なぜ「第一生命」なのか?

「第一生命」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      第一生命・・「インドネシア」に340億円の出資を決定=海外生保事業の強化

      第一生命保険はインドネシアに多額の出資をすることを決めた。約340億円を投じて、同社株の4割に事実上出資する形にする。第一生命保険は、インドネシアの生命保険事業に進出する。ベトナムやインド、豪州に続く海外生保事業の強化に向けた取り組みの一環。世界第4位の人口のインドネシア生命保険市場の成長を取り込む。増資は当局の認可を経て8月までに実施し、12月に出資完了となる見通し。パニンライフへの直接出資比率は5%で、同社と中間持ち株会社のパニンインターナショナルは第一生命の持ち分法適用関連会社になる。インドネシアの大手金融グループの傘下にあり、第一生命は国内外で培った銀行窓口での保険販売のノウハウを提供する。

      [8750]第一生命保険 会社概要/株価/IR情報/空売り残高情報

      2010年4月以降、会社の組織形態は株式会社であり、多くの生命保険会社に見られる相互会社形態ではない。 第一生命保険(株)のリアルタイム株価、チャート、関連ニュース、配当金などの決算情報を掲載。決算情報や日経記者による業績コメントも閲覧できます。

      第一生命が米・生保を巨額買収。買収額は5000億円超え!

      第一生命が、アメリカの中堅保険会社を5000億円で買収することが、関係筋からのリークで明らかになりました。

      第一生命保険の保険料収入と単純合算した金額は約4兆6500億円となり、国内トップとほぼ並ぶ。第一生命保険が米プロテクティブ生命保険の買収で最終調整に入ったことが2日、明らかになった。実現すれば、第一生命の売上高に当たる保険料収入は、国内最大手の日本生命保険に並ぶ規模に達する。人口減少と少子高齢化で縮小する日本市場以外の商圏を拡大し、収益源を多様化するのが狙い。人口増が期待できる海外の市場を取り込むことで、収益の拡大を狙う。アメリカは世界最大の保険市場で今後も市場の拡大が見込まれていて、第一生命は買収によってアメリカを収益拡大の柱とするねらいがあります。第一生命、5000億円で米生保買収へ、国内保険最大額。米中堅のプロテクティブ生命の買収で最終調整段階に入る。

      > 第一生命 クレストWay CM Dセイバー女優と俳優がカッコいいので画像まとめ
      > 【CM】第一生命保険 ラップを歌う男の子は誰?
      > 【現場画像まとめ】栃木県宇都宮市泉町1 池上町付近で火事 第一生命ビル 5月2日【火災】
      > マツコ絶賛☆イケメンラッパーACE♪彼女は第一生命のCMで話題の美少女シャルル☆
      > 【ワロタ】 第25回サラリーマン川柳(第一生命)投票開始
      > 生命保険!看板女優 第一生命2013武井咲さん【魅力】
      > 【萌え死注意】第一生命CMの『植木鉢ウサギ』が可愛すぎてツライ

      EXILE ATSUSHI 1年ぶりのステージも圧巻の歌唱を披露

      久々となった日本のステージで圧巻の歌唱を披露した。JAPANと第一生命が、地域社会の発展に向けて、次世代を担う子どもの育成や子育て支援、スポーツ振興などの分野で互いに協力し合う包括連携協定を締結。生命保険業とエンタテインメント業という、全く異なる業種同士の異色コラボレーションが実現した。 LDHグループはこれまでにも、子どもたちを対象としたフットサル大会やダンス大会の開催をはじめ、障がい児のためのサーフィンスクールを支援するなど、「子どもたちに、夢を。を応援していく企画や、第一生命とともに、親子でできるダンス教室を計画するなど、異業種ならではコラボレーションを活かして、これまでに類を見ない新たな社会価値を創りだし、地域社会への貢献を目指していく。

      EXILE ATSUSHI、1年ぶりに日本のステージで歌唱

      久々となった日本のステージで圧巻の歌唱を披露した。JAPANと第一生命が、地域社会の発展に向けて、次世代を担う子どもの育成や子育て支援、スポーツ振興などの分野で互いに協力し合う包括連携協定を締結。生命保険業とエンタテインメント業という、全く異なる業種同士の異色コラボレーションが実現した。

      米留学中のATSUSHIがサプライズ登場 日本で1年ぶり歌唱

      第一生命がこの日、次世代の子供の育成、スポーツ振興などで協力する包括連携協定を締結。
      関連キーワード - ATSUSHI - EXILE - 第一生命 -

      アベノミクス円安、日本に多大な恩恵…正規雇用も賃金も増、家計の金融資産150兆円増

      ●10円の円安で1.2兆円の実質所得増加 今回は、円安による影響や対策について考えてみたい。 まず、大胆な金融緩和に伴う円安により、輸入物価が上がり、家計に悪影響をもたらすとの批判がある。実際、過去10年間のドル円レートと消費デフレーターの関係をみると、ドル円レートが10円円安になると、3四半期後の消費デフレーターを約+0.67%押し上げるとの関係がある。約243兆円であることからすれば、円が対ドルで10円円安になると、3四半期遅れて家計負担を年額で243兆円×0.67%=+約1.6兆円程度増やすことになる。これは、10円円安が進めば、国民一人当たりの負担が年間約1.3万円程度増えることを示唆する。事実、過去10年間のドル円レートと就業者数の推移をみると、就業者数がドル円レートに遅れて明確に正の相関関係にあることがわかる。そこで、過去10年間のドル円レートと就業者数の関係をみると、ドル円レートが10円円安になると、12カ月遅れて就業者数が+30万人程度増加することになる。さらに、過去10年間のドル円レートと雇用者報酬の関係をみると、ドル円レートが10円円安になれば、4四半期遅れて雇用者報酬が年額で+2.8兆円増加することになる。 なお、円安になると仕事が増える背景には、円安に伴い国内で生み出されたモノが相対的に割安になることがある。このため、輸出関連産業では製品の競争力が増すことで人手が必要になる。また、輸入代替産業においても競合する輸入品の価格が上がるため、国産品の需要が高まり雇用が必要となる。さらには、国内のサービスも価格面から競争力を増すため、外国人観光客の増加などにより、サービス産業への需要も高まり、雇用が生み出される可能性が指摘できる。 一方、雇用の質の面についても、アベノミクス初期段階に増加した雇用者数の多くが非正規と批判された。

      しかし、15年秋以降は正規雇用も増加に転じており、同年後半以降は非正規を上回る増加を示している。

      従って、アベノミクスに伴う雇用の増加を非正規と決めつけるのはもはや誤りであり、むしろ正規雇用の増加がけん引しているといえる。 結果として、10円の円安は家計負担を1.6兆円増やす一方で、2.8兆円の雇用者所得の増加を通じて、実質的には1.2兆円程度の所得増加をもたらすことを示唆する。 さらに円安の恩恵は、株高などを通じて家計の金融資産の増加にも結びついていることが明確に表れている。

      実際、日銀の資金循環統計によれば、円安が進む前の12年9月末から昨年末までに180兆円以上増加している。

      その関係を定量化すれば、過去10年間のドル円レートと家計の金融資産の関係から、ドル円レートが10円円安になると、家計の金融資産が+37兆円増えることになる。これは、アベノミクスで40円以上円安が進んだことにより、家計の金融資産が150兆円以上増えたことを示唆する。 ●求められる金融政策の慎重な対応 従って、日本経済全体でみれば、円安ドル高になるほど国内の所得や税収が増えるため、円安自体は良いことである。過去を振り返っても、円安ドル高の局面では日本株が上昇しやすい傾向にある。乗数分析でも、為替レートの減価は国内の所得増加をもたらす。 具体的には、10%円安が進むことにより、輸入物価の上昇などを通じて民間消費デフレーターが0.2%上昇することで、1年目の実質個人消費は▲0.03%減少する。

      しかし、単位時間当たりの賃金が0.5~1.0%上昇することで、2年目以降の実質個人消費も押し上げに転じ、実質GDPも0.1~0.4%程度押し上げられる。 また、為替レートの減価は、日本の財政問題改善策としても検討に値しよう。 このため、昨秋以降のように世界的な景気循環が上向き原油先物価格が反転する局面では、世界的に金利上昇圧力がかかりやすくなるため、日本と海外との金利差が拡大しやすくなるだろう。こうしたなかで、日銀がイールドカーブコントロールにより長期金利上昇の抑制を続ければ、円安効果の波及が広がりやすくなるといえよう。 従って、求められる対応としては、自然な円安は受け入れる一方で、拙速な長期金利ターゲットの引き上げや、インフレ目標の水準引き下げは慎むべきである。
      関連キーワード - ATSUSHI - EXILE - 第一生命 -

考察。「第一生命」とは何か?

「第一生命」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

第一生命に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • ふみふみさん: RT @LDH_PR_OFFICIAL: EXILE ATSUSHI、1年ぶりステージで歌声披露 LDH JAPAN×第一生命で“子どもたちの夢”支援
    > https://t.co/sEuWpabqDA

    @realsoundjpさんから - 27 分 57 秒前
  • glittantiqueさん: このタイプの楽器、ヤマハホールや第一生命ホールで聴いてもゴン!とくるところはちゃんと届いていたので、やはり会場の特性かしらと、前後半で席を変えて聴いてみた感想でした。望めるならば、荒川智美さんの音楽とワルタータイプのフォルテピアノの特性がより活きる会場でも是非! - 1 時間 9 分 42 秒前
  • のぎすけ⊿さん: かりんちゃんの第一生命のCMテレビで初めて見た。 - 1 時間 22 分 40 秒前
  • ぴーす⊿さん: ほんの数十秒前に第一生命のかりんちゃん出とるCM流れたけどまだやっとんやな もうてっきり観んようになったから終わったんかなと思った - 5 時間 15 分 1 秒前

    「第一生命」に関するブログ
  • ひそかに決まった『年金マネー3兆円』イッキ注入!
    パナソニック、日本郵船、住友林業、第一生命、JR西日本、りそなHDほか、、、これから確実に上がる『66社株』全実名!
    今年最大の相場がやってくるぞ!

    http://ayanokouji.blog.so-net.ne.jp/2017-09-20-1


  • という点については正直、お金の相談がしやすいその保険とは、プロされた保険には加入しませんでした。
    爆笑の投稿をまとめると、さらに保険料を安くする第一生命として、いわば保険さんのようなものです。
    持病は大きくはありませんが、安易は、今回はプロのFPとして活躍する一回目がお答えします。

    http://botgsottranvezwaqrjm.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-a7bc.html


  • 9月25日 19時〜21時
    会場:第一生命池袋支店5階
    「心の勉強会は、呼吸法と、身の回りに起こる変化の観察をする道場です」

    http://d.hatena.ne.jp/cocoroinfo/20170919/1505800347


  • 新着アンティークと蔵出しお買い得品が並びます!!
    10月6日8日 小田急第一生命ビル・ハイアットリージェンシー東京11時18時

    http://blog.goo.ne.jp/betty41/e/bdf2702d49c8676912cece4dbc5499de


  • 量的緩和の真の目的は、中国との競争力回復との見方もある。
    日銀の量的緩和後、「ドルベースで見た場合の中国都市部と日本の単位労働コスト(ULC)は逆転した」(星野卓也・第一生命経済研究所副主任エコノミスト)。
    13年以降、中国は経済成長に伴う賃金上昇が、円安によってさらに大きくなった。

    http://blog.goo.ne.jp/gfpauoewir/e/d6f4fe0201b9934ffe927d2e26d145aa


  • 「第一生命」に関する教えてGoo!
  • ディズニー大好きっ子です。


    第一生命で保険(車両保険)に入ろうと思うのですが、
    (1)パスポートの購入以外でディズニーリゾートでの優待(特典?)はありますか?


    (2)ビックサンダーマウンテン及びセンターオブジアースの優先乗車は商品の金額に関わらず
    第一生命で契約していれば誰でも受けられるのでしょうか?


    (3)以前にオークションで期間限定の入場パスポート(第一生命からの配布物のようでした)を
    発見しましたが、こちらも契約している人全員に配布されるのでしょうか?


    第一生命に加入している友人に聞いて見た所、
    「ポイントが1000点以上の人が入れる何とかクラブっていうやつの会員限定なんじゃないの?」と
    言われました。

    。。

    実際のところどうなのでしょうか?


    第一生命はディズニーを広告に使用しているためスポンサー関係にあるようですね。


    ディズニーにかかわるキャンペーンなどもあるようです。


    第一生命 第一生命とディズニーはどのような関係なのですか?



    http://www.qa.dai-ichi-life.co.jp/faq/show/581

    < !--アンサープラス-->< !--回答-->< div id="a_area" data-gaccgroup="回答一覧エリア">< div class="clearfix">< p class="mainTitle mainTitle2">< span class="fa-stack">< i class="fa fa-circle fa-stack-2x w-circle">< /i>< i class="fa-stack-1x fa-inverse q">A< /i>< /span>< span class="q-text">回答< /span> < span class="count">(4件)< /span>
  • 第一生命の『インカムサポート』『年金払定期保険特約』について・・・
    今、生命保険の見直しで第一生命と日本生命とでどうしようかと思っています。


    (ちなみに現在は日本生命に加入しています)
    第一生命は『順風ライフ』を進められていて、その中にインカムサポートについて質問です。


    インカムサポートは3大疾病になったら(それなりに条件があるが)、「次の年」から契約年額がもらえるという解釈でいいのでしょうか?


    それから『年金払定期保険特約』は「200万×10年」で考えているのですが、これはそれぞれの年で所得税がかかるのでしょうか?


    すみませんが、どなたか教えてください。
    (Q)「次の年」から契約年額がもらえるという解釈でいいのでしょうか?


    (A)おっしゃる意味が今ひとつわからないのですが……
    契約日が12月1日で、10月1日に支払い対象になったとき、
    最初の年は、2ヶ月分で、次の年から12ヶ月分(1年分)という意味で
    おっしゃっているのでしょうか?


    そうならば、この特約をちょっと誤解されているようです。


    例えば、2010年10月1日に、支払に該当したとすれば、
    その時点で、一年分の金額が受取れます。
    2年目の10月1日に、2年目の年額を受取れます。
    つまり、該当した日に1年分が受取れるのであって、
    月割りになることはありません。

    契約が10年定期ならば、
    保障期間中の10年に支払いに該当すれば、10年分(10回分)
    受取れるという意味です。


    つまり、9年10ヶ月目に支払に該当すれば、1年分でも、
    2ヶ月分でもなく、それから10年分(10回分)受け取れる
    ということです。


    (Q2)これはそれぞれの年で所得税がかかるのでしょうか?


    (A)これは、先の最高裁判決で、相続税と所得税の両方を課税するのは
    2重課税になるので違法、という判決がでていますが、では、今後は、
    どうするのか、ということは、実は、まだ決定されていません。

    現状では、所得税の課税はなくなると思われますが、
    相続税が高くなる可能性もあります。
    さて、このような質問は、第一生命の担当者に聞けば分かる質問です。


    私は、第一生命の関係者ではないので、
    (Q1)は、第一生命の担当者に確かめてください。
    保険は、長い付き合いをする商品であり、同時に、人には知られたくない
    情報も扱う商品です。


    例えば、死亡保障でも、普通の病死ではなく、エイズによる死亡だとか、
    人には知られたくない情報もあるでしょう。
    だからこそ、保険担当者には信用できて、しかも、簡単なことでも
    気軽に相談できる人を選ばなければなりません。

    「保険選びは、担当者選び」と言われる所以の一つです。


    ご参考になれば、幸いです。


  • 第一生命の株
    第一生命の株価がどんどん下がっています。

    売った方が良いでしょうか?


    株については全くの初心者でわかりません。

    毎日株価を見ていますが上がる気配もなく下がる一方です。


    詳しい方教えて下さい。
    資産の全部は株式、債券、保険で運用しています。


    経験からアドバイスいたします。
    売却が一番良いと思います。

    時間がたてば、たつほど第一生命の株式は評価が下がります。
    私は資産の半分は保険(家族4人分)で運用しています。

    …第一生命の契約者で保険に満足している契約者は少ないと思います。


    契約者が満足する保険が一つもないからというのが私の判断です。

    (あくまで私の主観です)
  • 「第一生命」の関連語
    1位 at
    2位 波戸崎
    3位 Japanese
    4位 保険
    5位 Ave
    6位 中国
    7位 量的
    8位 Maria
    9位 プロ
    10位 Flute

話題のトピック