なぜ「完封」なのか?

「完封」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      完封負けに内川負傷…精彩を欠く侍ジャパンの収穫は中居正広だった

      捕手小林が捕って一塁送球もこの回から一塁に入った内川が落球。「菊池1人で目立った形ですけど、あと10日しかないので、調子が悪いバッター、調子がわるいというかね…。開幕投手の筆頭に挙げられていたが、「投げるつもりでここまで頑張ってきた。21日に中島本人と面談した上での決断であることを明かした。コンディション不良により、辞退を申し入れたもようだ。

      福田巡回チーフトレーナーによると痛みを抱えているのは左尺骨。 DH解除、普段ルール、WBCルールなど、野球に詳しくない私が、すべて知ってるだろうに素人目線で質問してくれる中居さんに感謝です。アナウンサーが拾わなかった、槇原のミス被りのコメントをちゃんと拾って話を進めるナイスフォロー。 中居がDH解除のこと音が無いこと、聞いてくれて助かる、ど素人がたくさん見てるこの試合。毎度思うが誰よりも知ってるくせに、中居の知らないふり目線は偉いよな。日本代表の公認サポートキャプテンに就任することが22日、発表された。中居は2013年の前回大会に続き2度目のサポーターに就任。選手取材や現場レポートをし、テレビ中継ゲストとしても出演する。決勝ラウンドにも進めば、アメリカにも赴き、現地の様子をレポートする予定。僕も偉そうなことを言っていますが、基本は素人ですから。

      初完封した巨人のマイコラスより美人妻のほうが注目されている

      好投しながらなかなか結果が出ませんでしたが、ここへきて調子を上げています。

      現在は都心の高層マンションに夫婦で生活し、自身のブログにはレストランでの食事やショッピングを楽しむ様子が記されている。

      オフの日には渋谷や六本木を夫婦で買い物、食事をして日本の生活を楽しんでいる。

      オリックス打線を5安打に封じ、来日初完封を達成した。序盤から最速152キロのストレートがさえ渡ると、緩急自在の投球術で翻弄。抜群の制球力も披露し、6回には3者連続三振を奪う圧巻の投球。5安打9奪三振、133球の熱投を見せ、来日初完封で2勝目。ローレンさんは、この日は地下鉄を乗り継いで東京ドームへと移動し、バックネット裏で観戦。

      エースで4番へ−プロ初完封!二刀流・大谷翔平の進化がヤバイ!

      5/13、日本ハムで二刀流2年目の大谷翔平選手が投手としてプロ初完投初完封を達成。昨年、鳴り物入りで入団して以降17度目の先発で、初完投初完封。 完封勝利の瞬間、キャッチャー大野と握手する大谷投手。「最初のピンチをダブルプレーで切り抜け、落ち着くことができました。

      大野さんにたくさん助けてもらったし、直球が走っていた。1年に何度も投げることはないので、勝っていい思いをしたかった。投打二刀流2年目の今季、球団から中6日で先発ローテに入ることを厳命され、キャンプから投手中心にこなしてきた。ここまで育成を兼ねて1軍で起用しているのでは決してない。投打ともにキャンプでの競争を勝ち抜いて開幕1軍メンバー入り。6回2死一、二塁ではジョーンズに対して150キロ台の直球を連発。ライナー性の打球に定位置から前に出た木村だが、予想以上に伸びて慌てて背走。

      > 槇原敬之が国歌斉唱!広島カープCS第1戦はジョンソンの完封勝利
      > 常勝無敗!?田中将大がメジャー初完投初完封で無傷の6勝目!
      > 広島カープ凱旋! 地元に帰ってファンに優勝報告&巨人を完封
      > 4年目でついに初完封!西武・菊池雄星はやっぱり怪物だった
      > 奪三振ゼロで完封!WBCで進化した西武・牧田のピッチング
      > またもや完封勝利!U-18高校日本代表の投手陣がすごすぎる
      > あと一人!ロッテ・古谷投手がノーヒッターを逃すもプロ初完封!

      初めてのJ2リーグで苦戦中の名古屋グランパスが好調・長崎をホームに迎える!

      ここまでのJ2リーグ戦では3試合連続の逆転負けで3連敗を喫しており、22チーム中8位(前節終了時点)と苦戦を強いられているグランパス。チーム総得点では32得点とリーグトップを走るものの、リーグワースト6位となる28失点が守備に問題を抱えるチームを象徴しているとも言える。 一方で故障者が続出しているグランパスは、前節にレッドカードで一発退場した押谷祐樹選手が手痛い出場停止。格下相手とはいえ、久々の完封勝利を手にしたことは守備を立て直したいチームにとって自信になるはず。長崎戦では、守備をカバーするリーグ屈指の得点力を爆発させ、なんとか勝利を奪いたいところだ。


      関連キーワード - グルメ -

      原因は監督じゃない!? 弱すぎる巨人「本当の戦犯」

      盟主84年の歴史に、汚点となる球団ワースト記録を刻んだG軍団。本誌が徹底取材!! プロ野球界の盟主といわれたのは、今は昔――巨人が泥沼にはまっている。

      6月7日、西武戦で0-3と完封負けした巨人は、5月25日の阪神戦から勝ち星がなく12連敗となった。「75年に長嶋茂雄監督が就任1年目に喫した11連敗の記録を更新。球団史上最多連敗という不名誉な記録となってしまいました。

      7日の西武戦で“負けは見飽きた”など、厳しい横断幕が掲げられたが、ファンの怒りも空しく翌8日も2-13で西武に3連敗。通常、連敗中はピリピリムードが漂うが、それがないという。プロ野球では、ゲン担ぎでベンチに盛り塩をしたりするんですが、そういうこともやっていない。 巨人V9時代を知るOBの黒江透修氏は、巨人の惨状に対して、こうこぼす。巨人の試合を観ていても、選手たちから覇気が感じられない。 昨オフには30億円の大型補強を行い、巨大戦力を揃えた巨人は、なぜ、ここまで弱体化したのか。小林は侍ジャパンの正捕手としてWBC全試合に先発出場し、打率も4割5分とチーム1位。“保険の保険の第3捕手”などと揶揄されてきたが、世界の舞台で一気に覚醒したともっぱらだった。3日のオリックス戦では、初回に4失点し、一度も打席に立たないまま交代させられるほど、首脳陣から信頼されていません。
      WBC効果か、開幕前のグッズの売り上げが、それまで断トツ1位だった坂本を抜いて、小林が一番売れたんです。 阿部慎之助、長野久義の名も当然挙がってくる。 「開幕当初は、15試合で打率3割7分3厘と好調だった阿部ですが、ここにきて調子を落とし、打率2割5分7厘にまで急落。阿部の失速とともに、巨人の勝ち星が遠ざかっていきました。

      阿部一人の責任ではありませんが、巨人は阿部慎之助のチーム。彼の調子が良ければ浮上するし、悪ければ勝てないんです。 阿部に次ぐ、ベテランである長野の責任も重い。 選手陣だけではなく、問題はコーチ陣にもあると話すのは、前出の黒江氏だ。

      「こういうときは、確実にランナーを次に進める野球を徹底するという、基本に立ち返らなければならない。エンドランや盗塁とか多彩な攻撃をしないから単調なんです。誰かが監督に進言すればいいんだけど、遠慮して何も言えない。 他にも、阿部や村田修一が故障を気にして、全力疾走をしないが、それをたしなめるべきコーチが注意しないと黒江氏は言う。「村田ヘッドを三軍に落として、川相昌弘三軍コーチを一軍ヘッドに持ってくるべき。 選手、コーチともに改革が必要とされるが、それは昨年から指摘されていたこと。それゆえに、昨オフには30億円ともいわれる大補強を敢行した巨人。かかわらず、苦戦している大きな原因が、陽岱鋼、山口俊の両FA選手の出遅れにあるというのは、多くの関係者の指摘するところだ。

      「2人とも故障が原因で、開幕に間に合わなかった。初戦から先制タイムリーを放ち、連敗の中にも希望の光を覗かせた。一方の山口も最速150キロの速球をコンスタントに投げられるまでに回復。 「実は、陽も山口も、ともに故障持ちであることは分かっていた。

      しかし、巨人のフロント陣は開幕には間に合うと判断し、獲得に動いた。 ある意味、巨人連敗の本当の戦犯は、デタラメな補強を繰り返す巨人のフロントだというのだ。

      「そもそも、このオフにFA権を取得した選手のナンバー1、2は、陽岱鋼、山口俊ではなく、糸井嘉男、岸孝之の2人ですよ。 獲った選手は開幕に間に合わず、獲らなかった選手が活躍する。やることなすことが、裏目に出てしまっているのだ。


      関連キーワード - グルメ -

      【プロ野球】なぜ守備に不安の高山俊(阪神)がセンターに。外野陣のシャッフルからセンターラインの将来像が見えた

      され、それぞれのポジションが変わったことは、これまであまり記憶がない。 その異例ともいえるシャッフルが行われたのは、6月6日の阪神対オリックスでのこと。阪神のチーム方針が大きく動いたことを示すものだ、と筆者は睨んでいる。

      阪神は開幕から広島に肉薄し、一時は首位に立った。その原動力は、FA加入の糸井嘉男、最年長の福留孝介、復活した鳥谷敬のベテラントリオによるところが大きい。

      しかし、交流戦に入り、糸井は左太もも裏を痛め、万全の状態ではない。 そこで首脳陣は、ここぞとばかりに外野陣のシャッフルに動いた。 ただの一過性のものではない今回のシャッフル。将来を見据えた阪神のチーム方針をセンターラインの構築という観点から迫る。 ※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週刊野球太郎』でニュースやコラムが読み放題! ■守備力に不安要素を残す高山をあえて中堅起用 今回のシャッフルで注目したいのは、中堅に高山俊を配置したことだ。

      守備隊形のセンターラインを担う重要なポジションだ。

      ここに、あえて守備に不安要素を持つ高山を配置した。この采配は苦渋の決断というより、将来の伸びしろに期待した感が強い。 2年目のジンクスなのか、今シーズンの高山は持ち前の打撃で好不調の波が大きい。糸井、福留がここにきて不調気味のため3番に起用されているものの、まだまだ絶対的な信頼を得てのクリーンアップではない。 また、中堅の守備力だけを見れば、中谷将大が上だ。

      アマチュア時代の糸原には遊撃手の経験がほとんどない。

      しかし、糸原をあえて難しい遊撃手で起用し、リスクを犯してまで1軍の実戦で鍛錬を積ませている。

      首脳陣のセンターライン構築への本気度を感じるのだ。

      将来的には、遊撃手を争う糸原と北條史也を天秤にかけ、片方を二塁手もしくは三塁手にコンバートし、鉄壁な内野を作る意図も含んでいるのだろう。 打撃は打率.181と期待に応えているとはお世辞にも言えないが、リードで味方投手を盛り立て、盗塁阻止率はリーグトップ。守備面での首脳陣からの信頼感は厚みを増している。

      開幕から調子が上がらないとはいえ、WBCで大活躍をみせた小林に勝る投票数からは、強肩で投手をアシストする梅野への期待の高さが伺える。 ■優勝争いをしながらの若手の育成 あらためて言うまでもなく、センターラインがしっかりしているチームは強い。 広島には及ばないものの、阪神も将来を見据えたセンターラインの布陣で徐々に態勢を整えつつある。 人気球団ゆえに勝つことが至上命題のなか、阪神はいまもっとも難しい課題に挑戦しようとしている。

      まろ麻呂企業コンサルタントに携わった経験を活かし、子供のころから愛してやまない野球を、鋭い視点と深い洞察力で見つめる。
      関連キーワード - グルメ -

      【プロ野球】1985年じゃない!? 「○○打線」の元祖、黒いユニフォームでおなじみの阪神・ダイナマイト打線!

      銘打たれたカードで、阪神の選手は漆黒の復刻ユニフォームに身を包みプレーした。いえば、1985年に日本一になった打線がよく知られている。

      真弓明信、バース、掛布雅之、岡田彰布を擁して伝説的に打ちまくった。

      しかし、当時の阪神は漆黒のユニフォームではない。コメントしているが、具体的にイメージできていたのかは定かではない。なんとも言い難い微妙な数字であるが、当時は、戦後まもなくでボールやバットも粗悪だったことを忘れてはならない。黒のユニフォームは1948~49年のそれもビジター用のユニフォームなのだ。

      命名された1946年から49年までの間、チーム打率は常にトップだった。 ただし、数字的な完成を迎えた1949年のシーズン順位が8球団中6位。あまり縁起のいいユニフォームではない感じもするが、その衝撃たるや“ダイナマイト”。唯一の完封試合で金本知憲が2安打&出場記録達成失うものは何もない。
      関連キーワード - グルメ -

考察。「完封」とは何か?

「完封」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

完封に関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news1/index.php(562): tweet_output('\xE5\xAE\x8C\xE5\xB0\x81') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143