なぜ「ラッセル訓練」なのか?

「ラッセル訓練」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      「人災」との声も【那須スキー場雪崩事故】「ラッセル訓練」と「表層雪崩」とは

      3月27日に栃木県那須町にあるスキー場で登山講習中の高校生と教員あわせて48人が雪崩に巻き込まれ、そのうち生徒ら8人が死亡するという痛ましい事故が起きました。

      付近で雪崩が起き、登山の講習を受けていた県内の高校の山岳部の生徒や教員あわせて48人が巻き込まれました。

      この事故で、県立大田原高校の男子生徒7人と、男性教員1人のあわせて8人が死亡し、生徒と教員あわせて40人がけがをしました。

      呼ばれる小屋から山頂に向かって500メートルほど進んだゲレンデよりも上にある斜面で、27日の救助活動の際の情報では、雪崩はおよそ100メートルの長さで起きたとみられることがわかりました。

      実施要項によると、積雪期登山の理解を深め、安全登山の知識や技術を習得させるのが目的とされている。

      訓練には、教員と生徒48人が参加し、生徒を5班に分けて、引率の教員がつく形で行われていました。

      このうち県立大田原高校の生徒で作った1班が先頭で、この班を中心に雪崩に巻き込まれたということです。現地にいた県高校体育連盟登山部の猪瀬修一委員長らの判断で、午前7時から予定していた茶臼岳への往復登山は中止した。をすることを決め、午前8時に訓練を始めたという。スポーツ庁が昨年11月に各都道府県教委や全国高体連などに出した通知では、高校生以下の冬山登山は原則、行わないよう指導することが求められている。

      「春山という解釈の下で安全対策を習得させる講習会。認識を示し、「現場の先生に状況を把握していただき、判断を尊重していた。なるべく体力を消耗せず、新しく降り積もった雪の中をかき分けながら進む技術です。深い雪をかき分けて、踏み固めながら道をつくって進む冬山登山の技術。

      ただ、今回のラッセル訓練は当初は計画されていなかったという。低気圧の接近、短時間で大量に降る雪、営業を終了したスキー場、と事故が起きやすい条件がそろった中で高校生の春山登山講習は“強行”された。日本雪崩ネットワークの出川あずささんは「営業していないスキー場はただの雪山。「詳しい現地の状況はまだ確認できていないが、まとまった雪が短時間で降れば斜面は不安定な状態になり、雪崩が起こりやすくなる。

      しかし、昨夜から雪が降り続いていた中で、雪崩注意報がでていた中で、高校山岳部が雪上訓練をやる事に驚かされる。スキー場だっただけに危機感がなかったのだろうか。

考察。「ラッセル訓練」とは何か?

「ラッセル訓練」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

ラッセル訓練に関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news1/index.php(562): tweet_output('\xE3\x83\xA9\xE3\x83\x83\xE3\x82\xBB\xE3\x83\xAB\xE8\xA8\x93...') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143