なぜ「小池新党」なのか?

「小池新党」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      平愛梨の弟にエドはるみ?小池新党から出馬が噂される芸能人が多かった

      その顔ぶれにも注目が集まっていますが、どうやら芸能関連の候補者も多いよう。自身も元俳優で、下村博文都連会長の元秘書という経歴を持つ慶翔氏。慶翔氏は何と、小池氏と対立する自民党東京都連の下村博文会長の元秘書という。関係者によると、早大では政治経済学部政治学科に進学。国際社会への理解を深める模擬国連大会に参加するなど政治への関心は強かった。出演するテレビCMが、都政関係者の注目を集めている。

      龍円氏は1999年から7年間、アナウンサーを務め、2011年に退社し渡米。2013年5月、事実婚状態だった男性との間に息子を授かったが、現在はシングルマザーだ。

      衆院解散、小池新党「希望の党」合流の中山成彬氏「総理は安倍首相」発言。早々にバラバラ感丸出し!

      政権交代を目指す戦いを控え、現政権の存続を求める異例の訴えだ。

      九州で候補者発掘に奔走している間に中央では民進党の崩壊が進む。私達の小池新党合流から始まった今回の騒ぎに前原代表は右往左往。小池代表には民進党丸ごとの合体は絶対ダメと釘を刺していたが大丈夫かな。中山成彬さんもツイートされておりますが、中山さんと辻元氏が同じ政党だなんて、仮に政権取っても空中分解確定です。そして元々の政治信条がどうであれ、彼女と手を握った方の言葉を信用していいか疑問が残る。この発言も小池氏の戦略かもしれない、と勘繰ってしまう。 希望の党の中山成彬氏にじゃあ、自民党に入れっていうTL見かけるけど、自民党が拒否したんだよなー。 二足のわらじを履けるかと小池都知事に対する批判が強い。小泉進次郎氏が小池知事に衆院選に出て戦えと煽っている。

      段々と小池都知事の衆院選出馬の雰囲気が高まっている。

      都知事に就任してまだ一年、改革を放り出すのかとの批判に応えるために改革派橋下元大阪府知事を後継に指名したらどうだろう。

      小池新党(希望の党)のありえない左翼メンバー。外国人参政権は賛成?反対?

      この政治家は他国民がヒトの国の政治に口をだしてはいけないのが分からない様子です。在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟の副会長を務め、在日本大韓民国民団の集会において、政権奪取で在日韓国人に対する参政権の実現を約束した[44]。また、2008年4月16日に開催された民団の外国人参政権推進集会に賛同した。明確に主張しているソースを、私は現時点まで見たことがない。 そして松野議員はガチガチの鳩山由紀夫グループの一人。後藤祐一が一部で有名なのはこれらのスキャンダルがあるだけだからではありません。
      北朝鮮と関係のある団体からの支援を受けているところに大きな闇があるように見受けられます。

      > 民進党が小池新党「希望の党」と合流、"絶望の党"になったと大炎上!
      > 小池新党・希望の党に日本のこころ・中山恭子代表、中山成彬元文科相が参加の模様
      > 自民党【福田峰之】内閣府副大臣が小池新党に参加へ
      > “台風の目”小池新党 全国100人規模擁立 都議選のミラクル再現へ!
      > 衆院解散、小池新党「希望の党」は、やはり選挙互助会?大義は「議員に留まりたい!」
      > 【小池新党】党の名前は「希望の党」…記者会見で飛び出した「アウフヘーベン」の意味とは?
      > 【9月24日】「小池新党」の話題ツイートをまとめてみた【Twitterトレンド】

      「反・安倍政治」だけで結集の危険な小池新党的「全体主義」は、再び日本を破滅においやる

      数字上でみると、与党は改憲発議に必要な全議席の3分の2を上回る大勝であった。安倍晋三首相の続投は確実で、また来年に予定されている自民党総裁3選への道が開けた。 一方、野党では今回の衆院選の話題の中心だった2つの政党は明暗を分けた。小池百合子都知事が率いる希望の党は、野党を統合する核になると結成当初は期待されたが、民進党を事実上吸収する過程で政治的なミスが相次ぎ、国民の信頼を著しく失った。その結果、小池都知事のお膝元である東京都の小選挙区ではわずか1議席にとどまるなど、改選前の議席にも至らずまさに惨敗した。 対して、枝野幸男氏を党首に掲げる立憲民主党は、安倍政権への批判票を多く集めて改選前議席の3倍超に至った。また、日本共産党は立憲民主党に政権批判票を奪われた結果、大きく議席を減らし、また日本維新の会も与党の補完勢力としての立場を事実上失い、大敗した。社民党も議席減、日本のこころは公職選挙法などの政党要件を失った。 さらに細かくみると、各マスコミで喧伝されている立憲民主党の“躍進”は、かなり過大評価でもある。まず議席数をみると、同じ安倍政権の批判勢力である共産党と元民進党議員などからなる無所属から立憲民主党に議席が入れ替わったとみれば、それほどの増加ではないともいえる。そもそも民進党が分裂したことにより、野党第一党となってもその政治力は激減であろう。つまり民進党の再結集というかたちを採用せずに、今まで政治的に自身に目障りであった旧党内の“大物”たちを排除し、立憲民主党内での枝野氏個人の権力集中を進めていくのではないか、という見方が有力である。 この種の“純化路線”は、完全に内向きである。仮に枝野氏が“寛容”な姿勢をみせて、希望の党から予想される離反者や、無所属の元民進党の議員たちを吸収すれば、国民から厳しく批判されるだろう。“純化路線”でも民進党再結集路線でも、どちらでも国民からはただの内紛ととらえられるリスクもあり、同党の先行きを不透明なものにする。 この内紛は、もちろん希望の党でも顕著になることは避けられない。それに加えて、希望の党は、小池都知事の国民的人気が大きく翳り、都政の運営にさえも黄色信号が出る状況だ。

      っとも小池都知事は、国政での敗退を滞在先のパリであっさり認めた。その上で、党首としての政治的責任をあいまいにしたまま、同党の国会議員たちに国会対応を丸投げするかのような発言も残している。

      すでに希望の党は、小池氏の政治的野心の前ではただの重石でしかないのかもしれない。そうだとすれば、希望の党はまさに求心力を失い、分裂は加速化し、同党に期待したいくばくかの国民の気持ちをさらに踏みにじるだろう。 ●全体主義的ともいっていい政治状況 希望の党が今回の総選挙に残した教訓はほかにもある。特に注目したいのは、もともとの民進党を丸ごと吸収しようとしたその政治手法である。希望の党は改憲、集団安保法制賛成などを旗印としている政党である。それに対して、民進党は改憲賛成派と反対派が共存し、また集団安保法制については党として反対であった。 そのような異なる政治的イデオロギー、つまり右から左までを一気に飲み込み、それをリーダーの政治的カリスマでごまかして、国民的な支持をとりつけて政権を握るという手法である。希望の党の結党当初は、反安倍系のメディアはこぞって小池新党に期待してその人気を煽った。このようなメディアの人気煽動によって、当初の小池新党への期待はとてつもなく大きかったことを忘れてはいけない。ここにメディアと安易な野合政治との合体によって、異常に膨れ上がった政治勢力。まさに全体主義的ともいっていい政治状況が簡単に生まれることが、今回の希望の党の事例からもわかった。発言などで、反安倍系のメディアが小池批判に転じることで、一気に全体主義的な政党の誕生は土壇場で避けられた。 だが、このことは重い教訓を残していると筆者には思われる。を批判対象として祭り上げ、それに乗じて政治的イデオロギーを超えて全体的に結集して、独占的な権力を握る。このような状況は、戦前でも大政翼賛会的な状況として近衛文麿政権のときにみられたものである。このような全体主義的な政治状況の果てに待っていたものは、国際的孤立と経済的失敗、そして何よりも戦争の惨禍であった。日本が戦前のようなコースをそのままたどることはないと信じたい。 ●長期停滞へ完全に別れ さて、大勝した安倍政権にも問題は山積みである。日本だけでは対処できない東アジア全体の安全保障問題に、どのように関係諸国と連携して取り組んでいくか、国民の多くが不安とともに注視しているだろう。特に来月訪日するトランプ米大統領のアジア歴訪が、今後の北朝鮮リスクがどうなるかを占う目印になるだろう。 例えば、米中首脳会談でどのようなことが話し合われるのかが注目される。北朝鮮問題に、日本がどのように関与できるのかできないのか、これから年末までがひとつの山場であり、安倍政権の外交手腕が問われる。これはおそらく教育や社会保障などの強化を含んだ、積極的な財政政策の転換にならなければいけないだろう。し緊縮的な財政政策の発想に陥れば、せっかくの日本経済の上昇傾向が大きく破綻してしまう。その人事を契機にして、1990年代初めからの長期停滞に完全に別れを告げることのできる、積極的な金融緩和政策を継続できる人材の登用が期待される。これは積極財政政策とともに安倍政権の欠かせない両輪になるだろう。
      関連キーワード - 小池百合子 - 衆議院選挙 -

      小池百合子も枝野幸男も、みんな「日本新党」だった、かつての門下生たちが激突、総選挙、そして…

      第48回衆議院議員総選挙は、きょう投開票が行なわれる。 時をさかのぼれば、今回の選挙で台風の目となった小池氏も、前原氏も、そして枝野氏も、政治家としてスタートを切ったのは同じ政党だった。 日本新党は1992年5月、前年まで熊本県知事を務めていた細川護熙氏がまず一人で立ち上げた。翌93年4月の東京都議会選挙では20議席を獲得したのに続き、7月の総選挙では、参院から鞍替えした細川氏と小池氏を含む57人が立候補し、うち35人が当選する大躍進となった。終焉に大きく貢献したが、1994年4月に細川が首相を辞任して以降は、政界で求心力を失い、同年末には、新たに発足した新進党に合流する形で解党した。

      しかし、大臣経験者や地方自治体の首長が数多く輩出されたことを思えば、日本新党はその後の政治に大きな影響をおよぼしたことは間違いない。人材ばかりではなく、日本新党は、さまざまな点でエポックをつくった。この記事では、それについてあらためて振り返ってみたい。 80年代末から90年代初めにかけてのこの時期、リクルート事件や佐川急便事件など与党議員のからんだ汚職事件があいつぎ、国民のあいだでは政治不信が強まっていた。細川はそうした状況に風穴を開けるべく、既成政党とは一線を画した新党の結成を企図したのである。参加し、政財界人や言論人たちと現行の政治システムを変えるべく日々議論していた。前年の1991年、『文藝春秋』の編集長になったばかりだった白川浩司は、たまたまこの研究会の関係者と接触する機会があり、そこで細川と初めて出会う。 細川が実際に新党結成に向けて動き出したのは、周囲が思っていた以上に早かった。を受け取ってから、翌月に掲載誌の発売されるまでは箝口令が敷かれたものの、情報がマスコミに漏れたため、急遽5月7日、細川が一人で記者会見にのぞんだ。

      このとき、コピーライターの仲畑貴志やプロデューサーの秋山道男などといった気鋭のクリエイターが集められる。そんな作業を2日にわたって行なった末、細川を含む5名がそれぞれこれぞと思うカードを出そうということになる。このときのことを、のちに細川は次のように書いている。

      従来の政党の名前が、主義、あるいは政治に対する姿勢からつけられていたのに対し、日本新党は、完全にイメージ先行で命名されたという点で画期的であった。 政権担当にあたりアマチュアリズムが仇に 日本新党が発足すると、来たるべき国政選挙に向けて候補予定者が一般公募のほか、当時細川が評議員を務めていた松下政経塾の卒業者にも呼びかけて集められた。1993年の総選挙では、候補者公募組から枝野幸男ら2名、松下政経塾の卒業者では野田佳彦や前原誠司ら7名が当選している。

      なお、日本の政党で候補者の一般公募を行なったのは日本新党が初めてといわれ、その後、自民党なども導入するようになった。 このほか、ニュースキャスターだった小池百合子は、細川の朝日新聞記者時代の同僚である伊藤正孝の紹介で、経済評論家の海江田万里は小池からの紹介で、それぞれ細川と会い、日本新党入りした。 候補者のなかには地方議会の経験者もいたとはいえ、大半は政治についてまったくのアマチュアという者が占めた。こうなったのも、細川が、政界や政党の手垢にまったく汚れていない新鮮な人物を求めたからである。 しかしアマチュア集団であることは、政権に就いたがために、むしろ支障となることも少なくなかったようだ。

      小沢一郎の“強引”な手段で政権入り、そして失速 こうして見ると、日本新党が政権に就いたのはあまりに早すぎたともいえる。また、同じく政治改革をめざしながらも、新生党が小選挙区制の導入を唱えていたのに対し、細川は個人的にはそれに反対だった。まで用意するという思い切った手段をとられ、最終的に細川は非自民勢力と手を組むことになる。を発表したところ、連立内の社会党やさきがけの反対を受け、すぐに撤回するという失態も見せた。さらに佐川急便からの借金問題が持ち上がり、加えてべつの金銭疑惑が出てきた矢先、同年4月8日、細川は突然、首相辞任を表明する。 細川の首相辞任後、日本新党は急速に政界の求心力を失い、かつて20%台に迫る勢いだった支持率も1994年7月には1%を前後するまでに落ち込んだ。

      そして残った者たちも、同年12月に鳴物入りで結成された新進党へ細川とともに合流し、日本新党は解党した。そこから近代的政党へと脱却するべく、党則の改正に尽力したのが1年生議員の枝野幸男だった。

      しかし、それは結局つぶされてしまい、枝野も1994年5月に離党、民主の風という会派を経て、さらにさきがけに移り、96年には民主党の結成に参加することになる。 小池百合子は細川とともに新進党に移ったものの、新進党が解党すると小沢一郎らと自由党を結成、のちに小沢とも袂を分かって保守党をつくったが、2002年、当時の小泉純一郎首相に共鳴して自民党入りする。昨年の東京都知事選出馬をめぐる自民党内での対立から、離党にいたったことは記憶に新しい。 当の細川は、1997年に新進党を離れると、翌98年にはまたしても唐突に議員を辞職した。以来、陶芸を手がけるなど政治とは距離を置いていたが、2014年には、猪瀬直樹知事辞任後の東京都知事選に出馬して、人々を驚かせた。 その細川は、今回の総選挙の実施が決まる前、今年7月には小池百合子に安倍内閣倒閣への期待を込めた手記を週刊誌に寄せていた。いま、あらためてそれを読むと、今回の選挙に向けた小池の動きが、細川の構想と一部重なることに気づかされる。 《民進の核となる人たちと小池さんの党で倒幕がやれるのではないか。そういう連中がいない方が、薩長同盟はやりやすい。改革は一定速度というものではなく、時に停滞し、時に飛躍するものだ。

      もっとも、いざ小池が希望の党を立ち上げ、民進党議員に対しその公認をめぐり選別を始めると、細川は《同志として小池氏を手助けしたいと考えてきたが、排除の論理を振り回し、戸惑っている。

      このほか、細川は先の手記のなかで、安倍首相のめざす改憲に小池がいかに対応するのか、《その時の小池さんの判断が日本のこれからを大きく左右する》と、やや不安ものぞかせていた。 今回の総選挙では、奇しくも細川のかつての門下生たちが争うことになった。理念には、いまでも有効と思われる箇所が少なくない。果たして、その真の継承者が現れるとして、誰になるのだろうか。きょうの選挙の結果だけでなく、その後の進展も慎重に見守りたい。
      関連キーワード - 小池百合子 - 衆議院選挙 - 小池百合子 - 週刊文春 -

      小泉進次郎「小池を踏み台」で党内実権を掌握する!

      選挙戦の渦中、これまで以上に舌鋒鋭い弁舌で聴衆を沸かす裏には、今後の自民党中枢を掌握しようという野心がうかがえるのだ。

      小池氏にとっては国政時代のお膝元の街頭演説で、希望の党を痛烈批判したのが他ならぬ進次郎氏だった。 「安倍総理が今回の解散時期を早めたのは、有権者の人気が高い小池新党の出はなをくじくのが目的だった。ころが、小池氏はみずから代表として希望の党の最前線に立つと、やはり圧倒的な人気で、安倍総理もその逆襲ぶりにたじたじに。ころが劣勢になった自民の中で一人気を吐いたのが、進次郎氏。 などと、有権者にわかりやすいたとえで的確にアジり倒した。 と恒例のバンザイ三唱を行わず、大義なき解散を暗に批判。こうした身内にも堂々と異を唱える姿勢は自民党支持者以外の無党派層からも広範な支持を集めているのだ。

      これまで入閣の噂の絶えなかった進次郎氏について、政治部デスクが語る。 「09年に初当選した進次郎氏は、復興大臣政務官、党青年局長、党農林部会長など着実に党内キャリアをこなしているが、こと入閣に関しては固辞してきた。 それでも今年8月からは、ついに筆頭副幹事長に抜擢された。客寄せパンダと嘲笑する向きもあるが、街頭演説での抜群の集客力は他の自民議員とは桁違い。特に応援演説では『森友、加計』問題で火だるまになる可能性のある安倍総理より候補者からの信頼が厚く、党選対本部も『神様、進次郎様』とあがめている。

      「元総理の次男という圧倒的な看板を持つ進次郎氏も、党内では派閥に属さない一匹狼でしかない。 政治評論家の小林吉弥氏が、混迷する政局を喝破する。 「希望の党は、一時は自民党に拮抗する議席を確保できる見込みだったが、リベラル左派を排除したことでその好機を逸したと見ます。しながら実権掌握にかかる進次郎氏の次の一手に注目が集まるばかりだ。


      関連キーワード - 小池百合子 - 衆議院選挙 - 小池百合子 - 週刊文春 - 小池百合子 -

      山本太郎が街頭で叫ぶ!「この政治状況でも闘う方法はある!!」改憲翼賛体制にどう抗うのか?

      今回の総選挙の結果によっては、改憲勢力が改憲に向けた動きをさらに本格化させてゆく可能性も高い。その日も街頭で街ゆく市民の質問を受けながら、2時間ノンストップでしゃべり続けていたが、話題の中心は憲法と経済政策だった。山本太郎がいま、市民に向けて語りたいこととは何か。街頭でどんなことを語っているのか、最近の演説、街頭記者会見も含めてその内容をダイジェストで紹介したい。そして、東京都知事である小池百合子さんが党首を務める希望の党。その党の方針も、憲法改正で知る権利を入れたいと。憲法を一字一句変えるべきではない、とは思っていません。
      など言ってる輩がいますが、これはただの火事場泥棒です。 この国に生きる人々の多くが憲法とは何か、どうするべきか、を街中でも議論する様な状況にならなければ憲法は変えられません。
      人々は、年金や経済、労働環境、税制について、何とかしてくれ!の声は多いですが、憲法についてすぐに変えろ!と言うスタンスの人々はほんの一握り。 憲法を一番変えたがっているのが、政治家です。本来憲法で縛られるべき存在の権力者が、憲法を変えろと言ってる時点で、怪しいと感じなければなりません。
      日本の憲法は硬性憲法、しょっちゅう変えていいもんじゃない。 でも、国のあり方を180度変える場合なら、話はべつです。この最高法規、憲法の考え方に合わない法律や命令は無効だよ、って内容です。 おまけに憲法改正の国民投票では、最低投票率が決められていないので、投票率がビックリするほど低くても憲法が変えられてしまう可能性が生まれる、無茶苦茶です。〉 ●憲法を変えるなら、まず国民ひとりひとりが憲法について意見を言えるくらいの状況にしないと 〈もう一度言いますが、私自身は、憲法を一字一句変えてはならない、とは思いません。
      ただし、しっかりとした議論の中身を国民の側が隅々まで理解できなければなりません。
      それだけじゃない、国民ひとりひとりがこの憲法についてどうしていくべきなのかって意見を言えるくらいの状況にしなきゃいけない。 例えばですけど、いま多くの人が長時間労働、低賃金で仕事に、会社に使い潰されるしんどい労働環境に置かれていて、過労死や過労自死が増えている事はもちろん、過労による労災の申請も桁違いに増えていますが、恐らくそれは氷山の一角です。 私が総理大臣なら学校の教育で、あなたが社会に出るとき、社会に出て困ったときには、こういう法律に頼れる、加重労働から身を守る為のスキルを学校教育に取り入れます。労働法であるとか数々の救済措置、もし不条理なことがあったときにはこういうものに頼れるんだ、っていう教育がされるべきなんです。 これがなされずに、いきなり社会に出て働けっていうのは、泳いだことのない者をいきなり海に突き落とし、溺れながら泳ぎを覚えろと言ってるに等しい。身体でわかる頃には心まで壊されてんだよ、って話です。結果、サービス残業当たり前になってるじゃないですか。会社の中で、パワハラ、セクハラ、当たり前じゃないですか。
      それで、どれくらいの人たちが壊れていっていますか。 基本的な法律やこの国のあり方ってものさえもほとんど誰からも何も教えてもらってない。 ありがとうございます、お一人手があがりました。

      憲法とは何か、みんな、いまいちよくわかっていないじゃないですか。大人になって、原発が爆発して、これはヤバいって思ったところから、憲法の大切さを少しずつ知っていった。あなたは生まれて来ただけで価値がある、そう思える社会を作るのが政治の役目です。あなたが抱える生活の苦しさは、そのほとんどは、人々の生活を少しでも向上させられる社会的基盤を政治が築いてこなかったことが原因です。 "2人に1人"に迫る勢いの非正規労働、失業前提の働き方です。無理ですよ、1年後同じ仕事を続けていられるかもわからない。そんな不安な気持ちを抱えるような働き方がスタンダードになってる時点で、もうすでに憲法すらも守れていない、ということです。この通りの社会を実現していくことを考えなきゃならないのが、政治なんです。を見ると、生活が苦しいと感じている人の割合、6割近いですよね。

      ちろん食料さえない、といった途上国などに見られる絶対的貧困とは違います。

      相対的貧困はザックリ言うと、他の人と同じような普通の生活ができない状況。たとえば、新しい年を迎えるにあたって下着を買い替えられない人たち、たとえば、給食が1日のなかで非常に重要な栄養源になっているので夏休みになったら痩せちゃう子どもたち。たしかに"健康で文化的な最低限度の生活"はできていないという人たちが、6人か7人にひとりは存在している。

      この状況を見て、憲法25条守られてると、みなさん感じますか。 国民のみなさんが守らなくてはいけないのは、法律。〉 〈多くの方々がギリギリの生活を送っている。

      企業の利益が莫大になったのは、コストを2つカットしたからです。 労働環境を不安定にして、働く人々の賃金を下げて、もっと長時間働けるようにしてしまえば、企業は儲けが増えます。 この国に生きる人々のため、すべての人々のためにある。今の政治は一部の奉仕者になっちゃってるんです、憲法15条違反です。大企業や富裕層、自分たちのお仲間、お得意さま、応援してくれる人のためだけに、税金を安くしたり、補助金を出したり、そういうことを続けていった結果、日本の国富がどんどんけずられていく、その分、みなさんの税金はどんどん増えている。

      この国に生きる一人ひとりに人生があるにもかかわらず、そこに光をあてようとしない。それは森友問題を見ても、加計問題を見ても、明らかじゃないですか。 税金は、ないところから取るな、あるところから取れ!それでも足りなきゃ金を刷れ!簡単です。だって、毎年毎年、税金の取り方は変えられるんだから。金利が下がっても先の需要が期待できない先細りの国、少子化対策などほぼ放棄してきた結果を見て、設備投資など活発になるわけがありません。
      大企業は銀行からも余計に借りないし、持ってるお金は置いておきたいと思うでしょ。安倍政権は異次元の金融緩和でお金刷っても、使う先は旧来の公共事業だった。奨学金をチャラにする、公的住宅の整備、など少子化の原因を克服する施策も必要です。インフレ目標が2%に達成した時点で終了するフリーマネー施策もデフレ脱却には有効です、消費が上向き景気は良くなります。 インフレ2%で引き締めするルールですからその時にはお金があるとこから増税です。既に税率通りに納税する企業は1つもない、と財務省から言質を取ってます。これは80を超える法人税の大割引サービス、租税特別措置が原因です。一方で、設備投資、雇用、賃上げに寄与する企業には減税を実施します。 金融資産の所得は分離課税で税率が低く抑えられています、金持ちになればなるほど所得税率が低くなる理由です。そこからの所得は当然、所得税として総合課税にする、為替取引に薄く課税するなどなど、やれることはイッパイあります。だからこそ、需要が生まれる状況を作らなければならない、景気を良くして、コンスタントに商売を続けて貰える状況を。なぜならば、この国の政治はこの国に生きる人びとのためにあるんだから。 何より、景気回復を謳いながら、景気回復を阻害する、消費の冷え込みを一気に進める消費税を上げるなど愚の骨頂。消費税はすぐに5%に下げて、その先どこまで下げるのかという議論を始めるべきです。 財務省や政治家が消費税を10%に上げたがる理由は、3つ。1つ、法人税を下げた分税収が減るので、それを消費税で補填する為。1つ、輸出企業に対する消費税の還付金を増やす、その結果、役人の天下り先や献金、組織票を確保できる。 最後の1つ、森友学園問題から全力で総理を守った財務省に対しての御礼。増税できなきゃ、財務省も隠してる情報使ってネタバラシやるんじゃないですかね、この役立たず、ってことで。今ある憲法も守らないような者たちに、憲法なんて変えさせちゃだめだっていう話です。9条がとか、戦争法がとか、共謀罪がって言ったって、政治に興味のない人にはよくわかりません。
      仕事や生活で疲れきってて、ゆっくりしていたいですから。だったら、いちばん生活に直結した部分で憲法とは何かってことを話していかなきゃ、理解深まらないです。 まず、ずいぶんと長いあいだ、この国に生きる人びとは、この国で働く人びとは、憲法違反状態にさらされ続けている。

      企業は過去最高益をあげている、たくさんの金融資産もある。ないところから取るな、あるところから取れ、なければ金を刷れ! 追いつめられてるんですよ、ひとりひとりが。っと余裕がもてるように、"健康で文化的な最低限度の生活"ができるように、憲法が定めているんだから。そういうような経済政策をするべきだと思うんですよね。

      夢見てんじゃないんですよ、全有権者の2割、その票を集めた自民党が2012年、政権をとってるんですよ。みんな、苦しい思いしてるんだったら、ゆるくつながろうよ。 じゃあ、この国でいちばんえらい人、誰ですか。 この国の株主、オーナーは、みなさんおひとりおひとりなんですよね。

      そのオーナーが、雇われ店長がやっている店の運営、そこをチェックしなくなったら、好き放題やります。〉 ●憲法の問題は、当事者でもあるにかかわらず、自分が当事者だと気づけるまでに時間がかかる 憲法は権力者を縛るもの、権力者は憲法を守れ。それは、改憲の動きが本格化する一方、多くの国民のあいだでは本当の意味で憲法に対する認識や議論が広まっていないという危機感があるからだろう。チラシを作ろうと思ったのは、憲法改正は必ず来ると思ったから。時間がない中でもにみんなに、話し合ってもらいたいっていう思いで作った。みんなが興味あるのは、お金の話とか働き方の話だから、それに絡めた憲法のチラシにしました。

      原発や放射能の問題だったり、安保法や秘密保護法の問題、そして憲法の問題も、多くの人たちにとってはイメージするしかない話です。イメージが現実化するまで、答え合わせできるまで時間がかかるということ。実際にそういう大きな問題が自分の周りで起きて、目に見えてはじめてわかる。 たとえば、健康被害が出る可能性がある案件があったとしても、実際それを身近に感じる状態になるまでは考えられない、イメージするしかない将来的な危険要因に警鐘を鳴らしても、どこか他人事ですよね。

      戦争にしても、起こっていないものを騒がれてもピンとこない。たとえ起こっていたとしても、第二次世界大戦を多くの人々が自分ごとに感じられたのが、全国が被害を受けた空襲だったといいますよね。

      最初は日本から離れた遠くの国でやっていて、いまいちリアリティを感じるのが難しかったということ。当事者であるにもかかわらず、当事者であるってことを意識するまでに、すごく時間がかかる。そういう言ったイメージしなければヤバさが解らないイシューは説明も時間がかかり、広がりづらい。 生活に密着したイシューのほうが広がりやすいのは当然です、毎日、進行形で自分の身に降りかかっていることですから。 政治に興味をもってもらうなら、人びとのための金融政策と財政政策をやっていくんだという本気の旗をあげなきゃ。じゃないと、たとえ議席を確保できたとしても、政権交代も難しい、太刀打ちできないです。みたいな、よく解らないけど、わかった気がする、キャッチフレーズ戦略です。 聞き手は考えるのにも体力いりますから、いかにわかりやすく、人々のための政治をやっていくかを、選挙期間が終わっても、みんなで伝えていきながら、先々ひっくり返す。直近では安倍さんと小池さんのグループと、維新、公明もいて連立もできるし。楽勝で吹き飛ばされます、それを見据えなきゃいけない。 一見、過激で極端なパフォーマンスばかりしているように誤解されている山本だが、実はかなりシビアに現実を見つめ、そのうえで少しでも今の酷い状況を変えるために何ができるか、その戦略を必死で考えていることがよくわかるだろう。 それは、民進党が希望の党に合流し、リベラル勢力が一気になくなってしまった問題でも同じだ。

      山本は選挙公示後の演説で、こんなことを語っていた。年収100億円の人も、ワーキングプアの人も、1つだけ平等です。それぞれ皆さんに深く考えていただいた上で、お誘い合わせの上、投票に行って欲しい。 立憲民主党、共産党、社民党、非常に魅力的で素晴らしい仕事をされている皆さんです。それに加えて、無所属で出ている候補者にも注目をしてほしい。 一方で、小池さんの希望の党は、安倍自民党と、中身はほぼかわりません。
      今から言うことは矛盾しているように感じるかも知れませんが、皆さんにも考えて頂きたいんです。民進党の衆議院全員が希望の党に行けるはずだった、けど半分が選別、排除された。辺野古新基地、改憲、安保法に賛成しろ、と言う踏み絵をふまされたからです。 その瞬間、自分を殺して踏み絵を踏んだ、本当は心ある議員も希望の党にはいるはずです。踏まずに立候補すれば、刺客を立てられ、結果落選する。小池新党で党首の言いなりになる新人などが当選してしまえば、それこそ地獄、今後党内でのブレーキにも、党を割るメンバーにもなり得ません。
      今回、踏み絵は踏んだが、ひっくり返してやると、心に決めている人もいるはずです。 好きなスポーツチームやアイドルグループを応援することとは当然違います。

      本当の意味で、戦略的投票が求められている選挙です。その先の改憲、国民投票も見すえて、何人仲間を増やせるか。
      関連キーワード - 小池百合子 - 衆議院選挙 - 小池百合子 - 週刊文春 - 小池百合子 - 小池百合子 -

考察。「小池新党」とは何か?

「小池新党」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

小池新党に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • らヴぃーさん: 小池新党なんてものが台頭するよりは革マルのほうがまだましだったとかとは思えんな両方死滅しろ - 6 時間 42 分 50 秒前
  • nalakifumiさん: RT @inumash: どう考えても"自爆”したのは小池氏と希望の党に参集しリベラル派を"排除”した勢力なのは明らかなのだけれど、そこから弾き出されやむなく新党を結党した側とそれを支持する人たちの"自爆”としちゃうのは、この人自身の「左派・リベラル派を馬鹿にしたい」という願望… - 6 時間 43 分 16 秒前
  • 原野さな@築地用さん: RT @takaittyan: 小池さん、民進に乗っ取られた希望の党なんか飛び出て、もう1回塾生鍛えて新党作り直して欲しい。 - 6 時間 43 分 34 秒前
  • ダークラゲさん: RT @yamaguchi_izumi: 絶望しない勇気は尊いが、偽りの希望は有害だ。前原も小池新党も各々の役割を存分に果たし、危殆に瀕していた安倍政権に「改憲」への道を開いた。原発事故で瀕死の国に復古的ファシストの独裁。既存メディアの腐敗。最終章である。現状では国民投票も突破… - 6 時間 43 分 45 秒前
  • Baatarism/ちゃんぷるーさん: “「反・安倍政治」だけで結集の危険な小池新党的「全体主義」は、再び日本を破滅においやる | ビジネスジャーナル”
    > https://t.co/t5MNjsVMg5

    - 6 時間 44 分 55 秒前
  • たろさん: RT @chidiremen11: 【衆議院選挙】#青山繁晴「#立憲民主党 は小池新党からも共産党からも秋波を送られる。抵抗するのは革マル派だって知ってる連合だけ。今後メディアは枝野新党と手を組む。たった2年後に参議院選挙があって、ねじれが起きると回復に12年20年とかかって、… - 6 時間 46 分 37 秒前
  • ニコニコ平和塾さん: 枝野幸男は今回の選挙で「筋を通した」と言われているが、小池百合子に振られたから新党を立ち上げだけで全然筋を通していない。もし振られなかったら、希望の党から出馬するつもりだったんだろ? - 6 時間 47 分 54 秒前
  • 51%の真実さん: 前原氏は代表戦の時から共産党との共闘を拒否し小池新党に秋波を送っていた。希望との合流にも期待したはずだ。前原氏を支持した民進党地方議員も同罪だ。今更愚痴るなと言いたい。「希望の党は絶望の党」「前原氏の罪は大きい」 : 読売新聞
    > https://t.co/4KAZTCZYf4

    - 6 時間 48 分 44 秒前
  • 新さん: RT @karitoshi2011: そこに、雪崩式の圧倒的多数を自民党が得ることを辛うじて阻止できたのは、自民党を支持できない人々の民意を体現できる政治家が小池百合子氏の新党から排除されて残されていたからだ。それが枝野幸男氏だった。原発事故発生後の「直ちに影響はない」とい… - 6 時間 51 分 46 秒前
  • 万屋一代目さん: 選挙区外の人は比例で貴方に望みをたくしました。平気で比例復活を喜ぶクソみたいな政治家とは比べることもできない。菅直人が当選だと?小池新党より絶望的結果です。♯衆議院選挙 ♯総選挙 ♯与党圧勝 ♯憲法改正
    > https://t.co/4ide5T0zrD

    - 6 時間 53 分 24 秒前
  • r2d2c3poさん: 民進残党+枝野新党+無所属民進⇒小池新党=反日売国奴政党がもう一つ誕生!政策も理念もない、政治をビジネスとしてしか考えていない人は、政治家にならないでほしいね。
    > https://t.co/KBoCvIFWw9

    - 6 時間 54 分 50 秒前
  • ませませさん: @teeeeeeraaaaaa 雨水が浸透して小池が乱立じゃん!W(浸透と新党、小池百合子を掛け合わせた高知能なギャグ) - 6 時間 56 分 6 秒前
  • じゅん吉さん: RT @gumuan2013: 全会一致で合流決めて希望の党に行く気満々だったのに、小池の排除発言にびびって慌てて新党作って逃げ出したという経緯を改竄して筋を通したなどと嘘ついてる詐欺師どものことは立憲民主党ではなく「菅直人内閣」と正しい名前で呼ぶことにしましょう #報道ステー… - 6 時間 57 分 5 秒前
  • あかいひぐまさん: RT @yagainstfascism: NHK。#立憲民主党 の福山幹事長。選挙戦とこれまでの投票結果の所感を聞かれ、まず最初に、悪天候下でも投票した人への感謝と、台風で被災しないように気をつけて欲しいとコメント。自民党の岸田と小池新党の細田は台風については特にコメントないの… - 6 時間 57 分 33 秒前
  • ブライト・移住支援が第一さん: 舛添要一の新党改革は無かったことに?舛添要一氏、小池百合子都知事に苦言「観客を愚弄するこんな芝居では木戸銭はとれぬ」」:イザ!
    > https://t.co/EZJ5gc5IBE

    - 6 時間 59 分 35 秒前
  • たざきしあんさん: RT @westinghouse565: 民進の支持母体、連合茨城も再編のあおりを受けた。小池氏の「排除の論理」に連合本部も反発、一時「身動きが取れない状態」(連合茨城幹部)に陥った。連合茨城傘下のある産別労組は「政策も不明瞭な急造新党を簡単に応援できるか」と慎重姿勢を貫いた。… - 7 時間 13 秒前
  • Shun Katouさん: 確かにある程度はハッキリしてきたと思うけど、地方によっては民進党から小池新党へ移行した議員のスタンスは曖昧だと感じてる。なんにしろおっきくて迷惑な台風だった事は確か。
    > https://t.co/YQpCVRT402

    - 7 時間 2 分 28 秒前
  • Wonder Kさん: @abematv_sokurep 小池の無能ぶりは都政を見れば明らか。現自公政権に不満はあれど、あんな無能が国政に出しゃばられては、と考えると、うかうか白票も投じられない。橋下さん、政界に戻って維新の立て直し、或いは新党作っても…
    > https://t.co/GOpXA3ko3j

    - 7 時間 3 分 18 秒前
  • マツマツさん: 衆院選投票率53・68%、戦後2番目の低さ
    > https://t.co/pmLZ9Dd3Rh

    今回の総選挙は小池新党 枝野新党など変化があったが投票率は伸びなかった❗️台風の影響とはいえ期日前投票が増えたのは喜ばしい、次期選挙はインターネット選挙が実施出来れば投票率も上がるのでは - 7 時間 5 分 23 秒前
  • 宍戸俊則(shunsoku2002)さん: 小池百合子新党がイメージと組織力を失った時点で、今回の選挙結果は大まかに決まってしまった。安倍晋三氏が持つ「強い指導者」のイメージを熱烈に支持する一部の無党派層がいる。そして戦後、長い間かけて地方組織から積み上げ続けてきた強い支援組織が自民党にはある。公明党組織票もある。 - 7 時間 6 分 39 秒前
  • masseさん: 希望の党公認辞退し6選の篠原孝議員・新党立ち上げに意欲(SBC信越放送)
    > https://t.co/IO8Ms08D5U

    小池人気に寄り添っておいて今さらなにを。お前ら仲良くするってしらんのか? - 7 時間 11 分 22 秒前
  • Ryuichi-shigakiさん: ざまみろ松野頼久!失職だ!小池新党でアルバイトか?
    > https://t.co/StH5dP463a

    - 17 時間 44 分 56 秒前
  • ベアトリーチェ@全ての結末さん: RT @miyaderatatsuya: 途中から楽勝モードには入っていたけど、7月の都議選の惨敗を思い出せば、こんな圧勝ができる予感なんて全く無かった。周りの反対を押し切って、「小池新党の準備が整わない内に勝負」を決断した安倍総理の大勝利。この選挙の強さは歴史に残るわh… - 17 時間 46 分 47 秒前
  • SAN SAMさん: RT @satoshitoday: ③テレビ朝日のコメンテーターによると、自民党は民進・共産などの共闘に強い不安と危機感をもっていた。小池新党立ち上げ、民進党が合流から潮目が変わって自民党は積極的になっていった。しかし民進党内部から枝野新党立ち上げで、立憲民主党を共産党は全面的… - 17 時間 47 分 58 秒前
  • 真鯛名人さん: 多くの政治家と安倍首相は一体何が違うのか?それは決断力ではないかと思う。決断する政治は結論を出すだけの政治ではなくコンセンサスを生み出し反対を封じ込め結果を得る政治。決断の多くは大した内容ではなくタイミングであり小池新党との決定的…
    > https://t.co/vaADioApii

    - 17 時間 51 分 4 秒前
  • ⌡∅2☮UntiEarthUtdGovtさん: 大敗も“厚顔”小池百合子は続投宣言 「あきれた」と希望議員らは猛反発 パリから帰国後は居場所なし〈週刊朝日〉「小選挙区で当選した議員の一部は、すぐに離党して新党を立て立憲民主党と組んで野党第一党になる、という話もすでに浮上しています」
    > https://t.co/l5j2YoEmiK

    - 18 時間 1 分 4 秒前
  • 西村 悟志さん: RT @micmicniiiiiiii: @nikkan_gendai 選挙の(途中)結果を見ても「小池新党(希望の党)」=安倍自公批判票を立憲野党に流さない為に作られた党 こんな茶番を長年誘導するTV/マスコミに、公的免許/補助を与えていていいのか。一般市民への私刑殺人… - 18 時間 1 分 45 秒前
  • レイブンさん: RT @yucchisann: 思い付きで新党作って選挙に勝とうなんて考えが甘すぎ。有権者を愚弄した結果。落選の若狭勝氏、生出演でボヤキ「小池さんの排除発言で風が変わった気がします」 : スポーツ報知
    > https://t.co/2Cl9ItIPL0

    #報知 @SportsHo… - 18 時間 7 分前
  • キュウリウオ亜目アユ科_TといえばYさん: RT @kaoruww: 小池新党は発足直後は過半数超えるかなんていう予測もあった。小池と前原は国政のメインプレイヤーとしての生命を絶たれた。これ自体は朗報だ。
    > https://t.co/KHcmKDoMU8

    - 22 時間 34 分 28 秒前
  • KnZさん: 小沢一郎代表を謀った報い、台風が小池百合子代表に「天誅」政治生命にヒビ、立憲民主党と共産党は名を上げ支持高まる ◆〔特別情報1〕 総選挙の結果、自公与党圧勝・野党惨敗―新党「希望の党」の小池百合子代表は、「2018年9月の自民…
    > https://t.co/jxNkbWx8lx

    - 23 時間前
  • 変革ケンさん: RT @Trapelus: 【東京全25選挙区に候補者 小池新党】絶対に落選させたい自民4人組 「伸晃」「宏高」「下村」「萩生田」は許さない 小池は、この4人組だけは絶対に落選させるつもりらしい 安倍首相の側近である下村博文と萩生田光一は今頃、「大義なき解散」を恨んでいるのでは… - 23 時間 38 分 58 秒前
  • さん: 立民が野党第一党になることを許す他の野党は情けないよ特に小池新党 - 23 時間 51 分 16 秒前
  • 林 哲司さん: 【衆院選】「電波ジャックね」テンション高かった小池百合子都知事の完敗 投票日をパリ出張にぶつけられ…
    > https://t.co/9XOIJS357p

    @Sankei_newsさんから都知事なのに解散決まった途端に前原と裏取引して新党立ち上げたのは小池だろ、こんな奴信用出来るか! - 1 日と 13 分 26 秒前
  • 養豚ナタ串ブレ吾郎さん: 男前原誠司、民進党と小池新党と共産党を破壊し自らは当選し枝野幸男に花を持たせる名采配 - 1 日と 47 分 11 秒前
  • よしぼ~さん: @miwakokuro @ksmkwd 私は、小池ファクターは副次的なものだと思います。野党4党(民進、自由、社民、共産)は、野党3党(民進、自由、社民)の合流(新党創設あるいはオリーブの木)と共産との密接協力という、従来の野党共…
    > https://t.co/gBrySUrtJg

    - 1 日と 1 時間 10 分 10 秒前
  • キセリョフ善六さん: @tenco_15 畑くんは組織人じゃない。民進の解党にも小池新党の合流にも関わってないでしょうな。彼はホント、政策しかない。政治「屋」としての部分はほとんどないな。本当はそういう人が当選してほしんだけどなぁ。今回は、ほんと、選択を間違えた。 - 1 日と 4 時間 33 分 32 秒前
  • 美月紗夜さん: 遂に内部崩壊が始まった小池新党!!アイツ来ない方がやり易くていいわ!!【佐藤優】THE論客バトル
    > https://t.co/oitt1noaPd

    @YouTubeさんから - 1 日と 8 時間 37 分 23 秒前
  • みーさん: RT @Smolny1917: 小池新党と維新の会は遅かれ早かれ自公改憲策動に与するだろうから、それらを抜いた野党がどれほど議席を獲得できるかが勝負の分かれ目になる。自行維希で3分の2だけは避けたい。 - 1 日と 8 時間 39 分 13 秒前
  • 遠野大二郎さん: @hashimoto_lo 小池新党は、維新の党と全く同じ失速の仕方で失敗した。自滅と言えるものだった。それにしても、あの稚拙極まりない政権運営で日本を潰しかけた立憲民主がそれなりに票を取ったり、現代の貴族と言える世襲議員が、苦も…
    > https://t.co/rMvND7goEi

    - 1 日と 8 時間 39 分 30 秒前
  • rinksさん: @dave_spector 小池都知事が新党結成を模索中→辞任党 - 1 日と 8 時間 41 分 53 秒前
  • Qy@さん: RT @motenasi_marina: この小池新党大コケの瞬間親玉のジャンヌ・ダルクこと小池百合子がフランスにいるのってどう考えてもフリだと思うの
    > https://t.co/XVVzlFxG0d

    - 1 日と 8 時間 43 分 26 秒前
  • まみむめ@比例は「幸福」さん: RT @hiroko_nanami: その通りすぎる。小池新党や共産党を支持されるみなさまに、届けたい。「内部留保への課税、家庭に置き換えれば、将来のために貯金しているお金に税金かけられるようなもの。財産権の侵害です」
    > https://t.co/V7nt4KeNn1

    - 2 日と 11 時間 48 分 50 秒前
  • 大学いもの皮さん: RT @KazuhiroSoda: 同感。→2017総選挙に寄せて――小池新党騒動から立憲民主党誕生へ、その意味を論ず(白井聡) - Y!ニュース
    > https://t.co/9BtHBfUwD5

    - 2 日と 11 時間 51 分 8 秒前
  • wataru_yodogawaさん: @neginegima 偽装離婚みたいですが、革マル・エダノンらは一度は小池新党に移ろうとしました。言うなれば、パートナーがありながら、良い見合い話があったので、それに乗っかろうとしたが、相手にフラれたので、元サヤに収まろうと…
    > https://t.co/L4LTmbPacV

    - 2 日と 11 時間 52 分 4 秒前
  • あーみんさん: RT @Remember311919: 「希望者は全員受け入れ」の一筆を取っていなかった前原は迂闊だった。わざと騙されたとの見方もある。合併新党の幹事長を狙っていた小沢は小池に裏切られた。小池への電話連絡もつかなくなっている状態という。田中龍作ジャーナル
    > https://t.c

    … - 2 日と 11 時間 57 分 2 秒前

    「小池新党」に関するブログ
  • ちょっと気になったのは、キャスティングボードを握り高い組織力を誇る公明党が議席を減らした事である。
    政策の中身は悪くないが、小池新党のごたごたに巻き込まれた事が原因だとは思うが、日本で都政や国政を左右するような中規模政党、というのはあまり好かれないのかもしれない。

    http://next-d-g.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/17-af85.html


  • バレテルよ!
    小池新党は「打倒安倍政権」と打ち出しつつ、実際は極右政党として自民党の補完勢力を目指している!!
    ★必見動画!

    http://miagetasora.at.webry.info/201710/article_19.html


  • 希望の党という小池新党が突然発生。
    民進党の前原代表が議員を持参金付きで、小池新党に放り込む。
    ところが小池代表は、気に入らん者は認めんと傲慢ぶりを発揮。

    http://carlos07.at.webry.info/201710/article_5.html


  • 「民進党からの離脱者も出ている。
    小池新党もまだ選挙の準備はできていない。
    森友・加計問題もリセットできる。

    http://1789-1848.at.webry.info/201710/article_14.html


  • っていいたくなるよね。
    あの小池新党との立候補のすみ分けと三都物語とかしょんべん臭いこと言ったのがそもそもの間違い!
    あれさえなければ圧勝していただろうに・・・。

    http://blog.goo.ne.jp/madakate00/e/1afdc5180600138eaa46f7efdd9146c1


  • 「小池新党」に関する教えてGoo!
  • 来年の都議選に向けて小池新党結党かといった憶測も流れていますが、
    自民党都議そのものを小池新党に入れ替えるというストーリーはないのでしょうか。
    地域政党を結党しても軌道に乗るまで不祥事や揺り戻しがあったりして、改革が停滞するのを危惧しています。


    小池支持派の自民党都議のポスターには、小池知事推薦の文言と、二人で握手している写真が掲載される。これならば自民党支持層、保守層も投票しやすいと思います。


    今の東京都自民党都議連が、堂々と小池支持を表明した議員を推薦するかがちょっと疑問ですけど。
    国防は、広い視野が必要です。

    お金を追い掛ける狭い視野では出来ません。
    民主政治は、神輿を担ぐお祭り政治、交通整理が必要ですね。

    生存構造作りがメインなのです。

    野性の猿のように混ぜれば襲い作物を奪いにくる自然を理解して社会システムを構築しましょう。
  • 小池都知事ですがピタリとやんだ小池旋風、都民ファースト急失速にかなりあせってますか?


    小池新党は女性ばかりですが所詮は女性ですか?


    古今東西名宰相、名政治家やリーダーたちは男性ですが所詮は女でしたか?


    美人候補はスキャンダルまみれですか?


    昔から胡散臭い行動の小池。都民のほとんどは質問者と同じノリで情緒判断。いまだ60%の支持だとか。都議選までにどれだけ厚化粧が剥げるのか。勢いそのままで都民ファースト(無知無能議員誕生でコウモリ政党公明党が裏で操る)が勝てば行政が停滞するのは明らか。
    今や小池ワクチンがききマスコミも冷めて距離を置いており自民の反撃も始まっています。

    オリンピック会場問題で関係自治体首長は小池に煮え湯を飲まされてぷんぷん。都民という愚民が覚醒することを祈ります。
  • 筆記試験で、小池百合子の名前が出てこなくて石原ゆり子と書いてしまいました。


    挙句に小池百合子の新党の名前も書けなくて、後になって思い出して。
    恥ずかしいし、大丈夫か心配です。


    ヤバイですよね?

    ヤバいね。
    せめて、石田ゆり子にして欲しかった(笑)
    でも、数あるうちの1問でしょう?

    他が完璧なら問題ないかと…
  • 「小池新党」の関連語
    1位 民進党
    2位 自民党
    3位 希望
    4位
    5位 補完勢力
    6位 政策
    7位 バレテル
    8位 解散
    9位 政治
    10位 打倒安倍政権

話題のトピック