なぜ「オーキド」なのか?

「オーキド」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      賛否両論も納得!?「 劇場版ポケットモンスター キミにきめた! 」

      登場するキャラクターについて アニメシリーズにも登場するキャラクターのサトシ(声は松本梨香さん)が本作でも主人公です。マサラタウンという町の出身でポケモンマスターを目指し、オーキド研究所のオーキド博士からポケモンをもらい旅に出ます。 寝坊した為、ゼニガメ、ヒトカゲ、フシギダネの三体からポケモンを選ぶことは出来ませんでした。 そして、オーキド博士の元にいたピカチュウ(声は大谷育江さん)というポケモンをサトシはパートナーに選ぶことにしたのでした。 そんなサトシとピカチュウの出会いから、劇場版オリジナルの展開を踏まえてのストーリーが描かれているのが本作です。 本作だけに登場するゲストキャラクターはシンオウ地方出身のマコト(声は佐藤栞里さん)という少女トレーナーと、同じくシンオウ地方出身のソウジ(声は本郷奏多さん)というポケモン博士を目指す少年トレーナーなどがいます。

      サトシはマコトやソウジたちと出会い、伝説のポケモンのホウオウに会いに行くことに。 そして特筆すべきは、本作ではとても珍しくメタ表現が使われていた事です。 メタ表現とは、ざっくばらんに説明しますと、物語の中で登場キャラクターが知り得ない情報、つまり創作者にしかわからないような情報などに言及したり、登場キャラクターがいる世界とは別の世界(現実など)について触れていたり、登場キャラクターに視聴者に対しての発言をさせたりすることです。 私個人としては、メタ表現、メタ発言、メタフィクションなど好きな部類に入るので許容できましたが、ポケモンの世界を大事に思っているファンやお子様たちにとっては、どんな風に伝わったのか気になるところではあります。 許容できたとは言いましたが、若干の違和感はありました。

      ですが、心配されていたゲストキャラクターたちについては、結構すんなりと馴染んでおり、元からこういうお話だったかなと思わせる感じでした。 ■サトシのかつての仲間といったらやっぱり! でもやっぱり、サトシとピカチュウの出会いを描くなら、カスミとタケシたちとのストーリーが観たかったというのが本音です。 どんな変化を遂げているのか、変わりなくあのままの二人なのか。

      【ポケモン】あの3人が15年ぶりに再会して「神回」と話題 古参ファンへのサービスが止まらなかった件

      生活を送るサトシとピカチュウだが、ポケモンスクール開校20周年記念の課外授業として、仲間と共にカントー地方へ赴くことに。マサラタウンへ帰って来たサトシは、タケシやカスミ、オーキド博士たちとの再会を果たした。 サービス精神がハンパない この放送回は、とにかく初期シリーズに慣れ親しんだ世代へのサービス精神にあふれていた。 オープニングテーマに『めざせポケモンマスター』を採用し、本編が始まるとすぐさまタケシが登場。始まり、ケンタロスの大群、ベトベトン、フシギダネなどサトシがかつてゲットしたポケモンたち、さらにはゼニガメ団や例のプリンなど懐かしのネタが満載。ロケット団の口上も無印バージョンで、とにかく隙がない構成だった。未だに受け入れられない古参ファンも少なくない模様だ。

      【アラサー】意見真っ二つ!初代ポケモン世代で『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』を観てきた

      キミにきめた!』がついに7月15日より公開となりました。

      ツンツン時期のとっても可愛いピカチュウとなんやかんやありOPが流れます。わたしはもうこの時点で『いい映画だったなあ~』と思うほど満足感がありました。

      と見る前は思っていましたが、みんなとても良いキャラをしていて俳優さんたちの声の演技もあっていました。

      この映画だけしか出てこないのはもったいないなと思うくらいです。ソウジの過去ではレントラーが大好きなのでここでついに鼻をすすりました。

      そういった目線から見ても、今作は初代の良さが映画という短い時間に綺麗にまとまっていてとても良い作品だなと思うと同時に、ポケモンっていいなあとあらためて実感しました。

      カシ ゲームは緑→黄→銀→ダイヤモンド ブイズパが大好き!相棒は素早さ振りサンダース。 アナザーストーリーとして観ても拭えない“ぐぬぬ感” 初めて手にしたのは緑版でした。 アニメが始まった頃には何度も殿堂入りをしていたけど、自分が使っていたポケモンをサトシも使ってくれたら嬉しいな、とか思いながら毎週楽しみに観てました。

      そんな思い入れのある『ポケモン』だからこそ、この作品に思いっきりのめり込めないのが非常に、非常に悔しい。

      ただ、自分の体験というフィルターを通すと、マラソンしながら義務感で給水スポット巡りをしているような感じに、ノンストップでノルマを達成していくだけみたいな印象を受けました。

      いっそのことライバルのシゲル側の目線で、サトシがここに居たときシゲルはこんなことをしていたんだ、みたいな方が観たかった。ある意味、本編ではありえないことも起きるので完全なアナザーストーリーとして観るのが正しいのだ、としてもぐぬぬ感が拭えない。思っていたら、エンディングの映像が流れた瞬間、涙腺がふっと緩むのを感じました。

      それだよ、それ!お前らだよ!と大声で言いたい気持ちを抑えつつ、劇場を出るのでした。srbn 緑→銀→サファイア→パール→リーフグリーン→ホワイト→ムーンとプレイしてきたゆとり世代。急にネタバレみたいなこと言いましたが、全然ここは問題じゃないんですよ、ちょっと早くて寂しかったけど。 今回はTVアニメ第1話で見た、ホウオウに会いに行こう、という約束を果たすオリジナルストーリー。ピカチュウと出会い、冒険をするサトシがTVアニメと同じく最初にキャタピーを捕まえて微笑ましく過ごしたり、過去の話を思い出させるシーンが次々と入ってきます。 なのに、出会うのは映画オリジナルの新キャラ。別にいいんですよ、オリジナルキャラ出しても一緒に旅しても。 サトシがマサラタウンを飛び出して次々と出会ったポケモンたちとの思い出が、今の子たちの中ではこの作品になってしまう。再現される名シーンが登場するたびに寂しい気持ちになりました。

      オリジナルキャラ出してオリジナルストーリーって言うなら、完全オリジナルにしてほしかった。 タケシとカスミと別れた後の話にするとか、時間軸はうまく調整できたんじゃないかな。 パラレルワールドだと思って見ればいいんだけどね。

      もう完全なパラレルワールド、って言い聞かせようって思って見ていたところに、エンドロールのあの演出。ポケモンの名前151匹くらいスラスラ言えるのが当たり前で、通信ケーブルを所持していることがスクールカーストのポジションと密接に関係していた頃、私は小学3年生でした。 それから20年、ヴァーチャルの世界でポケモンをゲットできる時代がやってきて、あの頃の熱が再燃。『XY』よろしくヌルヌル動く作画でオニスズメの大群との攻防からホウオウの目撃まで見事に描き切ってくれました。

      当時のカントー地方では珍しいはずのポッチャマとかルカリオが普通に出てくるの。伝説ポケモンのエンテイ、スイクン、ライコウがその辺をウロウロしてるの。劇中のバタフリーには思い入れがないから全く泣けないの。進化直後のリザードンだってサトシさんの指示通りバトルしちゃうの。ピカチュウがいつの間にやらアイアンテールをマスターしてるの。 アニメシリーズで描かれなかったサイドストーリーではなく、あくまでもアナザーストーリーなワケです。いや、かと言って悪い出来だと言いたいのでは決してありません。


      ただ、こうやって世の中に老害が量産されていくのだと知りました。

      『赤』プレイ当時のパーティは、ケンタロス、ナッシー、ラプラス、カビゴン、カイリュー、ゲンガー。

      【オワリカラ・タカハシの「サイケデリックな偏愛文化探訪記!」】「ポケモンカード」とシゲルくんの話「ポケモンカード」とシゲルくんの話

      その名の通り、全世界で大人気の『ポケモン』を題材にしたカードゲームで、ポケモン本体に負けず劣らず、20年間、世界中で人気を集める一大コンテンツだ。

      子どもから大人まで楽しめる、っていうか、もう大人のほうが夢中でやっているカードゲームだ。

      それもそのはず、ポケモンの最初の出荷数はそれほど多くなく、ほとんどのゲーム雑誌でもスルーされていた。 こうして草の根的にジワジワと人気が過熱していき、数カ月後には爆発。 学校が終われば対戦、交換(通信ケーブルを持っているヤツが神になった数カ月だった。家に帰っても友人どもを出し抜くためにポケモン育成。 ポケモンが画面を飛び出し、自分の手の中にカードとしてやってきて、友達と対戦できる――。ポケモンカードゲーム発売の少し前に書店に並んだこの号は、ポケモンの『青』という新バージョンを同誌限定で通販するという一大企画の受け付けを開始した号で、日本中のポケモンキッズが手に取った。 ここに付録として、ポケモンカードが2枚付いてきた。ピカチュウとプリンは、当時のアンケート人気投票で1位、2位だった大スターポケモン様だ。

      その2体のポケモンがカードになって、いま僕の手の中にある。いま見ると、ちょっとしょぼいCGも、当時は恐ろしく美麗に感じた。ちろん、全部で60枚のカードが必要なゲームなので、手元にある2枚だけでは圧倒的に数が足りなすぎるのだが、それでもイメトレせずにはいられなかった。 さまざまなシチュエーションで、いろいろな対戦相手と戦うことを妄想した。イメトレ以外の時間は、コロコロの記事を穴が開くほど見る。 その記事の背景には、豆粒くらいの大きさで、さまざまなカードがズラリと並んでいた。目をつむると、まだ見ぬ無数のポケモンカードたちがズラーッと目の前に現れる。 やっと寝付いたあとの夢の中でも、おそらくひたすらカードを愛でていただろう。 翌日、玩具店の開店時間に町へ繰り出した少年タカハシは、衝撃を受けた。実は、ポケモンカードゲームは発売時、ほとんど無視された存在だった。 なんとか流通を見つけて発売にたどり着いたわけだが、ほとんどのお店に満足に商品が並ばない、という不遇のスタートを切った。 その要因となる背景には、まだ日本でトレーディングカードゲームという文化が根付いていなかったことが挙げられる。 その後、ポケモンカードゲームが子どもたちに1年で約2億枚、2年目は5億枚以上を売り上げたことを考えると、このときの大人たちの思い込みは間違いだったとわかる。とにかく、どこにも売ってないポケモンカードゲームを求めて、タカハシ少年は自転車で走り回った。 最後の望みをかけ、自転車を飛ばして、やってきたのが隣町のイトーヨーカドー。 それでも、夢にまで見たそのカードは、お年玉を積んでも惜しくないほど価値のあるものに見えた。いま思えば、ほかのところで売っていなかったポケモンカードが、イトーヨーカドーにはいつもあったのには、ちゃんと理由があったのだ。

      だ!最強のポケモンとして、子どもたちのスーパーヒーローというか、畏敬の念を集める魔王的存在になっていたミュウツーだ。

      カードを引いた自分に運命的な何かを感じて悦に浸っていたのだった。ポケモンカードを心待ちにして、町中探し回っているようなヤツは自分以外に誰もいなかったのだ。

      みたいな、ものすごく小規模のゲームになってしまう。押し売りかネズミ講ばりの詐欺師口調でポケモンカードを啓蒙して回った。 すると、そこで1人のクラスメイトが、ポケモンカードに興味を持ってくれた。もともとはそこまで親しくなかったが、彼がポケモンカードを買って2人で対戦や交換をしてハマり込んでいくうちに、どんどん親しくなった。 ポケモンカードも少しずつはやりだし、どんどん売り上げを伸ばして、品薄になるほどの人気を集めた。意外に数が少なく、今ではプレミア価格がついていたりする。その後もカードは第2弾、第3弾と発売され、全151種類がカードとして出そろい、ポケモンのゲームやアニメと一緒に、日本中で大ブームを巻き起こしていた。だと、少しずつ子どもたちに理解されていったからだろう。 その頃には、僕とシゲル君の2人は対戦を重ねすぎてかなり強くなっていたので、後から参入してくる友人たちとはちょっと次元が違うバトルを繰り広げていた。 毎日、放課後は友人たちとカードで対戦する毎日で、新シリーズが出ては買い、親にねだってイベントに出かけ、あっという間に1年近くが過ぎた。 そして97年冬、第4弾が発売された頃だったと思う。僕は相変わらず、ポケモンカードに夢中だったが、ある時からシゲル君とあまり遊ばなくなった。別にケンカしたとかいうわけではなかったのだが、なんだかシゲル君の付き合いが悪くなったようだった。シゲルくんは人が変わって社交性を失ったように見えて、僕は子ども心に、何か腑に落ちないものを感じていた。 ライバルを失ったこともあってか、僕自身も少しずつポケモンカードの熱が別のところに移っていって、次第にポケモンカードを追いかけなくなっていった。大人になった今、僕はポケモンカードの原稿を書いている。

      実は20年目の今年、僕はポケモンカードに復帰したのだ。

      きっかけは、2月に発売された20周年復刻スターターだ。

      あの日、自転車を飛ばしてイトーヨーカドーで買ったのと同じパッケージで発売された復刻スターターを買ってから、またハマってしまった。 20年ぶりのポケモンカードは、相変わらず興味深くて、戦略的な、面白いゲームだ。

      9月には、20年前の第1弾のイラストそのままの復刻ブースターも出た。かつてのカードはもう使えないけど、この同じ絵柄の復刻カードは、今のゲーム環境でも使えるように作られている。

      大学生になったころ、母親が地域のボランティア委員会みたいなものに入っていて、シゲルくんの家を訪ねたことがあった。シゲルくんが家族に対して暴力を振るう、というので母親のところに相談が来ていたのだ。

      シゲルくんはあれから私立の高校に進学したがすぐに退学し、いくつかの高校に入っては辞めるを繰り返し、3度目の高校生を迎えていた。 その原因を、帰宅した母親はこんなふうに聞かせてくれた。 僕たちがポケモンカードで遊ばなくなった、あの時だ。

      大人になった今、彼の中で折り合いがついているのなら、ポケモンカードの話がしたい。好きなものは謎、ロック、歌謡、特撮、漫画、映画、蕎麦。

考察。「オーキド」とは何か?

「オーキド」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

オーキドに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • ちさん: オーキド博士「そこに4人の予備校講師がいるじゃろう?好きなのを一人選ぶんじゃ」 - 3 日と 3 時間 16 分 18 秒前
  • 植松悠美(うえまっちゃん)さん: RT @Pokemon_cojp: アニメ「ポケモン サン&ムーン」始まるよ!カントー地方へ帰ってきたサトシは、懐かしいポケモンやタケシやカスミ、オーキド博士と再会した。そんな中、ひょんなことからオーキド研究所の中でポケモンたちが迷子になってしまい!?
    > https://t.co/

    … - 3 日と 3 時間 22 分 2 秒前
  • 浅葱さん: @suke6_6suke それはそれでめっちゃウケるからいいけどこれいいよって言ったらマジでオーキドくるパターン!?wwwwwwwwww - 3 日と 3 時間 27 分 59 秒前
  • [ zatugaku king]さん: ポケモン初代とかの世代の人は知らないと思いますが、今やミュウツーを遥かに凌ぐ強さの奴や自分のタイプが変わる奴やポケモンずかんが0番の奴がいるし、オーキド博士は亡くなりました - 3 日と 3 時間 28 分 14 秒前
  • Lea Miztyさん: オーキド「そこにモンスターボールがあるじゃろ? いやあ、捕まえるのに苦労したんじゃよ。見てくれ、人語を話すポケモンじゃ」  ポケモン「おお、きど、おーきど……おじいちゃん」  サトシ「……なあ博士、シゲルとゼニガメ、どこ行った」  オーキド「……君みたいな勘のいいガキは嫌いだよ」 - 3 日と 3 時間 34 分 23 秒前
  • オーキド研究所の迷言さん: 三矢(オーキドが何か言う度に)「蹴るよ」 - 3 日と 3 時間 39 分 21 秒前
  • 餡子さん: @asakurakeniti 脈略のないオーキド - 3 日と 4 時間 1 分 6 秒前

    「オーキド」に関するブログ
  • オーキドも久々に川柳を披露。
    オーキド研究所でカントーポケを見て回る事に。
    まぁやっぱり一番印象に残るのはギャロップに感動するカキかなw

    http://d.hatena.ne.jp/YURKT8/20170914/1505399881


  • ここら辺、当時観ていたひとならば、すごく懐かしく観られたのだろう。
    ただ、オーキド博士やシゲル,エリカ,キクコらの登場には、オールドファンとしては少しニヤリとしてしまったし、
    その世代のポケモン達が活き活きと描かれるのは逆に新鮮だった。

    http://blog.goo.ne.jp/takeo_1213/e/1647d61b20279c9720ec1dfb577ee6e1


  • 「ええ、そうね!...
    フレイアは旅立ちのとき、オーキド博士から転送して貰い受けた子なの。
    元気にしてるか気になってたのよ」

    http://blog.goo.ne.jp/zouonokatamari/e/c1aa2e4045a70d1f5e83c8419bd321c6


  • …失礼、取り乱したようだ(今更w)
    今日のスタンプ市場にオーキド博士のスタンプが出てたもんだからつい…
    グリーンも嫌いじゃないけど一つだけだしそれだけの為に購入には踏み切れん;

    http://blog.goo.ne.jp/towa-aoba/e/6e3e71f9454c1c6f1c5a1f7e4d0a0f25


  • 「オーキド」に関する教えてGoo!
  • ポケモンサトシのヨルノズク、フシギダネ、などはオーキド研究所に居ますか
    リザードンはオーキド研究所、リザフッフィックバレーどっちに居ますか。ゼニガメは戻ってきませんか?


    誰にもわからんよ。
  • ポケットモンスター リーフグリーンで2ばんどうろの家にいるオーキド博士の助手から「フラッシュ」を入手できないのですが。

    何故でしょうか?


    ポケモン図鑑にポケモンの種類とポケモンの説明が10匹以上登録されていると2ばんどうろのオーキド博士の助手からひでんわざマシン02のフラッシュがもらえると思いましたが。

話題のトピック