なぜ「田部井和」なのか?

「田部井和」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



考察。「田部井和」とは何か?

「田部井和」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

田部井和に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 織さん: RT @masa_mynews: ・多くの教え子を731部隊に送り込んだ戸田正三は金沢大学の学長に就任。医学界の重鎮に。・チフス菌爆弾開発の田部井和は京大教授となり細菌学の権威に。・凍傷研究の吉村寿人も教授に就任。永久保存だろ。This is ニッポン。https://… - 24 日と 5 時間 12 分 49 秒前
  • Igarashiさん: RT @mitaketozan: こんにちは。本日御岳山駅前にて、昨年亡くなられた田部井淳子さんを顕彰するプレートの竣工祭除幕式典を行いました。御岳健康大使をお願いしている福島和可菜さんがいち早くアップしてくださいましたので、シェアさせていただきます。
    > https://t.

    … - 1 ヶ月 18 日と 14 時間 52 分 42 秒前
  • y_mat2009@Censoredさん: RT @rna: 田部井和は大量感染を引き起こす細菌爆弾の実験をしていた。 - 3 ヶ月 14 日と 18 時間 11 分 24 秒前
  • y_mat2009@Censoredさん: RT @rna: 京都大学大学文書館に文部省と大学の往復分書の中から731部隊から京大の研究者個人に細菌研究の報酬として金銭が支払われた記録が見つかった。受け取ったのは医学部助教授(当時)田部井和(かなう)。731部隊では第一課(チフス)課長。 - 3 ヶ月 14 日と 18 時間 12 分 30 秒前
  • わこさん: RT @AntiArmsNAJAT: 8月13日の『731部隊の真実』。衛生兵(田部井和の部下)の古都義雄証人。「チフス菌を注射器でスイカやマクワ(うり)に注射。研究室に持ち帰り、菌の繁殖を確かめたうえで、満州人と中国人に食べさせた」と。※吉永春子さん制作の『魔の731部隊』で… - 3 ヶ月 23 日と 1 時間 2 分 34 秒前
  • コバさん: RT @_N_R_Q: Nスペ731部隊、チフス部隊=田部班でお馴染みタベイカナウこと田部井和の顔写真や戦後の動向が知れて、下山病的にも大変重要な放送だったと思います(牧野 - 3 ヶ月 29 日と 6 時間 46 分 26 秒前
  • でみあんさん: RT @helixmakimaki: バイネーム(名指しであること)にもまた良い点と悪い点があり、それも状況によって反転する。自明であるがゆえに、心の奥底深くのことを吐露するハードルは上がり、人に対して嘘を突き通す確率が格段に上がる。田部井和はその典型例なんだろうね。 - 4 ヶ月 1 時間 6 分 45 秒前
  • 哲人クニちゃんさん: 『開戦の本質?皇室に連なる田部井和、戸田正三、石井四郎、吉村寿人ほか鬼畜731部隊の真性のクズども』⇒
    > https://t.co/HNFrw3IypY

    #アメブロ @ameba_officialさんから - 4 ヶ月 12 時間 51 分 1 秒前
  • ミニメディア通信猫村記者さん: 先日のNHKスペシャル「731部隊」は、とても良い番組でした。京都帝国大学の「田部井和」は現在のレートで「500万円」を軍国主義政府から宇kw取っていました‼。さらに京都帝国大学の「戸田正三」は軍部と結びつき、ナント『2億5千万円』を受け取って、学生を満州に送りこんでいたのです‼ - 4 ヶ月 17 時間 51 分前
  • 檜原転石さん: 731部隊から現在の金額で約500万円受けとっていた京帝大医学部助教授・田部井和(かなう)については、なぜかネットでなかなかヒットしない。以下では吉村寿人は詳しいが、チフス菌研究の田部井和については2行だけ ▼細菌戦部隊員の戦後
    > https://t.co/7cGW7aX14i

    - 4 ヶ月 1 日と 55 分 48 秒前
  • NET VOICEさん: NHKの通りだとすると、戸田昭三と田部井和と吉村寿人って悪魔だな。そして日本の医学界は悪魔に由来し、医療制度は先進国から大幅に遅れ、取り残されている。笑える、いや、笑えない。
    > https://t.co/1TKE5dVEcR


    > https://t.co/uEWCJ6NOEe

    - 4 ヶ月 1 日と 8 時間 21 分 23 秒前
  • goodjoneさん: RT @naratakasi: ②現場人体実験の医学者で戦後に京大教授で細菌学の権威「田部井 和」、戦後京都府立医科大学の教授・学長「吉村寿人」トップ4人を実名を挙げてだ。小説家の森村誠一と下里正樹の共同取材の『悪魔の飽食』をはるかに乗り越えた。特に「吉村寿人」は、同書の時に「… - 4 ヶ月 1 日と 13 時間 54 分 48 秒前
  • ちよこさん: 生きた人間を実験台にして殺した医学者たち。731部隊長軍医の石井四郎、金沢大学学長の戸田正三、京都大学の田部井和(かなう)。東大総長の長與又郎も関与。末代まで祟りそう。 - 4 ヶ月 1 日と 14 時間 7 分 49 秒前
  • waiwaiさん: 田部井和
    > https://t.co/ReXXQuO1wN


    > https://t.co/lozAud6tvY

    - 4 ヶ月 1 日と 15 時間 37 分 39 秒前
  • インプレッションアドバイザーみつるさん: 田部井和
    > https://t.co/6IiNplnmHz

    - 4 ヶ月 2 日と 19 分 55 秒前
  • 急上昇キーワード★Botさん: 田部井和 ⇒WEB検索:
    > https://t.co/KHTT7ddZ5L

    - 4 ヶ月 2 日と 20 分 23 秒前
  • word_alertさん: 田部井和
    > https://t.co/kagRILbfko

    - 4 ヶ月 2 日と 21 分前
  • 福田全次郎「ネット保守連合」大阪所属さん: 田部井和 プロフィール - あのひと検索スパイシー
    > https://t.co/3LwkaCGMs9

    田部井和/1775841田部井和のプロフィールと相関図を分かりやすく表示します。田部井和とつながりの強い人は、石井四郎、吉村寿人、岡本耕造、笠原四郎、北野政次、湊正男、草味正夫、 - 4 ヶ月 2 日と 14 時間 29 分 26 秒前
  • 京都兎さん: 戸田は金沢大学の重鎮に、田部井 和京大の重鎮になった? アメリカはデータを提出させて医学者達の「人体実験」の罪は問わなかった??…何故? - 4 ヶ月 2 日と 14 時間 30 分 14 秒前

    「田部井和」に関するブログ
  • タイトルに「エリート医学者」とあるように、731部隊に参加した軍医は、博士号を持った超エリートの医学者でした。
    部隊長の石井四郎が京大医学部出身として有名ですが、他に京大からは、細菌学の権威田部井和(たべい・かなう=戦後、京大教授)、凍傷の権威吉村寿人(同)ら11人が名を連ねました。
    彼らの背後には戸田正三京大医学部長(戦後、金沢医大学長)がおり、軍部から大学運営予算が欲しいばかりに、強行に教え子を送り込んだといいます。

    http://blog.goo.ne.jp/keiryusai/e/43ae4c15f02131bde8414818f9c6376d


  • 多くの教え子を部隊に送ったと見られる戸田正三は金沢大学の学長に就任し、医学界の重鎮に。
    チフス菌の爆弾を開発していた田部井和(かなう)は京都大学の教授となり、細菌学の権威に。
    凍傷研究の吉村寿人も教授になった。

    http://blog.goo.ne.jp/dearmadonna/e/6cd68b69b96fdc13676b92364d2b99f6


  • たとえば「731部隊の真実 エリート医学者と人体実験」では、731部隊長である石井四郎自身が京都大学の医学部出身だったことから、当時京大医学部長で石井と旧知の仲だった戸田正三が軍と結びつき、多額の研究費を集めていたこと。
    そして同助教授だった田部井和など11人の医学者が満州に駐留していた731部隊に将校待遇で迎えられ、現地で捕らえた中国人たち3000人に、細菌などの人体実験を繰り返していたこと。
    戦争が終わりに近づくと、証拠隠滅のためにすべての現地人を殺害したうえで自分たちだけ先に日本へ逃げ帰り、戸田を含めて誰ひとりとして罪に問われることもなく、戦後それぞれの権威として出世していること。

    http://mitsuru0119.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/72-3e5a.html


  • 今回の新資料でどうなるのだろう。
    戦争犯罪人、医学生を部隊に送った戸田正三は、戦後、金沢大学の学長に、田部井和は京都大学の教授に。
    研究資料を渡すことで、アメリカとの取引により刑は免除されたらしい。

    http://takahashi-ben.at.webry.info/201708/article_14.html


  • 「田部井和」に関する教えてGoo!
  • お見舞い品にオススメな最近の小説
    知り合いの年配の方(70前後)が入院することになったので、お見舞いついでに小説を持っていこうと考えています。


    せっかくなので読んだことなさそうな最近の小説家の本を持っていこうと思うのですが、私が今まで読んだ小説は人が死んだり、読み終わった後ちょっと鬱方向に考えこんでしまったりするものが多いので、病人に薦めるのは抵抗があります。
    病気の年配の方にも薦められるような最近の小説ってないでしょうか?


    回答よろしくお願いします。


    <小説>
    高田郁さんの「八朔の雪」
    時代小説です。

    ある事情で大阪から江戸にやってきた女料理人が偏見やライバル店からの妨害などの困難を乗り越えながら、心やさしい人々に囲まれて料理人としても女性としても成長していく物語です。


    時代小説ですが、チャンバラはありませんので人が死んだりする場面は無いです。


    小路幸也さんの「東京バンドワゴン」
    東京下町で古書店を営む大家族の人情物語です。


    御近所で起きた謎や事件を家族と地域の人が協力して解決していきます。
    こちらも人が死んだり、不幸にあったりはせずに円満解決するので読後に嫌な気持ちになったりはしません。


    <他に・・・>
    旅行エッセイや旅行雑誌(るるぶなどでは無く、大人の落ち着いた装丁の雑誌)、日本や海外の風景集はいかがでしょう?
    気持ちが塞ぎがちになる入院生活ですから、素敵な風景写真を眺めているだけでも、良い気分転換になると思います。


    旅の手帖 
    http://www.kotsu.co.jp/magazine/tabi/index.html


話題のトピック