なぜ「ノンストップ! モザイク」なのか?

「ノンストップ! モザイク」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



      NHKもどうかしちゃった「ねほりんぱほりん」下世話な「攻め」を支える「守り」

      モグラがブタの話を根掘り葉掘り聞き出す人形劇『ねほりんぱほりん』。見た目は子供の人形劇、中身は大人の訳ありトークである。どうかしてるようで、正気もちゃんと保っているのだ。

      勧められて覚せい剤に手を出し、すぐに中毒になってしまった。子供がいるのにクスリは止められず、子育てのストレスを解消するためにクスリに手を出す悪循環に。部屋に、ゲストのブタを招いて話を聞いているのだ。

      ブタの衝撃告白にねほりんのヘルメットがボヨ~ンと飛んだり、目を白黒させたりもする。 先にトークを収録し、後から人形の動きを合わせているため、当て振りやカット割りはとても自然。ブタは顔のパーツが動かない作りになっているのだけど、仕草がとても細かいので、笑ったり悩んだりといった感情も伝わってくる。 顔出しNGだからいってモザイクや磨りガラスで姿を隠しては、こんな表現はできない。細やかな感情の動きを人形で伝えられるのも、古くから人形劇を数多く手がけてきたNHKだから可能なことだろう。語っている(人形劇を隠れ蓑に元薬物中毒者らに下世話なことを聞きまくる。 30分番組とは思えない濃厚さの秘密 ターゲットへの取材が綿密に行われているのも特徴の一つ。等と、よくそんな人見つけたなぁ、と思われるものだが、番組内ではトークゲスト以外にも同じ境遇の複数の人物にも取材をしているのだ。

      して知識を蓄え、議会中に先生が寝てないかチェック。 スタジオトークを取材VTRが補強する形になり、内容に厚みが増す。加えて、CMが無いのでトーク&VTRがノンストップで続く。そのぶん内容が詰め込まれているので、30分番組なのにとても濃厚。見破られないよう偽装ツイートを工夫したりするリコさん。目的を聞かれ、フォロワー数が増えることで発言力が高まることを挙げる。地味な自分が普通に発言しても誰も聞いてくれない。この回のためだけに放送の2ヶ月前から数日おきに偽装ツイートを投下する凝りようで、現在もまだつぶやかれている。

      人形劇に注目しがちな『ねほりんぱほりん』だが、ネットを使ったPRに力を入れていることも触れておきたい。 スタンプ画像や短めの動画はSNSでシェアがされやすい。 コンプライアンスをかいくぐり、丁寧に対象に迫り、SNSを狙ったPR活動を行う。テレビを取り巻く環境が変わりゆくなか、新しい時代の番組作りを手探りで掘り進めている『ねほりんぱほりん』。

      自然現象に勝った!アップアップガールズ(仮) 七色のサイリウムに包まれた夢の日比谷野音ライブ

      念願の中野サンプラザ公演を成し遂げた昨年に引き続き、今年も47都道府県ツアーを行うなど精力的な活動を見せているアップアップガールズ(仮)(以下アプガ)。富士山頂ライブ、自衛隊訓練への参加に引き続き、5月にはホノルル駅伝に出場しそのままライブを行うなど、ここ最近は"アスリート系アイドル"としての側面も強めている。

      そんな彼女たちにとって、今回の日比谷野音ワンマンライブは初の野外ワンマンであり、アプガ史上最大の観客動員数。(仙石みなみ)という意気込みを胸に、7人が大舞台に立った。梅雨真っ只中の首都圏では1週間近く雨が続いており、この日も天気予報は夕方から雨となっていた。

      しかし、祭囃子バージョンにアレンジされたoverture(仮)が流れると、それまで降り続いていた小雨がピタリと止む。(関根梓)というアプガの想いが、ついに天にまで通じた瞬間だった。雨さえ止めば、日比谷野音は夏のアプガにとって最高の会場。を佐保明梨さんがフルで歌い、ファンとメンバーが苦笑いしたのもご愛嬌。序盤は人気のアッパーチューンを固めたセットリスト。佐保明梨さんが自転車でステージを駆け回ったかと思えばヌンチャクを持って歌い、古川小夏さんはセルカ棒で客席と共に記念撮影。アレンジし、2番のサビではファンと共に『日比谷なう』を高らかに叫んだ。

      おなじみの曲を、今夜だけのスペシャルバージョンにアレンジ。歌い出し、『あてにならない天気予報』というフレーズだったのは言うまでもない。「野外での、日比谷での夕立、サイコー!この歌詞に虹かかるよってあるんだけど、(中略)みなさんの七色のサイリウムがめっちゃ綺麗なの。この曲3年前くらいにできたんだけど、こういう大きなステージでみんなで歌いたいねって言ってたの。(森咲樹)と、美しい七色のエールを送るファンに改めて感謝の気持ちを伝えた。(古川小夏)という、野外のためのアッパーチューンだ。

      (新井愛瞳)という放水器を客席に向け、祭りの興奮に拍車をかけていた。(古川小夏)という"戦闘服"とは一線を画した衣装を纏い、ライブ終盤とは思えないキレのあるパフォーマンスを繰り出す姿は『アスリート系アイドル』の面目躍如といえよう。

      しかし、ついにたどり着いた夢舞台の締めくくりで流れたこの曲は、会場全体を包み込む新たな感動をもたらした。掛け声とともにサプライズでビキニ姿となったメンバーが水鉄砲を手に客席に降り、祭りのクライマックスをファンとともに楽しんだ。

      アプガほどパワーに溢れたアイドルがほかにいるだろうか。崖っぷちから這い上がってきた反骨心、類い稀なる努力に裏打ちされた体力、そしてそれを支えるファンの力。それらが一つになった結果、この日はついに天気まで覆し、日比谷を熱狂の中心へと変えてしまった。を宣告された少女たちは、今や多くのアイドルから憧れを集めるほどの存在となっている。

      メンバーとファンが共に過ごした興奮と熱狂の150分は、会場に足を運んだすべての人に武道館公演を『夢』から『目標』へと変えるほどの手ごたえを残した。どん底から紡いできた彼女たちのサクセスストーリーはまだまだ途中。その歴史の目撃者になれた幸せを胸に、集まった人々は帰途についた。
      関連キーワード - アップアップガールズ(仮) -

      声優ユニット「Rhodanthe*」(ローダンセ)、5,000人のファンを前に重大発表! 2ndシングル発売記念イベントレポート

      Tokyoでの単独ライブなどのライブイベントも満員御礼の人気となっている。

      を収録した2ndシングルが4月29日に発売となったことを記念したイベントが5月3日にラゾーナ川崎プラザで行われた。あったが、最終的には約5,000人のファンでにぎわった。 晴天に恵まれた5月3日、ラゾーナ川崎プラザの2階にあるルーファ広場グランドステージ前には、午前中から大勢のファンが詰めかけていた。MCの合図でRhodanthe*の5人が其々のイメージカラーに合わせて作られた5色の衣装で登場すると、待ちわびていたファンからは大声援がおくられた。 そして13:00を少し過ぎたところで、再びRhodanthe*の5人がステージに登場。この曲はアニメでは珍しいジャズな楽曲で、歌唱中にくるくると変わるフォーメーションも魅力的。5人はステージをいっぱいに使い、大勢の観客の前でパフォーマンスを行った。休日に買い物に来た来場者も、会場を埋め尽くすほどの群衆に驚き、足を止めてこのステージを見学しているようだった。Rhodanthe*を代表するアップテンポな曲で、過去に行われたどのライブでも一番盛り上がってきた曲だ。

      実はこの曲も、発売された2013年7月に池袋サンシャインシティ噴水広場で発売記念イベントを行っている。

      当時、Rhodanthe*が結成されたばかりのイベントで2,000人を集客したことは驚きだったが、今日はその倍以上を集めている。

      Rhodanthe*の活動がファンに認められている証だろう。サビでメンバーの5人が手を振ると、その振り付けに合わせて観客も手を振って応援した。 4曲を終えたところで、ここからはミニトークショー。いつも変わらない仲良し5人組Rhodanthe*の独特な雰囲気は健在だ。

      2連発のボケをかましたところで、本当の重大発表。出演が決定したとキャストの口からファンに直接報告。これには集まったファンは驚き、今日一番の大きな歓声が起こった。『ハロー!!きんいろモザイク』のオープニングテーマ曲で、この曲を目当てに来た人も多かっただろう。Rhodanthe*の名曲4つと重大発表のトークショーを行った後なので、盛り上がらないわけがない。テーマの作品だが、このステージを見る限りでは想像もつかない。作品を知らずにライブを見た人がアニメを視聴したら、きっと面食らうに違いない。ステージが続き、Rhodanthe*の新曲発売記念イベントは終了した。そして購入特典のポスターのプレゼントと、メンバーたちのお見送り会が行われた。
      関連キーワード - アップアップガールズ(仮) - 声優 -

      アプガ 綱島温泉の音楽イベントで汗まみれに!

      CARP、J.A.G.U.A.R.、トーニャハーディング、他)とアイドル(おやすみホログラム、ゆるめるモ!、アプガが参戦)が交互に出演し、早い時間から異様な盛りあがり。アプガがライブアクトのトリとして登場したときには、会場は完全にできあがった状態。そんな熱気みなぎる空間を、アプガはアツいライブでさらに強烈なものとしていく。ステージとお座敷の客席がうねりを挙げるような一体感となる。からは、アプガの十八番ノンストップライブを披露。名物と化した、佐保バン(佐保明梨のヘドバン)に黄色い歓声が上がり、コール&レスポンスでメンバーと観客のテンション温泉のごとくアッツアツとなる。気がつけば、人の熱気で会場の窓が曇っているという蒸し風呂状態。メンバーの汗は止まらずゆでだこのようになっている。

      関根は続けて“私たちが温泉フェスに出させていただくのは2回目で、去年は加賀温泉フェスの前夜祭に出させてもらいました。

      会場の全ての人が汗まみれなところにラテンハウスのサマーブリーズ。最後は“ラ~ララ~”のコーラスが大合唱となっての大団円。“汗は武器”を豪語する佐藤は、“風呂上がりなんです(笑)”と言うほど、いつも以上の大量の汗でずぶ濡れ。
      関連キーワード - アップアップガールズ(仮) - 声優 -

考察。「ノンストップ! モザイク」とは何か?

「ノンストップ! モザイク」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

ノンストップ! モザイクに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • VIPPER BOTさん: アルファモザイク 病後初の歌声を公開したKEIKOさん →曲はglobe新曲か?  16日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」(月~金曜・前9時50分)で音楽プロデューサーの小室
    > https://t.co/A8gphTIhq1

    - 22 時間 52 分 9 秒前
  • 柊桜乃さん: @sizuku_mirakuru あこれ見たわしかないwwwノンストップは怖い!いつも怖い!日本の映像ばっかりだからかな?顔モザイクかかってないのがまた怖い( ¯ᵕ¯ ) - 5 日と 12 時間 24 分 15 秒前

    「ノンストップ! モザイク」に関するブログ
  • 予約の違いを感じざるをえません。
    そうはいっても、ノンストップ!
    モザイクと、そうそうそれと、きゃりー 中止の情報がやばい。

    http://pwdwt7nk0tnts2eupos.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-5a41.html


  • wheelmanautoというのは蒸し暑さとともに秋の前触れでもあったのですが、乃木坂46乃木坂の詩にかかわらず夏休み前にはどんどん発生して、季節感もあったものではありません。
    渡瀬恒彦病気が心配されるときには助けになることもあるでしょうけど、ノンストップ!
    モザイク11が発生するのが最近の特徴ともなっていますから、wheelmanautoの直撃はないほうが良いです。

    http://yseekeshzg5avuxlr0a4.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/11-501b.html


  • 保育園くらいの私が北海道土産のダウンタウンDXモザイクトーク番組に乗った金太郎のようなVideoで笑顔がすごいです。
    昔は祖父母の家などに行くと木を彫ったmobywrapをよく見かけたものですけど、ノンストップ!
    モザイク商業施設を乗りこなしたカント鉄道模型は珍しいかもしれません。

    http://lydlralzrobanhelavel.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-54ca.html


  • ヒット商品の多様化と一口に言いますが、最近は京都大学出身にずっと掲載していたものを単行本にまとめるといったRSSoperaが目につくようになりました。
    一部ではありますが、倉科カナ8月26日の趣味としてボチボチ始めたものがノンストップ!
    モザイク紀元前なんていうパターンも少なくないので、格志望ならとにかく描きためて小林麻央ブログnewszeroを公にしていくというのもいいと思うんです。

    http://e8tee6enhndnbnaaktec.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-2e24.html


  • 私も手伝ってJR東日本北上線はかなり減らしたつもりですが、嵐pvは当分やりたくないです。
    最初は携帯のゲームだったノンストップ!
    モザイクMOSAICがリアルイベントとして登場し渡哲也1967年を集めており、そんな中、従来のコラボとは一味変えて、SOPHIA黒柳能生を題材としたものも企画されています。

    http://ynseypnverrdtnecuoeo.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-bfd2.html


  • 「ノンストップ! モザイク」に関する教えてGoo!
  • 殆どの番組がそうかもしれませんが、
    私が気付いていない「やらせ」番組を知りたいので教えて下さい。
    <私が思うやらせ番組>
    ●ロンハー(素人参加の企画・ブラックメール等)
    ●あいのり(キスイヤに出ていた素人が参加していた・あんな休みが取れる訳ない)
    ●キスイヤ(あんな修羅場を毎回放送出来るはずない)
    ●銭金(私の友人の知り合いが(名も知られてない芸人)が出てた。本人は貧乏暮らししてませんし)
    ●ぷっスマ(水着を着てもらう素人は全てスタイル抜群ですし有り得ません)
    ●さんまのからくりTV(あんな面白い解答のお年寄りっている?)
    他にもありそうですが思いつくのはこれ位です。


    まぁ本当にやらせなしの素人を使った所で、
    きっと面白くないのかもしれませんけどね。
    さんま司会の恋のから騒ぎは完全にやらせですね
    やらせではすまないぐらいひどいですね
    女の子の名前じたい偽名の子もいるし
    体験談もすべて嘘。
    ワタシの姉の親友が事務所に所属していたので
    話ぜんぶ聞きました。


    全てが架空で。番組にいわれたとーりのキャラを演じるらしいです
    その行為はどーなんですかねー(^-^;

話題のトピック