なぜ「今成亮太」なのか?

「今成亮太」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      阪神タイガース 今成亮太選手 まとめ

      2012年4月28日、若竹竜士との交換トレードで阪神タイガースへ移籍。

      今成 亮太頑張れ!

      今成選手のスイングは、プロの云々のスイングではないだろう。

      【プロ野球】原口文仁、鳥谷敬のコンバートで混迷! 鳥谷「二塁or三塁プラン」で阪神の開幕スタメンを考えてみた

      キャンプを終えたばかりにも関わらず、阪神の内野に地殻変動が起きている。

      キャンプ中の評判もイマイチだったが、それはさておき、内野のレギュラー候補が一人減ってしまったわけだ。

      布陣を見ると、まずは昨季ブレイクを果たした原口文仁の本格的な一塁コンバートが決定。続いて遊撃手争いで北條史也に遅れをとった鳥谷敬がオープン戦で二塁を守った。ちなみに鳥谷はWBCで二塁を守ったことはあるが、ほとんど二塁のキャリアがない。苦しいながらも、鳥谷が二塁を守る場合と三塁を守る場合の2プランで予想してみた。梅野隆太郎/坂本誠志郎 鳥谷が経験のある三塁に入った場合も、やはり打順は6番になりそうだ。

      若手育成を重視する金本知憲監督の方針から察すると、やはり北條は上位打線で使いたいはず。オープン戦で高山、北條を打撃面で上回り、まずは上位打線奪還がミッション。ショート奪還までの道のりは思ったよりも長そうだ。

      【プロ野球】「ここぞの場面」で頼れる男たち。各球団で最も途中出場が多かったスーパーサブは?

      近年は代打、代走、守備固めなどを担うスーパーサブの重要度がさらに増しつつある。なかでも12盗塁は突出しており、終盤戦で赤松がレフトに入るのが今季の広島の定石だった。今成のためにあるフレーズといっても過言ではないだろう。

      しかし、交流戦ではスタメンに抜擢されると、鬱憤を晴らすかのように打ちまくり、交流戦MVPを獲得。打撃が上向けば、スタメン戦線に名乗りをあげることもできそうだ。

      ベテランの飯山裕志がチーム最多の36試合に途中出場したが、どちらかといえばスタメンが厚いチーム構成だ。

      来季も頼れるスーパーサブとして存在感を発揮するのか、それともスタメンに駆け上がるか。一打に賭ける男たちの2016年を振り返る《プロ野球選手プレゼント物語》十人十色で社会に貢献。

      【プロ野球】「さよならゴメス」で完全空白? 阪神のファーストがいない。解決策は清宮幸太郎か!?

      2016年シーズンは4位に終わり、いきなり出足を挫いたかのように見えた金本阪神。オリックスからFAで糸井嘉男を獲得し、来シーズンに向けて意気揚々だが、思わぬ落とし穴が待っていそうだ。

      阪神は今オフ、実績のあるゴメスを自由契約にし、メッツからキャンベルを獲得。キャンベルの成否は蓋を開けてみないとわからないが、ともかく、これでファーストの穴が埋まったかというとそうでもない。ちろんファーストもこなせるが、まずは狙い通りサードでテストするようだ。

      ちなみにゴメス放出前の構想では、糸井を獲得し、福留孝介をファーストコンバートする予定だったが、福留が固辞。 ※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週刊野球太郎』でニュースやコラムが読み放題! ■2016年シーズンの阪神のファースト まず、2016年シーズンの阪神のファーストを見てみよう。 ゴメス:31試合 荒木郁也:22試合 今成亮太:11試合 原口文仁:9試合 中谷将大:5試合 新井良太:3試合 陽川尚将:1試合 森越祐人:1試合 ヘイグ:1試合 ご覧の通り、ファーストがメインの選手は皆無だ。

      原口文仁が9試合に先発しているが、メインはキャッチャー。打撃を生かしたコンバート案も浮上したが、これも原口があまり乗り気ではなく、お流れになりそうな雲行きだ。

      ゴメスが130試合でスタメン出場したこともあるが、特筆すべき2番手は存在しない。 ■2016年シーズンの阪神2軍のファースト 1軍に特筆すべき2番手のファーストがいないとなると、2軍の戦力が気になるところ。 西田直斗:34試合 新井良太:32試合 荒木郁也:28試合 陽川尚将:20試合 坂克彦:14試合 ヘイグ:14試合 中谷将大:10試合 ペレス:8試合 今成亮太:4試合 森越祐人:2試合 小豆畑眞也:1試合 ズバリ、2軍も空白地帯だ!サードは多いが、ファーストらしい選手はなし。 そして、この状況下、気になるのは来年のドラフト。

      【プロ野球】《采配の妙を探る》大ピンチを脱しろ! 2者連続敬遠策に必要な「プラス1」とは?

      そんなときに限って贔屓のチームがピンチになるのは日常茶飯事のことだろう。そのピンチを脱するために用いられる作戦のひとつに敬遠策がある。 敬遠策には、打席に立つ相手チームの投手と勝負するためだったり、満塁策を取って守りやすくするといった意図がある。その敬遠を2度連続で行う2者連続敬遠策という作戦も、年に何回か見かけることがある。 ここで過去の印象深い2者連続敬遠策をご紹介しよう。 ※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週刊野球太郎』でニュースやコラムが読み放題! ■2015年9月29日:ヤクルト対広島 この日、勝てば優勝が決まるヤクルトは、2対4と2点ビハインドで迎えた8回表に2死三塁のピンチを迎えた。 この2死三塁のピンチで、真中満監督は2者連続敬遠を指示し、満塁策を取ったのだ。

      2死三塁で、広島は丸佳浩、菊池涼介、投手の大瀬良大地と続く打順だった。2点ビハインドのこの場面で点を失えば、1点でも2点でも敗戦濃厚の展開に変わりはない。 広島ベンチは大瀬良まで回れば当然代打を出してくる。この時、広島のブルペンに残っている投手は中崎翔太、一岡竜司、江草仁貴、今村猛、戸田隆矢。するなら打ち崩し、2点差をひっくり返すラストチャンスが見込める。 この展開を瞬時に判断し、真中監督は2者連続敬遠を選択したのだと推察する。 予想通り中崎は8回からマウンドに上がり回跨ぎで9回も投げることになる。結果、ヤクルトはこの試合には敗れたが深い意味があっての2者連続敬遠策だった。 ■2016年5月21日:阪神対広島 3対1と2点ビハインドで迎えた9回表の攻撃。中崎は先頭の大和に二塁打を浴び、続く今成亮太が犠打で送って1死三塁のピンチを招く。緒方監督は福留孝介、ゴメスを敬遠し、高山俊との勝負を選択。

      しかし、高山にライト前ヒットを打たれ広島はサヨナラ負けを喫した。 福留、ゴメスより高山のほうが組み易しと判断し、2者連続敬遠での満塁策で勝負をかけた。だが、結果的にサヨナラタイムリーを浴びてしまった。松山商は1番、2番の上位打線に対し2者連続敬遠策を選択。1死満塁でのクリーンアップとの対戦を敢えて選んだ。

      ライトに回っていた投手の新田浩貴に代えて、本来のライトである矢野勝嗣を投入したのだ。

      誰もがサヨナラ犠牲フライで熊本工の優勝が決まると思ったが、その直後、代わったばかりの矢野がホームへ素晴らしい返球を行う。 松山商は見事、ホームでのタッチアウトでピンチを切り抜けた。結果、11回表に決勝点を挙げた松山商が優勝を遂げる。 奇跡のバックホームだけが切り取られて語られるが、その前に四死球による押し出しなどのリスクがあるにも関わらず、プロに比べればメンタル的にも未成熟な高校生に満塁策を指示した采配があったのだ。

      我々野球ファンは采配の真実を知ることができない。

考察。「今成亮太」とは何か?

「今成亮太」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

今成亮太に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • ふみやさん: 無敵のパワーで さあ!打ち砕け!!漲る闘志と 鋼の魂 猛虎の雄叫び 上げろ今成「かっとばせー いーまーなりー」今成亮太応援歌 - 1 ヶ月 3 日と 14 時間 23 分 23 秒前
  • 今成亮太応援アカウントさん: がんばれ!今成亮太選手!#lovefighters #ryotaimanari #fighters @jayo_daikan - 1 ヶ月 3 日と 23 時間 29 分 5 秒前
  • ちぇこさん: 健康体の今成亮太さん上げてみない?RT - 1 ヶ月 4 日と 9 時間 4 分 58 秒前
  • プロ野球チャンテ、選手応援歌BOTさん: 澄み渡る空の中へ 飛んでゆけよホームラン撒き散らせ熱い火の粉 燃えろ打てよ今成(F:今成亮太) - 1 ヶ月 4 日と 11 時間 51 分 35 秒前
  • mozzzzeさん: 今成亮太選手の応援歌メドレーをピアノで弾いてみました。よかったら聞いてください(・ω・ )
    > https://t.co/bYMUinPBkn

    - 1 ヶ月 4 日と 13 時間 12 分 2 秒前

話題のトピック