なぜ「シュート」なのか?

「シュート」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      “ブックメーカー”は賭けではなく投資である――勝率94%のノウハウとは

      前回は、その魅力を著者の金川と黒川の両氏が語った。 黒川氏は、自ら1万試合に賭け、徹底的にデータを取り続けた結果、なんと勝率94%を誇るマル秘テクニックを編み出したという。同書に掲載されているノウハウの一部を、ここに紹介しよう。 ブックメーカーは、ありとあらゆるスポーツを賭けの対象としている。

      ポピュラーなのはサッカーで、ルールがシンプルな分だけ日本人の初心者にも馴染みやすいという。たとえばUnder3.5に賭けた場合、両チームの得点が3点以下であれば、勝ち。勝率のバランスが一番取れているのは、以下の3つの条件をクリアした試合だ。

      たとえば両チームの得点合計が2点の場合、Under4.5、Under5.5、Under6.5にベットするといった具合だ。

      それぞれの条件について、黒川氏に解説してもらった。逆に80分の時点で賭けたら、当たったとしても配当が低い。すからベットするときの合計点数が3点以下の試合がいい。0点のチームは点を取りたいんですが、相手の守りが堅いので取りずらい。そのため試合が動きませんので、予想しやすいんです。 ③「レッドカードが出ているチームはバランスが崩れてますので、点数を取られやすい。 この3条件を満たす試合なら勝率は94%くらいで、オッズが+2~3%くらいだという。1時間で3試合にベットしすべて勝てば、+6~9%となる。 もしも3条件を満たす試合が複数あった場合は、どの試合に賭けるべきか。より精度を高めるために、チェックすべき項目が6点あるという。 ①ゴールの枠内にいったシュートの両チーム合計が5本以下で、かつ決定率が100%でない。 ②枠外にいったシュートの両チーム合計が14本以下。 ③ハーフラインを越えて攻撃態勢に入った回数が、両チーム合計150以下。 ④ペナルティエリア近くまで攻め込んだ回数が、両チーム合計50以下で、かつ偏りがない。 ⑤コーナーキックの数が、両チーム合計10回以下。 この6項目についての解説や他のジャンルでのベット方法は、同書を読んでいただくとしよう。熱くなって賭け続けることなく、冷静に長い目で見て引き際を逃さないことも大切だ。

      Under2.5に賭けた場合なら、3点目が入ってしまったら負けになる。それを避けるために2点目が入ったタイミングで損切りをすれば、5~6割、もしくはそれ以上返金してもらえるので、負けを最小限に抑えられるという。勝ち続けて15万円になったら、その月のベットは終了。儲け分は下ろして、翌月はまた3万円でスタートする。一方、負け続けて3万円を失った時点でその月のベットは終了するというルールを設けている。

      自分の心をいかに抑制するかが、損得の鍵を握っているのだ。

      最長で12時間飲める!時間無制限ワイン60種飲み放題が1,580円、超コスパイベントが開催決定

      など60種類のワインの中から、好きなものを好きなだけいただくことができます。
      友達とみんなで盛り上がるもよし、大切な人と美味しいワインをお得に堪能するもよし。一例 もちもちで小麦が香る自家製生地、水牛のモッツァレラ、有機栽培バジル、完熟トマトを使用したピッツァ。一例 人気のパスタや一品料理など、ワインによくあう本格イタリアンの数々。

      【珍プレー動画】ゴールキーパーが自陣から超ロングシュートをぶち込んで決勝点

      ゴールキーパーの仕事は説明するまでもなく、自陣ゴールを守ること。またの名を守護神とも呼ばれるため、最後の砦として相手シュートに立ちはだかることだ。

      その結果、ディフェンダーも追いつけず、シュートはそのままゴールへと吸い込まれた。ゴールキーパーが試合に終止符を打つまさかの結末となったのだった。通常であればチャンスを相手に渡さないためにボールをキープするところではあるが、ボリバルのゴールキーパーはよほど自分のキックに自信があったのだろう。

      「大切なのは子どもに考えさせること」元サッカー日本代表・前園真聖さんがママ・パパからの質問に答えます!

      元サッカー日本代表選手であり、小学生までの子どもを対象とした『ZONOサッカースクール』を運営するなど、子どもたちへの指導経験も豊富な前園真聖さん。質問を送ってくださったみなさま、ありがとうございました! 今回は寄せられた質問の中からいくつかを、前園さんにインタビューで直撃!サッカーキッズを持つママ、パパはもちろん、普段の子育てにも参考になるお話がたくさん聞けましたよ。 練習をしていてもボールをなかなか強く蹴ることができません。
      僕も小さい頃はそうだったけど、まだ5歳くらいだと体も小さいし、筋力もないから強く蹴れないのは当たり前なんですよ。 強く蹴ることより、小学校低学年くらいまでに練習してほしいことは、狙ったところに蹴ることができる技術を身につけることです。成長して小学校高学年くらいになって、強く蹴れるようになったとしても、自分が狙った場所に蹴られるようになっていないと意味がないですよね。

      だから、今は近くの友だちにパスするときに、うまく狙ったところにいくように練習をすることが大切ですよ。 続いて、サッカーを習っている子どもたちのママ、パパからの質問をお聞きしました! うちの子どもたちはシュート練習はすごく好きですが、ドリブルの練習を嫌がってなかなかやろうとしてくれません。
      たとえば、“シュートが決まらなかったら、ドリブルの練習を1回やろう”とか。 ダメ出しをしても、うまくいかないんですよね。

      ダメ出しされたほうは落ち込んじゃって、プレイもマイナスになっていってしまいます。

      だから、うまい子どもには、チームメンバーとうまく協力したほうが、自分がもっと良いプレイができるってことを、わかってもらわないといけないんですよ。 小学校くらいだとやっぱりレベルの差があるので、こういうことは起こります。指導者が“仲間と協力することはチームが強くなるために必要だ”ってことをちゃんと伝えてあげれば、子どもも周りがちゃんと見えてきますよ。実際に強いチームは、一番うまい子どもが、それをちゃんとできています。

      あと、注意したいのは、うまい子どもとそうでない子ども、両方を指導者が強く叱ってしまうこと。 一番指導をする上で大切にしているのは“答えを絶対に与えない”ということです。 その子どもができてなかったとしても、僕はそこを指摘する前に一度ほめます。 指導するときは、“考えさせる”ってことが大事だと思っているんです。

考察。「シュート」とは何か?

「シュート」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

シュートに関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news1/index.php(562): tweet_output('\xE3\x82\xB7\xE3\x83\xA5\xE3\x83\xBC\xE3\x83\x88') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143