なぜ「曼珠沙華」なのか?

「曼珠沙華」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

考察。「曼珠沙華」とは何か?

「曼珠沙華」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

曼珠沙華に関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    「曼珠沙華」に関するブログ

  • アップで撮ると曼珠沙華幻想的!!


    http://blog.goo.ne.jp/niousan/e/9288bbfc3dfbe85d77e3d7595e7741bf


  • 飼育するウサギの餌によく使われる。
    ◇生活する花たち「黄釣舟草・曼珠沙華・白曼珠沙華」(横浜・四季の森公園)

    http://blog.goo.ne.jp/kakan02/e/d4a2c200d1934cd7009ff29a33aa78a0


  • ヒガンバナ(彼岸花)の学名はLycoris radiata、ヒガンバナ科(ユリ科)ヒガンバナ属の多年草です。
    曼珠沙華(マンジュシャゲ、またはマンジュシャカ(サンスクリット語 manjusaka の音写)とも呼ばれます。
    日本には北海道から琉球列島まで見られますが、自生ではなくユーラシア大陸東部から帰化したものと考えられています。

    http://profyuki.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/20171017-79aa.html


  • 石田三成もここから忍城を眺めていた事でしょう。
    秋は彼岸花(曼珠沙華)が咲く。
    赤い花が咲くが、奥には白い彼岸花も咲く。

    http://sakaking.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-e283.html


  • [蜜柑/横浜日吉本町] [蜜柑の花/横浜日吉本町]
    ◇生活する花たち「犬蓼・金木犀・白曼珠沙華」(横浜四季の森公園)

    http://blog.goo.ne.jp/kakan02/e/dc493759cbd989f6b76b24da7191669a


  • 「曼珠沙華」に関する教えてGoo!
  • 曼珠沙華【まんじゅしゃげ】(別名:ヒガンバナ)について、お聞きしたいのですが。


    +曼珠沙華【まんじゅしゃげ】(別名:ヒガンバナ)って、リコリンという毒があるらしいのですが、無害ですか、有害ですか?


    +何で難しい名前なんですか?

    (曼珠沙華【まんじゅしゃげ】)
    +どういうところにいつ咲くんですか?


    +もしも毒を食べてしまったら、どうなるんですか?


    +花言葉を教えてください。
    +その他、曼珠沙華に関連するマメ知識(?)があれば教えてください。
    よろしくお願いします!
    こんにちは。
    曼珠沙華にあるリンコンという毒について、その毒を食してしまった場合については、一番目の参考URLを参考にして下さい。
    二番目の参考URLには、曼珠沙華の名前の由来や、花言葉についてなどが、記されています。


    次のサイトには、Wikipediaに載っていない豆知識が載っていますので、参考にして下さいね。

    http://www.hana300.com/higanb.html


    私も調べていって、勉強に、なりました。


    ついでに、「マメ知識(?)」として山口百恵さんの曲に、「曼珠沙華」という曲がありますね。

    サビの部分で、マンジューシャカって、聞こえるのですね。


    この曲の意味は、曼珠沙華の仏教上の意味とは、違いますね。


    http://lyric.kget.jp/lyric/rk/qj/

    ←「曼珠沙華」の歌詞のページ
    参考URL:
    http://ja.wikipedia.org/wiki/

    リコリン,
    http://ja.wikipedia.org/wiki/

    ヒガンバナ
  • 今度の日曜日に巾着田の曼珠沙華を見に行こうと思っています
    渋滞が凄いとの事なので8時くらいに到着しようと思っているのですが、この時間なら待つことなく駐車できそうですか?


    だいたい何時くらいから周辺が混みだすのかも教えて欲しいです
    熊谷方面から行きます
    よろしくお願いします
    昨年行きましたが、15号線はかなり手前から渋滞でした。


    高麗川駅の陸橋あたりから動かなくなりました。


    近づくと、細い路地から入り込めば、大きな通り以外は渋滞していなかったんですけどね。
    裏道はけっこうあり、 高麗神社方面からとか、途中で入り込んでくる車は多かったです。




    ただ、陸橋や踏切は通らざるを得ません。

    途中の農産物直売所「あぐれっしゅ日高中央」に車を置いて、歩きました。


    3キロ位あるのですが、道路の車と競争しながら歩き、車より早く到着したと思います。


    もちろん、利用するなら買い物してね。

    http://www.ja-irumano.or.jp/farmstand/ag_hidakac



    朝八時であれば、巾着田周辺はまだマシですが、陸橋のあたりは朝の渋滞かもしれません。

    有料駐車場は午前7時からですので、早ければ早いほどよいということです。


    ついでに、試食のハム・ソーセージ食べ放題のサイボクとか、

    http://www.saiboku.co.jp/meat/


    醤油王国に立ち寄ってみると良いですよ。

    http://yugeta.com/oukoku/


  • 平家物語の「沙羅双樹の花」を曼珠沙華(まんじゅしゃげ)と訳しているものが多いですが、
    沙羅の花とまんじゅしゃげは、別の花ですよね?
    これは何か意味があるのでしょうか。
    まんじゅしゃげは、いわゆるヒガンバナですが、沙羅の双樹とは仏様の最期とも関係している
    かと思いますが、沙羅の花=まんじゅしゃげになる理由につながりません。

    祇園精舎とは京都の祇園のことではなく、インドの地名をさしているはずなので、
    沙羅双樹はの花がヒガンバナと訳されているのが、どうも理解できません。

    曼殊沙華は、サンスクリット語を音訳したものだそうです。


    マンジュシャゲではなくてマンジューシャカのほうが近いのかな?。
    天上に咲く白い花、という意味合いだそうで、彼岸花を「曼珠沙華」としたのは、単なる間違いではないかと思います。


    ほかにも諸説がたくさんあります。
    沙羅双樹は、本来日本では外では育てられない花で、その代わりとして「ナツツバキ」が植えられたとのこと。
    平家物語のころには当然、沙羅双樹(サラノキ)は日本にはないわけで、これもまた勘違いかもですね。


    つまり「全く違う花」ということになりますね。

    ちなみに、曼珠沙華には「白いもの」もあります。
    彼岸の頃に咲く花ですので、もしかしたら「ああ、これかも?」と昔の人は思ったのかもしれないですね。


  • 「曼珠沙華」の関連語
    1位 彼岸花
    2位 2017年
    3位 赤い
    4位 シロバナヒガンバナ
    5位 amaryllis
    6位 名前
    7位 咲いていました
    8位
    9位 cluster
    10位 白秋

話題のトピック