なぜ「文章添削サービス」なのか?

「文章添削サービス」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      文章を添削してくれる有料サービスのまとめ

      他のサービスと異なり、気軽にご注文いただけるのが売りです。わかりやすく、伝わりやすい文章になるよう修正いたします。正しい日本語や短いレポートの書き方まで、実際に書くトレーニングをしながら、プロの指摘を受け、自分の文章の書き方の改善をしていきます。

      文章を添削してくれる無料・有料サイトorサービス・講座のまとめ

      当方が運営する文章添削、文章作成サービスです。 <お客様の声> とにかく、早くて丁寧、そして良心的な料金です。小売業で営業マネージャーのアシスタントをしております。こちらにお願いすると、拙い文章でも、こちらの伝えたいことが気持ちよく伝わるような文章に直してくださいます。

      最低限のやりとりでお引き受け下さるので、大変助かります。   実際に当サービスを利用されたお客さまのご感想を掲載しております。 <利用上の注意>に同意の上、必ずトップページから投稿してください。すべての日本語の文章について、無料で添削とアドバイスを行ないます。

      正しい日本語や短いレポートの書き方まで、実際に書くトレーニングをしながら、プロの指摘を受け、自分の文章の書き方の改善をしていきます。 日本語校正サポートは、正しい日本語の文章を書くためにお手伝いするサイトです。美しい表現方法を正しい文法で書くことによって、読みやすい文章となります。論文オンラインの通信添削講座は、すべて代表の石井秀明が直接添削を行います。

      そんな時、完成した原稿をプロのライターが添削します。

      Lang-8 相互添削型SNS

      そこで、今話題のLang-8というサービスについて紹介しようと思う。ランゲートは英語のみならず、中国語韓国語フランス語など諸外国のネイティブがあなたの文章を添削してくれるサービスです。学びたい言語のネイティブ同士での相互添削サービス Lang-8は学びたい言語で日記を書くサービスです。 そうすると、その書いた英語の日記は英語圏の人に添削をしてもらうことが出来ます。 Lang-8には日本語を学びたい海外の人も、日本語で日記を書いています。

      つまり、ネイティブ同士で学びたい言語を相互に添削しあうです。ーー2012年の暮れ、私はある起業家の話に耳を傾けていた。 彼の言った通り、2013年に入ってこのコミュニティは51万人に到達する。現在のアクティブ率は10%程、190の国から利用されていて、ユーザーの7割は日本以外、ビジネスの現場で働いているユーザーが多いのだという。世界190カ国以上の会員に利用され、会員数は9万人。日本発のサイトにもかかわらず、約7割のユーザーが日本語以外の母語を使用している。

      外国語で日記を書くと、その外国語を母語とするほかのユーザーに添削してもらえるサイト。ほかのユーザーを友達登録したり、コミュニティーに参加して交流するといった機能も備えている。

      今年9月には、月額525円のプレミアム会員制度もスタートした。欄に自分の日記が優先的に表示されるといった特典がある。こんな便利なサービスがあるならもっと早くから利用していればよかった、というのが正直な感想。 もちろん学習者同士での添削でプロが添削してくれるわけではないので、必ずしも添削があっているという保証はありません。
      これまで利用した感想は、添削してくれる人たちはみんな親切でネイティブの視点できちんと添削してくれます。

考察。「文章添削サービス」とは何か?

「文章添削サービス」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

文章添削サービスに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • とわのっとさん: @trend15bun 文章添削・文章作成サービスさん、おはようございます~ - 12 日と 13 時間 6 分 17 秒前
  • 人を動かす文章添削・作成サービスさん: 「人を動かす文章添削サービス」で検索してくだい。
    > https://t.co/0uC4TjR2Ke

    - 12 日と 13 時間 15 分 28 秒前

    「文章添削サービス」に関するブログ
  • ↓↓↓
    人を動かす文章添削サービス説明のページへ
    facebook: https://goo.gl/ncnfah

    http://bunsyoka.blog.so-net.ne.jp/2013-06-07


  • ↓↓↓
    人を動かす文章添削サービス説明のページへ
    facebook: https://goo.gl/ncnfah

    http://bunsyoka.blog.so-net.ne.jp/2013-06-11


  • ↓↓↓
    人を動かす文章添削サービス説明のページへ
    facebook: https://goo.gl/ncnfah

    http://bunsyoka.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12


  • ↓↓↓
    人を動かす文章添削サービス説明のページへ
    facebook: https://goo.gl/ncnfah

    http://bunsyoka.blog.so-net.ne.jp/2013-06-20


  • ↓↓↓
    人を動かす文章添削サービス説明のページへ
    facebook: https://goo.gl/ncnfah

    http://bunsyoka.blog.so-net.ne.jp/2013-09-10


  • 「文章添削サービス」に関する教えてGoo!
  • ネットで、文章を添削するサービスをしています。


    これまでに、依頼を数件受けました。


    さらに依頼を増やすために、リサーチ中です。


    文章添削のニーズが、どれほどあるか知りたいと思っています。


    お金を払ってでも、「文章を添削してもらいたい」と思うのは、どのような人たちでしょう?
    私が、今、ターゲットとして思いつくのは、就活生です。


    志望動機や自己PRの文章を改善したい、と考えている人はけっこういるのではないでしょうか。
    他に、「どんな人たちが文章添削を望んでいるか?

    」について、心当たりがある方は教えていただきたいと思います。


    就活生もそうですが、大学生全般は需要があると思います。


    そもそも、高校まで体系的な文章作成の技術を学んではこなかったから、うまく文章を書けない(自分す・・・
    また、大学でレポートを書いても、添削されて返却されることは稀で、フィードバックがない。
    以上の理由から、文章上達のニーズはあると思います。


    自分だったら、ネットでの課題提出型文章添削で、月々3000円程度なら受講を考えます。
  • 日頃、メールを書いているときに、これは正しい敬語だろうか?

    とか、もっとスマートな書き方はないだろうか?

    (敬語だけでなく、文章の組み立て方も含めて)と躊躇することがよくあります。
    メール文章の添削サービスなどがあれば、トライしてみたいのですが、紹介していただけますでしょうか?


    メールに限りませんが、Microsoft Wordなんかは文法チェックしてくれますよね。
    その他、いろいろなワープロソフトでそのような機能が備わったものがあるかと思います。


    サービスとしてはどうでしょう…。
    日本語は難しいですからねぇ~<汗;;
  • フリーランスでコマーシャル中心のカメラマンをやっております。現在情報誌などの雑誌中心で活動しております。去年屋号を立ち上げて活動しているのですが、なにぶん営業をどのようにしていってよいか分かりません。
    現在は、時間を見つけて飛び込み営業をしておりましたが、良くて見積書まではいくが撮影まで行かない、という状態です。

    最近では、手詰まり状態でどうしてよいかわかりません。
    ちなみに、私は、料理関係の撮影を得意としておりますし、実際現在の雑誌関係の仕事でも大半は料理か、旅行関係の撮影が多いです。


    フリーで活動されてる方は、どのように新規開拓をされているかもしよろしければ教えていただけると幸いです。


    よろしくお願いします。


    門外漢ですが、2つ書かせて頂きます。
    営業のアプローチという回答ではありませんので参考情報です。



    <その1>
    ある程度、仲間でシンジケートを組むことが考えられます。
    ご友人などと協力されては如何でしょう。
    企業勤めから独立しても、最初は、元いた職場からの紹介が大半を占めます。
    例えば経営コンサルタントは、同期連中とシンジケートを組み、それぞれの得意分野に応じてクライアントを融通しあう、ということが慣例です。


    個人プレーヤーという概念だと「これは苦手な仕事だから受けないでいいや」と思う話も、仲間で共有すれば必ずモノにしたいというプレーヤーがいるはずです。


    なにより確実にクライアントの望みをかなえることが出来ます。

    <その2>
    「カメラマン」ではなく、新たなジャンルの専門家を名乗ってはどうでしょう。
    カメラマン=撮影する仕事 という殻を破るのです。


    お仕事を通して精通した技術なり知識なりを活かすサービスを提供するという
    発想もあると思います。

    いわゆる「付加価値」というやつです。


    昼間の回転率が芳しくないフランス料理店のシェフが、日中、ご近所のマダムを集めて料理教室を開催していることをご存じですか?


    自分では料理をしないで手ほどきする程度の場合もあります。
    コストゼロで始めることができる、大変効率の良い仕事です。


    これに気づけば、いろいろ発想が可能だと考えられます。

    ◆ブロガー向けに撮影技術のレクチャをする「プロ・ブログ写真家」
    料理の撮影が得意という特技を活かしたサービス。一般人がブログで情報発信する機会が増えてきた。そうなると「もっと良いコンテンツ」を求めるのが執筆者の性。
    ケータイではプアなので高性能デジカメを求める利用者も多いと聞く。
    ブログというと、とりわけ「今日、何食べた」といったジャンルが非常に多いことに着目すると、この着眼点はあながち間違ってはいないだろう。
    単にブロガーといっても幅が広いので、「海外旅行に行きたい富裕層」に特化してもいいかもしれない。
    関連として、作家(や見習い)がブロガーの文章添削サービスを行う「ゴーストライター」サービスも実際にありますし。これと似たようなものです。


    ◆撮影中級者向けの、撮影ガイド「プロ・フォトガイド」
    座学を不要とする中級者向けに、実地で指導を行うガイド。
    カメラが高性能になっても、ウデが付いていかず挫折する利用者は多い。
    また、「撮影対象・被写体に恵まれない」「金はあるが時間は無い」「相談する相手が居ない」という三重苦も、都市部のアマチュアカメラマンには悩みの種である。
    そこで、撮影地の選定から一切をご自身で企画し、参加者を募るツアーを開催する。ロケハンやシューティングに同行し、実地で指導する。
    写真教室が開催する撮影会との差別化を図るため、季節・ロケ地の選定が一番の付加価値を生む。ここにあなたの存在意義があります。過去の仕事の蓄積(Input)が大きな財産(Output)になるチャンスです。


    また、参加者は少数に制限することでユーザとの密着度を増し、バリューなサービスを提供することにしましょう。旅行代理店と協業すると良いでしょう。

    思いつきだと、こんなところです。


    変凡な主婦が「主婦です」と名乗るより「料理研究家です」と名乗ったほうが食いつきが違います。

    やっていることは同じなのに、肩書きで印象が変わることもありますので、名刺などに、新たな肩書き(造語でも何でも良いです)を書いてみるというのもいいでしょう。

話題のトピック