なぜ「ラッセル訓練」なのか?

「ラッセル訓練」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      「人災」との声も【那須スキー場雪崩事故】「ラッセル訓練」と「表層雪崩」とは

      3月27日に栃木県那須町にあるスキー場で登山講習中の高校生と教員あわせて48人が雪崩に巻き込まれ、そのうち生徒ら8人が死亡するという痛ましい事故が起きました。

      付近で雪崩が起き、登山の講習を受けていた県内の高校の山岳部の生徒や教員あわせて48人が巻き込まれました。

      この事故で、県立大田原高校の男子生徒7人と、男性教員1人のあわせて8人が死亡し、生徒と教員あわせて40人がけがをしました。

      呼ばれる小屋から山頂に向かって500メートルほど進んだゲレンデよりも上にある斜面で、27日の救助活動の際の情報では、雪崩はおよそ100メートルの長さで起きたとみられることがわかりました。

      実施要項によると、積雪期登山の理解を深め、安全登山の知識や技術を習得させるのが目的とされている。

      訓練には、教員と生徒48人が参加し、生徒を5班に分けて、引率の教員がつく形で行われていました。

      このうち県立大田原高校の生徒で作った1班が先頭で、この班を中心に雪崩に巻き込まれたということです。現地にいた県高校体育連盟登山部の猪瀬修一委員長らの判断で、午前7時から予定していた茶臼岳への往復登山は中止した。をすることを決め、午前8時に訓練を始めたという。スポーツ庁が昨年11月に各都道府県教委や全国高体連などに出した通知では、高校生以下の冬山登山は原則、行わないよう指導することが求められている。

      「春山という解釈の下で安全対策を習得させる講習会。認識を示し、「現場の先生に状況を把握していただき、判断を尊重していた。なるべく体力を消耗せず、新しく降り積もった雪の中をかき分けながら進む技術です。深い雪をかき分けて、踏み固めながら道をつくって進む冬山登山の技術。

      ただ、今回のラッセル訓練は当初は計画されていなかったという。低気圧の接近、短時間で大量に降る雪、営業を終了したスキー場、と事故が起きやすい条件がそろった中で高校生の春山登山講習は“強行”された。日本雪崩ネットワークの出川あずささんは「営業していないスキー場はただの雪山。「詳しい現地の状況はまだ確認できていないが、まとまった雪が短時間で降れば斜面は不安定な状態になり、雪崩が起こりやすくなる。

      しかし、昨夜から雪が降り続いていた中で、雪崩注意報がでていた中で、高校山岳部が雪上訓練をやる事に驚かされる。スキー場だっただけに危機感がなかったのだろうか。

考察。「ラッセル訓練」とは何か?

「ラッセル訓練」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

ラッセル訓練に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • ユウ@定時に帰りたいさん: 今年の冬山は会のラッセル訓練とかあるし楽しみですね☺️ - 4 日と 12 時間 37 分 31 秒前
  • 右目の指さん: RT @Russell_meigen: 大学は職業のための訓練学校になりつつある。それは、「教養」といったことにまったく無関心の全権主義者たちによって要請されている。(ラッセル)【名言ナビ】
    > https://t.co/oaUnywhudq

    #meigen #名言 - 5 日と 3 時間 25 分 9 秒前
  • damasさん: @Haruharuzo ◆これホントにそうですよ。ハラスメントに限らずね。◆(限りなく業務上過失致死に近い)ラッセル訓練の死亡事故の調査委員会も然り。 - 5 日と 3 時間 43 分 28 秒前
  • Dog School サカモトさん: 静岡市で犬のしつけ訓練をしている、ドックスクールサカモトです。お客さまのおでかけに伴い、今朝から我が家に1泊でお泊まりに来た、ボス&小鉄Brothersボスくん(ジャックラッセル)は匂いかぎに忙し... 詳しくは…
    > https://t.co/BH0fEjrjbC

    - 7 日と 10 時間 31 分 25 秒前
  • ていちゃんさん: ここまでで、世に正論は要しないと得心。が、ラッセル訓練と遭難、通所介護89才車椅子、多数のすずめハチに50分さらすなどなど、大抵は「機転」を利かせて大事に至らないはずが、ことごとく放心的に対処できないしないが散見世の中。「君子危うきに近寄らず」以上終了!これからは称えべきに注目。 - 12 日と 9 時間 57 分 12 秒前
  • 松下彰良さん: 「ラッセルの言葉366_画像版」n327 私が提案したいのは,(子どもに対する)身体的な勇気の訓練は,できるだけ物を操作したり制御したりする技術を教えることで与えられる,ぺきであり,ほかの人間と身体的に張り合って争うことで与えられ…
    > https://t.co/LuFZyNG3X5

    - 28 日と 10 時間 57 分 21 秒前
  • つぶやきさん: 栃木の雪崩死亡事故 主催者側が強行したラッセル訓練が雪崩を誘発か・・・
    > https://t.co/KT2Z0EnhMH

    - 29 日と 23 時間 11 分 10 秒前
  • ゆちゃさん: @ajixtuko0316 いや、まさかこんなだとは思いませんでしたw3年前の大晦日に行ったんです♪あじちゃんもラッセル訓練にぜし(*ΦωΦ*) - 1 ヶ月 1 日と 12 時間 52 分 56 秒前
  • 松下彰良さん: 「ラッセルの言葉366_画像版」n309 躾に関わる教育上の発見には天才が必要であったが,その発見を適用する教師たちは天才を必要としない。教師たちに必要なのは,適切な訓練とともに決して並みはずれていない程度の同情と忍耐だけである。…
    > https://t.co/gg3JjhJZ98

    - 1 ヶ月 16 日と 13 時間 27 分 28 秒前
  • ネコボンバーさん: RT @hori_machi: >剣道部と山岳部の顧問で、1班の最後尾にいて犠牲になった毛塚優甫教諭(29)の父親は、栃木市内で2日に営まれた通夜の席で「(本格的な)冬山経験ゼロの息子をなんで引率させたのか。なんで吹雪の中でラッセル訓練をやったのか」と怒り
    > https://t

    … - 1 ヶ月 22 日と 9 時間 57 分 14 秒前
  • 「レースに挑戦」Fight !!さん: 12月ラッセル訓練足拍子雪はなかった
    > https://t.co/SAZulbRhck

    - 1 ヶ月 23 日と 4 時間 54 分前
  • H∀L9000さん: @FHP10eGT ですねえ。事故の危険があるなら中止すればいいだけですから。例の栃木で起きた高校生が雪崩に巻き込まれて亡くなった事故も、天候が悪くて登山が中止になったのを「コレなら出来るだろ」と余計、かつ無計画な「ラッセル訓練」なんかやったから起きた事故だったですしね。 - 1 ヶ月 24 日と 10 時間 11 分 23 秒前

    「ラッセル訓練」に関するブログ
  • 事故は3月27日、県高校体育連盟登山専門部が開いた登山講習会で起きた。
    検証委の調査によると、当日は悪天候のため3人の責任教諭が登山の中止を決め、雪中を進むラッセル訓練に変更。
    責任教諭の1人は大田原高校の生徒の1班を、別の引率教諭(死亡)と2人で担当した。

    http://blog.goo.ne.jp/kenji0722ito/e/13433a80553ca7eba07fbe852c3cb54d


  • 事故は3月27日、県高校体育連盟登山専門部が開いた登山講習会で起きた。
    検証委の調査によると、当日は悪天候のため3人の責任教諭が登山の中止を決め、雪中を進むラッセル訓練に変更。
    責任教諭の1人は大田原高校の生徒の1班を、別の引率教諭(死亡)と2人で担当した。

    http://ameblo.jp/tenkomoriwotisure/entry-12281045389.html


  • 事故は3月27日、県高校体育連盟登山専門部が開いた登山講習会で起きた。
    検証委の調査によると、当日は悪天候のため3人の責任教諭が登山の中止を決め、雪中を進むラッセル訓練に変更。
    責任教諭の1人は大田原高校の生徒の1班を、別の引率教諭(死亡)と2人で担当した。

    http://blog.goo.ne.jp/ufo-moon/e/3745f849fb2b70e19abeec53f3ab4556


  • 講習会の指導者は「雪のため登山は中止。
    でも、せっかく来たのだからスキー場のゲレンデ脇でラッセル訓練だけでもさせてあげよう」と考えたのでしょうか。
    その判断を、事故後に非難することは簡単だけれど、実際に私がその場にいたとしたら、はたして「いや、今日は帰ろう」「引き返して、またの機会にしよう」と言えたかどうか。

    http://yaoyaoyaoya.at.webry.info/201704/article_1.html


  • 教諭は「ケガがなかったので、特に報告はしなかった」と説明しているといいます。
    今回の雪崩事故は、3月27日に雪をかき分けて進むラッセル訓練中だった高校生と引率教諭らが巻き込まれ生徒7名と教諭の計8人が死亡し、他に40人が重軽傷を負いました。
    〈2017年4月22日の赤旗記事の抜粋)

    http://blog.goo.ne.jp/haruo3016/e/48dc789879fd9bce8a8bc11b8af8c6f4


  • 「ラッセル訓練」に関する教えてGoo!
  • 栃木県で雪崩で高校生ら8人が死亡した事故は、大津波で多数の小学生が死亡した大川小学校事件を思い出させます。
    どちらも、引率する教師の判断ミスから、多数の生徒が犠牲になった事件です。


    日本の教師は生徒を安全に引率する能力が低いのだと思う。なぜ日本の教師は危険を予知する能力が低いのでしょう?
    誰でもその場にいたら巻き込まれていたんだと思います。


    教師といえど、地震の専門家とか雪崩の専門家じゃないわけですから、ある意味素人。
    それを判断しろってのは酷だと思います。


    今回の事故って山の管理者が甘かったんじゃないですかね。
  • 悲しくもつい先日、雪崩で何人もの人の命が失われてしまいました。

    生徒ひとりひとり、教師の方のご冥福をお祈りいたします。
    この事件を機に疑問に感じたことがありますので皆様のお考えをお聞かせください。
    今回、注意報が出ていたにもかかわらす登山決行をしたことでこのようなことが起こりました。

    しかしこれは、中高の夏休みの部活動にもリンク付けて考えるべきだと思います。

    夏休みの期間、特に運動部はほぼ休まずに活動するところもあります。

    しかし、35度を超える日があっても、活動している部活動が大半です。

    「夏の暑く厳しい時期にいかに頑張れるか。それを乗り越えたらさらに強くなる」という精神の元に活動し、誤った認識下に置かれた子ども達は誤った考えを持って育っていくのは至極当然です。

    このような考えで動くことは誤っていると私は強く思うのですが、皆様はどうお考えになられますか。
    意地悪な読み方をすると、雪崩事故にかこつけて真夏の部活動における熱中症への危険性一点に絞って主張したいかのように読み取れます。また、「子ども『達』は」の部分も引っ掛かります。
    雪崩事故の件と熱中症の件での決定的な違いは、集団全体が一様に危険にさらされるものか、個人差によるものなのか、という部分です。

    校外へランニングに出る際、交通量の多い道路は避けるようルート選択時に配慮が必要とかいうことであれば、集団全体の危険を回避するという意味でまだ話はわかりますけど。
    もちろん、特に指導者には体調を崩した場合の救護の仕方、休ませると判断するための正確な知識と運用は必要と思います。

    ただ真夏の炎天下の部活動は、子どもたち全員が「やらされている」とは限らないと思います。

    たとえばA君が体調を崩したので全員日陰で休憩しなさい、というような対応は必ずしも正しいとはいいがたいと思いますし、まだ続けたいし十分続けられるのにそれを止められた他の子供たちの気持ちの矛先がどこへ向くかを考えると、想像に難くないでしょう。
  • ジャック・ラッセル・テリアを飼いたいのですが、この犬は「テリア気質」を知り尽くした人でないと、初心者では無理と聞きました。


    「テリア気質」っていったいどんな気質なんですか?


    また実際に飼ってる方、難しいですか?


    どんな点に気を付ければ、素人でも飼えると思いますか?


    canta777さん、こんにちは。もう新しい家族は決まりましたか?


    週末にとても参考になる事件(?)がありましたのでお知らせしますね。
    なんだかストーカーみたくしつこい書き重ねで申し訳ありませんが、同様に悩まれている方や可愛ければ何でも許せると思い込んでいる方に多少でも参考になればと思います。


    自分さえよければいいという場合。
    ドッグラン状のリードを放せるような場所がありまして、犬と人間がいっしょにいられるスペースでの事件です。

    アメリカンコッカースパニエルがほかの犬と遊びまわっていました(みんなリードなしです)。ひとしきり遊んで飼い主やほかの人たちの中で寛いて、ある方がその犬を(普通に)撫でていると思いっきり噛まれてしまいました。

    "うちの犬は噛むの"とその段階で説明(?)していて、噛まれた方が"病院に行きます"と言っているにもかかわらず、連絡先も告げずに逃げるように帰って行きました。

    これはかわいいかわいいと甘やかしている飼い主で本来の躾がまったくできていないタイプかと思います。

    飼い主だけが笑って許しているのですがほかの方が迷惑している例ですね。


    理解できた(?)のが遅い場合。
    現在となっては凶暴化してしまったバセットハウンドがいます。

    パピーのころはいろんな犬と遊ぶことができたのですが、当時より噛みつき方がきつく、それでも飼い主は"いいのいいの"でした。

    ほかの方にも血が出ないにしてもかなり痛い思いをさせていました。

    しかも遊んでいるときに小型犬にぶつかって骨折させてしまうという事件もあったのですが、その飼い主は"お互いさまだから"と言って一切責任はないとの姿勢を崩さなかった方です。

    週末に久々に会ったのですがその状況は惨憺たるもので、リードを短く強く引いていないと散歩ができないようです。

    犬が近寄ってくれば唸ってしまい、人も手が出せないようです。

    聞くところによりますと、人でも犬でも噛むようで被害を受けた方もかなりの数になるそうです。

    訓練士に預けてもいるようですが、その訓練士にスキルがないのかまったく効果がないそうですよ。
    それでも可愛ければそれだけでいいというような方は、いまいちどZ-HARDさんの書き込みをよく読んでくださいね。

話題のトピック