なぜ「地下鉄サリン事件」なのか?

「地下鉄サリン事件」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      「地下鉄サリン事件」ってどんな事件だったの?

      ラッシュで混雑する地下鉄に突然散布された猛毒サリン。 霞ヶ関駅では、駅員数名がサリンとは知らずに危険物を排除しようとして、駅助役と電車区助役の2名が死亡、231名が重症を負った。 逸早く原因はサリンだと気がついたのは信州大医学部教授の柳沢信夫氏。柳沢氏はテレビでの報道を受けこの事件の前年に起きた、こちらも同じくオウム真理教が引き起こした松本サリン事件での被害者を担当した経験から報道される負傷者の症状が酷似している事に気がつき、聖路加国際病院を始めとして東京の各病院へサリンによる毒ガス負傷の可能性を伝えるとともにその治療法をFAXにて伝達した。東京地方裁判所は、首謀者の麻原彰晃を始め、林郁夫を除く散布実行犯全員に死刑を言い渡した。

      地下鉄サリン事件から21年…事件の傷跡は今も残っている

      ウム真理教による地下鉄サリン事件から20日で21年。安倍晋三首相はオウム真理教による地下鉄サリン事件の現場の一つである東京メトロ霞ケ関駅を訪れ、献花した。オウム真理教による地下鉄サリン事件から20日で21年。安倍晋三首相は20日、オウム真理教による地下鉄サリン事件の現場の一つである東京都千代田区の東京メトロ霞ケ関駅を訪れ、献花した。霞ヶ関駅では事件発生とほぼ同時刻の午前8時、駅員らが黙とうをささげた。霞ケ関駅、小伝馬町駅、築地駅など死亡者が出た6駅には、一般向けの献花台が設置された。駅の構内には献花台が設けられ、遺族などが花を手向けて犠牲者を悼んでいました。

      21年前の今日、オウム真理教による地下鉄サリン事件発生。千代田線霞ヶ関駅では、サリンの袋を片付けた高橋一正助役と菱沼恒夫助役の2人が死亡。この速やかな行為がなければ、この線でも乗客に犠牲者が出ていたかもしれない。事件では、オウム真理教幹部が5車両に猛毒サリンをまいた。オウム真理教が起こした神経ガスのサリンを使用した同時多発テロ事件で、死者を含む多数の被害者を出した。平成7年3月20日に起きた地下鉄サリン事件では、東京の都心を走る地下鉄の車内に猛毒の神経ガス、サリンがまかれ、13人が死亡し、およそ6300人が被害を受けました。

      この事件は日本だけでなく、世界にも大きな衝撃を与えた。新しい仕事スタイル"ワーケーション"がジワジワくるかも。

      【3月20日】風化させない。地下鉄サリン事件を振り返る

      2015年で事件から20年がたち、事件を知らない世代も出てきました。

      だからこそ風化させないことが大切になっています。

      それは1995年3月20日月曜日の午前8時過ぎに起こりました。

      一説によれば毒ガスで負傷した経験のあるヒトラーがサリンの使用には反対したとのこと。先天性緑内障のため生まれつき、左目がほとんど見えませんでした。空中浮揚などのショー的なアピールやオカルト雑誌への広告記事を利用し徐々に信者を獲得していきました。

      オウムは、毒ガスの開発を行う一方、ソ連軍が採用した自動小銃であるAK-74を日本で密造することを企てていました。

      テレビは連日、この地下鉄事件とオウム真理教一斉捜索を報道した。

      > 若い人は知らない…?地下鉄サリン事件から20年経って
      > 地下鉄サリン事件から20年...被害者の約3割がPTSDに悩まされていることがわかった
      > あれから20年...地下鉄サリン事件を風化させてはならない
      > 第2の地下鉄サリン事件か?!丸の内線地下鉄丸ノ内線・本郷三丁目駅で爆発
      > 【地下鉄サリン事件】オウム真理教の画像集
      > 地下鉄サリン事件、実行犯として死刑を免れた林郁夫容疑者の謎
      > 地下鉄サリン事件から20年。オウム真理教教祖「麻原彰晃」逮捕までを振り返る

      『22年目の告白―私が殺人犯です―』野村周平&石橋杏奈インタビュー「演じる僕らも衝撃のラストでした」

      藤原竜也さん、伊藤英明さんを筆頭に豪華キャストで描く衝撃の新感覚サスペンスエンターテインメント『22年目の告白―私が殺人犯です―』が大ヒット公開中です。 本作で、伊藤英明さん演じる牧村刑事の妹とその恋人を演じた、石橋杏奈さんと野村周平さん。それとはまた別のラストになっていて、色々な意味で衝撃でした。『22年目の告白-私が殺人犯です-』の脚本を読んだ時に、違うアプローチ、違うスリリングさになっていることにすごく驚きました。

      石橋:私の役柄である里香は伊藤さん演じる牧村刑事の妹で、唯一の家族です。当たり前ですが、その時の里香はこれからどんなことが起こるのかを知らないので、脚本のことは一度忘れてというか意識しすぎずに演じようと思いました。

      野村:僕が演じた拓巳はまっすぐで素直な好青年だったので、僕もあまり脚本や役作りを意識しすぎない様にしました。

      物語に大きく関わってくるキャラクターなので、良い意味で存在感を消すというか。 石橋:そうだよね、野村君の関西弁すごく自然だった。 野村:そう、しゃべっていないとダメなんです!今回の撮影でもずっと喋っていて、本番はじまると拓巳になる。 石橋:辛いシーンがある作品ほど現場は明るかったりするんですよね。

      特に今回は伊藤さんもすごく盛り上げてくださったので楽しかったです。被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せつけること、背後から縄で首を絞めあげること、そして目撃者をあえて殺さずに犯行をメディアに証言させること――その3つをルールとした残忍な犯行は、世間の注目を浴びた。事件を担当する刑事の牧村は、あと一歩のところまで犯人を追い詰めるものの、狡猾な犯人の罠によって敬愛する上司が殺されてしまう。そして、犯人は姿をくらまし、事件は未解決のまま時効を迎えてしまうのだった。それは、95年のあの事件の犯人と名乗る男が書き綴った殺人手記。出版記念会見に現れたのは、曾根崎と名乗る妖艶な男だった。過熱するマスコミ報道、SNSにより一躍曾根崎は時の人になっていく。

      うつは心のガン? 総勢17人の"うつヌケ"体験談

      たとえば、筋肉少女帯の大槻ケンヂさんは、24歳の若さで武道館ライブを成功させるなど仕事は順調だったが、もともとのネガティブ思考と地下鉄サリン事件などの当時の社会状況が相まって、うつ病を発症。そんな彼女は、メンタルを強くするために受けていたコーチングを通じ、父に愛された実感がないから、権威からの無茶な要求にNOと言えない性格を形成してしまっていたことに気付く。そこで、ずんずんさんは、父が自分を大切に想ってくれていることを電話で改めて確認し、それによって過去のトラウマを解消。現在はコーチングする側に回るため、勉強を始めている。

      本書に収録されている別の項では、天候によって極端に精神状態が左右される人や度重なるうつの再発に悩まされていた人の体験談などに加え、現役の精神科医の話も収録。うつ病に悩まされている人はもちろん、最近気持ちが落ち込みがちの人まで、本書を通じて幅広い人に回復へのヒントを得てもらいたい。

      「父のことは大好きです」"麻原彰晃の娘"アーチャリーを通して考える犯罪加害者家族の人権

      1995年の地下鉄サリン事件など、数々の凶悪事件を引き起こしたオウム真理教。 麗華さんは5歳の時にオウム真理教の施設に引っ越した。自分よりも教団を優先する父の姿に、子ども心に疑問もあったようだ。

      父親と幹部たちの間で交わされていた会話に、何か事件と関連するものはなかったのだろうか。難しい言葉になると十分に理解できなかったそうだ。

      罪を犯した信者たちはオウム真理教の教義に忠実だったというイメージもある。 「例えば、虫を殺しちゃいけないとか、物を盗んじゃいけない、嘘ついちゃいけないというような、仏教的な思い、文化でした。当初、"不殺生の教団が人を殺した"という報道や、警察のことが信じられなかったという。 父が逮捕されると、麗華さんの生活も一変した。教団関係者と共にオウム真理教の施設を出て、福島県内に移り住んだ。

      「住民票も作ったので、これで私も学校に行けるんだなって思いました。

      中学校も、小学校を卒業してないから入れないとい言われました。

      「麻原の娘だとはバレなかったと思っていたんですけど、実際はそうではなく、教員が話し合いの場を持ったらしいんです。 高校生活では同級生たちとのギャップを感じることもあったという。彼氏がいる子もいっぱいいるし、下ネタも多かった。 2000年にアレフと改称した教団との関係も疑われ続けた。 進学を希望した麗華さんは大学受験の準備に取り掛かる。著者『止まった時計』では当時の思いを「心理学を学びたいと考えるようになりました。

      しかし学力は志望校に合格できるレベルまでに伸びず、不合格が続いた。ようやく高校の内申書で進学できる大学を見つけ、合格。 またしても一浪することになった麗華さんは、猛勉強の末、文教大学に合格した。いじめを受けないか心配したが、友達の意外な行動に驚いた。受け入れるべきだとした学生たちが麗華さんのケアを担当、無事に4年で卒業することができた。2014年には公安調査庁が麗華さんをアレフの現役幹部として認定。

      しかし、麗華さんは団体からの金銭的援助など、一貫して関係を否定している。

      『止まった時計』には、アレフとの関係を続ける家族にまで翻弄される様子も描かれている。

      一時は薬を大量に飲むなどして、自殺を図ったこともあったというが、父に対する愛情や信頼、努力を見せたいという想いから、耐え忍んだ。

      大学入学から半年後の2004年には、そんな父との面会も叶った。事件についても問い質したかったが、意思の疎通が全く出来ない姿に、精神の病を患っていると感じた。父と事件との関わりについて、自分の中ではいまだ結論を出すことが出来ないでいる。

      「私は、父がサリン事件の首謀者だったかどうかは分からないという立場を取っているんです。 公判では事件について何も語らなかった松本死刑囚。麗華さんは本人に事件の真相を語らせるためにも、治療を行い、父が生きているうちに真実を明らかにしたいと考えている。

      取材前日も、麗華さんは父との面会を求め、東京拘置所に足を運んだ。

      この10年、拘置所側からは"本人が頑として動こうとせず、面会もしません"と説明され続けてきたという。 「何かあった時に、頑張ろうと思えるのは、父の存在があるからです。 犯罪加害者の家族だからというだけで、冷たくあしらわれ続けてきた麗華さん。して、クリニックでのアルバイトなどで生計を立てながら、新たな人生を歩もうとしている。

      自伝を出版した理由について麗華さんは「履歴書に自分の名前を書くのが怖かった。 日本には麗華さん以外にも、同じような問題を抱える人々がいる。

      また、マスコミ報道についても「オウム真理教の"その他大勢"の人たちは虫も殺せない人たちでした。オウム真理教に属していたこと自体が悪だというような表現に疑問を呈する。 「社会からの憎悪を浴び、孤立させたままにしておくことが、再び犯罪につながる可能性もある。加害家族は声を上げるのも怖い、誰が仲間になってくれるかもわからない。サポートするのも、一部の市民運動家や人権派の弁護士に留まってきた。例えば麗華さんが義務教育も受けられない状況だったのに、それを放置しておいて本当に良かったのか。麗華さんの人生は、そういうことについて考える必要があるという問題提起になっている。

      衆議院で強行採決された共謀罪…「非現実的な説明」に終始した審議の異常ぶり

      趣旨を盛り込んだ組織的犯罪処罰法改正案が強行採決された、衆院法務委員会を傍聴した。この段階でも、金田勝年法務大臣らの答弁が、現実とは乖離した世界にどっぷり浸かったままだったのに唖然とした。 政府側の説明がいかに非現実的であるか、この日のやりとりから例を挙げる。かかわりがあるかどうか、その言動が罪にあたるかどうか、調べてみなければわからないこともある。 「告発の内容を慎重に検討し、嫌疑がなければ捜査は行われない。見えても、捜査機関は告発内容の真偽を捜査によって確かめるのが当然だ。

      だが、採決が行われた19日の法務委員会では、金田法相はこうも言った。捜査機関が、一人ひとりの内心を読み取る特別な能力を備えているとでもいうのだろうか。電話やメールなどの通信を密かに傍受でもしない限り、事情を聞いたり周辺の調査をしなければ判断のしようがない。あるかどうか、ある人がその一員と見なせるかどうか、その人の行為が犯罪計画に基づいた準備行為であるかどうかなどは、まずは捜査機関が判断する。今回の法律が成立すれば、捜査機関は、人の内心を判断する強大な権限を持つことになり、その濫用も懸念されている。

      たとえば、最新の司法統計を見ると、令状却下率は、逮捕状で0.06%、捜索差押え等では0.04%しかない。令状が欲しい捜査機関は、当然のことながら、嫌疑や強制捜査の必要があるという資料ばかりを提出する。捜査にとって都合の悪い情報、嫌疑をかけられた側の言い分は、裁判官には届かない。 逮捕に至らなくても、捜索差し押えによってパソコンやスマートフォンなどを抑えられれば、交友関係などのプライバシーは丸裸にされる。 冤罪がわかっても、捜査機関や裁判所は、まず非を認めない。冤罪被害者が国家賠償訴訟を起こしても、訴えが認められるのは非常に限定的だ。

      ●離脱はメンバーの承諾をとってから さらに驚かされたのは、犯行計画に加わったとされる者が、そこから離脱したと認められるための条件だ。

      オウム真理教の場合、過去の事件を知っている信者が教団を離れようとして殺された例がある。逃げた後に、居所を突き止められて連れ戻された例もある。恐れ、地下鉄サリン事件以降に警察が本格的な捜査に入るまでの間、教団に居所を見つけられないよう、人目を忍んで生活していた。まったく非現実的で、こんな条件を課したら、むしろメンバーは離脱に消極的になるだけではないか。締結のために必要だという理由で過去3回にわたって提出され、廃案となった。を得るために行う国際的な組織犯罪に対抗するためにできたものだ。

      私は、それは世論の賛同を得るための欺瞞だと思うが、もし政府が本当にこれがテロ対策に有効だと考えるのであれば、法務大臣は以下のことをなすべきだった。メンバーであるかどうかを確かめる段階では、一般人に捜査が及ぶこともありうると率直に認める。 その上で、それでもこの法律が必要であること、この法律によってどのようにしてテロ等が未然に防げるのかを誠実に説明して、国民の理解を得る。 それと共に、テロ組織や暴力団、詐欺集団とは関わりのない市民運動や労働組合活動などに適用されず、冤罪ないための対策について、議論を呼びかける。を設定する必要があるのかを含め、もっと現実的な議論ができたろう。 ところが金田法相は、上記のような説明をすることから逃げ、虚構の世界に逃げ込んだ。

      だらだらと、役人に用意してもらった紙を繰り返し読むだけで時間を消費し、それで審議時間が30時間を超えたから採決するというのは、あまりに乱暴だ。

      ●現実に足をつけた議論を それでも、衆院法務委員会最後となった質疑で、民進党の枝野幸男氏と法務省の林刑事局長とのやりとりには、現実的な議論を展開する可能性を感じることができた。対象になっていることで、基地建設や近隣に予定されている高層マンション建設に反対するための市民運動や住民運動が摘発される可能性を指摘した。対象にはならないとしたが、枝野氏は、さらにこう説いた。 実際、沖縄の米軍基地建設の反対運動をしていた人々が、工事の妨害をしたとして威力業務妨害容疑で逮捕されている。

      なり、市民運動を萎縮させる効果がある、と枝野氏は懸念する。枝野氏は、「団体交渉は、外形的には威力業務妨害と区別がつきにくい場合がある。だから、わざわざ法律で、処罰の対象にならないと確認している。

      述べ、労働運動と違って、なんら権利が保護されないまま、市民らが処罰の対象になってしまう問題をクローズアップした。対象とするメリットとデメリットを比較して、これを適用罪名のリストから外す、という修正もありではないか。 このような議論をもっと積み重ねてから採決を行うのが、熟議の政治というものだろう。 今後、法案は参議院法務委員会で審議されることになる。法相も、それを追及する野党も、現実に足をつけた議論をしてもらいたい。ん法律ができてしまえば、それは現実の世界で使われるのだ。


考察。「地下鉄サリン事件」とは何か?

「地下鉄サリン事件」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

地下鉄サリン事件に関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news1/index.php(562): tweet_output('\xE5\x9C\xB0\xE4\xB8\x8B\xE9\x89\x84\xE3\x82\xB5\xE3\x83\xAA...') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143