なぜ「正夢」なのか?

「正夢」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      サザエさん 真夏の昼の正夢のオチが「アッーーー!」で淫夢厨がザワつく事案発生 #sazaesan

      えっ!?これって正夢??本当に起きた夢にまつわる怖い話 ~信じる信じないはあなた次第~

      7年前、その時の俺は中学生で、友達5、6人とゲーセンか何かに遊びに行ってた。 友達の一人が、先に横断歩道を歩き出したんだけど、その瞬間に、銀のスカイラインが飛び出してきた。 夢なんだけど、なんていうか、記憶のビデオを見ている感じ。 記憶どおりに俺自身も友達と喋ってたり、動いている。

      記憶のとおり、先を歩いていた友達が横断歩道を渡り始めた。 その時、ビデオを見ていたような感覚から一転して、自分の身体に自分の魂が乗り移ったような感じがした。 やはり、銀のスカイラインが凄いスピードで目の前を通過していった。 友達と抱き合うような格好になって、くっ付き合いながらびっくりしていた。 それから目が覚めて、今見た夢の内容に驚きながらも、用事があったので支度をして家を出た。 ふと向かいの家を見ると、銀のスカイラインが止まっている。

      確かに向かいの家は、もともと銀のスカイラインに乗っていたけど、そのスカイラインが、事故の時のスカイラインだと直感的に思った。 そもそも、中学生の頃に確かに経験した、あの7年前の記憶は何だったのか。 いわく、弟は夢の中で別人になっていて私の部屋を見上げている。

      毎日観察しているので、私の行動パターンや生活パターンは把握済み。 私の部屋は2階建てアパートの角部屋で、隣は4月から空き部屋。 階下は大家の部屋だが、他に部屋があるらしく夜はいない。 隣のアパートの外階段から私の部屋のベランダに移れるのを実験済み。 でも弟は普段冗談とか言わないし、オカルトにも興味ないからマジで恐い。昔から私は夢をみている時に、たまに自分は今、夢をみているんだと自覚する事がありました。

      すると急に駅に精気の無い男の人の声でアナウンスが流れました。 それは 「まもなく、電車が来ます。 それは電車というより、よく遊園地などにあるお猿さん電車のようなもので数人の顔色の悪い男女が一列に座ってました。

      私はどうも変な夢だなと思いつつも、自分の夢がどれだけ自分自身に恐怖心を与えられるか試してみたくなりその電車に乗る事に決めました。

      本当に恐くて堪られなければ、目を覚ませばいいと思ったからです。 私は自分が夢をみていると自覚している時に限って、自由に夢から覚める事が出来ました。

      辺りには生温かい空気が流れていて、本当に夢なのかと疑うぐらいリアルな臨場感がありました。

      これから何が起こるのだろうと私は不安と期待でどきどきしていました。

      電車はホームを出るとすぐにトンネルに入りました。

      紫色ぽっい明かりがトンネルの中を怪しく照らしていました。

      (このトンネルの景色は子供の頃に遊園地で乗った、スリラーカーの景色だ。

      この電車だってお猿さん電車だし結局過去の私の記憶にある映像を持ってきているだけでちっとも恐くなんかないな。考えていると、急に後ろからけたたましい悲鳴が聞こえてきました。

      振り向くと、電車の一番後ろに座っていた男の人の周りに四人のぼろきれのような物をまとった小人がむらがっていました。

      よく見ると、男は刃物で体を裂かれ、本当に魚の活けづくりの様になっていました。

      強烈な臭気が辺りをつつみ、耳が痛くなるほどの大声で男は悲鳴をあげつづけました。

      男の体からは次々と内臓がとり出され血まみれの臓器が散らばっています。

      私のすぐ後ろには髪の長い顔色の悪い女性が座っていましたが、彼女はすぐ後で大騒ぎしているのに黙って前をを向いたまま気にもとめていない様子でした。 私はさすがに、想像を超える展開に驚き、本当にこれは夢なのかと思いはじめ恐くなりもう少し様子をみてから目を覚まそうと思いました。

      気が付くと、一番後ろの席の男はいなくなっていました。

      しかし赤黒い、血と肉の固まりのようなものは残っていました。

      うしろの女性は相変わらず、無表情に一点をみつめていました。

      すると今度は二人の小人が現れ、ぎざぎざスプーンの様な物でうしろの女性の目をえぐり出し始めました。

      さっきまで、無表情だった彼女の顔は、痛みの為ものすごい形相に変わり、私のすぐ後ろで鼓膜が破れるぐらい大きな声で悲鳴をあげました。

      私は恐くなり震えながら、前を向き体をかがめていました。

      しかも、順番からいくと次は3番目に座っている私の番です。 私は夢から覚めようとしましたが、自分には一体どんなアナウンスが流れるのだろうと思い、それを確認してからその場から逃げる事にしました。

      どうなるか、容易に想像が出来たので神経を集中させ、夢から覚めようとしました。

      今度は小人が私の膝に乗り変な機会みたいな物を近づけてきました。

      全身汗でびしょびしょになっていて、目からは涙が流れていました。

      私は、寝床から台所に向、水を大量に飲んだところで、やっと落ち着いてきました。

      恐ろしくリアルだったけど所詮は夢だったのだからと自分に言い聞かせました。

      次の日、学校で会う友達全員にこの夢の話をしました。

      大学生になった私はすっかりこの出来事を忘れバイトなんぞに勤しんでいました。

      とあのアナウンスの声がはっきりと聞こえました。

      目を開けるとやはり、もう夢からは完全に覚めており自分の部屋にいました。

      最後に聞いたアナウンスは絶対に夢ではありません。
      こっちの世界では心臓麻痺でも、あっちの世界は挽肉です。 私の通っていた高校には旧校舎があり、授業では使っていませんでしたが一部の部活動の部室がありました。

      私の所属していた部活の部室は本校舎にありましたが、ある用事で旧校舎にある部室に行くことになりました。



      しかし、その用事のある人物が席を外していたので、私はしばらくその部室で待つことにしました。

      耐え切れなくなった私は、そのまま眠ってしまいました。

      部屋の中の備品の位置がかなり変わっている気がしましたが、そこまで気を配ることはできませんでした。 助けることも、逃げ出すことも、大声を上げることもできず、私は目の前で複数の人物によって殺されていく一人の人物の光景をじっと見続けることしかできませんでした。 殺された人物はそのまま部屋の壁の一部に大穴を開け、その中に入れられてしまいました。

      その後、彼らは壁の修復を始め、ついに埋められた人物の輪郭すら無くなり、そこには壁ができているだけでした。 一気に場面が移り変わり、そこには先ほどの殺人現場にいた人物の一人が立っていました。

      殺された人が埋められた壁の前に立った瞬間、壁の中から2本の腕が飛び出し、その人物は首を絞められて殺されてしまいました。

      それから更に場面が変わり、殺人現場にいた加害者たちは壁の中から出てきた腕に次々と殺されていきました。

      気がついた時、私は先ほどの部室に戻っていました。



      しかし、妙にリアルな夢だったので、ぐっしょりと汗をかいていました。

      心配されましたが、大丈夫であることを告げ、用事を済ませて帰りました。

      しばらくしてから、私はその夢の話をすっかり忘れてしまいました。

      私が卒業した後、その旧校舎は老朽化のために取り壊されましたが、人づてに妙な話を聞きました。

      これが夢だとすぐに気づいたのはあまりにも校内がしーんと静まりかえっていたからだ。

      少々不気味ではあったが、緑色の廊下や歩くとミシミシいう教室は懐かしかった。 しばらくぶらついていると、廊下の隅にあるトイレが目に付いた。 中学時代の私は胃腸が弱く、授業中にトイレに駆け込むこともしばしばあった。 だから、変な言い方だがトイレは結構身近な存在だった。 そこでようやく私は自分の行動の異常さに気づいた。 そう、”なんで私は夢の中でトイレの個室なんかに入っているんだ”と。 軽いパニック状態に陥り、キョロキョロと周りを見回した。 すると、動いたはずみでかさっという音が上着のポケットから聞こえた。 何だろうと思って引っ張り出してみると、それは何の変哲もない一枚の紙。 そこには私の筆跡と思しき字でこう書かれていた。 元々字が汚い私であるが、そこに書かれている字はそれに輪をかけて汚く、ひどく焦って書いたような印象があった。 首をかしげて疑問符を浮かべていると、一番奥の個室から物音がした。 でもこの音源がなんであるのかは全く見当がつかなかった。 ただ言えることは、なにか軽い感じの音ではなく、なんとなく重い感じの音だった。 私は今すぐ逃げ出したい気持ちだったのに、どういうわけか壁をよじ登って上から音源の個室を覗き見ることにした。 もちろん細心の注意を払って音一つたてないようにだ。

      私の個室からは隣の隣に位置するため、すべて見ることは出来なかったが、音源が人間であることは分かった。 そう、まるでみんながイメージする”トイレの花子さん”そのまんまだ。

      私は自分でも驚いたが、信じられないほどの勇気をもってさらに身をのりだした。 下駄箱には片足の無い少年や、和服姿の女の子、そのほかにも妖怪のような気持ちの悪いやつらがうようよしていた。 でもそいつらは私を珍しがっていたようだが敵意は無さそうで、すぐに襲いかかってくるような気配はなかった。 私はほっと安心する間もなく、校庭に出る扉に飛びついた。 一つ目の扉にはカギがかかっていて開かなかった。 何で外に出ただけで助かったなんて言えるのだろうか。 そう、前に一度だけこれと同じ夢を見たことがある。 あのばりばりというメッセージも前の夢で自分が書いたものなのだろう。 この扉を出てすぐ右手にフェンスを切り取って作ったような簡単なドアがある。 例えばりばりが追っかけてきたとしても、ダッシュで走ればもう追いつかれないという自信すらあった。 私が通っていたころのその扉は常時開け放たれていた。 それなのに今は閉まった状態であり、おまけにごつい錠前までしてあった。 最近小学校や中学校も物騒になってきており、登下校時間以外は全ての門を閉めておくことになっていたのだ。

      私が前にこの夢を見たときにはそんな規則はまだなかった。 私はどうしていいか全く分からず、天を仰ぎみた。 すると、トイレの窓から誰かがこちらを見つめているのに気がついた。 背筋が凍ったような気がして、体温も急激に下がっていった。 あれはかなり低いのでよじ登ることだってできるだろう。 確かめてはいないが、すぐ後ろにばりばりがいるってことが何となく分かった。 50Mもしないうちに追いつかれるような勢いだった。 もうここからは感覚というものがほとんど無かった。 ただ走って、門が見えて、それを全身で這うようにして登った。 最後は転がり込むように門の外へ身を投げ出した。 ばりばりとの距離がどれだけ縮まっていたのか確かめておきたかった。 私の頭蓋骨を両手で掴みとらんとばかりにこれでもかと伸ばした状態で固まっていた。 当然のごとく全身は汗びっしょり軽くめまいすらした。 起きて私がした行動は、この夢を忘れないようにノートにメモを取ること。 あまりにも怖い夢だったので後で誰かに話したかったのだ。

      本棚の奥にあった古びたノートをやっと見つけ、開いた瞬間また私は絶句した。 ”ばりばりばりばりばりばりばりばりばりばりばりばり” ノートの最後のページには確かにそう書いてあった。 一度目の夢はほとんど記憶にないが、わりと楽に逃げ切れた気がする。 はっきりいって今度またあの夢を見たら逃げ切れる自信はない。 もし今後、新聞かなにかで”寝たまま死んでしまった人”なんて記事があったら、それはもしかしたら私かもしれない。 青年期までは多少の霊感があった私ですが、成人になるにつれ薄れつつありました。

      いつも通り、自分の家のベッドに入り睡眠を取っていると、ふと自分がある街の路地に居ることに気付きました。

      その街も通常のモノとは違い、全てが真っ白でした。 まだその段階では何となく夢を見ている感覚でした。 ですがそこで私はあることに気付いてしまいました。

      次いで気付いたことが、雨の感覚が無いことです。 私はかなり動揺しながら街を歩き何かないかと探し始めました。

      街を歩いているとあるガラス張りの建物を見付けました。

      ガラス越しに猫や犬を入れ展示するようなケースが沢山あるのが見えましたが、中には動物も人も居ません。
      そのペットショップらしき建物をガラス越しに沿いながら見ていると裏口に扉があることに気付きました。

      残念だと思いながら来た道を戻ろうとすると30メートル先くらいに人が居るのに気付きました。

      うお!人だ!と思いよく見てみると、白い服を着た長い髪の女性のようでした。 距離があったので顔は見えませんでしたが、関わってはいけない存在というのは分かったので、その場から逃げようとすると体が急に動かなくなりました。

      思い、目を下に向けると子供らしき男の子が私の腰あたりに抱きついていました。

      私は目を瞑り、夢から抜けるイメージを描くようにします。 イメージの中に何故かコンセントが現れ、私はそれをすぐさま引っこ抜き、夢が強制終了。 頭がボヤボヤしたまま自分が布団の中に居ることを確認しました。

      気が動転し、寝汗で濡れた布団のまま私は意識を失くすように寝てしまいました。

      ちなみに余談ですが、寝る前に部屋の四隅を見てから寝ると怖い夢を見るというのをよく聞きます。 怖い夢を見ても絶対に夢だと気付かないようにお気を付け下さい。 そしてその夜見た夢は自分が住んでいるその部屋そのものでした。 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 俺はふと目が覚めました。

      それでも瞼に当たる光が感じられないことから、まだ夜中であると思いました。

      寮の前の外灯の光が部屋の中に入ってきているだけ。 それはいつものことで特に気にもとめませんでした。 すぐ側まで何か得体の知れないものが近づいてきている…そんな感じです。 寝返りを打ってじっとしていると、ベッドの脇の下に何か気配を感じます。 そう思いましたが、鍵をきっちりかけて寝ている俺は気のせいだと思いました。

      いるはずのない侵入者に眠りを妨げられ、俺は反射的にキレました。

      布団をバっと払って起き上がると、その感触のしたほうを見ました。

      ベッドが少し高かったからか、ベッドの上からでは微妙にそれは見えません。
      俺は、 「ベッドの脇から動かないのはこのベッド上に用があるからに違いない。 かたずを飲んでそれを待っていると、何やらちらちらと見えだしました。

      外からの外灯もそこにはギリギリ届いていません。
      それでもちらちらと見え出したものをじっと見てみると、毛は生えていない生き物のようでした。 その瞬間、仕留めようとしていた俺は硬直しました。

      ベッドの上に這い上がろうとしているように、ベッドに手をかけたように見えました。

      俺は触れたくありませんでしたが、本体がベッドに上がってこられたら困るので、その手を蹴りました。

      でもたったそれだけでその生き物が諦めるはずもなく、まだ蠢いています。

      そして間もなく、再び手がベッドの上に出てきました。

      そして再び手を蹴り落とす俺、そしてまた現れる手…。 そんなことを繰り返しているうちに、その本体は学習能力があるようで、手を払われてもすぐにベッドに上ろうとしてきます。 やはり本体を叩かねばだめかと思い、本体が姿を現すの待ちます。 片手だけだった手が両手になり、何やら薄黒いものが上ろうとしてきます。 その本体が体半分ほど上ってきたところで、俺はベッドの上で立ち上がり、思いっきり蹴り飛ばしました。

      どうするかと見ていると、体勢を立て直して、再びゆっくりとこちらに這ってきます。 ただ…その色と粘液から、どことなく腐っているような感じをうけました。

      再びベッドに近寄ってきたそれを今度は玄関のほうに蹴り飛ばします。 ベッドの上という不安定さと、素足で蹴る気持ち悪さとでなかなか全力で追い払えません。
      困っていると、部屋の中に持ち込んでいた靴を思い出しました。

      その赤ん坊がベッドまで戻ってくる前に、俺は素早くその靴を持ってベッドの上に上がり、その靴をはきました。

      ベッドに上がろうとしたそれを蹴り落とし、さらにベッドから降りて玄関へと全力で蹴り飛ばしました。

      何とも言えない…水を吸った布を蹴るような感覚…。 それは廊下をすっ飛んでいき、玄関のドアに直撃。 と思っていると、それは再び体勢を立て直してこちらへと向かってきます。 決して早くもないし、力強くもない… だがそれに似合わないタフさがさらなる恐怖心をかきたてます。 さらに全力で蹴り飛ばす俺、それでも効かない。 どれだけ全力で吹っ飛ばそうとも、必ずこちらに向かって這ってくる。 近くに蛍光灯のスイッチがあったのを思い出し、蛍光灯をつける。 そうするとそれの形をはっきりと見ることになった。 それは1歳くらいの赤ん坊の形をしていて、髪などはなく、全身は赤黒くその色には少しムラがあり、俺の攻撃のせいか手や足が少し曲がっていました。

      何にしてもそいつの動きを止めたかった俺は、すぐ横のキッチンに置いてあった長めの包丁を取り、その生き物を掴みあげると壁に叩きつけて心臓の辺りに突き刺しました。

      包丁はその生き物を貫通し、後ろの壁に刺さります。 これでこいつは生きていてもここから動けない。 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////// ここで夢から目が覚めました。

      目が覚めたとき、言いようのない後味の悪さを感じました。

      高校の時分は弟と相部屋だったので、大学生になった時点で、俺だけの部屋をよこせと空き部屋をもらった。 私の家は昔旅館を営んでおったため、3階に古い感じの客室が3つほど空いていた。 そのうちのひとつをもらい、ねぐらとしていたのだ。

      トタン屋根の直ぐ下の部屋であり、日中十分すぎるほど陽に熱され、その夜も非常に寝苦しかった。 あまりの暑さの為だろうか、明け方近くに私はふと目を覚ました。

      なんだ、と思い見てみると、私の枕側に枕を向ける格好で髪の長い見知らぬ女が寝ておるではないか。 なぜなら、私ひとりしか生活していない部屋であるため、布団は当然一組しか敷いておらぬ。 そして部屋を間違えた人間がわざわざもう一組敷き直して寝たりするだろうか。 しかも、自分の知らぬ人間が寝ている部屋である。 寝起きで呆けた私はそんなことすら思い付かず、先程のかなりどうかしてる発言をした。 うわぁっ、と思った瞬間、ガクッと体が固まった。こわいこわいこわい、と怖がっている間も、女の哄笑は続く。 私は夢の中で、あ、これは夢だと認識するようなメタフィクション的な夢を何度か見た事があったので、なんとか冷静を保とうと思い、そんなことを考えた。 どうしたのだ、と思っていると目の前に突然その女の顔が逆しまに現れた。 そして、その女はそこだけ妙に紅い唇をきゅっと歪め、凄い笑みを浮かべてこう言った。 薄暗い林の中に私はたたずみ、目の前には赤い鳥居があります。 少女は鳥居の奥へと歩き出し、私も無意識のまま後をついて行きます。 しばらく歩くと目の前には赤い鳥居と白い鳥居が現れ、道は二手に分かれていました。

      と一言つぶやくとそのまま赤い鳥居へと歩いて行きました。

      そしてこの夢を見るようになってから、普段の生活にも少女が現れるようになりました。

      そこで当時付き合っていた彼女に相談をすることにしました。

      次の日から彼女とは全く連絡が取れなくなり、学校でも姿を見かけることはありませんでした。 それと同時にあの夢も見ることはなくなり、少女が私の前に現れることはなくなりました。

      〟 〝彼女の涙と白い鳥居を選ぶ理由〟 結局いまだにこの疑問は解決されていません。

      【正夢?】iPhoneと一緒に寝れば見たい夢が見られるという夢の様なアプリたち!

      レム睡眠時に適切なサウンドスケープを鳴らすことで、見たい夢をユーザーに見せることを目的としているんだとか。ユメミ~ルは、見たい夢を見せてくれるかも知れない エンタテインメントアプリケーションです。寝る前に見たいユメを選び、起きる時間を指定するだけ。あとはiPhoneを枕元に置いて寝ると、iPhoneがあなたの睡眠状態を検知し、眠りの浅いレム睡眠時に、選んだユメにちなんだ音声を再生します。ささやく声が、レム睡眠状態にあるあなたの耳に届きます。その音にちなんだ夢が見れるかは朝起きたときのお楽しみです。 というわけで、今夜は告白される夢を見るべく寝ます。

      > 不思議な偶然には名前と理由があった!『シンクロニシティ』が起きるワケ。
      > 「ゆるキャラBRIZO」 のリンク

考察。「正夢」とは何か?

「正夢」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

正夢に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • FAKE BOT 如月 千早さん: サイボーグは、情報化神の正夢を見るわ! - 1 日と 17 時間 29 分 26 秒前
  • 時計さん: 前は自分とかの正夢とかだったのにココ最近私の周りの人の方が断然多くなった。リアルの友達なら大丈夫とか思ってたけど、まぁ、たまたまか。 - 1 日と 17 時間 30 分 3 秒前
  • ねお@8/16スピッツ武道館さん: 正夢 #NowPlaying - 1 日と 17 時間 30 分 8 秒前
  • つなちゃんさん: 史上最強に起きるの遅かったけど、あの人の夢をたっぷりみたわ - 1 日と 17 時間 31 分 1 秒前
  • みつ坊さん: RT @_tune_: 8/14愛媛新聞。正夢になった夜(下)
    > https://t.co/mev1D7hIGG


    > https://t.co/gZcIKnVrNy

    - 1 日と 17 時間 31 分 27 秒前
  • 心さん: 今朝、出先のあまりきれいではないトイレに - 1 日と 17 時間 31 分 37 秒前
  • さん: なんやかんやあってアキヲが麗朔空に神のごとく崇拝されてなんやかんやある漫画を誰かが描いてTwitterにあげていたのを夢で見たので正夢になるといい - 1 日と 17 時間 38 分 46 秒前
  • 開拓者IKU☆MAXの名言BOTさん: [名言]これ!!今この状況!!正夢!! - 1 日と 17 時間 48 分 45 秒前

    「正夢」に関するブログ
  • 17. 日なたの窓に憧れて
    18. 正夢
    19. 運命の人

    http://blog.goo.ne.jp/mom2011_march/e/1eb3e0ba14089dfdd8acff539d057124


  • 17. 夢追い虫
    18. 正夢
    MC

    http://biggio.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/2017816-spitz-l.html


  • 3か月後の決済時に同じ1ドル25バーツで裁定予約をしておけば、3か月後にバーツがドルに対して大幅に下洛した暁には、そこで利ざやを稼ぐことができるのではないかと。
    このような彼らの思惑は、その3ヶ月後の5月時点では相場は動いていませんでしたが、それから2か月後の1997年7月時点で見たバーツの対ドル相場は1バーツが30.32ドルと下落してぼろもうけのチャンス到来が正夢となりました。
    そこで、今ある海外投資家が1997年2月の時点で、1ドル25バーツにて5か月後の7月決済にて1億ドルの為替予約したと想定しましょう。

    http://blog.goo.ne.jp/maruo9/e/d177483024dfca353b58fa9df0ab8e76


  • 足がつるという予感が来たので、旅行鞄が足に転げ落ちるという夢を見たんでしょうか?
    正夢だったかもしれないなと思いました。
    (苦笑)

    http://blog.goo.ne.jp/masamikeitas/e/ea612bfbdee577b1493c946ce23b16c7


  • 香港人の魂は、こうして次の世代へと受け継がれるに違いない。
    この5本の短編は、近未来の正夢さながらの悪夢だが、しかしたとえ強大な権力の前にあっても屈しない香港人の崇高な誇りが、暗澹たる世情に差し込む一筋の希望の光となる。
    彼はただ唯々諾々と権力に従わない。

    http://omasuda.at.webry.info/201708/article_3.html


  • 「正夢」に関する教えてGoo!
  • とっても怖い夢を見ました。


    それが頭から離れません。

    夢は正夢になるのでしょうか?


    誰かに話したら正夢にならないって本当ですか?


    いいえ
    夢とは 過去の記憶の整理することによる感覚性の心像で、ほとんどが視覚的心像です。


    聴覚、嗅覚、味覚、触覚、運動感覚などに関わることもあります。
    心配事や悩み、ストレスがきっかけで怖い夢を見ることがあります。
    正夢とは関係ありません。

    正夢とは事実と一致すること、将来現実になることです。


    予知夢とも言いますが、あてになりません。

    人間にはそのような能力は本来備わっていません。

    歴史がそれを証明していませんか?


    誰かに話して、あなたが安心するなら
    信頼できる、あなたを大切に思っている人に話してください。
    占い師など 間違っても話すべきではありません。

    彼らの目的は怖れさせてあなたから搾取することです。


    心地よい環境を整えるなら悪夢は見ることはありません。

    安心してください。
    あなたは独りではありません。

    良い眠りを。
  • 僕は正夢を見れます。怖い正夢をみました。


    2011年6月:アメリカでクラウドコンピューティングによる自動軍事防衛網「スカイネット」が完成
    2011年9月:スカイネット法案が可決、スカイネットが学習を始める
    2012年12月午前4時48分54秒:スカイネット覚醒、ロシアイギリスフランス日本中国インドパキスタンに核攻撃を開始(人類の人口は2億人へ)
    それ以降人類とスカイネットの戦いとなる。
    すごい怖くなりました。

    これは正夢です。

    今なら間に合います。

    どうしたら防げますか?


    ロ○ゾフィー協会に相談してみたら
  • 私は子供の頃まで頻繁に正夢を見ていました。

    (今は何に数回程度)
    今はだいぶ減ったのですが、その中でも面白いのは子供の頃に見た夢が今になって正夢だったときづくこと、とかですかね。
    (下手したら10年近く前の夢が現実に起こったりして思い出す。)
    皆さんも、こんな経験ないですかね?
    夢の中で、この先こうしたら失敗する。
    ここの曲がり角で嫌いな人に会う。
    とかが分かって、正夢にならないようにその曲がり角を曲がらず引き返した。
    なんてことありません?
    これ自分的には今まで結構役に立ってきたので、正夢見たいんですがw
    見る方法ないですか?


    私も何度か見たことがあります。正夢は未来の結果でしかないから夢の内容を当てはめてるだけです。

    過去には数字の羅列の夢を見て実際に万馬券を当てました。


    正夢として見るからには将来 該当する行動を自分が行っている必要があります。英語を学びたい。彼女を作りたい。海外旅行に行きたい。
    (なんだ?!今の夢は、なんであんなところに行ってるんだろう?)
    印象に残りそうな行動をしてみるといいかもしれません。

  • 「正夢」の関連語
    1位
    2位 追い
    3位 運命
    4位
    5位 意味
    6位 25バーツ
    7位 1997年
    8位 ほんと
    9位 日なた
    10位 文学

話題のトピック