なぜ「ノンストップ! モザイク」なのか?

「ノンストップ! モザイク」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



      ダウンタウン、とんねるず…人気番組の出演者が次々とモザイク処理され視聴者騒然

      て、一部出演者の顔にモザイクがかけられていたことが、視聴者の間で話題を集めた。顔が隠されていたのは、マナカナの姉こと三倉茉奈だという。 「この日、番組では木梨憲武が素人カップルに声をかけて東京を案内するという企画を放送。 裏かぶりはスポンサーなどへの配慮から、業界でタブーとされている。

      いった勘違いするコメントが多く飛び交う事態となった。 さらにこの日、直後の番組でも、ある出演者がモザイク処理で出演していたという。 様々な事情で番組の出演者にモザイクがかけられることは珍しくない。しかし番組からは明確な説明がないため、視聴者は毎回困惑してしまうようだ。

      NHKもどうかしちゃった「ねほりんぱほりん」下世話な「攻め」を支える「守り」

      モグラがブタの話を根掘り葉掘り聞き出す人形劇『ねほりんぱほりん』。見た目は子供の人形劇、中身は大人の訳ありトークである。どうかしてるようで、正気もちゃんと保っているのだ。

      勧められて覚せい剤に手を出し、すぐに中毒になってしまった。子供がいるのにクスリは止められず、子育てのストレスを解消するためにクスリに手を出す悪循環に。部屋に、ゲストのブタを招いて話を聞いているのだ。

      ブタの衝撃告白にねほりんのヘルメットがボヨ~ンと飛んだり、目を白黒させたりもする。 先にトークを収録し、後から人形の動きを合わせているため、当て振りやカット割りはとても自然。ブタは顔のパーツが動かない作りになっているのだけど、仕草がとても細かいので、笑ったり悩んだりといった感情も伝わってくる。 顔出しNGだからいってモザイクや磨りガラスで姿を隠しては、こんな表現はできない。細やかな感情の動きを人形で伝えられるのも、古くから人形劇を数多く手がけてきたNHKだから可能なことだろう。語っている(人形劇を隠れ蓑に元薬物中毒者らに下世話なことを聞きまくる。 30分番組とは思えない濃厚さの秘密 ターゲットへの取材が綿密に行われているのも特徴の一つ。等と、よくそんな人見つけたなぁ、と思われるものだが、番組内ではトークゲスト以外にも同じ境遇の複数の人物にも取材をしているのだ。

      して知識を蓄え、議会中に先生が寝てないかチェック。 スタジオトークを取材VTRが補強する形になり、内容に厚みが増す。加えて、CMが無いのでトーク&VTRがノンストップで続く。そのぶん内容が詰め込まれているので、30分番組なのにとても濃厚。見破られないよう偽装ツイートを工夫したりするリコさん。目的を聞かれ、フォロワー数が増えることで発言力が高まることを挙げる。地味な自分が普通に発言しても誰も聞いてくれない。この回のためだけに放送の2ヶ月前から数日おきに偽装ツイートを投下する凝りようで、現在もまだつぶやかれている。

      人形劇に注目しがちな『ねほりんぱほりん』だが、ネットを使ったPRに力を入れていることも触れておきたい。 スタンプ画像や短めの動画はSNSでシェアがされやすい。 コンプライアンスをかいくぐり、丁寧に対象に迫り、SNSを狙ったPR活動を行う。テレビを取り巻く環境が変わりゆくなか、新しい時代の番組作りを手探りで掘り進めている『ねほりんぱほりん』。

      2位有吉弘行より「昔嫌いだったのに好きになった芸能人」1位の芸人は

      ストレートに言う姿が、世間の好感度を上げたよう。 本日、プライベートで東京電力福島第一原子力発電所に視察に入りました。

      本質を見抜く姿が世間からは受け入れられています。

      ■理由は“綺麗なタメ口”、3位のローラ 有吉弘行に次いで3位にランクインしたのはローラ。ランクインしているように、世間からとても愛されていますが、最初からこうではありませんでした。 年功序列が強い日本でも、いつも笑顔を絶やさないお茶目な性格から“タメ口キャラ”をOKと感じさせる存在になりました。

      自然現象に勝った!アップアップガールズ(仮) 七色のサイリウムに包まれた夢の日比谷野音ライブ

      念願の中野サンプラザ公演を成し遂げた昨年に引き続き、今年も47都道府県ツアーを行うなど精力的な活動を見せているアップアップガールズ(仮)(以下アプガ)。富士山頂ライブ、自衛隊訓練への参加に引き続き、5月にはホノルル駅伝に出場しそのままライブを行うなど、ここ最近は"アスリート系アイドル"としての側面も強めている。

      そんな彼女たちにとって、今回の日比谷野音ワンマンライブは初の野外ワンマンであり、アプガ史上最大の観客動員数。(仙石みなみ)という意気込みを胸に、7人が大舞台に立った。梅雨真っ只中の首都圏では1週間近く雨が続いており、この日も天気予報は夕方から雨となっていた。

      しかし、祭囃子バージョンにアレンジされたoverture(仮)が流れると、それまで降り続いていた小雨がピタリと止む。(関根梓)というアプガの想いが、ついに天にまで通じた瞬間だった。雨さえ止めば、日比谷野音は夏のアプガにとって最高の会場。を佐保明梨さんがフルで歌い、ファンとメンバーが苦笑いしたのもご愛嬌。序盤は人気のアッパーチューンを固めたセットリスト。佐保明梨さんが自転車でステージを駆け回ったかと思えばヌンチャクを持って歌い、古川小夏さんはセルカ棒で客席と共に記念撮影。アレンジし、2番のサビではファンと共に『日比谷なう』を高らかに叫んだ。

      おなじみの曲を、今夜だけのスペシャルバージョンにアレンジ。歌い出し、『あてにならない天気予報』というフレーズだったのは言うまでもない。「野外での、日比谷での夕立、サイコー!この歌詞に虹かかるよってあるんだけど、(中略)みなさんの七色のサイリウムがめっちゃ綺麗なの。この曲3年前くらいにできたんだけど、こういう大きなステージでみんなで歌いたいねって言ってたの。(森咲樹)と、美しい七色のエールを送るファンに改めて感謝の気持ちを伝えた。(古川小夏)という、野外のためのアッパーチューンだ。

      (新井愛瞳)という放水器を客席に向け、祭りの興奮に拍車をかけていた。(古川小夏)という"戦闘服"とは一線を画した衣装を纏い、ライブ終盤とは思えないキレのあるパフォーマンスを繰り出す姿は『アスリート系アイドル』の面目躍如といえよう。

      しかし、ついにたどり着いた夢舞台の締めくくりで流れたこの曲は、会場全体を包み込む新たな感動をもたらした。掛け声とともにサプライズでビキニ姿となったメンバーが水鉄砲を手に客席に降り、祭りのクライマックスをファンとともに楽しんだ。

      アプガほどパワーに溢れたアイドルがほかにいるだろうか。崖っぷちから這い上がってきた反骨心、類い稀なる努力に裏打ちされた体力、そしてそれを支えるファンの力。それらが一つになった結果、この日はついに天気まで覆し、日比谷を熱狂の中心へと変えてしまった。を宣告された少女たちは、今や多くのアイドルから憧れを集めるほどの存在となっている。

      メンバーとファンが共に過ごした興奮と熱狂の150分は、会場に足を運んだすべての人に武道館公演を『夢』から『目標』へと変えるほどの手ごたえを残した。どん底から紡いできた彼女たちのサクセスストーリーはまだまだ途中。その歴史の目撃者になれた幸せを胸に、集まった人々は帰途についた。
      関連キーワード - アップアップガールズ(仮) -

考察。「ノンストップ! モザイク」とは何か?

「ノンストップ! モザイク」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

ノンストップ! モザイクに関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news1/index.php(562): tweet_output('\xE3\x83\x8E\xE3\x83\xB3\xE3\x82\xB9\xE3\x83\x88\xE3\x83\x83...') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143