なぜ「ポン酢 由来」なのか?

「ポン酢 由来」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



      ワイルドにかっこみたくなる「どんぶりメシ」の名店3選【まとめ】

      新登場メニューがふりきっている! まずは、市内にゲソ丼を提供する店が多いことで話題の、北海道の旭川市のこのお店をご紹介。全国各地はもとより、最近ではアジア圏の観光客も訪れる名店としても人気なんだとか。 とんびとは、イカのくちばしにあたる部分で、タコのとんびに比べて大きさが小さく、小指の先ほど。これだけのとんびが用意できるということは、それ以上にゲソ丼が売れている証拠。他人丼専門店が大阪の天満にオープンしたとうわさを耳にした!他人丼好きの私が行かない理由が、この世に存在するだろうか。 おお! なんとも美味しそうなこのビジュアル。ちなみに牛肉は産地にこだわらず、店長さんがその日に入荷されたものを見てから決めるのだとか。大阪平野区にある創業明治32年以来親子四代にわたり手作りで継承されている鍋! そして〆はなんといってもコレ。 肉吸いをお茶漬け感覚でズズッとかけてしまいます。

      お肉も分厚いし、ボリュームがあるけど、最後まで飽きることなく一気に完食させて頂きました。

      丁寧な仕事ぶりは、間違いなく味にも差が出てきますよね。

      まずは名前の由来を聞いてみると、戦後間もないころに何かと外国の言葉が流行っていたこと、高度経済成長とともにお店が繁盛したので、短縮した名前を必要としたこと、そんな理由から大将がネーミングしたのだとか。を玉子でとじた一品だそうで、かなり昔からある人気メニューとのことです。ちなみに、この丼ぶりをお目当てに訪れる常連さんも多いのだそう。丸天ならではのうま味が、トロトロ玉子にもご飯にも合います。

      “そば愛”にあふれた大将がつくるメニューは、アットホームな昭和の香りを感じるものばかり。 文化遺産に登録したくなるような、素敵なメニューです。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。
      関連キーワード - 話題 -

      全国のポン酢食べ比べ! これまでの最高得点を叩き出す次世代ポン酢出現【関東編】

      47都道府県のご当地ポン酢を食べ比べる連続企画。私たちはまだまだその氷山の一角しか知らないのだと思う。字が当てられたというのだから、なんというか収まりが良すぎるというか、しっくりきすぎるような話である。 これまでで最高得点のポン酢が関東に現れた とにかく、ポン酢にとって柑橘類の果汁が重要なことは明らかなのだが、柑橘類は寒さに弱いため、気候の温暖な地方でより多く生産される。なると、それに伴ってポン酢もどちらかというと中部以南を中心に作られることになる。 今回も、念のためまず企画の主旨を説明させていただきます。日本全国のご当地ポン酢を各都道府県で一本ずつ買い集め、特になんのひねりもない水炊き鍋につけ合わせて食べ比べる。酸味や甘みや後味、香りなどの項目について評価しながら総合点をつけ、順位を決定する。 いつも通り、昆布でダシを取り、白菜、豆腐、えのき、鶏肉を入れた。 柑橘類にこだわったポン酢が多くエントリー 関東編にエントリーしたのは以下のポン酢。 1本1本手に取ってみてみると、県産の柑橘類にこだわって作られたものが予想外に多く、気合が入っているなという印象。 毎度のお断りで恐縮ですが、参加メンバーは食のプロではまったくないので、採点結果や味の評価はあくまで独断です!ご了承ください。 このメンバーで毎週鍋を囲むのもだいぶ慣れてきたが、もうすぐそれも終わりだと思うと少し寂しいね、などと言いながら今日もポン酢をどんどん味見していく。 前述の通り、これまでの食べ比べ史上最高得点が飛び出す結果となった!2位3位も僅差での争いに。 総合点4.8点 みんなのコメント: ヤマコ「“柚子のほのかな苦味”と“レモンの鼻に抜ける清涼感”の合せ技が織りなす風味は新鮮で印象的。こだわりの国産塩を使用した本醸造こいくちしょうゆを使っているとのこと。醤油そのものの旨みがまずどっしりとした存在感を見せつつ、柚子のスッとした香り、そして後味をキリッと引き締めてくれるレモンの酸味があいまって素晴らしいバランスになっている。

      ゆずの自家栽培も行っているというメーカーだけに、ゆずの使い方がすごく良いという印象をもった。ポン酢の色が薄めで、醤油感よりもダシの旨みが強調されている感じで、ゆずの香りは強すぎず、あくまで味わいを邪魔しないぐらいの上品な立ち位置にいる。

      天然醸造しょうゆの醸造元が理想のポン酢を目指して作ったという一本。果汁は福岡県産の橙と佐賀県産のすだち、ダシには鹿児島県枕崎産のかつお節、北海道利尻産の昆布を使っているという贅沢なもの。醤油の旨みをドーンと感じさせてくれる味わいだった。鍋のダシで割ると濃厚なポン酢の味わいの中にある細かい味が見えてくるのである。また、“ダシ割りするとグッと美味しくなるポン酢”というのもあるから奥が深すぎて困る。ランダムで選んだポン酢を味見し、味だけで商品名を当てるというルール。 今回は割とバランスのとれたポン酢が多く、当てるのは至難の業。
      関連キーワード - 話題 - ポン酢 - 関東 -

      全国のポン酢食べ比べ! 僅差で1位が決まるハイレベルなポン酢バトル【中部編】

      47都道府県のご当地ポン酢を食べ比べる連続企画。 念のため企画の主旨を説明させていただきます。日本全国のご当地ポン酢を各都道府県で一本ずつ買い集め、ごく普通の水炊き鍋につけ合わせて食べ比べる。酸味や甘みや後味、香りなどの項目について評価しながら順位付けをする。 という固定メンバーに加えて、逢根あまみさん、おだ犬さんのお二人にも参加してもらった。昆布でダシを取り、白菜、豆腐、えのき、鶏肉を入れた。 中部9県のポン酢をストイックに評価 中部編にエントリーしたのは以下のポン酢。 愛知県には、ポン酢と言えばみんなまず真っ先に思い出すであろうミツカン本社がある。大好きなのだが、あまりにメジャーな商品なので今回はエントリーから外させてもらった。今回、上位の3本のセレクトについてはほぼみな同意見だったのだが、その3本の中での優劣がそれぞれに違い、結果僅差で並ぶ形となった。 総合点4.14点 みんなのコメント: ヤマコ「安心感のある素直なポン酢然とした香りと味わい。飾らず上品な味わいで一歩引いた甘味のバランスも秀逸。 香りも酸味も甘みも強すぎず弱すぎず、抜群のバランスを感じさせる一本。すだち果汁とゆず果汁を使い、利尻昆布と枕崎産かつお節でとったダシとあわせているとのことで、素材の良さも美味しさの秘訣か。 総合点4.07点 みんなのコメント: たけしげ「みかん果汁ならではの香りがしっかり出ている。

      みんなのコメントにもある通り、一番の特徴は静岡県産のみかんを使用した果実酢を使用している点。そこにゆず果汁と橙果汁をあわせているとのことで、華やかでフルーティな香りと甘みが広がる1本に仕上がっている。

      それでありながら、どっしりと醤油の旨みも感じさせてくれるというバランス感が高評価に。 総合点4.0点 みんなのコメント: たけしげ「酸味と甘みがしっかりあるのに尖ってる感じがない。 スーッと広がるゆずの香りが印象的ながら、その香りや酸味が決して強すぎず、エグくなく抑えられているところが素晴らしいポン酢。かつお節と昆布でとった出汁に2種類の醤油をブレンドしているとのこと。醤油の旨みも濃厚で、私的には一番好きな味だった。う少しリーズナブルな価格だったら1位に選ばれていたかもしれない1本。 と、今回は上位3位が接戦で、どれも全部美味しいというのが実際のところだった。結果ランクインを逃したり、味覚の差によって評価が分かれる部分もあったが、上位3本は自信を持っておすすめできる美味しさである。今回食べたポン酢の中からランダムで一つを選び、味だけで商品名を当てるというルール。
      関連キーワード - 話題 - ポン酢 - 関東 -

      【台湾】一人鍋も充実!日本ではなかなか食べられない「絶品火鍋」5選

      冬になると温かい鍋が恋しくなるのは日本人だけではない。 亜熱帯の台湾でも1月から2月にかけては気温が一桁になり、冷え込む日がある。 温かい鍋を囲み、仲間とワイワイ語り合うという光景はそんな彼らにとって特に魅力的に映るものなのだ。

      また、乾燥した日本の冬とは異なり、台湾の冬は冷たい雨が降ることが多いので、体感温度は案外低い。 特に新暦の正月から台湾の旧正月にかけては大勢で集まり、鍋を囲む機会も増える。 日本ではなかなかお目にかかれない台湾独特の火鍋をご紹介しよう。台北 台湾は豚肉大国とは言え、島国なので海鮮も身近な食材だ。



      ただ、日本のように牡蠣鍋、あんこう鍋、石狩鍋などと主菜別に分かれているわけではなく、牡蠣もアサリもエビも昆布もごった煮にしてしまうのが台湾流。 食べ放題の鍋レストランが主流だが、海鮮鍋はどの店でも人気が高い。具材の組み合わせで1+1が3にも4にもなるような旨いスープになる。私が好きなのは生の卵黄、ごま油、ニンニクペースト、辛味ソースを混ぜ合わせたもの。高雄 時間をかけてじっくり待つことがこれほど大事な料理はない。中国東北地方由来の鍋料理で、銭湯の煙突のように細長い筒が突き出した鍋が特徴的。その名の通り、酸白菜と呼ばれる酸味の強いハクサイの漬物をたっぷり使う。 鍋に入れてすぐにスープを味見してみると、酸っぱくてとても美味しいとは言えないのだが、仲間とビールを飲みながら20分~30分待つと、酸味がほどよく飛び、旨味とコクが凝縮されたすばらしいダシが出る。時間が経つにつれて濃厚さが増すスープは、それだけでも絶品だが、酸白菜火鍋にはなんと言っても脂身のある豚バラ肉がよく合う。設置されており、各種の薬味で自分好みのタレを作ることができる。酸白菜火鍋には日本のしゃぶしゃぶで使われているようなごまダレが合うと思うが、佐料コーナーでの自作のタレを作ってみるのも楽しい。台北 豚肉や鶏肉と並んで台湾では人気が高く、しかも身近な食材、鴨。他の肉類と同様、鴨肉も頭の先から足の先まで食べられる。鴨や豚などの血はそのまま置いておくと固まる性質があるため、固まる前に塩などで味付けをすると絹ごし豆腐のようにプルプルになる。そんな食感を楽しめるのが鴨寶鍋と呼ばれる鴨尽くし鍋だ。

      店によって具材は異なるが、通常のハクサイ、キャベツ、エノキダケなどに加えて、鴨肉と鴨血豆腐がたっぷり入る。鴨は適度な脂が含まれているので、寒い冬に食べると栄養が摂れるとして、台湾人の間で人気だ。

      お一人様用の鴨寶鍋もあり、100元前後で食べられる。茶色くてどろっとしているためカレーとも似ているが、実際にはエビなど海産物のダシやニンニク、各種スパイスから作られていて、漢方系の香りがある。 台湾では炒め物やあんかけ料理にも使われるこの沙茶醤は、鍋の季節に大活躍する。 沙茶火鍋は鍋の具やスープを沙茶醤で味付けするのではなく、つけダレに沙茶を使うのが特徴。用意されている生の卵黄、ごま油、刻みネギやニンニクを小さなお椀や小皿に入れ、沙茶醤をたっぷり加える。これらをよく練り合わせたものが沙茶火鍋のつけダレとなるのだ。

      深い旨味のある自家製沙茶醤と冷凍していない牛肉で行列ができる店。台北 外食率が高く、1日3食外で食べることも珍しくない台湾では、一人メシの比率も必然的に高くなる。このため、バラエティに富んだ一人メシのオプションが用意されている。

      好きな日本人にはちょっと不思議な光景だが、台湾では友達と一緒に一人鍋の店に行き、それぞれ好きな鍋を食べるというスタイルも珍しくない。 食べきりサイズの鍋には野菜、豆腐、練り物などに加え、お好みで豚、牛、ラムから肉の種類を選ぶことができる。
      関連キーワード - 話題 - ポン酢 - 関東 -

考察。「ポン酢 由来」とは何か?

「ポン酢 由来」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

ポン酢 由来に関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news1/index.php(562): tweet_output('\xE3\x83\x9D\xE3\x83\xB3\xE9\x85\xA2 \xE7\x94\xB1\xE6\x9D...') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143