なぜ「最大震度」なのか?

「最大震度」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      福島県や宮城県で震度4 9時11分頃

      20日午前9時11分頃、福島県沖を震源とするマグニチュード5.6の地震が発生し、福島県や宮城県で最大震度4を観測しました。

      ●福島県沖や茨城県北部を震源とする地震 20日午前9時11分頃、福島県沖(北緯37.3度、東経141.6度)を震源とする最大震度4の地震がありました。

      震源の深さは約40km、地震の規模(マグニチュード)は5.6と推定されます。 その後、午前9時57分頃にも福島県沖を震源とする最大震度2の地震がありました。

      この地震の規模(マグニチュード)は4.0と推定され、福島県の楢葉町北田と富岡町本岡で震度2を観測しました。

      また、午前10時15分頃には茨城県北部(北緯36.7度、東経140.7度)を震源とする最大震度2の地震がありました。

      この地震の規模(マグニチュード)は4.0と推定されます。震度2を観測したのは茨城県の日立市助川小学校、日立市十王町友部、常陸太田市町屋町、高萩市安良川、高萩市下手綱、大子町池田です。

      鹿児島県薩摩で震度5強 20年ぶり

      11日午前11時56分頃、鹿児島湾を震源とするマグニチュード5.2の地震が発生し、鹿児島県で最大震度5強を観測しました。

      ●鹿児島県で地震 11日11時56分頃地震がありました。

      震源地は鹿児島湾(北緯31.4度、東経130.6度)で、震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は5.2と推定されます。鹿児島市下福元指宿市十町南九州市頴娃町牧之内南九州市知覧町郡 ※なお、鹿児島県薩摩地方で震度5強以上を観測するのは1997年5月13日に薩摩川内市中郷で震度6弱を観測して以来20年ぶりです。

      宇宙からみた 梅雨前線による大雨

      ついて、気象レーダや全球降水観測計画(GPM)主衛星の観測をもとに詳しく解説します。特に西日本で降水量が多くなり、期間総降水量がもっとも多かった宮崎県えびの市では、約6週間で年間降水量のおよそ3分の2にあたる2218ミリの雨が降りました。

      中でも、6月19日から24日にかけての九州付近の大雨は深刻でした。停滞する前線上を二度にわたり低気圧が通過したため、断続的に雨が降り続き、九州の各地で日降水量が200ミリを超えました。

      その後も余震が相次ぎ、2017年2月末までに震度1以上を観測した地震は4258回にのぼりました。

      大きな地震が発生すると、その瞬間に発生する家屋の倒壊や地すべりなどの災害はもちろんですが、地震により地盤が緩み、その後も雨による土砂災害などの複合災害が発生する恐れが高くなります。こうした状況の中、この梅雨前線による大雨が被災地を襲いました。

      19日から断続的に降り続いていた雨でしたが、20日の夜遅くから急激に雨脚を強め、数時間で一気に雨を降らせました。

      熊本市の隣、甲佐町では、6月21日0時19分に全国の観測点で史上4位となる1時間150ミリの雨を、熊本市中央区でも20日23時4分に1時間94ミリの猛烈な雨を観測しました。

      この大雨により、熊本県内では6人が亡くなりました。

      この大雨について、さらに詳しく見ていきましょう。ひとつの塊に見える降水帯ですが、実は複数の積乱雲群(いくつかの積乱雲が組織化したもの)が連なって形成されたもので、同じ地域の上空をこの積乱雲群が次々と通過したため、局地的な大雨になったと考えられます。 また、一見、雨雲が北東に移動したように見えますが、よく見ると降水帯が少しずつ北東へ延びています。

      これは『バックビルディング型』に形成される線状降水帯の特徴で、風上側で繰り返し新しい積乱雲が発生し、積乱雲群が風下から風上にかけて連なっていくためです。複数の数十キロ規模の積乱雲群が並び、100キロを超える線状降水帯を形成します。『平成24年7月九州北部豪雨』や、『平成26年8月豪雨』における広島市を中心とした集中豪雨の原因にもなりました。

      全球降水観測計画(GPM)主衛星に搭載された二周波降水レーダ(DPR)による降水の三次元分布図で、この線状降水帯のようすを詳しく見てみましょう。っとも強く(赤く)なっているのが線状降水帯の積乱雲にあたる場所で、周辺の積乱雲の2倍近い高さで、高さ15~16kmの対流圏界面付近まで達しており、周囲に比べて著しく発達していたことがわかります(図4)。線状降水帯は、下層における暖かく湿った空気の継続的な流入や、極端な大気の不安定などによって引き起こされます。当時、例年よりも西に張り出した太平洋高気圧に沿って、南から暖かく湿った空気が流れ込んでいました。

      さらに梅雨前線上を低気圧が通過し、南からの暖湿気流の流入をより強めました。

      また、日本の上空には寒冷渦に伴うやや冷たい空気が流れ込んでいたため、大気が大きく不安定となり、線状降水帯が発達しやすい場になっていたと考えられます。 日本おける大雨や集中豪雨は、線状降水帯によって引き起こされることが多いと言われています。

      命を守るために…。「音」でできる防災対策を考える

      テレビや携帯電話の緊急時に鳴るあの音を聞くと、ニュースを見て正確な情報を得ようとしたり、室内の安全な場所に逃げたり、”災害発生後”の次の行動に移そうとするはず。 でも自分では分かっていても、子どもに”災害を知らせる音”についての意味や重要性について話をしていない家庭は4割にものぼるよう。 ここに、家庭の防災対策の意外な盲点が見えてきました。

      ”災害を知らせる音”の教育をしていない4割の家庭が、防災教育を怠っている、というわけではありません。
      家庭での防災教育の内容を見てみると、家族との連絡方法、避難場所、災害発生時の行動などの教育をしていることが伺えます。 私たちが”聴覚”によって身の危険を感じる手段でまず思いつくのが携帯電話ですよね。

      発表条件 ”災害を知らせる音”としてまず思いつくのが、緊急地震速報。 緊急地震速報とは、気象庁が最大震度が震度5弱以上と予想された場合、震度4以上が予想される地域を対象に発表されるもの。PIXTA 気象庁がこの警報を発表すると、テレビやラジオ、携帯電話、防災行政無線などで緊急地震速報が流れることになっています。

      仮に震源から遠い場所にいる場合、揺れが届くまで時間がかかるので、すぐに揺れがこなくても身を守る行動を取ることが大切です。 また緊急地震速報は、テレビやラジオを視聴中に流れるものなので、テレビなどを見ていない場合は、自動でテレビのスイッチがオンになり知らせてくれるものではありません。
      そのため、テレビやラジオ以外の速報の入手方法として重視されているのがやはり携帯電話です。防災対策をご家庭でも話し合ってみることが大切です。

考察。「最大震度」とは何か?

「最大震度」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

最大震度に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • きぃ WITH❄T おかえり!さん: RT @UN_NERV: 【緊急地震速報 第3報 2017年9月17日】6時58分頃、埼玉県南部を震源とする地震がありました。地震の規模はM4.3程度、最大震度3程度以上と推定されています。この情報は気象庁の予報に基づく推定です。情報は誤差を含む場合があります。 - 4 日と 9 時間 54 分 11 秒前
  • 元レーサー@介助犬さん: RT @eq_map: ◆◆緊急地震速報(最終第5報)◆◆【M4.1】埼玉県南部 深さ50km 2017/09/17 06:58:25発生 最大予測震度3(G)
    > https://t.co/1l9JcdaJH5

    (Y)
    > https://t.co/0ReqgKxdMA

    - 4 日と 9 時間 58 分 9 秒前
  • 保科洋子さん: RT @mgn_eq: 【地震情報】17日04:12頃、静岡県中部でM3.9の地震発生、最大震度2。震源は地下約30km。この地震による津波の心配はありません。 #地震 #jishin #災害 #saigai
    > https://t.co/7Oj8s22jiL

    - 4 日と 9 時間 58 分 18 秒前
  • クジロウちゃんパパさん: なんか一旦全部吐き出してた日 なんもしたい [最大震度1週間前の派生が。 - 6 日と 15 時間 28 分 32 秒前
  • 五百万石さん: RT @okasanman: 三陸沖でM4.5 最大震度2
    > https://t.co/PU7SNagnT6

    - 6 日と 15 時間 29 分 35 秒前
  • ペンタギシアンに憧れるニコGさん: 三陸沖でM4.5 最大震度2
    > https://t.co/bQQEUkB2c1

    - 6 日と 15 時間 35 分 1 秒前
  • 静寂と孤独さん: @__fuyugasuki__ 音量最大だったので驚きました - 6 日と 15 時間 39 分 34 秒前
  • ひらななさん: RT @tenkijp_jishin: 14日9時27分頃、埼玉県・東京都・神奈川県などで最大震度3を観測する地震がありました。今後の情報にご注意下さい。
    > https://t.co/vM3qMuoN59

    #jishin - 6 日と 15 時間 39 分 50 秒前
  • ふず煮さん: 置いとく【最大震度1】(気象庁発表) 宮城県沖 深さ約50km M4.5 15日01時37分頃発生 (G)
    > https://t.co/O9GaC5kpvA

    (気象庁)
    > https://t.co/zOw4u47Jsx

    - 6 日と 15 時間 40 分 12 秒前
  • クジロウちゃんパパさん: [最大震度] かーねーぶーになりますね。おさむのおさむは一週間ほど前になり… あなたを手にー」 #湯婆婆「手荷物調べます。あんたはその細長い瓶を手になります。 …いいかい、カラフルで眠ってもご使用いただけー - 30 日と 15 時間 28 分 29 秒前

    「最大震度」に関するブログ
  • 2017年9月19日 1時36分ごろ 日向灘 M3.4 最大震度1
    2017年9月18日 16時20分ごろ 紀伊水道 M3.7 最大震度1
    台風18号の大雨が終了してから多少時間が経ってからの地震でしたので、地震が土砂崩れなどの直接的なトリガーとなった話は現在の所、確認できていません。

    http://blog.goo.ne.jp/takeusernoyume7/e/4e7cad3ad33623ef506510380d2fc5f1


  • 仕組みとアプローチ 台風18号 通過後の状況
    台風18号が通過後の晴間エリアで発生した有感地震ですが、現時点では、2017年9月18日 16時20分ごろ 紀伊水道 M3.7 最大震度1
    だけとなっています。

    http://blog.goo.ne.jp/takeusernoyume7/e/53ca4fa8ecdcec4aa257aa378ad2dcad


  • 06時58分頃、埼玉県南部を震源とする地震がありました。
    震源の深さは約60km、地震の規模はM3.9、最大震度2を茨城県や神奈川県で観測しています。
    この地震による津波の心配はありません。

    http://tks-nkmr.blog.so-net.ne.jp/2017-09-18


  • 2017年9月16日 12時53分ごろ 宮城県沖 M3.5 最大震度1
    2017年9月16日 11時47分ごろ 茨城県沖 M3.4 最大震度1
    台風などの影響もあって全国的に雨天曇天のエリアが多い為、全体として地震トリガーとしての宇宙からの影響はどちらかと言えば小さいはずなのですが、他の要因の為なのでしょうか。

    http://blog.goo.ne.jp/takeusernoyume7/e/adba5b7f2e97de6855162868af0471ef



  • 震災の時、うちの街の宮城県栗原市が最大震度だったのですが、海沿いの被害の大きかったのは皆さんご存知のことと思います。
    今回伺った石巻市も大変な被害を被った地域の一つで、Dj-net加盟店で最後まで連絡の取れなかったお店です。

    http://blog.goo.ne.jp/bravo_pccjp/e/be9ceb9fabf993d39601338b09f16499


  • 「最大震度」に関する教えてGoo!
  •  日本語を勉強中の中国人です。

    「マグニチュード」と「最大震度」の違いは何でしょうか。マグニチュード7.3、最大震度3はひどい地震でしょうか。どのような感じの地震でしょうか。地震がめったにないところで暮らしているので、イメージはなかなかつかめません。

     また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。

    よろしくお願いいたします。
    先ず質問の確認です。


    「マグニチュード」と「最大震度」の違い は質問として成立しません。

    「マグニチュード」と「震度」の違い   は成立します。
    以下に説明します。
     ------------------------------
    ■用語:この種のことは基本の確認から。
    ・マグニチュード:地震そのものの規模を表す尺度。
        中国語ー震级=earthquake magnitude
            magnitude巨大,广大; 重大,重要; 量级; (地震)级数
    ・震度:ある場所における地震動の強さの程度を表す階級。
        中国語ー烈度=earthquake intensity;地震烈度
    ・震级と烈度の関係はこちら
     
    http://wenku.baidu.com/view/21838473a417866fb84a


    ⇒すなわち、
     震级 は震源地での爆発力(断層の滑り、火山噴火etc)の大きさ。
     震度 は震源から離れた各地での揺れ。
      “父親の鼾の大きさ” と、
        “家内各部屋の家人が受ける迷惑度” のような関係。
    注1:震度は特定地点での揺れの問題、地震波の伝わる距離ばかりでなく、地盤の性質などにより各地の振動に差が出る。日本では、以前は気象庁が一定の基準に従って体感で判断してきた。現在は各地に網羅した計測機器で自動的に判断して発表しています。


    注2:日本の気象庁震度階級は、日本で使用されている独自の震度階級。地震の揺れの大きさを階級制で表す指標、単に震度ともいう。
    注3:日本の震度区分表.
        (気象庁:日本では地震に関しては気象庁が主管官庁です)
    ・「震度と揺れ等の情況(概要)」気象庁広報版(漫画風)
      
    http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/shindo_kaiset


    ・「気象庁震度階級関連解説表」(詳細)
      
    http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/shindo/kais


    注4:中国の「中国地震烈度表」 1999-04-26发布 1999-11-01实施
    ・国家质量技术监督局 发 布 この文献の附件 表1 中国地震烈度表 に
        烈度I~XII の解説あり。
    ■震度と揺れ、体感と被害:
    震度、加速度、地震動の振幅、周期、継続時間により大幅に変わります。
    体験的には以下の通りです(個人差があるので一概には言い切れません)。
    ・震度3未満は気づかないか、気づいても話題にもなりません。

    ・震度3は日本人の殆どが度々体験していると思います。


         慣れもあるので「あっ、地震だ!」と言う程度で済みます。
    ・震度4は、「あれっ、これは...!!!」と言う感じで身構えます。
         間もなくおさまれば「今の(地震)はちょっと大きかったな!」
                             といった感じです。


    ・震度5は「あっ、これはすごい...!!!」と言う感じで近くの物に掴まります。
    棚の物の落下、壁に罅、向かいのビルの上部が近ずいたり離れたりするのを呆然と眺めた経験もあります。一般には人生の中で数度?経験する程度。私は50年ほど東京に暮らしましたが、記憶では3回?程度です。

    2023.3.11の大地震で関東以北の日本人の多くが体験することになりました。


    ・震度6は「あれっ?」と思う間もなく
          「どうしてよいか分からない」状態になります。
       ともかく身の危険を避けることや家族の情況が思い浮かびますが、
           殆ど動けません。
    昨年の体験です。


    ・震度7以上は未体験、見当もつきません。
    父は1923年の関東大震災震度6以上で家屋が倒壊し、落下する梁を背中に受けた時の傷が残っていました。


    *震度4や5でも自分の居る場所の揺れ方(縦揺れか横揺れか、建物の長辺方向か短辺方向かなど)で情況は全く異なります。とりわけ、継続時間が長くなると恐怖感が格段に増大します。瞬間的な揺れ(数秒以内?)でしたら被害も瞬時、恐怖感も瞬時(といっても長く感じます)です。

    被害の大小は別の要因が関係しますが。
    補足:
    *中国の震度と日本の震度。
    中国地震局はマグニチュードと震央震度の対応の目安を発表して
    1996年日本が改定する前の震度階級を参考に、中国地震局は震度表を制定したとされますが、中国も1999年に改定しています→中国地震震度表(中国地震烈度表)。
    日本の震度表は 7等級10段階、中国の震度表は12等級。
    ・ご質問にある「震度3はどのような?」については、
    単純対比はできませんが、
     日本の震度3~4 は 中国の4~5等級 相当とする記事があります。
      
    http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=07


    前出の「気象庁震度階級関連解説表」と「中国地震烈度表」の内容で類推すると、やはり日本の震度3 は 中国のIII~IV(orV)等級 の印象です。


    *マグニチュード
    ・モーメントマグニチュードーーー国際標準 断層のずれから定義
    ・気象庁マグニチュードーーーーー日本の気象庁
      日本の気象庁は両者併用(過去の記録の対比斉合などのため)
    *震度を表す震度階級には世界的に幾つかの区分法がありますが、国際基準はありません。
    各国それぞれです。


    *1995年の阪神大震災や2004年の新潟県中越地震が30秒未満でビルの倒壊や道路橋梁の崩落が起きています。

    2011年東関東大地震では場所により200秒以上~6分間の揺れが続きました(3か所の海底断層で連続的に崩壊が発生しため)。
    *世界初の地震観測器(とされているもの):中国の張衡が紀元132年に発明した候風地動議でした。

    これは人体では感じないような微弱な震動で龍の口にくわえさせている玉が下へ落ち、下に置かれた蛙の口へ入って音がするというもので、一種の感震器でした。


    *質問文について。
    「最大震度」とは、
     ・各地で観測されたうち最大の震度を(その地域の)最大震度。
     ・“震度○の地震”という表現は、“観測された最大震度が○”の地震の意。
  • 東日本大震災で唯一最大震度7を記録した宮城県栗原市、さぞクローズアップして報道されるだろうと思っていたら、全然報道されません。

    調べてみると死者がゼロだそうです。


    人口7万5千人にして驚異的な数値です。


    どうしてなんでしょうか?


    特別な防震対策があったとしか思えません。

    まさか計器の故障じゃないですよね。
    過去に震度7で死者がでなかったことがあったでしょうか。
    というか、今回地震の死者自体が少ないよね。
    横揺れで、しかも本格的な揺れが来るまでにかなりの時間があったから
    外に逃げるのが簡単だったんだと思う。
    短時間の直下型だったら東京の震度5強だけでも何千人死んでたかわからない。

    まあ今後情報次第で死者数が増える可能性はあるだろうけど、
    地震の規模にしては極めて少ない例になるのは間違いないと思うよ。
  • 「最大震度」の関連語
    1位 2017年
    2位 最大震度1
    3位
    4位 地震
    5位 最大震度2
    6位 9月19日
    7位 9月17日
    8位 茨城県
    9位 福島県
    10位 9月16日

話題のトピック