なぜ「オーケン」なのか?

「オーケン」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      【ホビット】Richard Armitage リチャード・アーミティッジ【トーリン】

      Collegeで過ごしたローティーン時代から、音楽を熱心に学ぶ。あれは学校の旅行でテントの中で寝てる時だった、今でもものすごくセクシーな思い出だよ、だって初体験だから。僕は彼女にとってはそんなに性的な魅力もなかったと思うけど、次の朝にはみんなに知れ渡っていて困惑したんだ。

      彼女は僕をからかったりはしなかったけど、まあ、良くはなかったんだろうね。

      当時のことを「ゾウの近くで眠っていたんだけど、夜中に匂うんだ…。 スケーターヘフラフープを投げたりジャグリングスティックを投げたり、ゾウの背中からバックフリップをしたりと様々な演目に携わっていたそう。彼はミュージカル舞台に飽きたらず、LAMADAで演劇の勉強に戻った。 「ミュージカル俳優を目指していたが、21歳の頃、これは自分の進むべき道ではないという思いに打たれた。 ミュージカルの舞台よりも何かもっと真実味のあるものをやらなければと思ったんだ。

      自分にはミュージカルはちょっと大仰すぎ、要は舞台に立って見せびらかしているだけに思われた。 リチャードは広島県へ足を伸ばし、原爆ドームを訪れたりも。 あまりの美しい佇まいとロマンチックな内容に、放送後はBBCの掲示板がパンクしたとか。

      スガ シカオ20周年『スガフェス!WEST』、佐野元春からきんに君まで多彩なゲストと歓喜のフィナーレ

      シカオのデビュー20周年イヤーにおけるランドマークともいえる『スガフェス!』の大阪版、『スガフェス!WEST』が大阪城ホールで開催された。また、それだけでなくゲストも、佐野元春に大槻ケンヂ、片平里菜、それに、なかやまきんに君と濃厚な面々が集まった。コラボしたメニューが並ぶ屋台など、お祭りムードに包まれている。

      また、FM802の番組公開収録では、スガシカオ本人が登場。秘蔵音源が流れるなど、集まったファンから歓声が上がり、まるでライブ会場のような盛り上がりを見せた。まさかのご本人様登場的な演出に会場が騒然となる。ヘアーサロンまでしつこく追いかけるオープニング映像のあと、重低音の宇宙的なSEの中、kokuaが登場。横一列に各パートがフラットに並ぶ姿が、きちんと5人一組のバンドであることを主張しているようだ。

      kokua撮影=渡邊一生 kokuaのパートでゲストとして登場したのは佐野元春。イントロが鳴った瞬間、会場じゅうからハンドクラップの嵐が巻き起こる。1980年のデビューアルバムに収録されているこの曲は、なんと佐野が十代の頃に作ったのだそう。 インターバルの時間には、なかやまきんに君がサブステージに登場。大阪城ホールであえて弾き語りでのライブを選択し、4曲を披露。同い歳でまったく違う音楽人生を歩んできたオーケン×スガシカオがファンクに交わった。大槻ケンヂ撮影=渡邊一生 熟成されたkokuaに対して、スガバンドの魅力は、これからも変化していくアンバランスさにある。シカオ楽曲の危なっかしさと相まって独特のグルーヴを生んでいく。盛り上がる中、大量の風船が咲き乱れる光景を見たスガは「こんな最高の景色を本当にありがとう。シカオとファンの間で交わされた熱い抱擁は、幸せなグルーヴに包まれてフィナーレを迎えた。そして、新しい一歩が、またここから刻まれたことが何より感動的だった。このツアーはスガのメジャーデビュー20周年記念イヤーの締めくくりとして企画されたもので、12月8日のシンガポールを皮切りに台湾、日本の3カ国で行われる。チケット発売に関する情報はスガのオフィシャルサイトにて追ってアナウンスされるとのこと。今後も更なるチャレンジを続けるスガシカオに引き続きご注目いただきたい。

      「ロックンロール!」と叫びたくなる!? “ミュージシャンが書いた名著”厳選5冊

      ロッカーやラッパーなど、ミュージシャンによるオススメの本を5冊、音楽好きなライターが紹介させていただきます。 選んだのは、いずれもここ一年ほどの間に出版された近著ですが、著者の音楽性も作風も個性豊かで、バラエティーに富んだ内容になるように選びました。

      どの本も面白く、読み始めたら止まらなくなる本ばかりです。 シンプルかつ骨太なロックンロール、そして、ワイルドなステージングを武器に、オンリーワンな輝きを放ち続けるロックバンド、ギターウルフ。 この本には、セイジさんのブログ『フジヤマシャウト』で公開された記事の中から、厳選された89篇の文章が収録されています。

      以前から、その特異な美意識や言葉感覚がロックファンから高い評価を受けていたセイジさんですが、この本の中でも、その世界観は徹底されています。

      ギターウルフの名曲、名盤と同じく、そのぶっ飛んだネーミングセンスが先ずは目を引くサブタイトルの数々。 どこまでも熱く、ダイナミックな爆発力を有する一方で、繊細さも併せ持つセイジさんのタッチで叙述されるのは、時に、少年時代のノスタルジックな記憶であり、時に、青春時代の甘酸っぱい思い出であり、時に、バンドのツアーで訪れた異国の風景であり、時に、自分の好きな物を熱っぽく語る熱狂者としての視点であり、時に、セイジさんの奔放なイマジネーションによって生み出されたロマンたっぷりな空想の物語であったりします。 そして、そのいずれもが読み手の頭の中に、セイジさんが描き出す景色をありありと浮かび上がらせるような文章としての力強さを有しており、その熱っぽくも巧みなタッチは、この本の特徴を決定付けています。

      を追い掛け続けるセイジさんの生き様は、とにかくパワフルで、読んでいるだけで元気を貰えます。なっていく姿は、ただただシンプルに感動的であり、ギターウルフのサウンドと同じく、受け手の心を滾らせるエネルギーに溢れています。

      文章の巧さと、まるで原始の炎なような熱が組み合わさった素敵な本です。 やや込み入った家庭環境のもとに生まれた漢さんは、成長するに伴い、犯罪や暴力が跋扈する裏社会へと足を踏み入れていきます。を結成し、音楽シーンでもその名を響かせ始めます。形作られ、そこから生まれた独自の視点で綴られる歩みは、この本に唯一無二の強烈な個性を与えています。

      そして、その個性こそが本作の最大の魅力です。読んでいると、まるで海外のギャング映画を観ている時のような圧倒的な高揚感すら覚えます。 漢さんのクルーの中では、ヒップホップは常にリアルでなければなりません。
      この他にも、一般の人は、到底縁がないであろう過激で危険な話が続々と登場します。 ギャングスタなライフスタイルと、そこから生まれた特異な精神性。 フィクション、ノンフィクションを問わず、様々な作品で舞台として描かれ、一般社会で暮らす私たちも、その様子を垣間見ることができる刑務所の内部。『前科おじさん』は、そんな疑問に答えてくれる本です。代表的なアーティストとして知られる音楽クリエイター。 ところが、念願叶ってメジャーレーベルからのアルバムリリースを果たした直後に、不祥事を起こしてしまい、留置場での生活を送ることになってしまいます。

      しかし、そこで高野さんの洞察力がフルに発揮されます。しか言いようのない非体育会系のミュージシャンです。隔離された留置場で過ごした日々が笑いを交えてユーモラスに、そして活き活きと描かれています。

      何はなくとも、著者が持つ観察力の鋭さと、見た物、聞いた物を笑いに変えてしまうセンスが光ります。このユーモアを楽しめる方ならば、読んで損なしな一冊です。SABBATH直系のダークでヘヴィなハードロックサウンドに、日本情緒溢れる猟奇性と文学性を持つ歌詞を合わせ、日本国内で孤高の地位を築いたバンド、それが人間椅子です。 『屈折くん』は、人間椅子のメンバーである和嶋慎治さんによる自伝。ロックミュージシャンとして30年以上のキャリアを持つ著者の半生が赤裸々に書かれています。

      何より凄いのは、自身の人生を振り返り、それを文字に起こす上で人生の良い部分も悪い部分も、その何もかもを素直に曝け出している点です。出演をしたことで、アマチュアバンドにも関わらず全国的な人気と知名度を得ます。終焉と共に、セールスが落ち込み始め、そこからバンドにとっての長く険しい苦悩の日々が始まります。 しかしながら、人生で度々訪れる逆境に対し、和嶋さんは背を向けることなく、寧ろ積極的に飛び込んでいこうとします。その結果、苦悩に次ぐ苦悩によって創作に対する感性が研ぎ澄まされ、その果てに、和嶋さんは芸術に殉じる決意を固めていきます。そこにあるのは、決して分かりやすいサクセスストーリーではなく、創作に人生の全てを捧げようとする人間の凄みです。 和嶋さんの高校時代のあだ名だったという『屈折くん』というタイトルも秀逸なこの本。 最後にご紹介したいのが、大槻ケンヂさんの最新エッセイ集『ライブハウスの散歩者』です。 筋肉少女帯、特撮といったバンドのフロントマンとして、また、作家としても長年に渡って活躍している"オーケン"こと大槻ケンヂさん。を紹介し、そのハコにまつわるオーケンの思い出を綴るという内容です。 先に紹介した人間椅子と同じく、大槻さんも30年以上のキャリアを持つバンドマンであり、全国津々浦々の会場でオーディエンスを沸かし続けたロックヴォーカリストです。その為、ハコにまつわるエピソードは尽きず、大小様々なハコのインフォメーションと共に、笑える話や失敗談、ちょっとシンミリする哀感に溢れた挿話まで、様々なメモリーが描かれます。 表現をするアーティストと、その表現を享受するオーディエンス。持つ不思議なパワーが、大槻さんの軽やかな語り口によって浮き彫りになっていく様が本作の大きな魅力です。 自身の情けないエピソードや失敗談をユーモラスに語り、センチメンタルな情感も顔を出す。年齢を重ねた今も、現在進行形で日本中の文化系人間に勇気を与え続けるオーケンらしさに溢れた本です。

考察。「オーケン」とは何か?

「オーケン」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

オーケンに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 大江 春菊さん: RT @rpm6432525: オーケン弾き語り秋ツアーのチケット予約開始してました!今、ハコに電話して確認済み!遠征予定の方は電話かメールでお早めに。予約順の整列だそうですよ!! - 20 日と 16 時間 1 分 28 秒前
  • 千裕さん: 打ち合わせ待ち中。オーケン、コーヒールンバに動きあるのかな?激戦必至だけにドキドキものです。 - 20 日と 16 時間 12 分 9 秒前
  • はちわれにゃん@アイコン移行ちう。さん: @taco0124 うふふ、これ両国で負けた後ですね。オーケンさんの前にいる時です。そうそう、早く整理しないとまた週末使うのに…!!なんとなく面倒なんですよねぇ…(汗)いやいや、頑張らなきゃ(`・ω・´)ゞ - 20 日と 18 時間 36 分 59 秒前
  • 誰ですか〜♫さん: オーケンさん特撮…特撮といえば… - 21 日と 1 時間 33 分 6 秒前
  • おむさん: オーケンのMC「30年の重みを感じたいかー!?」って聞いて、みんなイェーイ!ってなってたら、「重みなんか出るわけねぇだろ!ロックなんだから!!30年やったって重みなんかでやしねぇ!重みが出ててたら今頃自社ビル建ててるわ!!!」って言ってて、面白すぎた - 21 日と 2 時間 34 分 4 秒前
  • うさやまひよこぴようこパフェさん: @shiropi おじさんになるとまたかわいいわけですよね。オーケンとか… - 21 日と 3 時間 54 分 19 秒前
  • tattoo☆花魁さん: オーケンっ! ヨギナクサレてるよう。
    > https://t.co/n9UBLtoMbp

    - 21 日と 9 時間 24 分 20 秒前
  • わか@毎日闘いの日々さん: RT @kiranbo_: オーケンいた!#ラストアイドル
    > https://t.co/Im4bwrlaFH

    - 21 日と 9 時間 55 分 53 秒前
  • 笙子@続く世界さん: →全部ひきかえにしても構わない一目逢えるのなら~♪な「続く世界」という歌(劇場版グレンラガンの主題歌)が好きなのでヘッダー画像にタイトル入れました。オーケン、しょこたん、香取慎吾。今のわたしの三種の神器(必需品)です - 21 日と 10 時間 26 分 40 秒前
  • みやこさん: シンちゃん「ユニコーンは民生以外(撮影)フリーだから」オーケンさん「えっそうなのぉ?」シンちゃん「いやわかんないけどw」←酔っ払い - 21 日と 17 時間 12 分 31 秒前
  • じまさん: RT @yocotea: 入江くん試合負けちゃったけど、大槻ケンヂさんとこに行って泣いてて、オーケンさん指差して何か伝えてて励ましてて、最後手握ってさ~。もうね私泣きながらこのお写真撮ってたもん。これはもらい泣きする。
    > https://t.co/StfhfFkalG

    - 1 ヶ月 3 日と 1 時間 19 分 54 秒前
  • 沙杠@えすりさん: @shakesan_ppp オー!ジャパニーズヨバイ!!摂津氏がくたくたになっても「もう終わりかよ?」とか煽ってるの考えたら止血出来そうにない……!同志…あそこのケンカップルやばいですよね!! - 1 ヶ月 3 日と 6 時間 5 分 52 秒前

    「オーケン」に関するブログ
  • そう間違えられて、コケそうになったそうだ。
    たしかにオーケンはオールナイトニッポンのパーソナリティをつとめていたが、「DJ王」という響きがいいではないか。
    どんなキングなのか。

    http://blog.goo.ne.jp/sharon106/e/656b4bda124c010bbd82339589c81072


  • セシオン杉並って先月私が阿波踊りで出演した会場ー!
    そこにオーケンがー!
    目撃したかったなーあ。

    http://blog.goo.ne.jp/hiba152/e/a85f1774ef6815019c8eb2e886ad51a1


  • オーケン出てまして、これも少しだけ見ました。
    オーケンかわいいかっこいいわーい!
    シャキーンは15分番組なので、明日の朝全部見てから出かけよう。

    http://blog.goo.ne.jp/hiba152/e/b0df933d76de6c0474494271e4432ddd


  • 無難なコメントだなー。
    しかも、オーケン以外の3人は挑戦者を支持!!!
    これまた驚いたわ。

    http://d.hatena.ne.jp/falconclaw/20170912/1505212595


  • 音被りが半端ない(笑)
    オーケンのMCはツボに入るわー。
    昔と変わらずカッコ良かった。

    http://yaplog.jp/ayaya19/archive/1736


  • 「オーケン」に関する教えてGoo!
  • 図書館で大槻ケンヂさんの本を読んでおもしろいと思い大槻ケンヂさんの本を全て読んでみようと思いました。

    すでに『ステーシー』『くるぐる使い』『旅マン散歩マン』『オーケンののほほん日記』は読みました。

    あと他にどんな作品があるのでしょうか?

    知っている方教えてください。
    オーケンのめくるめく脱力旅の世界
    猫を背負って町を出ろ! 角川文庫
    大槻ケンヂの読みだおれ―大槻ケンヂのお蔵出し〈PART2〉
    グミ・チョコレート・パイン グミ編 角川文庫
    90くん
    のほほんだけじゃダメかしら? 集英社文庫
    オーケンののほほんと熱い国へ行く 新潮文庫
    オーケンののほほん日記 ソリッドグミ・チョコレート・パイン チョコ編 角川文庫
    直撃!強くなりたい道!!―こんな経験、ボク初めてなんです
    行きそで行かないとこへ行こう 新潮文庫
    わたくしだから
    と、あげればきりがないですが
    AMAZONというHPにいって大槻ケンヂさんの名前で検索してみてください。
    在庫切れで手にはいらないものは
    図書館という手もありますよ!
    大槻さんは、のほほんとしているキャラクターだとおもっているので
    書名のとおりだなぁ~とおもってます。

    http://www.amazon.co.jp/


    にいけば、たぶん↓のURLのような
    ぺーじがでてくるはずです。

    (もしうつらなかったら
    上のURLにいってけんさくしてみてね!

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handl


    参考URL:
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handl


  • 「オーケン」の関連語
    1位 出演
    2位 高円寺
    3位 セシオン杉並

話題のトピック