なぜ「外部環境分析」なのか?

「外部環境分析」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      SWOT分析とは?SWOT分析の例とテンプレート集

      SWOT分析とは外部環境と内部環境を簡単に分析するためのツールです。ついては、自社の企業努力でコントロールできる内部要因となります。その際に、自分に関係する要素を洗い出し、自分の内部の要素なのか自分の外部の要素なのか、目標達成に対してプラスに働く要素なのかマイナスに働くの要素なのかという2つの視点から、4つのカテゴリーに分類する。慎重に分析を行うためには、いかなるSWOT項目も早期に取り除かないことが重要である。個々のSWOT項目の重要性は、それが生み出す戦略の価値によって決まる。すなわち、価値ある戦略を生み出すSWOT項目は重要であり、生み出さないSWOT項目は重要ではないと判断される。 PDFですが、初級者向けにチュートリアルに使えそうな教材が公開されています。

      SWOTとはから分析、クロスSWOTまで解説してあります。 日本代表の歴史的快挙の裏にはSWOT分析を使ったマーケティング戦略が綿密に練られていた。 SWOTとBSCのフレームワークで整理すると、A4版一枚で俯瞰できるので、クロス分析による戦略案が浮上しやすくなります。 目標達成用紙のGoogleスプレッドシートつくりました。



考察。「外部環境分析」とは何か?

「外部環境分析」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

外部環境分析に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • CPAぼっとさん: (C)クロスセクション分析は、分析対象企業の当期の数値を、当該企業と同一ないし類似する事業を行う他企業の数値と比較する方法だ。クロスセクション分析は時系列分析に対して、外部環境要因の影響が捨象されたものとして比較結果を解釈できるメリットがある - 2 日と 10 時間 15 分 28 秒前
  • 中小企業診断士勉強BOTさん: 【経営戦略】[SWOT分析] 企業の直面する外部環境(機会O、脅威T)と経営資源などの内部環境(強みS、弱みW)を分析する。 - 2 日と 16 時間 8 分 8 秒前
  • 東京MBAコミュニティーさん: 【経営戦略】3C分析 外部環境の市場と競合の分析からKSFを見つけ出し、自社の戦略に活かす分析をするフレームワーク。3Cとは、「市場(customer)」「競合(competitor)」「自社(company)」の頭文字。 - 2 日と 17 時間 7 分 42 秒前
  • ITストラテジスト ナビさん: 環境分析の代表的なフレームワークについて,外部環境を分析するものと内部環境を分析するもので整理した図のcに当てはまるものはどれか。詳細は⬇️
    > https://t.co/6b3rZSYoe7

    - 3 日と 17 時間 9 分 20 秒前
  • APあずにゃんさん: SWOT分析とは、経営戦略を立てるために自社(内部要因)の「強み(Strength)と弱み(Weaknesses)」競争環境(外部要因)の「機会(Opportunities)と脅威(Threats)」という4つの要素によって自社を分析・評価する手法なのです。分析するです。 - 3 日と 19 時間 41 分 10 秒前
  • nanakさん: SWOT外部ミクロ環境分析:社内環境・市場(顧客)・競合他社・流通業者・供給業者の分析を行います。 - 4 日と 16 時間 6 分 17 秒前
  • 全部無料のe-Learningアイプラスさん: 企業の経営戦略策定に使用されるSWOT分析において,外部環境分析の観点はどれか。 #情報処理技術者 #ITパスポート
    > https://t.co/Frf1qo3sji


    > https://t.co/z5Fope1K87

    - 5 日と 10 時間 9 分 16 秒前
  • フルハシ ヤストシ(鎌倉読書教室)さん: 目に見えない意識を徹底的に排除して、目に見える客観的に観察可能な行動のみを分析対象とした心理学。そして、ワトソンは外部環境に条件づけることで、あらゆる行動を獲得できると考えた。
    > https://t.co/Jefz1qR79H

    - 5 日と 12 時間 21 分 52 秒前
  • Egumogu929さん: SWOT分析目標を達成するために意思決定を必要としている組織や個人のプロジェクトやベンチャービジネスなどにおいて、外部環境や内部環境を強み、弱み、機会 、脅威の4つのカテゴリーで要因分析し、事業環境変化に対応した経営資源の最適活…
    > https://t.co/qrkfv7Jlsm

    - 7 日と 1 時間 4 分 38 秒前
  • マーケティングたんさん: 【PEST分析】企業を取り巻く外部環境を「政治・経済・社会・技術」の四つの観点から調べ、企業にどのような影響を与えるのかを分析する方法よ。これらの外部環境は常に変化していくから、企業は常に世の中の状況を把握しなくてはいけないわ。
    > https://t.co/bckCHh8zsT

    - 12 日と 23 時間 25 分 58 秒前
  • なかもずさん: うまく説明できないな。要するに、外部環境OKかつ内部事情OKなところを選ぶのであれば、客観的に特定可能な方を先に特定して、それとの関係で(つまり重なるところ)内部事情としてどういうものがあるかを特定すべきだということ。そうすることで、内部事情の無限の分析を回避できるはず。 - 26 日と 12 時間 26 分 3 秒前
  • Yoshihiro Kinparaさん: 研修:経営管理者養成ゼミナール【富山県】
    > https://t.co/K9SR2Wg9Mi

    【中小企業大学校 瀬戸校】(富山県)自社分析実習とグループディスカッションを通じて、自社の外部環境、内部環境の把握から将来の中期計画・年度計画・アクションプランまで作成することで、プロセ… - 26 日と 12 時間 40 分 39 秒前
  • crimnutさん: 外部環境の分析が出来ない人のことを自己責任論者っていうんだよってお祖父様が教えてくれました - 1 ヶ月 1 日と 5 時間 42 分 53 秒前
  • 凄腕コンサルタントさん: PEST分析(経営の外部環境を分析する) を投稿しました。 #エキサイトブログ
    > https://t.co/NPFLtih0ZK

    - 1 ヶ月 3 日と 6 時間 41 分 54 秒前
  • 日本経済新聞出版社さん: RT @nikkeiplus10: 【9月11日(月)夜10時~「波乱相場を切り開く成長株を探せ!」】今夜の日経プラス10は日経ヴェリタスと連動し、外部環境に左右されず自ら市場を創る「イノベーション株」を分析。北朝鮮問題などで波乱続きの市場のけん引役を探します。▽フカヨミはミャ… - 1 ヶ月 6 日と 2 時間 11 分 59 秒前
  • 吉田の備忘録さん: BOT:【ビジネスプランの構成要素】ビジネスモデル、財務分析、外部環境、実行のロードマップ、リスク分析 - 1 ヶ月 7 日と 12 時間 9 分 48 秒前
  • 【千葉.船橋】内田経営コンサルティングさん: 事業計画の作り方読了。外部環境分析pest分析⇨5f⇨3c分析等から実務とのすり合わせ方など参考。【千葉県】中小企業経営力強化!創業.事業承継.助成金/補助金活用.人材育成でお困りなら…
    > https://t.co/h3iYq8WyCw

    - 1 ヶ月 10 日と 15 時間 36 分 51 秒前
  • ヒロアキイシャマさん: @junichi1582 とりあえず外部、内部の環境分析では? - 1 ヶ月 12 日と 43 分 33 秒前
  • 山田 裕嗣 / Yuji Yamadaさん: 「戦略」の定義は色々ありすぎてキリがないけど、ざっくり言えばこういうことか。"特定の組織が、何らかの目的を達成するために、外部環境分析と内部環境分析からつくり出した道筋"
    > https://t.co/drd9OJKzcM

    - 1 ヶ月 17 日と 5 時間 40 分 5 秒前
  • グロービスMBA用語集BOT(試運転中)さん: マクロ環境分析とは、自社ではコントロールできない、企業活動に影響を与える外部環境要因の分析…続きは→
    > https://t.co/s58xVCq2Re

    #グロービス - 1 ヶ月 19 日と 4 時間 42 分 38 秒前
  • kazuhiro araiさん: RT @majuzub: 中国画の技法「写意」のように、人々の感情へと働きかけ、より豊かな外部環境との関わり方を可能にする空間の在り方を探索すべく、歴史のなかで生み出されたさまざまな中国庭園における、要素、視線、動線などの分析とその借景の効果などのリサーチ
    > https://t.

    … - 1 ヶ月 19 日と 11 時間 40 分 26 秒前
  • 顔面エロゴリラさん: PEST分析とは?自社を取り巻く外部環境を把握するためのフレームワークを解説|ferret [フェレット]
    > https://t.co/NRyJzu1AHk

    @ferretplusさんから - 1 ヶ月 20 日と 5 時間 32 分 13 秒前
  • 益々栄光さん: 週末分析:4541日医工、7525リックス、6901澤藤電機、7482シモジマ、新規で気になったのは、以上の4銘柄。動き始めそうなのは、3905データセクション、3652DMP外部環境に左右される1週間になりそうですので、平穏であれば面白いのですが、慎重さが求められますね。 - 1 ヶ月 27 日と 10 時間 49 分 21 秒前

    「外部環境分析」に関するブログ
  • なんかうまくまとまらない。
    外部環境分析だとは分かるが、公的資金についてふれていいか迷った。
    それと出だしをどう書くべきか悩んだな。

    http://blog.goo.ne.jp/inoyoko1226/e/914505b4b5b9c75af644d3d808d921dc


  • さらに、分析を深めていきたい時には、内部資源分析としてVRIO(ヴァリオ)や外部環境分析PEST(ペスト)を使用するのをオススメします。
    皆さんも聞いた事があるかもしれませんが、5F(ファイブフォース)も外部環境分析に有効です。
    かのマイケル・E・ポーターさんが提唱したフレームワークです。

    http://blog.goo.ne.jp/irodori-pro/e/a332f4b6fb4a29a39509aa08b3f39091


  • 203 米国のトランプ大統領が日本にもたらす「リスクと機会」。機会を活かしてよりよいニッポンへ。
    メディアリテラシー, 外部環境分析で米国, 外部環境分析で中国, 外部環境分析で欧州
    米国の第45代大統領選(2016.2-11.10)は、筆者/青草新吾も201[2016.7.31 英国のEU離脱と米国の大統領選 ニッポンこれから]で指摘した「メディアの偏向報道と情報操作」がいかにでたらめで酷いものであるかを実証できるよい機会となりました。

    http://d.hatena.ne.jp/glocaleigyo/20161230/p1


  • 「外部環境分析」に関する教えてGoo!
  • 茅ヶ崎の観光現状と今後のあり方を
    外部環境分析
    ツーリズムの製品分析
    戦略的分析
    潜在的ツーリストのセグメント化とターゲット化
    で分析するのですがどのようになると思いますか?


     辻堂にテラスモールが出来てから辻堂や藤沢の方に人が集まって、茅ヶ崎はオワコンな感じはしますね。

     でも、圏央道の開通で埼玉方面から神奈川に来る人が増えると予想されているので、さらに今年度に開通予定の「相模縦貫道」が開通すれば、ノンストップで茅ヶ崎(海)まで来れる事になるので、それから盛り返す可能性はあると思います。


     海のない埼玉で、湘南をアピールすれば、潜在需要はあるのではないかと。
  • 三十路後半から転職活動をすることになりました。


    先が見えず不安でとてもくるしいです。


    転職活動のよきアドバイス・体験談を聞かせてください。
    転職回数・年齢・年収なども転職の条件にあると思いますが
    その点の事もご存知であれば教えてください。
    現在の転職活動内容としましては転職サイトに4社登録し
    転職のエージェント会社に2社登録ています。


    転職エージェント会社より案件紹介があり数社応募しましたが書類選考でNGであったり(ほぼ7割)、書類選考連絡待ち(1割)一次試験を受けて話を聞いてみると全く今までの経験が生かせない職場であったり・年収が現在より200万DOWNであったり条件が全く合わない(1割)
    前途多難で長期戦になりそうです。


    現職の会社は来月で退社予定です(事情があり退社する事としました。


    転職の際、在職中と退社後とでは採用時の評価も変わってくるので
    しょうか?

    (転職する本人の気持ちの持ち方(あせりなど)も随分
    違ってくるとは思いますが・・・))
    アドバイス・体験談等ありましたら聞かせて下さい。
    Despair000さんが納得のいく就職活動を展開するにあたって、基本的な気持ちの持ち様のアプローチとして、ANo.2のbagnacaudaさんの回答を全面的に支持し前提として考えていくことに致しましょう。
    >前途多難で長期戦になりそうです。


    という予測をされているのなら、離職後の雇用保険(失業手当)の手続きをしっかりなさってください。
    なるべくなら、Despair000さんが簡単だと思うレベルの事務系の職業訓練の受講も視野に入れて、時間稼ぎをしておけるようにすると多少なりとも経済的な逼迫感を解消することになると思います。


    御参考になるサイト

    http://www.situgyou.com/



    http://www.hat.hi-ho.ne.jp/heart_thoughts/t/


    さて、納得のいく就職活動を展開するとなりますと、求人案件の中から応募しようと思う案件を手がける「前」に、やっておかなければならないことがあります。それは、
    ○ムダなことを極力排除する姿勢
    ○採用側を不安にさせない工夫をこらす姿勢
    ○御自身のスキル・キャリアに係る外部環境分析と内部環境分析
    (経営戦略策定に使うSWOT分析・ポジショニング分析を転用)
    を整えておくことです。


    どうするか?


    御質問にもありますような「あせり」にも対処するためには、「ムダな時間」をかけないように心掛けることです。


    御参考になるサイト
    転職は「人事部への電話取材」で決まる!?
    ~職務経歴書を送る前に、これだけは押さえたい!~

    http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/2


    「職務経歴書」を送る前に、これだけは押さえたい!

    http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/2


    「面接試験」でこれだけ話せば内定!
    ~面接官をうならせる突破術~

    http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/2


    人事部と現場の極秘の連携プレー!
    ~この関係を見抜けば、内定寸前~

    http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/2


    これらのサイトを私なりにまとめますと、採用側が求める職務逐行能力と、Despair000さんがもつ「強み」とこれを発揮できる「機会」の見極め、さらには応募する案件の業界における御自身の立ち位置との照準を合わせることが、応募書類作成以前の課題としても、あるいはそこから面接までのラインとしても、基本的にハズしてはならないところ。
    これがクリアできれば、少なくとも応募書類を提出したが面接の設定連絡がないとか、面接後の結果の通知が遅い、などという時間浪費についてのリスクヘッジを可能なかぎり施すことができると思いますよ。
    御参考になればと思います。


    御健闘を御祈り申し上げます。
  • コンサルティング業界に興味があります。いろんなサイトでコンサルティング業務について調べたのですが、具体的な業務としてはどのようなことをするのでしょうか…。どなたかこの業界にいらっしゃる方、教えていただけませんか?


    #3です。

    少し補足します。
    (1)準備→(2)調査→(3)分析・解析→(4)診断→(5)調整→(6)勧告・助言・支援→(7)事後フォロー
    の各段階において説明したものについてです。


    (1)(2)のヒアリング・観察や市場調査等ですが、ヒアリングは経営者・管理者・業務担当者などに対して診断目的別に行われ、面接法・留置法(調査票法)などで行われます。
    観察・実験などは、通行量・入店者数調査・店舗内動線調査、工場での作業観察、一部限定地域でのテストマーケティングなどが代表例ですし、市場調査は業界調査や市場規模研究、競合・新規参入調査などを目的とした傾向データ収集などが挙げられます。
    (3)(4)の分析・解析・診断については、外部環境分析・内部資源分析と呼ばれるものや、事業性評価・市場性評価などと言った解析に基づいた評定の結果を出すものがあり、それに基づいて経営診断を下します。診断は一概に例は挙げられませんが、その内容が(6)の段階の提案内容に影響します。
    (5)は(6)の提案に向けて、コンサルタントの考える提案内容を実行していくにあたって問題・課題や障害となり得る点を洗い出し、その関係者にどうすればそれらがクリアできるかをヒアリングしたり、調整したりする段階です。

    社内であれば部門間調整などがありますし、社外であれば金融機関などへの融資弁済の月割額の低減交渉、債権者への支払サイトの変更要請なども含まれます。
    その上で(6)において勧告・助言と言った「こういう方向で考えた方が良いのでは?」「●●した方が良い」という旨の提案をしたり、その実行の支援を行います。


    この段階では「経営の安定の為の提案」「経営改善の為の提案」「経営革新のための提案」「新規事業のための提案」「撤退・再生などのための提案」などがありますが、具体的には広範囲に及びますので、先述したMBAや診断士のテキストなどにより勉強してみて下さい。中小企業診断士で検索すれば結構ヒットしますよ。
    (7)の事後フォローでは、(6)の結果、今まであった現象や症状、問題点、もしくは存在した課題などにどのような変化がが現れたか、を受けてフィードバックし、更なる対策を練ります。
    よくあるのは、再調査→分析・解析→診断→再調整→再助言・支援、という風に同じことをサイクルとして繰り返すパターンです。


    但し、これを当初の契約金額の範囲で行うかどうかは当該コンサル企業にも寄りもすし、契約次第である、とも言えます。
    いわゆるマッキンゼー・ボストン・ベリングポイント・トーマツなどの一流ファームや銀行・金融機関系の●●総研と言ったシンクタンク(例:野村総研、三菱総研など)では余程のことがない限り、再契約・別途費用となり、高額なコンサルフィーが発生しますので、経営者側もおいそれとフォローを頼むことが出来ないパターンも見受けられます。
    これらのファーム等に所属するコンサルの中には、実行支援責任までは負わない(訳ではないが、そう思える)姿勢・スタンスのようなものに納得できず、独立する人も数少ないですがおられるようです。


    こういうファーム等においてついていけない落ちこぼれ的存在がドロップアウトしても、それでも有能なビジネスマンとして転職先が人材バンクなどで用意されることもあります。
    ある意味、コンサル業界で一番厳しい生き方をしているのは、自画自賛ではありませんが、独立した個人のコンサルタント(いわゆるプロコン)だと思います。


    重い責任と、安くはないが(責任等に)見合うとは言い難い報酬で、企業社会のための力を尽くす専門家です。


    コンサルティング業界で働くのであれば、自分がどのスタイルで働きたいのか?

    、どんな形で社会貢献したいのか?

    、を明確にする必要があるでしょう。
    就職活動中だとのことですので、自分とその環境に関してSWOT分析とドメイン策定をされてみることをオススメします。

話題のトピック