なぜ「西之島 噴火」なのか?

「西之島 噴火」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



      西之島また噴火!―写真と動画が豊富な「海域火山データベース」で成長を振り返ろう

      日本の領土がまたちょっぴり広くなるのではないか、などとインターネット上で話題になっている。

      西之島は、東京都小笠原村の父島から西方約130kmの距離にあり、わずかな植物が生えている無人島。 1973年にはもともとあった島のそばに新島が生まれ、多くの注目を集めた。その後、新島はもともとあった島とひとつになり、噴火は落ち着いたようだった。しかし40年が過ぎた2013年になって、再び別の場所に新島が生まれ、以前を上回る規模で拡大し始めたのだ。

      日本中の研究者や専門家が興味を持ち、大学から官公庁までさまざまな組織が特設サイトを立ち上げるなどして変化を克明に追ってきたが、特に初期から調査を続ける海上保安庁の海域火山データベースは充実している。

      その膨大な記録を見てみると、新島ははじめ細長い卵型だったが、わずか数か月のあいだに四方八方に広がり、以前の島を飲みこんでひとつになった。 あるいは赤外線で撮影した動画を見ると、火口から次々に火山弾が飛び出し、溶岩が灼熱の流れとなって海に入っていったさまも分かる。地球の内部に眠る恐るべきエネルギーが大地の形を刻々と作り直していくようすは、目を見張るものがある。 最近、西之島の活動が沈静化してゆき、データベースの更新頻度も低下していたが、今後もし島がまた成長するのであれば、新たに驚くべき写真や動画が加わるかもしれない。
      関連キーワード - 話題 -

      西之島(小笠原諸島) 噴火警報

      20日午後2時過ぎに、小笠原諸島にある西之島で噴火が発生。 20日午後2時過ぎに西之島において噴火が確認されました。

      また、19日夜から気象衛星ひまわりにより、西之島付近で周囲に比べて温度の高い領域が確認されています。

      このため、火山予報(活火山であることに留意)から火口周辺警報(入山危険)に引き上げられました。

      西之島では今後も噴火が発生する可能性があり、火口から概ね1.5キロメートル以内では噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒が必要です。 ※西之島は小笠原諸島の父島の西にあり、大きな海底火山の頂部に位置します。
      関連キーワード - 話題 -

      小笠原はホエールウォッチングのベストシーズン。クジラやイルカと出会う旅

      1年のうちでもっとも寒いこの時期は、ホエールウォッチングのベストシーズン。毎年、出産や子育てのため日本沿岸の海にやってくるザトウクジラたちを見ることを目的とした旅が人気を呼んでいます。

      沖縄や奄美大島、四国の高知など、日本でもホエールウォッチングを楽しめる地域はいくつかありますが、おすすめは小笠原。小笠原村観光局東京から南へ約1000km、太平洋に浮かぶ小笠原諸島は有人島である父島、母島をはじめ、兄島、弟島など大小30あまりの島々からなる海底火山活動から誕生した海洋諸島です。伊豆七島のさらに先に位置する東京の島々と聞けば、なんとなく地図が思い浮かぶかも。小さな島群でありながら、固有種の割合が高く、2011年には世界自然遺産に登録。ちなみに、父島の緯度は沖縄の那覇とほとんど同じなんだとか。小笠原村観光局そんな小笠原は日本におけるホエールウォッチング発祥の地であり、エコツーリズムに力を入れる島としても知られています。

      息づかいを感じる距離で迫力満点小笠原でのホエールウォッチングの特徴は、なんといってもクジラとの距離感。島のすぐそばまでクジラたちがやって来るので、陸上からもその姿を確認することができるのはもちろん、船に乗ってのホエールウォッチングではかなりの至近距離まで接近が可能です。小笠原村観光局ザトウクジラの体長は平均13m、体重35トン。数字だけ聞いてもちょっと想像もできない大きさですが、こんな巨大な海の生物が動く姿を目の前で見られるとは興奮の体験です。 そして何と言っても小笠原での楽しみはクジラと一緒に遭遇できるかもしれないイルカたちの姿。小笠原村観光局ミナミバンドウイルカやハシナガイルカをはじめ、小笠原近海には約20種類の鯨類が回遊しているので、ホエールウォッチング中に彼らに遭遇することも珍しくありません。
      小笠原村観光局自然や動物にストレスをかけずに楽しむもちろん、クジラやイルカたちとの出会いはその時の運であり、天候や海上のコンディションにも大きく左右されますが、小笠原では各ツアーやガイド同士が常に情報をシェアしているので、クジラやイルカとの遭遇率も高いと言います。

      いっても、一度にあまりにたくさんの船が一箇所に集まってしまっては動物たちへのストレスとなるので、イルカの場合ひとつの群れにアプローチできるのは一度に4隻までというルールが定められています。

      小笠原村観光局クジラやイルカたちに負担をかけるようなやり方は、小笠原では絶対にありません。
      ホエールウォッチングは人間のためのアクティビティですが、あくまでクジラやイルカたちの楽園をちょっとだけ覗かせてください、というスタンスなので、私たちも心置きなく楽ませてもらうことができます。
      快適さは、島民やリピーターの間ではすでに絶大なおスミ付き。屋上のフリースペースや誰でも自由に利用できるラウンジ空間があり、豪華な特別室やデラックスといった個室でなくても快適な旅が過ごせるよう設計されています。

      レストラン、売店等の施設やシャワー室も完備され、何より24時間好きな場所を歩いたり、寝そべったり、座ったり、自由に過ごすことができるので、ビジネスクラスで欧米に行くよりも、エコノミーで小笠原へ行くほうがずっと楽ちんで快適というわけです。
      関連キーワード - 話題 -

      大地震&富士山噴火はいつ起こる?「大災害危険度」最新版

      迫りくる“さらなる危機”を徹底検証する! 2月6日早朝、台湾でM6.4の大地震が発生した。火砕流や噴石が2キロ以上にわたって噴出、噴火警戒レベルが2から3に引き上げられる事態となった。 少し遡ってみても、昨年には箱根山の火山活動活発化や、東シナ海にある口永良部島の噴火が発生し、2013年12月に小笠原諸島沖の西之島では40年ぶりに海底火山が爆発し、今なお噴火を続けるなど、ここ2年ほどで、日本近海の地底では大きな異変が起きているのだ。

      東日本大震災から5年の月日が経つが、あの大地震と同規模の災害が、いつ起きてもおかしくない状況と言っても過言ではない。来る大災害に備えるため、いつ、どこで、どのような事態が起きるのかを検証しておきたい。実は17世紀以降、日本では、それぞれの世紀に大噴火や大地震が4~5回起きている。

      幸いなことに20世紀にはほとんど起きなかったが、地震学者の間では、その分のしわ寄せが21世紀に来るのではないかとも言われている。

      ここにきて、急激に発生回数が増えているのも、その一端ではなかと考えられているのだ。

      こう語るのは、東海大学海洋研究所地震予知研究センター長の長尾年恭教授だ。

      その9年後には武蔵相模地震、さらに9年後には仁和地震が起きました。

      貞観地震の規模や震源域は、東日本大震災とほぼ同じ。 地震と火山噴火は、必ずしも連動するものではないともいわれているが、気になる符合ではある。地震と火山の因果関係について、琉球大学の木村政昭名誉教授は、こう解説する。「地震も火山活動も、ともにプレートの圧力を受けて起こります。沈み込む海洋プレートの圧力が、内陸の地殻を崩すと地震となり、火山の下のマグマ溜まりを刺激すると噴火となる。中でも、大きな危機が迫っていると言われるのが、日向灘を中心とした南九州一帯。この地域の近海には南海トラフが走っており、2014年に阿蘇山、桜島が、15年には口永良部島が、そして16年には再び桜島が噴火。先日、大地震のあった台湾も、この南海トラフ付近に位置している。

      61年に7.0、84年に7.1と、20世紀に大きな地震が集中した。木村氏は、以前から2014年±5年の間に、M8.7程度の地震が、日向灘沖で発生すると予測している。

      つまり、あと3年以内に起きる可能性が高いということになるのだ。

      実は、日本は4つのプレートの境目に位置している。

      東日本大震災を引き起こした東北地方太平洋沖地震も、プレートの境界部である日本海溝付近が震源だった。その南側に位置する伊豆諸島周辺には、太平洋プレートとフィリピン海プレートの境界部である相模トラフが走っている。

      木村氏は、2011年の東北地方太平洋沖地震が起きたことによって、そのプレッシャーが相模トラフにかかっているのではないかとの分析をしている。

      その証拠とも言えるのが、13年に海底火山の爆発という形で始まった西之島の噴火だ。

      きたかと思うと、あっという間に西之島と合体し、今も溶岩を噴出して成長を続けている。

      つまり、噴き上がってくるマグマの最上部のことである。その位置が下がっていないということは、三原山の下にあるマグマ溜まりが、いまだにプレートからの大きな圧力を受け続けているということなのだという。そして、この圧力を解放するのが伊豆諸島沖の地震というわけだ。

      「この地域は、何百年と地震が起きていません。
      つまり、その間、ストレスがかかり続けているんです。そうなれば、関東、東海を中心に大津波が発生することは間違いないだろう。さらに、この伊豆諸島沖地震が発生した場合、もう一つの脅威をもたらすとも言われている。

      木村氏は、伊豆諸島沖の地震が富士山の大噴火を誘発する可能性を指摘しており、その時期を2014年±5年と予測している。

      実は、伊豆諸島をはじめとした相模トラフ周辺の火山帯は、これまで噴火を繰り返しているが、富士山だけは、1703年に元禄地震が起きた4年後の1707年宝永地震が起きてから、300年以上も活動が止まっている。

      「火山を人間の年齢に例えれば、富士山は20歳前後の若い火山です。 最近の研究によれば、富士山が有史以来、最も規模の大きな噴火を起こしたのが、冒頭に記した864年の貞観噴火。推定14億トンのマグマを噴出し、もともと一つだった精進湖と西湖を分断してしまうほどの規模のものだった。場合、溶岩流は発生せず、火山礫や火山灰まじりの噴煙が成層圏まで上昇し、偏西風に乗って関東全域に火山礫や火山灰の雨を降らせた。多くの火山学者は、次に富士山が噴火した際も、宝永噴火と同じように火山灰を吹き上げる噴火をすると予測している。

      し、そうなった場合、どのような事態が引き起こされるのか。「本格的なIT時代に入ってから、世界の大都市が大量の火山灰に襲われたという例は一つもありません。
      首都圏から東海地方にかけての鉄道、高速道路、空港などが機能しなくなったら、日本全体の流通は、すべてストップしてしまう。「人的被害ももちろんですが、富士山噴火による経済的被害は計り知れません。
      現在、政府は地方創生の一環として、中央省庁の地方移転を推進しているが、その裏には災害に備える意味合いもあるのだろうか。 一方、木村氏は、次に富士山が噴火するなら、宝永噴火のような火山灰を撒き散らす噴火ではなく、貞観噴火のように溶岩流を伴う噴火である公算が強いと言う。 いずれにしても、過去の事例から見て、富士山の噴火が大規模なものになることは間違いないだろう。し“その時”が、木村氏の唱えるように、すぐそこに迫っているとしたら、2020年の東京五輪どころではないかもしれない。我々も、万が一の時の備えをしておくに越したことはないだろう。
      関連キーワード - 話題 -

考察。「西之島 噴火」とは何か?

「西之島 噴火」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

西之島 噴火に関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news1/index.php(562): tweet_output('\xE8\xA5\xBF\xE4\xB9\x8B\xE5\xB3\xB6 \xE5\x99\xB4\xE7\x81...') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143