に対峙していくつもりだが、新聞やテレビなどのマスコミもそろそろ本腰を入れてもらいたいと強く願う。

      鶴保庸介沖縄担当相が「土人」発言を擁護!「差別とは断定できない」「昔は差別語じゃなかった」

      暴言を吐いた問題で、鶴保庸介沖縄担当相が信じがたい発言をおこなった。 それは本日、開かれた参院内閣委員会でのこと。発言問題の見解を問われると、鶴保大臣がこう言い放ったのだ。

      人を罵る行為が差別に当たるかどうか判断できない。......まったく見識を疑わざるを得ない発言だが、さらに鶴保大臣は、不敵な態度でこうも述べた。 「過去に土人という言葉の経緯でありますとか、その言葉が出てきた歴史的経緯でありますとか、さまざまな考え方があります。また、現在、差別用語とされるようなものであったとしても、過去には流布しておったものも歴史的にはたくさんございます。

      鶴保大臣はもっともらしく語ったが、頓珍漢にも程がある。人に向かって投げつけることは差別行為だと現代社会では見なされている。

      言いながら、鶴保大臣こそそれをないがしろにする張本人ではないか。して国家公安委員長と警察庁長官に抗議する意見書案を可決している。

      それでも判断できないと、あろうことか沖縄の政策を所管する大臣が知らんぷりを決め込んでいるのである。警察は、個人の生命、身体及び財産の保護に任じ、犯罪の予防、鎮圧及び捜査、被疑者の逮捕、交通の取締その他公共の安全と秩序の維持に当ることをもつてその責務とする。警察の活動は、厳格に前項の責務の範囲に限られるべきものであつて、その責務の遂行に当つては、不偏不党且つ公平中正を旨とし、いやしくも日本国憲法の保障する個人の権利及び自由の干渉にわたる等その権限を濫用することがあつてはならない》 この原則が守られることなく市民への人権侵害と弾圧、暴力を厭わない沖縄の現状において、警察は戦前の国家暴力装置と変わりない。〉〈沖縄に派遣されて基地反対派に罵声を浴びせられながらも必死に国家秩序維持に頑張る警察官諸兄に大きなエールとなると確信します〉などと書き綴っている。

      しかも、同誌のバックナンバーを見てみると、執筆者や登場人物には百田尚樹や瀬戸弘幸、渡部昇一、西尾幹二、倉山満などといった極右、ヘイト言論人がずらり。こうしたヘイト雑誌さながらの同誌を、警察は図書係を通じて購読を斡旋しているのである。だからこそ、鶴保大臣は明確な差別問題であるにもかかわらず、何事もなかったかのような顔で黙認の姿勢をとるのだ。

      だが、どう考えてもこれは大臣として言語道断の態度であり、今回の鶴保大臣の発言は当然、大臣辞職に相当するものである。そして、この発言を安倍首相が許すことがあれば、それは戦前にまた一歩近づいたことを意味するだろう。
      関連キーワード - 鶴保庸介 - 土人 - ヘイト - 速報シェア -

      「日本会議はものすごい"後ろめたさ"を抱えている」先駆的研究者・上杉聰が語る日本会議の最大の問題とは?

      を皮切りに、今後も各社から"日本会議本"が登場する予定だ。

      する安倍政権下での改憲と、その下地作りである教科書採択運動について、強く警鐘を鳴らしている。

      「日本会議が進めている運動には、憲法改正と天皇『元首』化、歴史認識と教育、靖国神社や夫婦別姓反対、領土問題や安全保障など多数ありますが、彼らは課題ごとにそのつど運動の前面に立つ組織を結成します。だからみんな同一の人物がやっている素の顔になかなか気付かない。共同代表には、こっそりと日本会議会長の田久保忠衛、同名誉会長の三好達が名を連ねている。

      会場には日本会議国会議員懇談会に所属する政治家が多数詰めかけ、安倍晋三首相も改憲への意気込みをビデオメッセージで送ったが、一般の参加者に対しては後日、日本会議事務局から会員として勧誘する封筒が届けられる仕組みになっていた。

      しかし、こうした集会における"表の顔"は、櫻井よしこら文化人や保守論壇で活躍する大学教授などの知識人が担っている。

      「日本会議に集う文化人や財界人は、社会向けの権威付け、つまり広告塔にすぎません。
      ここにも日本会議が"宗教団体の連合体"であることをひた隠しにしたい強い意思が垣間見えます。実際には、日本会議の役員には神社本庁、霊友会、佛所護念会、崇教真光、念法真教、黒住教、倫理研究所、モラロジー研究所などの宗教団体幹部が数多く名を連ねています。

      こうした宗教団体は、私が日本会議周辺を調べ始めた18年前から信者を秘密のうちに大量に動員していましたよ。これらの諸団体や多面的な運動を統括するのが、事務総長の樺島有三ら生長の家の旧学生グループ、日本青年協議会です。彼らが事実上の日本会議の事務方ですが、普段は決して表にでてこない。日本会議の集会のロビーには宗教団体ごとの受付窓口があって、入手した役員名簿を見ると約4割が一目で宗教者とわかったからです。会場は1400名超の満員でしたが、その大半は宗教団体の組織動員によってもたらされたものと考えられます。そしてその翌日、同じ場所で『つくる会』のシンポジウムが行われた。前日の日本会議の集会に、小林よしのりが来るというので若者が新たに300人くらい加わった数でした。 「調べていくうちに、教科書以外の集会でも日本会議に所属する宗教団体が信者を組織動員していることがわかってきた。これは、教科書問題と隣接した教育基本法の改悪を目的とする組織です。その中心となって全体を統括していたのが生長の家出身者です。そしてやはり、民間教育臨調の"裏の事務局"は日本会議であり、集会の聴衆も関東の宗教団体を組織動員した形跡が見られました。

      日本会議が宗教右翼に支えられていると確信しました。

      さえ思われていた右傾化の動きが、匿名化した実働団体によって作り上げられていたことを暴露したのだ。

      先行研究がほとんどなく、情報の断片を集めてつなぎ合わせる作業は困難を極めたという。内部で日本会議がかなりの実権を掌握していたことが露呈。 「扶桑社から出されていた当時の『つくる会』教科書は、2005年の2度目の採択でわずか採択率0.4パーセントという惨敗に終わりました。

      そこで藤岡たちは、打開策としてより激しい攻撃的な運動、つまり教育委員会に恫喝をかけてでも採択を進めるべきというようなことまで主張した。しかし宮崎たち日本会議派は、右翼性を隠して静謐で中立的に装ったほうが教育委員会にも受け入れられやすいと考えた。現在、扶桑社の教科書部門を独立させた育鵬社から教科書を発行している。

      「育鵬社版教科書はその後、採択数を増やし、歴史、公民ともに2015年の採択では、その前の回の約1.5倍の大幅増を果たしました。

      育鵬社版教科書をめぐっては、最近、興味深い"事件"があった。など貴社の各種刊行物の普及拡販に協力してきた〉と明記していた。おそらく版元に対する一種の恫喝が目的だろうが、はからずも、日本会議が長年にわたって教科書運動の中心的役割を果たしてきたことを当事者が暴露した形だ。

      を謳った新しい教育基本法に基づいて道徳、国語、歴史教育をしっかりと受けた国民を増やしていく教育改革を進めていくとともに、これまで同様、草の根の国民運動の輪を広げていく地道な活動が必要です。〉 〈つまり内容で安易な妥協はしないけれども、多くの国民に支持されるような憲法改正案としなければならないわけです。名のもと、畑を耕し、改憲の種をまいてきたのである。そして、約20年という時間を経て、ついにいま、安倍政権下でその悲願が結実する一歩手前までたどり着いた。日本会議について語るときに、これを避けては通れない。彼らの改憲論理の中核は、育鵬社社会教科書にもあらわれている『押しつけ憲法論』です。

      しかし、いまの憲法が『日米合作』であることは誰がどう見てもあきらかです。黒字になっているのは、GHQ案をもとに日本政府が帝国議会へ提出した改正案。その上から赤字で修正している大半の部分が、当時の衆議院と貴族院によるものだ。

      前文にも9条にも、徹底して細かな修正を加えていることがわかる。 「この文書こそ『日本会議とは何か』における"命"のページと言ってもいい。日本会議も安倍首相も"違憲の疑いをかけられている自衛隊を、はっきり新憲法に明記しよう"と叫びます。しかしマッカーサーのスタッフたちが草案を作成する過程で、すでに自衛戦争の放棄を取り消し、日本側も現行の9条の2項に《前項の目的を達するため》といういわゆる芦田修正を施しました。

      だから、日本会議と安倍政権が仕掛ける世論誘導に騙されてはいけないし、護憲派はそうした改憲派の論拠を徹底してつぶしていくべき。 参院選で改憲勢力による3分の2の議席を獲得すれば、安倍首相は間違いなく任期中の改憲発議に打って出る。そして、その時が刻々と迫っている状況のなかで、私たちは日本会議の存在をどのように捉えればいいのだろうか。たしかに日本会議の動員力と地方まで張り巡らされたネットワーク力を見くびることは決してできません。
      その集団の構成員の大半は純朴な信者か一般市民であることも確かです。

      しかし、その中心には元生長の家グループという核がいます。

      ただ、彼らはせいぜい歴史的な立場での共通性を持っているにすぎません。
      だから『日本会議』と言った場合に、政治的な傾向は戦前回帰的なものに近いけれども、アベノミクスの是非を含む経済問題や、日米関係など国際問題はまた別の話です。また、現内閣の閣僚の約7割が日本会議の議連に属しているからといって、安倍政権の政策の70パーセントが日本会議に支えられているなんてこともあり得ません。
      たとえば、日本会議の議員連盟の会費は年間で、国会議員であっても1万円にすぎません。
      そうしたなかで、日本会議がどのように思おうが、万力のような強い国際関係や経済問題について安倍政権にできることとできないことがあります。すから、冷静な見方としては、日本会議はすべての分野で影響力を行使できるはずがない。彼らの実態は宗教団体でありながら、目的外の活動をやっているんです。 18年前から日本会議とその周辺を追ってきた上杉聰。研究を始めたころは孤立感さえ感じたというが、第二次安倍改造内閣の発足以降、朝日、東京、神奈川新聞など新聞メディアもその動向を積極的に報じるように変わった。そして、ジャーナリストや在野の研究者たちが次々と各媒体で論考を精力的に発表するようになり、インターネットでは急速に日本会議の名前が取り上げられるようになった。 この"日本会議ブーム"を一過性に終わらせてはならない。ひとつの見方に固執するのではなく、日本会議と安倍政権がいよいよ改憲の目前まで迫ってきているという事実を強く意識しながら、今後も継続的に様々な視点から連中を追及していく必要がある。
      関連キーワード - 鶴保庸介 - 土人 - ヘイト - 速報シェア - 土人 - BAN - 沖縄県 - 大阪府警 - ヘイト - 極右 - 日本会議 -

考察。「西尾幹二」とは何か?

「西尾幹二」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

西尾幹二に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 佐々木雄介さん: RT @wwooooochan: 山口氏に「共鳴する」とまで言わしめた西尾幹二さん。正論で左翼圧巻の安倍批判。左翼も巻き込む討論が保守言論人には必要だと改めて思った。#プライムニュース - 2 日と 12 時間 7 分 3 秒前
  • 目玉さん: RT @8o5fp: @KentGilbert01 【GHQ焚書開封】WGIPで日本人の前から消された図書を発掘する西尾幹二氏の地道で貴重な仕事
    > https://t.co/iE6vLFoz8f

    - 2 日と 15 時間 32 秒前
  • Torakiki⚠︎自民党ではダメださん: RT @marusunosuzuki: 西尾幹二が「保守の星が保守を潰す」と安倍晋三を批判している訳だが、保守どころか国家を潰しに来ている件。 - 3 日と 19 時間 37 分 34 秒前
  • Torakiki⚠︎自民党ではダメださん: プライムニュース、見逃したからネットで見つけて途中まで見た。西尾幹二先生はどこからの圧力もなく、ご自分の感性で安倍氏を批判されている。心からの言葉というのがよく分かる。山口なにがしが出るので見る気になれなかったが、フォロワーさんのツイートを見て、見る気になりました(^-^) - 3 日と 19 時間 38 分 4 秒前
  • だるま社長さん: RT @vamdaruma: 産経朝刊7p、"価値の転換" 訴えたトランプ氏 評論家 西尾 幹二。① 今の世界はあらゆる国々が、自己自身の為に生きる事を、臆面もなく主張する時代。米国も例外ではない、とトランプ氏は言いたいだけ。彼の物言いの臆面の無さは、今直面している世界の現実の… - 4 日と 3 時間 37 分 8 秒前
  • 正法神理・万教帰一さん: RT @hikidasii: 【ニコ生視聴中】『やらまいか』#22 安倍外交で世界はこうなる!迫るチャイナリスク (ゲスト:阿比留瑠比) #ニコファーレ :西尾幹二さんが、戦時中に青年将校たちをペテンにかけた偽装右翼の巨魁・北一輝とダブる。 - 4 日と 11 時間 16 分 36 秒前
  • 愛沢咲夜さん: 狂った売国主義者、西尾幹二Part1 :
    > https://t.co/kAzP1Pmg3o

    - 4 日と 12 時間 7 分 15 秒前
  • ボムゾウさん: 全集だから仕方ないとはいえ、108円の常連「国民の歴史」を¥ 8,424で・・・国民の歴史 西尾幹二
    > https://t.co/IDHPoHaSKt

    @amazonJPさんから - 4 日と 13 時間 38 分 13 秒前
  • 徳間文庫カレッジ編集部さん: 米の実力、国際情勢を記者はどう伝えていたか。あの時代の日本人が残した生々しい記録。『GHQ焚書図書開封6 日米開戦前夜』(西尾幹二
    > https://t.co/6r7KGPlJbP

    - 4 日と 14 時間 10 分 9 秒前
  • takaesu kazumasaさん: 【サヨク困惑】山口二郎さん「保守だからできる外交がある。リベラルじゃ手に負えない。正直言って期待しています」西尾幹二氏の痛烈な安倍批判を前に @プライムニュース(動画)
    > https://t.co/SSHSQjLo6q

    - 4 日と 18 時間 55 分 48 秒前
  • テリパ©︎さん: 西尾幹二】秋の特別対談「激動する世界、私たちは?」[桜H29/10/14]
    > https://t.co/BtJsCb5Iyv

    via @YouTube - 5 日と 2 時間 36 分 42 秒前
  • 徳間文庫カレッジ編集部さん: あの時代はみな、日本のあり方を真剣に考えていた。戦前の日本を覆った「国体」論とは?『GHQ焚書図書開封〈4〉「国体」論と現代』(西尾幹二
    > https://t.co/fnSDa3JBb3

    - 5 日と 8 時間 10 分 13 秒前
  • 徳間文庫カレッジ編集部さん: 侵略したのは欧米だった! 占領軍に空白にされた歴史を回復する。『GHQ焚書図書開封〈2〉バターン、蘭印・仏印、米本土空襲計画』(西尾幹二
    > https://t.co/0FtZhZrPRO

    - 5 日と 10 時間 10 分 10 秒前
  • ミスターさん: この前のテレビで血反吐を吐くようにして安倍を批判していた西尾幹二を見てもよくわかる話だな。本人の意志はともかく安倍さんはけっこうリベラルな政治家になっちゃっている。それをズルズルベッタリと擁護していた結果、左派と右派の大差が無い状…
    > https://t.co/pIWHkrduEu

    - 5 日と 16 時間 20 分 1 秒前
  • argama アーガマ9さん: 「ぼくらの核武装論」 西村幸祐 責任編集 タブー超突破! 今だから論じる。考える。西部邁、青山繁晴、石平、西尾幹二 他6カ国協議と「ぼくらの核武装論」-青山繁晴氏に聞く1/3  動画
    > https://t.co/gILYKa2lgY

    - 21 日と 14 時間 2 分 15 秒前
  • 零式毛布さん: RT @ponatky: @doc_biomath @oki_fujiwara 西尾幹二が「名だたる戦後進歩主義者、左翼主義者、マルクス主義経済学者、歴史学者その他の屍のごとき言説を墓石の下から掘り起こして、埃を払い、茣蓙を敷いてその上にずらっと並べて天日に干して、もう一度眺め… - 21 日と 14 時間 21 分 49 秒前
  • norikazuさん: 信者を凶暴化する“西尾《歴史偽造狂》教団”坦々塾 ──“歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史(27) - 中川八洋掲示板
    > https://t.co/fPyksXIrwZ

    ここに出てくる林千勝という人、最近近衛文麿の本出したみたいだけど、やはり信用できませんかね。 - 21 日と 15 時間 29 分 14 秒前
  • 工藤守さん: 西部邁は実際には極左反皇室の左高信、元祖リベラル保守の中島岳志、ポストモダンの中沢新一、小林よしのりそして中沢けい・・・変なのとばかり仲がいい。そして西尾幹二とは犬猿の仲。
    > https://t.co/r9z11TnkZz

    - 21 日と 16 時間 24 分 47 秒前
  • 中村敦さん: RT @hayakawa2600: 西尾幹二と中西輝政の対談(?)『日本の「世界史的立場」を取り戻す』(祥伝社)、「「世界史的立場」を取り戻す」というタイトルが不可解すぎて、京都学派四天王の『世界史的立場と日本』をどれだけ参照しているのかにのみ興味がある。
    > https://t.c

    … - 22 日と 9 時間 6 分 15 秒前
  • Yamashita_yさん: RT @ukoyueratehkxxf: 同じくニーチェに造詣深い適菜収はかなり前から安倍批判していたから西尾幹二が今年になって公に安倍批判して「遅いわ!」て突っ込んでた。でも西尾て日本会議寄りの識者の中では櫻井よしこや渡部昇一と比べ日本会議界隈からかなり距離置いてた印象。保守… - 22 日と 10 時間 26 分 23 秒前
  • 黒木初・破さん: RT @eumenes177: @order_francisco @ghostzokku01 私は出羽守的な発言をした覚えがないのだが?随分以前に西尾幹二氏(外国人労働者導入反対派)が「仮に外国人労働者を入れるのなら、ちゃんと自国民と同じ権利を保障しろ」(そうしないと他国の… - 22 日と 14 時間 37 分 7 秒前
  • シナモン屋三度笠さん: RT @Bell_Boyd: ドイツ政府は「人道に対する犯罪には時効はない」と宣言し、犯罪者の追及と処罰、被害者に対する補償を進めてきた。しかし西尾幹二が指摘するように、「旧ドイツ軍による巨大規模の管理売春までは含まれていない」
    > https://t.co/6c3sFrHGoB

    - 22 日と 20 時間 39 分 8 秒前
  • masahiro nishikawaさん: もしくは、西尾幹二はニーチェ関連でブルクハルトの「世界史的諸考察」が好きだから、単にそのタイトルをパロっただけかもしれない。
    > https://t.co/Pju0kW4Sba

    - 22 日と 22 時間 32 分 27 秒前
  • Sgt.KATANAさん: RT @ChSakura217: GHQ焚書図書開封 第148回 ◆ 西尾幹二
    > https://t.co/jp4QkDCqRr

    - 2 ヶ月 18 日と 1 時間 35 分 2 秒前
  • 概念主義者 ニートリアージ 我輩は猫以下さん: RT @19650113: @zappa7272 たしかに中島義道さんから得ることは多いかも。でも、西尾幹二さんくらいになるとお説教にしか聞こえない(笑)。ニーチェに関して、やるじゃんと思う日本人は岡本太郎、氷上英廣、永井均、田島正樹(敬称略、順不同)です。 - 2 ヶ月 18 日と 13 時間 41 分 23 秒前
  • 秀雄のブログ(野口忠彦)さん: 『小林秀雄講演 文学の雑感』また聴きました。「雑感」からこれだけ学べるのかということに驚きます。そういえば小林が『感想』という本を出した時に西尾幹二氏が、「感想」が本のタイトルになり得るのか、と驚いていました。すべての本は「感想」ではないかと。「雑感」「感想」、小林の魅力の秘密。 - 2 ヶ月 19 日と 10 時間 27 分 26 秒前
  • ゼロさんさん: 保守の重鎮西尾幹二氏の著保守の真贋に何故日本の保守はシナによるウイグルチベットの大弾圧を強く非難し続けないのかとの記述がある。ウイグルもチベットも独立国です。それを毛沢東は侵略したのに、新しい支配地という意味で新疆という名前をつけ…
    > https://t.co/IU9J2qsO6H

    - 2 ヶ月 19 日と 14 時間 27 分 43 秒前
  • one human raceさん: RT @GekkanNippon: 弊誌最新号は本日より店頭販売を開始しております。石破茂「私は言うべきことを言う」、菅野完「森友学園問題を総括する」、牧太郎「カネに塗れた東京五輪」、適菜収×山崎行太郎「変節漢・西尾幹二に物申す」など読み応えのある記事が満載です。 https:… - 2 ヶ月 19 日と 16 時間 5 分 58 秒前
  • 志記の会(やらまいかTV改め)さん: RT @iwata910: 西尾幹二先生『保守の真贋』 
    > https://t.co/SgnuA7pRXm

     保守の大御所からの安倍政権批判。九条第3項の追加を徹底批判。「保守などという積極概念はもともと我が国になかった」。多岐にわたっているが、「保守」という概念を考え直す契機になる。 - 2 ヶ月 19 日と 18 時間 57 分 49 秒前
  • カナリア さん: RT @y_watasei: 安倍政権批判を一度は潰されたものの、義憤に駆られて再度、声をあげた西尾幹二先生の姿勢は鬼気迫るものがあります。保守派の大重鎮・西尾幹二氏「鬼気迫る安倍批判」の真意│NEWSポストセブン -
    > https://t.co/lnCrlDwhnV

    #拉… - 2 ヶ月 19 日と 21 時間 39 分 6 秒前
  • めい@低浮上さん: RT @s1ut2: ドイツの民族絶滅政策を日本の慰安婦問題と同一視するドイツ人の発言を見るたびに、西尾幹二氏の約20年前の言葉を思い出す→「ドイツは自国の慰安婦問題はひた隠しにして、日本がナチスと同じ犯罪国家だといわれることを好む」
    > https://t.co/zB5v2O

    … - 2 ヶ月 19 日と 21 時間 59 分 30 秒前
  • 潰せテレ朝・朝日新聞グループは日本の敵!さん: 産経は佐伯や西部邁、西尾幹二の様な『保守の愛国者の皮を被った共産主義者(規制緩和や自由化民営化に反対、保護主義で中央集権志向)を起用するのをやめてはどうか。彼らの路線継承したのが小林よしのりや三橋貴明一派らろくなのが居ない。韓国叩…
    > https://t.co/lmlMGfARCb

    - 3 ヶ月 6 日と 1 時間 23 分 22 秒前
  • 栞さん: RT @ichigu_ichigu: 辻元清美は1987年、西尾幹二は1967年の、反皇室発言。辻元が免罪されないなら、西尾も当然免責されない。両名とも、万死に値する朝敵。
    > https://t.co/0O6xuDcsau


    > https://t.co/eNpRXMhFLt

    - 3 ヶ月 6 日と 2 時間 4 分 43 秒前
  • 浅羽通明 memoさん: 日本の知識人の大半がマルクス主義を信奉し、ソ連東欧はユートピアで言論弾圧などないとかブルジョア的言論の自由など否定されて当然だとか妄言していた時、かの国々の反体制知識人を勇気をもって擁護したのは竹山道雄や西尾幹二ら「新保守主義」者たちだったのである。 - 3 ヶ月 6 日と 2 時間 6 分 6 秒前
  • 松平徳内さん: 次のやうに1964年に書いた西尾幹二は、2008年に『皇太子さまへの御忠言』といふ、反皇室の悪書を物しました。西尾は、64年の言辞への反省も訂正もしてゐません。
    > https://t.co/5MANzCYuPH

    - 3 ヶ月 6 日と 10 時間 49 分 44 秒前
  • 武藤賀洋さん: RT @tokumaippan: 【9月13日発売】保守論壇の中に身を置いて来た著者が、いま改めて、保守の立場から安倍政権を批判する。 『保守の真贋:保守の立場から安倍政権を批判する』西尾幹二
    > https://t.co/gpexz6bywG

    - 3 ヶ月 6 日と 14 時間 2 分 25 秒前
  • Turuoさん: アメブロを更新しました。 『「国体の本義の光と影」 GHQ焚書図書開封34回 西尾幹二』 #国体 #西尾幹二
    > https://t.co/JBzkFk0ZmQ

    - 3 ヶ月 7 日と 4 時間 41 分 20 秒前
  • boさん: RT @Kumagor1: @yobu_dai @inori_minoru @jackiemopsy 西尾幹二氏の「GHQ焚書圖書開封」の話を聞いてゐたら、圖書館系の人は氣がついて(焚書)守つてゐた動きがあつたと。一般流通から消すと言ふ作戰、日本人協力者(著名な)がゐた、と。過… - 3 ヶ月 7 日と 13 時間 53 分 25 秒前
  • 西岡昌紀さん: 西尾幹二氏の安倍政権批判です。
    > https://t.co/CCmUwwiWGq

    - 3 ヶ月 7 日と 14 時間 28 分 10 秒前
  • tsuyoshi_manさん: @cooky_happy3chm @ameba_official それも安倍晋三は反日テロリストの重罪人。それにも係わらず保守を自認する自称保守派の西尾幹二は、未だに安倍政権を保守政権と宣っている。西尾幹二も保守を理解していない。…
    > https://t.co/I99idXpaIM

    - 3 ヶ月 7 日と 15 時間 28 分 50 秒前
  • 山口 悟さん: 西尾幹二の歴史評論が荒唐無稽な捏造歴史であることは、つとに明らかな事。が、上記のような学歴詐称や他人の作品を盗みまくる西尾幹二の盗用盗作癖もまた、西尾幹二の歴史捏造癖or歴史捏造狂と密接な関係があるだろう。 - 3 ヶ月 8 日と 8 時間 49 分 21 秒前
  • 小西由紘さん: 西尾幹二の全集は持って帰ろう。
    > https://t.co/HjmirAQyVB

    - 3 ヶ月 8 日と 18 時間 24 分 27 秒前
  • 小西由紘さん: 西尾幹二の全集が邪魔すぎる。本棚もういっぱいだしなぁ…でも塾の本棚に置いとくのもなんだか嫌になってきたし…
    > https://t.co/tYl6h0QmII

    - 3 ヶ月 8 日と 19 時間 51 分 33 秒前
  • ジョルノ・ジャズ・卓也さん: @derekericjohnny ネトウヨ隆盛とAKBが悪い(言いがかり)戦争論とか読んでない世代のネトウヨいっぱいいるあたり僕は悲しい…よしりん先生から西部邁先生や西尾幹二先生。渡部昇一先生を知って本を読んだクチですから。ま…
    > https://t.co/BCdRmHU2ie

    - 3 ヶ月 8 日と 19 時間 59 分 44 秒前
  • 政局あんてなさん: [PR] GHQ焚書図書開封7-~戦前の日本人が見抜いた中国の本質~-西尾幹二
    > https://t.co/yIyA5eWqL7

    - 3 ヶ月 9 日と 2 時間 37 分 8 秒前
  • 花音さん: RT @sobtomk: 「私は安倍氏については、第一次安倍内閣の頃から、おしゃべりはうまいが、口が軽い、人間が軽いと思っていました。…」保守派の大重鎮・西尾幹二氏 安倍晋三首相に「国民に対する裏切り」 #ldnews
    > https://t.co/YRfaZJ2cEi

    - 3 ヶ月 16 日と 22 時間 59 分 32 秒前
  • atsuko.ikedaさん: RT @aritayoshifu: 西尾幹二氏 安倍晋三首相に「国民に対する裏切り」
    > https://t.co/oyTocAqNxK

    〈拉致のこの悲劇を徹底的に繰り返し利用してきた政治家は安倍晋三氏だった。(中略)拉致に政権維持の役割の一端を担わせ、しかし実際にはやらないし、… - 3 ヶ月 16 日と 23 時間 3 分 2 秒前
  • タキタカンセイさん: RT @sarutanian: 保守派の大重鎮・西尾幹二氏「鬼気迫る安倍批判」の真意
    > https://t.co/YtSqrYkw8Z

    保身、臆病風、及び腰、裏切り……激しい言葉が並んだ痛烈な安倍批判を書いたのは、保守論客として知られる西尾幹二氏で、掲載されたのは産経新聞(8月… - 3 ヶ月 16 日と 23 時間 19 分 16 秒前
  • えいはちさん: 西尾幹二のアベ批判が産経に掲載!
    > https://t.co/292PhySsG7

    - 3 ヶ月 16 日と 23 時間 22 分 26 秒前
  • whoswhoazさん: 阿修羅8/29:西尾幹二が安倍晋三に裏切られたと絶縁状●安倍首相の人間性に呆れ、失望した●ウラが簡単に見抜かれてしまう逃げ腰の小手先戦術は、臆病なこの人の体質からきている●いつもいいとこ取りをし、ウロウロ横見ばかりして最適の選択肢を逃げる最初から分かっていることばかり! - 3 ヶ月 16 日と 23 時間 35 分 27 秒前
  • abereさん: RT @Holms6: 西尾幹二は元々、強い国家主義イデオローグである。その西尾幹二が「私は単純に安倍首相の人間性に呆れ、失望しただけです」といっても、西尾を賞賛することなどできない。私は極右の西尾幹二が安倍に失望したことを喜ぶ。
    > https://t.co/zF4386nViM

    - 3 ヶ月 16 日と 23 時間 44 分 31 秒前
  • 夏みぃちゃんさん: RT @Onboro_chafuu: ついに、西尾幹二にまで切り捨てられたか、安倍晋三よ。「共謀罪を成立させたんだから、あれを花道法案にして引退しろ、さもないと壊憲の邪魔だ」って事か。
    > https://t.co/FBsyoMYN9d

    - 3 ヶ月 17 日と 18 分 40 秒前

    「西尾幹二」に関するブログ
  • 今朝の新聞に載っていた。
    主題は天皇に関する知識人の意見提起なのであろうが、こともあろうに保守の中の保守と思しき西尾幹二氏であった。
    氏は、新しい歴史教科書をつくる会の設立人であり、初代会長であった。

    http://blog.goo.ne.jp/degero/e/649ec3df71b2291c4f1cd44f4948a268


  • しかし、それでもよいとしている。
    『「人は自分自身の評価よりちょっと上で誉めると納得するもの」であるから、「そういわればそうかも」と納得できる範囲内で誉めてやればいいというのである』(西尾幹二氏の「人生の価値」・新潮社)として、逆にやりすぎは嘘っぽ聞こえるものであろう。
    彼はもっと褒めたい自分をこれも自分で仕方ないかとしているようだ。

    http://blog.goo.ne.jp/ekai1758gooid/e/3bb0f79d56ab8bf0c517f53e5da6bdc5


  • ところで、昨日(12月7日)のBSフジ・プライムニュースはちょっと見ものでした。
    右派の論客の西尾幹二氏と左派(と言うか、ブログ主から見ると単なる“左巻き")の山口二郎氏(法政大学法学部教授)が出演していたのですが、西尾氏が右派として安倍総理への失望を語っていたところ、山口氏が安倍首相を擁護し始めたのです。
    西尾氏は安倍さんの周囲にいる右派が安倍さんを「いい子、いい子」と可愛がりすぎてダメにしたというようなことを言っていたのですが、例えば櫻井よしこ氏のような人を言っているのでしょう。

    http://daishi100.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/21-1de7.html


  • 7時のニュース、江の電の旅番組、プライムニュースを観た。
    PNは西尾幹二と山口二郎が右と左から安部批判をする趣向だったが、西尾幹二がほとんど話し、その内容は予想されたものであったが、現在の外交問題にたいして山口二郎が、リベラルではできないから自民党に頑張ってほしいと最後に発言し、反町理もビックリした顔をしてエンディングになったのが印象的だった。
    今日12月8日は開戦記念日で、真珠湾奇襲攻撃を祝し山本五十六に南方熊楠から紀州蜜柑が贈られたが、このエピソードを山田風太郎の「人間臨終図巻」で知ってから毎年思い出してはにたっとしている。

    http://blog.goo.ne.jp/cuveetaka/e/ea9436c51dcdcc77acd6ddb7a30e4d77


  • 西尾幹二『GHQ焚書図書開封10:地球侵略の主役イギリス』徳間書店(2014年)
    西尾幹二氏の思想傾向がよくわかる(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20150922)(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20171013)(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20171017)(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20171023)。
    シンガポールやマラッカの話が出てくるので、参考までに入手。

    http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20171204


  • 「西尾幹二」に関する教えてGoo!
  • 今日、テレビで、橋下の用心棒のように横に座って、さも専門家のごとく顔をしていましたが、ウイキを見てみると、ドイツ文学者兼評論家、となっていました。

    彼は、歴史の専門家では無いですよね?
    維新はなぜ、評論家なんか出して、専門家を出してこないのですか?


    少なくとも最低限、平成11年に初版発行された氏の著書「国民の歴史」を完全に読解してから意見することをお勧めします。
    氏が東京大学文学部独文学科卒で文学博士であることを根拠・理由とし、従って歴史の専門家にあらず、ということにはなり得ません。

  • 調べれば分かるようなことをわざわざ質問することをお許しください。
    今読んでいる本で、西尾幹二さんが、「すべからく」を「全て」の意で誤用しておられるのを見て、びっくりしました。


    西尾さんにしてそれか❗と思いました。


    昔、「すべからく」は「すべからずの反語」と習いました。

    つまり「全て」を表す意味は無いはずです。


    非常によく見受けられる誤用のようですが、何故正しい使い方が普及しないのでしょう?
    私は、「当然、是非とも」という意味と理解していました。

    「須く・・・すべし(すべきである)」といった使い方。

    http://matome.naver.jp/odai/2140128506775863601


  • 購入したい本が出版社品切れなのですが、こういった場合にはどのような購入手段があるでしょうか?


    費用が大きくかからないかぎりは、できるかぎりのことはしてみるつもりです。

    また、新品の方が望ましいです。


    探している本はこの二つです。


    「ニーチェ全集 第2期第3巻  ニーチェ著 秋山英夫訳・浅井真男訳 ISBN:4-560-01963-0」
    「ニーチェ全集 第2期第4巻  ニーチェ著 西尾幹二訳・生野幸吉訳 ISBN:4-560-01964-9」
    オンライン書店ビーケーワンにあるみたいです。



    http://www.bk1.co.jp/product/252312



    http://www.bk1.co.jp/product/467844


  • 「西尾幹二」の関連語
    1位 保守

話題のトピック