なぜ「カルテット最終回」なのか?

「カルテット最終回」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      カルテット最終回 1曲目に死と乙女を選んだ考察まとめ #カルテット

      30代男女4人のひと冬の共同生活… 本音と秘密が交錯する新感覚ラブコメディ! ある日、“偶然”出会った男女4人。 夢が叶わないまま、人生のピークに たどり着くことなく緩やかな下り坂の前で 立ち止まっている者たちだ。

      そんな4人がカルテットを組み、 軽井沢で共同生活を送ることになる。 コンサート一曲目に「死と乙女」を選曲した理由について「こぼれたのかな」「内緒ね」と言うマキさん。「こぼれたものが嘘なわけない」という台詞が伏線ならば、やはりお父さんのことを殺していたのかな。そこでEDの「大人の掟」の歌詞の「大人は秘密を守る」に繋がるのかな。 コンサートの控室でのすずめちゃんとマキさんのシーンが頭から離れない。 含みもたせてたけど、真紀さんは義父を殺してたように意味がとれた。“養父殺し疑惑”に対する開き直りという事でよりも、曲本来の『死による安息=過去を葬ることによる安息』という事ではないだろうか。

      【カルテット】最終回の伏線回収の全容!1話~9話参照

      この後討論となり、最後にコーン茶を飲んでしめくくります。 真紀がコーン茶を入れようとすると、もうないよ、と。 真紀の代わりに来た新しいバイオリン娘が、肉の日キャンペーンの仕事を拒んだ際に、もっとひどい時もあったと話す3人。 家森が週7でバイトしているというシーンで登場するポケットティッシュ。 ポケットティッシュ版は最終回で初登場 家森は花粉症でティッシュに命をかけている。

      最終話に真紀の母親が演歌歌手でCDを出していたと週刊誌で登場。

      カルテット最終回のナゾ…林檎の出演説にエンディングの意味

      冬の軽井沢を舞台に共同生活を送る大人のラブストーリーかつヒューマンサスペンス。tverでチェックしているので、見るのは明日になるけど結末気になる。放送終了後、インターネット上で、議論が巻き起こっている。

      今、一番視聴者がみぞみぞしてるのは、司君諭高さん呼び。最後までブレない悪女っぷりを発揮し、話題を呼んでいる。

      ありすちゃんの左手ではなく、右手の薬指の指輪が気になって調べたら、右手の薬指の指輪の意味は「心の安定」だった。 カルテットよかったー!帽子は椎名林檎に見えたけど違うかなー。あんなこと言いながら、いつもドーナツホールを気にしている。

      アンチは明日のファンっていう解釈でいいのかなあ。あの現場に行けてしあわせでした、、感謝感謝です。

      > カルテット最終回予告まさかのドラクエに視聴者の涙が止まる #カルテット
      > カルテット 最終回!高橋一生演じる「家森諭高」ロスになる女性多数!?
      > 【考察】カルテット最終回 手紙の送り主とコンサートに来ていた人は椎名林檎ではと話題 #カルテット
      > 大ハマりでロスが怖い...全国で「カルテット」に影響された人が多すぎる件
      > 伏線はどうなった?冬ドラマが最終回で謎を残しすぎる件
      > 4人の愛に感動…カルテットの視聴率がぐんと伸びた理由
      > 「カルテット」が最終回。”カルロス”に悶える視聴者が続出!

      「カルテット」の新しさ。視聴率以上のサムシングを視聴者に刻んだ魅力を考察

      最終回の視聴率は9.8%、平均視聴率は8.9%に終わったが、視聴率以上のサムシングを視聴者に刻んだドラマだった。 『カルテット』ほど、深読み、裏読み、解釈、考察を楽しまれたドラマはほかにない。 ドラマの中の時間軸がズレているのではないかという話題は、『カルテット』の深読み、考察の最たるものだ。

      ファンたちの盛り上がりがヒートアップしすぎて、佐野亜裕美プロデューサーが公式に否定することになった。 最終回もコンサート会場に現れた帽子を被った女性が、主題歌を歌った椎名林檎なんじゃないかという話題が盛り上がった。 つまり、それだけ坂元裕二による脚本、土井裕泰、金子文紀、坪井敏雄というベテラン陣による演出、そして松たか子、満島ひかり、松田龍平、高橋一生ら出演者たちの演技が緻密かつ的確だったということだろう。 『カルテット』の細部を見つめて、深読みするのは面白い。どこまでも作りこまれていて、どこまでも情報が詰まっている感じがする。 これは何度も言われていることだが、『カルテット』はまったく“ながら見”に適さないドラマだ。

      人物のわずかな表情、言葉のニュアンス、無音のショット、ロケ場所、小道具など、あらゆるものに意味を感じさせていた。このドラマの作り手なら、ここまで考えて作っているんじゃないだろうか、と。 『カルテット』は三層構造 『カルテット』には視聴者をグイグイ引っ張っていくようなわかりやすい物語がない。同じ出演者が同じ場所で軽口を叩くシーンが続き、人が死んだり、激しく言い争ったり、何かが爆発するようなドラマチックな盛り上がりがない。小さな盛り上がりがあっても、物語はすぐにまた別荘の中に戻っていき、再び登場人物たちは軽口を叩く。一番上の層は、真紀に関するミステリーをはじめとする表面的なストーリー。二番目の層は、ドラマを見続ける人がわかる細かな伏線や仕掛け。そして一番奥のほうでカルテットが奏でる通奏低音のように流れているのが、物語が言い表そうとしているテーマだ。

      その通りで、『カルテット』は大人のための寓話だった。なら、単にストーリーを追うだけではなく、なぜキリギリスは最後に凍えてしまったのだろうと考えることが重要になる。 表面のストーリーだけを追っていても『カルテット』の魅力は伝わらない。登場人物の恋愛模様は宙ぶらりんで終わるし、ミステリー要素はあっという間に解決したり、逆に何も解決しないまま終わったりする。表面のストーリーを追うだけでとどまっていたから、そう感じるのだろう。 ドラマをじっくり見て二番目の層に気づいた視聴者は、深読み、裏読み、解釈、考察で盛り上がることができる。三番目の層、つまりテーマは声高に語られることはない分、見落とされがちだが、二番目の層に気づいた人たちなら容易に到達することができる。小説などでは村上春樹を代表にそのような作者、作品とファンは大勢いるが、ドラマの分野ではあまり例がない。じゃないとエンターテイメントはヒットしないと語っていた。以前は一言でコンセプトやストーリーが説明できる作品が求められたが、今はそうではないと言うのだ。

      ドラマでいえば『カルテット』、アニメでは『けものフレンズ』がそうだ。

      『カルテット』のファンの盛り上がりをドラマの作り手、送り手たちがどのように捉えているかはわからない。今後、映画、ドラマ、アニメのつくり方が大きく変わっていく予感がする。
      関連キーワード - 恋愛 -

      【視聴熱】「カルテット」最終回に早くも続編を望む声も!

      火曜日のデイリーランキングでは、第1回から最終回までほとんどが1位という大反響の結果となった。 最終回、自らの罪を償うため、出頭した真紀(松たか子)は、住民票などの不正所得で訴えられるが、執行猶予処分となる。一方、すずめ(満島ひかり)、家森(高橋一生)、別府(松田龍平)も真紀の仲間だったとして好奇の目にさらされるが、気にすることなく生活を続けていた。

      しかし、なかなか帰ってこない真紀にいら立ちを覚えた3人は、雑誌に掲載された写真を手掛かりに真紀を捜しあて、別荘へと連れ戻す。 本作は、第1話が放送された1月17日のデイリーランキングから、視聴熱46943ptと他のドラマを圧倒する数字をたたき出していた。早くも続編を希望する声で盛り上がりを見せている。

      いった予想も飛び交い、最後まで謎を残す結果に、視聴者は興奮冷めやらぬ様子だ。

      ドラマスタート前の特別試写会時、満島は坂元の脚本について、「そんなことになるかなと思って(台本を)読んでるんですけど、現場の空気でお芝居していると、書かれている通りに自分のお芝居がなってしまう。高橋も「口語のように聞こえるんだけど、実は口語ではなかったりとか、特殊な言葉使いをして、とても余白を大事にされています。


      関連キーワード - 恋愛 - カルテット - 松たか子 - 高橋一生 - 松田龍平 - 満島ひかり -

      『カルテット』人気に、思わぬ経済効果も!?

      そして、同時に思わぬ経済効果まで生んでいたようだ。

      らメインキャスト4人が、部屋でお酒を飲みながらオモチャで遊ぶ場面が描かれた。スティックを組み合わせて帯状に並べていき、手を放すとスティックが次々弾け飛びながら進んでいくというオモチャだ。

      そして第9話放送終了後に、このスティックボムを買い求める人が続出。演じるすずめが、ドミノをスマホで撮影していたんですが、17日にはドラマの公式ツイッターでそのときの動画がアップされたんです。視聴者からのリクエストが多かったために公開されたようで、つぶやきには6万件もの“いいね”がつけられています。

      『カルテット』最終回は、さらなる高視聴率も期待できそうだ。


      関連キーワード - 恋愛 - カルテット - 松たか子 - 高橋一生 - 松田龍平 - 満島ひかり -

    リアルタイムトレンド Part I

考察。「カルテット最終回」とは何か?

「カルテット最終回」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

カルテット最終回に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • spiderfingersさん: RT @anime_eupho: 「響け!ユーフォラジオ2」更新されております!パーソナリティは、北宇治カルテットの4人! そして今回が最終回となります!お聞き逃しなく!
    > https://t.co/dbh4DN99cR

    #anime_eupho
    > https://t.co/BCgm

    … - 15 時間 57 分 19 秒前
  • 成 / ほうなさん: そういえばカルテット最終回で真紀が『死と乙女』を選んだ理由勘ぐりすぎの考察いっぱい出てたけど脚本読んだら割と明確だったょ…… - 21 時間 9 分 6 秒前
  • 古い世の人さん: 直虎最終回辛かった。今後のおまけにも政次が出るだろうけどブルーになるから見たくない。カルテットとわた恋買ってデレデレして癒されるんだ。もうお前を死なせやしない。 - 1 日と 15 分 59 秒前
  • あいしてんるうさん: 最終回の回想シーンも、巻き戻ってるんだよなあ #カルテット - 4 日と 21 時間 55 分 59 秒前
  • へんぼくさん: 映画は数字がすべてだけど、ドラマは視聴率なんか関係ないって話なんだよなぁ・・・それってまさにアメリカだ。システム的に。でも、宇野はカルテットの最終回で二桁取った時にすげー自慢してたwなるほどアメリカ大好きさん、日本のドラマも数字高い方がいいんですね。つまりカルテットってクソw - 4 日と 22 時間 16 分 2 秒前
  • サチコ@飯田橋さん: ひとりカルテット合宿最終夜、最終回3回目…ログハウスの中で見るカルテットは画面に入り込めそうでどちらが追体験かわからなくなる - 5 日と 23 時間 7 分 37 秒前

    「カルテット最終回」に関するブログ
  • カルテット最終回
    「カルテット」が終了してしまいました・・・。

    http://blogs.yahoo.co.jp/nemu0722/69431089.html


  • カルテット最終回
    私にしては珍しく、毎週楽しみにしていたテレビドラマが、残念ながら終わってしまいました。

    http://blog.goo.ne.jp/yamagen-nakag/e/8007bae92418c59ae8123aa6de1ea2c6


  • カルテット
    今日はカルテット最終回をみてるときの話
    マンガ用にいやがられるか、蹴られるか、引っ掛かれるかと期待していたら、まさかのゴロゴロ

    http://blog.goo.ne.jp/oken2teeth/e/4fc85537361a343f87aa541ab9d3a1ac


  • カルテットの謎の麺
    カルテット最終回面白かったが
    この鍋が謎すぎて 水炊きのマロニー春雨?

    http://blog.goo.ne.jp/drsaku/e/76930a3254431596ec5c769c24a6bab1


  • 「カルテット最終回」に関する教えてGoo!
  • 皆さんの「このドラマの最終回はよかったぁ~」というドラマを教えてください。
    私はなんと言っても2011年の「それでも生きていく」です。


    瑛太さんと満島ひかりさん主演のドラマですが、こんな素晴らしいドラマは後にも先にも無かったと思います。


    今回の「カルテット」もよかったと思いますが、最終回はまあこんなもんか、って感じ…
    「それでも生きていく」の最終回、ラストシーンは何ともいえないさわやかな終わり方でした(表現力が無くてうまく書けないのが悔しいです)
    私はワンシーズンにドラマ8~11本観る程のドラマ好きです。


    でも今回の「東京タラレバ娘」もまぁ楽しく観させてもらいましたが、1話を観たらストーリーが最後まで想像つく話が多くて残念です。


    そこで皆さんの最終回が素晴らしかったドラマを教えてください。
    「それでも生きて行く」良かったですよね。名優揃いでした。


    私は大竹しのぶさんの迫真の演技に圧倒されましたね。

    さすが大女優の名に恥じない演技力でした。


    安藤サクラさんも良かった。脇役までがっちり固めてあって奥深いドラマでした。


    でもごめんなさい。ラストシーンの記憶はあまりないです。


    私の場合たいてい最終回の一回前ぐらいがクライマックスで面白いんですよね。
    ラストはそれを納めて行く感じ。たとえどんでん返しでも。
    なのでラストが印象に残ってるものって少ないです。


    「カルテット」も楽しく見ましたけど同じでした。


    記憶に残ってるところで言うと「Mother」です。


    芦田愛菜ちゃんの出世作になりましたが、正直愛菜ちゃんは好きじゃなかった。
    主役の松雪泰子さんもさることながらこのドラマも脇役が良かった。
    育児放棄する母親役の尾野真千子さんが良かったですね。


    その尾野真千子さんと瑛太さん主演の「最高の離婚」は面白かった!
    コメディも大好きですが、これは毎回お腹を抱えて笑いました。


    笑いのセンスが最高です。


  • 昨日もベネズエラに勝てないサッカー日本ですが、
    もう勝てる見込みなしでしょうか?



    まったく、突破できない攻撃に穴だらけのザル守備。
    小野、中田、中村、稲本の黄金のカルテットのときがピークでもうこれ以上強くなることはないのでしょうか?



    世界レベルでみても、世代が交代するので、高校野球同様、よわくても勝ててしまうこともあるかとは思いますが、それにしてもよわくなっていくサッカー日本代表ですから、これからのサッカー日本には、期待しない方がよいのでしょうか?


    こんにちは。 #6の再入場です。

     川又選手もレフティでしたね。 
    ファルカンさんが岩本輝雄選手を育てようとしてくれ、期待していたらすぐに首(監督更迭)になり、がっかりした思い出があります。
    中村俊輔選手も代表チームではあまり良い思い出がありません。
     レフティはむつかしいのでしょうか?

     盛田剛平選手なんかもう十年早くDFに転向していたら日本はもっと強くなっていたのにと残念に思っています。

     いつの時代もレフティが世界を制すると思っています。

     

話題のトピック

リアルタイムトレンド