なぜ「イージス」なのか?

「イージス」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      日本のイージス艦一覧【イージスシステム搭載護衛艦】

      イージス艦が搭載する全ての兵器はイージスシステムに接続され、組み込まれる。

      イージス艦衝突事故で数人の遺体発見…トランプ大統領は日本に感謝

      イージス艦の男性艦長ら3人が負傷し、米海軍横須賀基地の海軍病院にヘリコプターで搬送された。フィリピン船籍のコンテナ船ACXクリスタルは名古屋港から東京港に向かう途中で、イージス艦は警戒任務中だった。コンテナ船にはフィリピン人の乗員20人がいたが、けが人はいないという。イージス艦内に取り残された可能性があるとして捜している。

      話しており、イージス艦の右後方からコンテナ船がぶつかった可能性がある。イージス艦については日米地位協定上、米側に一次裁判権があるため、海保は捜査協力に関して米側と協議している。

      乗組員とみられる7人全員の遺体が艦内の居住スペースで見つかったということです。亡くなられた乗組員のご家族、如何程の悲しみだろうか。それでも、誰かの家族である事に変わりはありません。
      同盟国の一人としてではなく、一人の人間として深く深くお悔やみを申し上げます。 昨日から気になっていた米イージス艦の衝突事故について7人亡くなってたのは残念です。 米イージス艦衝突事故の原因が、日本の船はアメリカの艦船と見るや避けて通るのに、フィリピンの船はルール通りに運転したからという皮肉。 米海軍のイージス艦とコンテナ船の衝突事故の行方不明者はやっぱり浸水した船内に閉じ込められていたんだな。

      一体なぜ‥米軍イージス艦とコンテナ船の衝突事故に心配の声が相次ぐ

      海上保安庁によると、17日午前2時半頃、静岡県南伊豆の石廊崎から南東に約20キロの沖合で、米海軍のイージス艦フィッツジェラルドとフィリピン船籍のコンテナ船が衝突しました。

      アメリカ海軍の船がフィリピン船籍のコンテナ船と衝突する事故があった。駆逐艦の乗組員1人が頭部を負傷しているほか、7人と連絡が取れていないという。3管は巡視船4隻と巡視艇1隻、ヘリコプター2機で捜索している。

      連絡が取れない7人が衝突時に海に転落した可能性があるとみて、救助活動を行うとともに現場の詳しい状況を調べている。

      海軍はえい航するタグボートを派遣する準備も進めている。

      両船とも沈没する恐れはなく、燃料油の流出もないという。コンテナ船の乗組員はフィリピン人20人で、名古屋港から東京港に向かっていた。船体は左舷が損傷し、へこみや、かすったような跡があるが、航行に影響はないという。 ACXとイージス艦のコリジョン...早く船員さん見つかってほしい。 フィリピンのミンダナオ島の都市がISに制圧されてて国内の警戒態勢最高レベルな状況、そして日本の沖合でフィリピン船籍のコンテナ船と米軍のイージス艦が衝突。っていうかフィッツジェラルドさん大丈夫なの…。それだけでも信じられないが、行方不明の7名とボロボロになったのはイージス艦の方だってんだから、意味が呑み込めないんだよ。 船の規模確認したらコンテナ船のが単純にでかいからイージス艦のほうが損傷が大きい。 イージス艦の衝突事故、超ハイテクの戦艦が超アナログな衝突で浸水したことになる。

      > 米・イージス駆逐艦の名になる日系人「ダニエル・イノウエ」
      > 竹島問題 韓国海軍VS海上自衛隊 勝つのは?-イージス艦編-
      > 7人不明1人負傷…米軍イージス艦とコンテナ船衝突事故に心配の声
      > イージス戦闘艦は単なる標的!?怖いもの知らずの海上自衛隊潜水艦隊
      > 韓国海軍、次期イージス艦にSM3ミサイル搭載し、弾道ミサイル防衛か
      > 米イージス艦衝突事故 7人全員の遺体発見
      > 世界政府直下の諜報機関CP-AIGIS0(サイファーポールイージスゼロ)まとめ【ONEPIECE】

      北朝鮮有事にアメリカが抱える「物量と予算」不安

      Shutterstock 10月16日から始まった米韓海軍合同演習のテレビ報道を見る限り、にわかには信じ難いが、米海軍の物量は十分ではないという。アメリカ軍全体の装備は最低ラインとされる90%を何とか維持しているものの、例えば空軍ではB52からB1爆撃機への交替も円滑には行われておらず、陸軍でも武装ヘリが不足している。

      「海外拠点は東アフリカのジブチ共和国、中東のバーレーン、UAE、インド洋のディエゴガルシア島、沖縄、グアム。修理には半年ほどかかり、結果的に兵力の欠員を招いています。

      すでに5個旅団を海外展開中のアメリカ陸軍 アメリカ軍は冷戦後3分の1以下の規模に縮小されており、しかも冷戦後も15年間、絶えることなくアフガン、イラク戦で兵力を消耗している。

      年間6000億ドルの巨額な国防費を投入しながら戦果は思わしくない。こうしたアメリカ軍の疲労をじっと待っていたのが中国とロシアだ。

      「アメリカ陸軍は海外で5個旅団が展開中ですから、例えば北朝鮮に回せる戦闘旅団は寄せ集めになる恐れがあります。 現在アメリカは、イランと深刻な状態に陥っている影響で、世界最大の石油埋蔵国であるベネズエラの政情不安に介入するのではないかとも囁かれだした。世界最強のアメリカ軍でも中東、北朝鮮、ベネズエラの3カ所で武力行使する3正面作戦は事実上不可能だ。

      今回の米韓海軍合同演習に恐れをなし、金正恩党委員長が核放棄してくれれば一番いいのだが。
      関連キーワード - トランプ大統領 - ドナルド・トランプ -

      北朝鮮危機の裏で、米国が日韓など諸外国に武器輸出攻勢…潤う米軍需産業

      このところ、中国を人口の多さでも経済発展の速度でも追い抜く勢いを見せているのがインドである。人口は間もなく17億に達するというし、直近の経済成長率は7.1%を記録した。そんな未来の超大国インドに乗り込み、去る9月14日、安倍晋三首相は日本の新幹線方式を導入した高速鉄道の起工式に臨んだ。

      総事業費はなんと2兆円で、内80%以上を日本が先に負担する。 予想した通り、67歳の誕生日を迎えたモディ首相は大喜び。安倍首相と自らの巨大な全身写真を掲げ、安倍首相夫妻をもてなした。安倍首相も「モディ首相の経済政策は新幹線と同じだ。

      だが、本当に多くのインド人が喜んでいるのだろうか。確かにムンバイとアーメダバード間は現在8時間かかっているが、新幹線が開通すれば3時間でつながる。いえ、新幹線に乗れるのは裕福なビジネスパーソンに限られる。2007年から今日だけでも700件を超える脱線事故が起き、多数の死傷者が出ている。

      あまり知られていないが、インドは鉄道の総延長距離では世界第4位に位置する鉄道大国である。

      しかし、事故の多さでは世界1位との汚名に甘んじている。

      安倍首相の訪印直前にも重大事故が頻発し、鉄道大臣は更迭されたばかりだ。

      本来、鉄道の安全運航に欠かせない人材育成や路線整備にもっと資金を投入すべきであろう。 しかも、現在使われている5万5000台の車両は老朽化している上、トイレなど衛生面の問題も深刻化する一方である。筆者もインドの鉄道には何度もお世話になったが、家畜と一緒になるような旅には閉口したものだ。

      にもかかわらず新幹線にこだわるのは、モディ首相が選挙公約として掲げてきたからだが、今回の新幹線導入には国内で反発も巻き起こっている。

      安倍首相はどこまでそうしたインド人の声を理解しているのだろうか。計画中の新幹線はトンネルの距離が21キロで、その内7キロは海面下という。23年の開業を目指すというが、リスクの大きなプロジェクトであることを肝に銘じておく必要がある。 ●創造的な外交を展開すべき時代 一方、相次ぐ北朝鮮のミサイル発射という挑発行為に対して、国際社会は右往左往するばかりだ。

      国連の安保理が決定した名ばかりの経済制裁と中国頼みの圧力では、一向に金正恩の暴走に歯止めをかけることはできそうにない。 これらはアメリカの対外的な指導力の低下をはじめ、中国やインドの台頭など、アジア、世界を取り巻く政治、経済、安全保障環境が目まぐるしく変化していることの結果に過ぎない。こうした情勢変化を冷静に把握しておかねば、政治的決断はもとより、ビジネス上の経営判断もうまく下せないだろう。国家や企業の命運を左右するのは目に見える部分に惑わされず、見えない部分の動きを正確に理解する力があるかどうかである。今こそ、北朝鮮問題の暴発を抑えるためにも、平壌と経済的結びつきの太い欧米諸国、特に英国、そしてロシア、中国、インドなどとも創造的な外交を展開すべき時代だ。

      ちろん、台湾やブルネイ、インドネシアも傍観しているわけではない。なにしろ、南シナ海は年間50億ドルもの貿易通商ルートである。世界の海上輸送の3分の1を占めるほどの重要な航路だ。

      しかも、往来する船舶の大半は日本の貨物輸送にかかわっている。

      このシーレーンを確保できなければ、日本は生きていけない。称して、アジアとの関与を強めたオバマ前政権より、安全保障の分野でより深くコミットするかたちである。 これではフィリピンにしてもベトナムにしても、心もとないと思うのも当然であろう。トランプ政権の誕生により、アメリカの対中政策も変化する兆しは見えるが、北朝鮮問題の発生により、中国の対北朝鮮圧力を期待するトランプ大統領は言行不一致が目立つようになった。いいながら、アメリカのオバマ政権は指導力を発揮できないまま終焉を迎えた。掛け声の下、アメリカは内向きの姿勢を強めている。

      対外的な軍事コミットメントも以前ほど期待できない状況が生まれている。

      米海軍のイージス艦なども、相次ぐ事故で同盟国からの信頼を失いつつある。 その意味では、日本はアメリカ以上にフィリピン、ベトナムからの要請に応じるかたちで、これまでになかった軍事面というレベルで支援する方針を明確に打ち出したといっても過言ではない。アメリカの存在にただちに取って代わるわけではないが、アメリカの限界を見極めた上で、アメリカの力を生かしつつも独自の対アジア戦略を構築する第一歩を踏み出したのである。 とはいえ、注意すべきリスクも生まれつつある。具体的には、ロシアは中国に海上発射の巡航ミサイルを提供することになった。急速な軍の近代化を進める中国ではあるが、海軍力においてはアメリカや日本にはまだまだ及ばない。 要は、日本の動きをテコに、ロシアから最先端の武器を調達しようということである。現在、中国に近代的な軍事技術を提供できる立場にあり、実際、そうした動きを加速させているのはロシアだけである。 こうしたロシアからの援助や協力がなければ、中国はアメリカやその同盟国との軍事的な対立に勝てる見込みはない。本音の部分ではロシアと中国はともに世界的な覇権を目指している国同士。時にライバル視するも、時に同盟国にもなる関係といえよう。 実際、15年8月にウラジオストクを舞台に実施された中ロ合同演習は過去最大の規模となった。仮に米中が軍事的に対立した場合、ロシアは中国を支援するというわけだ。

      片務的な日米安保とは異なり、まさに軍事同盟としての役割が明文化されている。

      17年9月にも日本海周辺で中ロの合同軍事演習が展開された。 ●中国的深慮遠謀 では、そうした動きを加速させる中国の意図をどう分析すべきであろうか。また、南シナ海における軍事基地化の本当の狙いはなんなのか。中国は新たに建設した飛行場にジェット戦闘機を送り込んでいるようだが、その目的は何か。しかも、配備されつつある戦闘機はロシア製のSu-35と目され、世界最高の性能を誇るもの。 アメリカを誘い出した上で、ロシアとも結託し、超大国アメリカを潰す戦略に舵を切ったとでもいうのであろうか。を見越した上での中国的深慮遠謀のなせるワザなのか。

      しかし、いずれにせよ中国は単なる資源獲得にとどまらず、アメリカを抜く超大国への道を目指していることは間違いなさそうだ。

      言い換えれば、世界の覇権国家を目指しているといえよう。この点を見誤ると、アジアの安全保障環境は崩壊する。繰り返すが、中国は岩礁の基地化を通じての広範な領有権を追求しているだけではないからだ。

      ましてや、ビジネス最優先のトランプ大統領はアメリカの武器や兵器を買ってくれるなら、台湾にも韓国にも、いくらでも武器輸出をするという姿勢。など陸上配備のミサイル防衛システムの売り込みに余念がない。 自前の軍事的対応がかなわないためか、アメリカは日本やインドとの3カ国合同演習に力を入れつつある。これも日本ではほとんど報道されないが、日本はインドと経済、軍事的な連携を強める方向に進んでいる。

      多分にアメリカの意向もあり、中国封じ込め戦略の下で、インド、オーストラリアとも集団的安全保障体制の構築を進めているのが安倍政権である。政策 こうした動きができるようになったのも、15年にすったもんだの末に成立した安保法制の賜物といえよう。たとえば、フィリピン北部での軍事演習が想定されている。

      インドは日本から最先端の水陸両用航空機Su-2など各種の防衛装備品を購入することを決めた。 これまでインドはアメリカから防衛装備品を積極的に導入してきた。同様にアメリカ製のミサイル防衛システムやイージス艦、オスプレイなどの導入を図ってきた日本。その意味では、防衛面でのインドと日本の統合運用はスムースに展開する可能性がある。外交の観点からすれば、プラス、マイナス両方あるが、見方によってはアメリカの戦略にうまく乗せられただけともいえよう。得をするのはアメリカの軍需産業ともいえるからだ。

      となれば、日本は独自の外交に踏み出すべきである。日本とインドが協力し、安全保障からエネルギー、鉄道、医療、税制まで幅広い分野での戦略的シナジー効果を狙ってのこと。当然、中国による南シナ海における岩礁の埋め立て、軍事基地化を念頭においた対策という側面は否定できない。 忘れてならないのは、インドが大量の労働力を抱えていること。冒頭紹介したように、人口の大きさでは間もなく中国を抜く勢いだ。

      インド製の自動車が今では日本に輸出されるようになったほどだ。

      さらには、IT分野の牽引車として世界の製造拠点を目指すインド。中国にとって代わり、アジアからインド太平洋全域をカバーするハブを目指す。日本も新幹線に続き、原発技術の売り込みに拍車をかける。インドとの間で原子力協定を結び、日本から原発技術の移転が可能となる仕掛けだ。

      CTBTへの調印、加盟をインドに求めていた日本だが、インドが中国寄りになることを防ぐためにあえて条件を外し、日本から民生の原発技術がインドに移転できるようにしたところである。 ただし注意すべきは、インドは決して中国との関係を反故にしようとはしていないことだ。

      日本と中国のどちらからも利を得ようとしているにすぎない。ブータンとインドを結ぶドクラム高原では17年の夏、中印両国が対峙していたが、BRICS首脳会議を前に、双方が軍を同時に撤収した。インドも最終的には中国との融和を選択したわけだ。

      日本はそうした情報収集と分析の上で、アジアの時代を切り開くべきであろう。
      関連キーワード - トランプ大統領 - ドナルド・トランプ - アメリカ - 中国 - トランプ大統領 -

      【日本初公開】MITテグマーク教授の新刊『Life 3.0~人工知能の時代に人間であること~』から抜粋。AIの軍事利用を禁止するのはなぜ難しいのか?

      描かれていたような近未来図が少しずつ現実になりつつあります。今後人類が直面する最大のハードルは、AIの軍事利用を放棄するよう世界中の国々を説得することだとテグマーク氏は結論づけています。

      AIには人間の存在に関わるほぼすべての事柄を変えるポテンシャルがありますが、人間がこの絶大な力をコントロールしきれるかどうかはまだ分かっていません。
      テグマーク氏の懸念のひとつに自律兵器があります。――が戦場に送り出されたが最後、人間は敵を殺すプロセスに一切関与しなくなります。ちょっと長いですけど、興味深い内容なのでどうぞ最後までお付き合いください。 太古の昔から人類は飢えと病いと戦いに苦しめられてきた。核兵器を保有している国同士は、その核兵器の恐ろしさゆえに戦争を避けるだろうと考える人たちがいる。

      AI兵器がAI兵器と戦う戦争になれば、兵士や一般市民は殺されなくても済むはずだ。

      生身の人間の兵士よりも公平、かつ理性的に行動するように設計できるはずだ。

      人間の認知能力をはるかに超えたセンサーを装備し、死を恐れないAWSは、戦闘の混乱のさなかでも冷静さを失わず計算どおりに行動できるから、間違って一般市民を殺すようなミスを犯す確率も低いのではないだろうか。魚雷や攻撃してくる飛行物体などを自動的に検出、追跡して攻撃できる。イランの小砲艦との衝突の最中に、ヴィンセンスのレーダーが接近してくる飛行物体をとらえて警告した。 当時の彼は知る由もなかったのだが、ヴィンセンスが撃墜したのはイランの民間旅客機、イラン航空655便だった。乗員乗客290人全員が死亡し、国際的な非難の嵐を浴びた。 事故後の検証により、ヴィンセンスに搭載されていたイージスシステムの紛らわしいユーザーインターフェースが誤解を招いたとされた。不可解なことに、システムはその別の飛行物体に655便と同じトラッキングナンバーを割り当てていた。実際降下していたのは、はるかオマーン湾で任務についていたアメリカ空軍の地上戦闘用のパトロール機だった。 この事例では、人間が最終的な決断を下す立場に置かれていたにもかかわらず、即決を迫られるプレッシャーに押されて自動システムを過信してしまった。を作動するには、人間の判断が不可欠だと軍事関係者は口をそろえる。

      しかし、完全に自律し、自動的にターゲットを選択し攻撃する兵器の開発は今、確実に進められつつあるのだ。

      攻撃をより速くするために、人間を意思決定の手順から完全に取り除いてしまうのは魅力的である。 人間の判断のおかげで危機一髪を免れた非常に幸運な例もある。11隻と、空母ランドルフがソビエト連邦のB-59潜水艦をキューバ沖の国際海域で包囲した。その時アメリカ軍が知らなかったのは、潜水艦の内部が危機的状態に陥っていた事実だった。内蔵バッテリーが切れかかっていたため潜水艦の空調システムが停止し、艦内の温度は摂氏45度を超えていた。二酸化炭素中毒の瀬戸際まで追い詰められた乗務員の多数はすでに気を失っていた。モスクワとはもう何日も連絡を絶っており、第3次世界大戦がはじまっていたとしてもその事実を知らされていない状況だった。そこへ、アメリカ軍がB-59めがけて小爆雷を落とし始めたのだ。

      意味合いを含めていたというが、潜水艦の乗組員にこの警告は伝わらなかった。「これでなにもかもが終わりなんだ――だれもがそう思った。 アメリカ軍が知らなかった事実はほかにもあった。しかもモスクワとの連携なしに独自の判断で発射する権限を持っていたのだ。

      たして、Savitski艦長は核魚雷を発射すると決断した。今日においてArkhipovの名を知る人こそ少ないが、彼の英断こそが、近代史における人類への最大の貢献だったのではないだろうか。彼のおかげで第3次世界大戦を回避できたのかもしれないからである。しもB-59が完全自動化されたAI搭載機で、人間の判断が関与していなかったらと考えると、ひやりとする。 20年後の1983年9月9日、またしてもアメリカ-ソビエト連邦間の緊張感が高まっていた。批判し、その1週間前にはソ連が自国の空域に迷い込んだ大韓航空007便を撃沈し、ひとりのアメリカ下院議員を含む269名の命が失われていた。 そのような状況の中、ソ連の自動早期警告システムが作動し、アメリカがソ連に向けて核ミサイルを5発発射したと伝えてきた。Petrov士官がこの警報の真偽を判断するのに許された時間はほんの数分だった。ミサイルを検知した人工衛星が正常に機能していることが確認された以上、マニュアルどおりであればPetrov士官はこの時点でアメリカからの核攻撃を上部に報告しなければならなかった。アメリカが本気で攻撃してくるのならミサイル5発では済まないだろうと判断し、真偽はわからぬままに、上部には誤報だったと報告したのだ。

      後になって、人工衛星が雲に映った太陽光の照り返しをロケットエンジンの炎と誤認識したことが明らかになった。しPetrov士官がAIシステムに取り変わられて、マニュアルどおりの手続きを順守していたらどうなっていたのか、案じずにはいられない。 * 大量生産ベースに乗れば、小型のAIドローン兵器の値段はスマートフォンより若干高いぐらいだろうと言われている。

      政界の要人を暗殺したいテロリストであれ、フラれた腹いせから元彼女に復讐を誓う恋人であれ、AIドローンを利用することはいとも簡単だ。

      ターゲットとなる人の写真と所在地をドローンに読み込めば、あとはAIまかせでドローンが自動的に犯行現場に向かい、ターゲットを確認して抹殺し、犯行後は自爆して証拠隠滅を図れるという具合だ。

      または、民族浄化に余念がないのであれば、AIドローンに特定の肌の色や人種の特徴を持った人のみを殺すようプログラムできる。Russell教授の推察では、AI兵器が賢くなればなるほど、一回の殺人にかかる材料費、燃料費などのコストが減少するそうだ。

      例えば、クマバチ程度の小さいドローンを開発できれば、最小限の爆薬を使って眼球を狙撃し、低コストで暗殺できるという。人の眼球はやわらかく反発が少ないので、小さな弾丸でも脳まで貫通させてしまう。あるいは、ドローンが金属質のツメで人の頭にガッチリとしがみつき、そこから極小の成形炸薬弾を打てば、頭蓋骨を貫通して脳髄を破壊できる。そのように小さなキラーマシンがトラックの荷台に何千万と積まれて送り込まれたとしたら、人類は今までに類を見ない恐ろしい大量破壊兵器と対面することになる。それらのキラーマシンは、事前に設定されたカテゴリーの人種のみを自動的に探し出し、殺す。 このような懸念を払拭するためには、AI兵器を道徳基準にかなった設計にすればいいという反論をよく耳にする。例えば、戦場においては敵軍の兵士のみを殺すように設定すればいいという主張だ。

      サイバー戦争 AIの軍事利用についてはもうひとつ興味深い側面がある。未来を予感する小さな前兆として、スタックスネットというコンピュータワームがある。広くアメリカとイスラエル政府に由来すると考えられているこのワームは、イランの核濃縮プログラムを感染させて遠心分離機を自己破壊させた。社会の自動化が進むにつれ、そして攻撃してくるAIの破壊力が増していくにつれて、サイバー戦争は比例を見ない惨事となりかねない。敵の自動運転車や自動操縦機、原子力施設、工業機械、コミュニケーションや金融システム、電力グリッドなどにハッキングをしかけて破壊すれば、敵国の経済を傾かせ、防衛機能を著しく低下させることができるのだ。

      ついでに敵国のAI兵器もハッキングできれば、なお効果的だ。

      * ハッキングに対して強固であれば、AI技術が人類にもたらす短期的なメリットは数知れないのも事実だ。

      AIそのものがAIを強固にし、サイバー攻撃に備えることもできる。それと同時に、敵側にも同じことが言えるので油断はならない。サイバー攻撃に耐えうる防御システムを保持することが、当面のAI開発においての最大の目的となるだろう。なぜなら、守り抜けなかった場合は、AI技術が寝返ってこちらに牙を向けてくるはずだからである。
      関連キーワード - トランプ大統領 - ドナルド・トランプ - アメリカ - 中国 - トランプ大統領 -

      『ブラックリスト』スピンオフ、12・11放送決定! 関連エピソードも特別放送

      シーズン3』の2エピソードが、特別企画として放送されることも明らかになった。リデンプション』は、スパイ、殺し屋、傭兵、ハッカーら最強の犯罪集団が、政府の関与不可能な陰謀に挑むスパイアクション。シリーズファンはもちろん、『ブラックリスト』ビギナーも一気に魅了される展開が繰り広げられる。『ブラックリスト』では理解ある優しい夫として登場したものの、実は国際的に暗躍する工作員だったことが判明。だったことも明かされた、シリーズの人気キャラクターだ。

      組織に潜入しつつスコティーの陰謀を探るトム、スコティーの右腕で本作では正義側に転じるが、信用しきれないソロモンらが、それぞれの思惑を隠したまま命懸けの任務を遂行する、緊迫感溢れる最強のスパイアクションに仕上がっている。

      スーパー!ドラマTVにて、12月11日より毎週月曜22時から独占日本初放送。シーズン3』第21話と第22話は、11月27日と12月4日各22時より放送される。
      関連キーワード - トランプ大統領 - ドナルド・トランプ - アメリカ - 中国 - トランプ大統領 -

考察。「イージス」とは何か?

「イージス」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

イージスに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • ぴんくくまさん: RT @YES777777777: 【安保法制について】小野寺防衛大臣「今までは自衛隊の船が攻撃されたら米国のイージス艦が一緒に守る。でも日本が攻撃される前に米国イージス艦が攻撃されても自衛隊はこの船を守れなかった。おかしいでしょ?平和安全法制で当たり前でしょ?って言うことがで… - 3 日と 14 時間 35 分 19 秒前
  • うば女ぷくたろうさん: @lamprey__ イージス気になってました!普段着としてはもこりすぎですか?2017モデルはプロしかないんですが、結構なもこもこで悩んでしまって。 - 3 日と 14 時間 35 分 25 秒前
  • イリアスさん: @nontasansan それも考えてる。人口が最近急増したんでもなければもしかしたらイージスはシロガネの方が空きがある可能性も0ではないが…… - 3 日と 14 時間 37 分 50 秒前
  • 木野二九さん: RT @taksyosetu: 皿になってしまった主人公が人助けしたり、バトルしたりするお話。料理バトル? いいえ、ドラゴンや女神にガチです【イージスの皿は砕けない! ~龍に勝つ方法? 飯を喰らって食事強化《バフ》ればいい~】
    > https://t.co/h9DCCaeJc

    … - 3 日と 14 時間 42 分 26 秒前
  • 嫌韓チャンネルさん: 新しい記事を投稿しました: 【韓国崩壊】爆笑韓国軍!日本、米国、韓国のイージス艦が集結!しかし韓国世宗大王艦だけが信じられない理由でミサイル迎撃訓練できず!笑
    > https://t.co/EN1nDec6mN

    - 3 日と 14 時間 44 分 7 秒前
  • 佐藤優発言集 | 主任分析官室さん: 北朝鮮はミサイルをグアムの方に向けて撃つから注意しておけと言っておきながら、全然違う方向へ撃っているわけでしょ。日本のイージス艦の配置であるとか、ミサイルの探知能力のチェックをしたわけです
    > https://t.co/F0LkGEFdMj

    - 3 日と 14 時間 54 分 36 秒前
  • Mametan♡silkyさん: RT @AbeShinzo: 日本海で北朝鮮の弾道ミサイル警戒に当たり、今日、母港の舞鶴に戻ったばかりのイージス艦「みょうこう」を訪問し、自衛隊員の皆さんを激励しました。皆、実に頼もしく、最高指揮官として大変心強く思いました。
    > https://t.co/NctWbpP8Ip

    - 3 日と 14 時間 57 分 10 秒前
  • ちんかすさん: 生主であるレナスさんという方に切断されました先行でイージスが出せなかったからって切断はダメですよ!w固定ツイに証拠貼っておきますね!ID 190889782#シャドバ切断12 - 3 日と 14 時間 57 分 31 秒前
  • たっちゃん!!さん: @redlark_k イージスとウルトラライトダウンで充分(*´・ω・`)bね - 3 日と 14 時間 58 分 10 秒前
  • いーじすさん: 「奴は必ず次の行動を起こす」ーby渥美(亡国のイージス) - 3 日と 15 時間 1 分 44 秒前
  • 双葉たてさん: @Syaro_pokemoon 3ターン獣姫4ターンエイラ6ターンアイテール無理ならイージス、カード引けなかったら負け
    > https://t.co/EZYY8OOamj

    - 8 日と 20 時間 1 分 33 秒前
  • ふーかさん: @oton46 イージスと1コスしか変わらないフォロワーです
    > https://t.co/lL0lS3vvwP

    - 8 日と 20 時間 6 分 32 秒前
  • ブリーフみそ1さん: イージス艦衝突事件
    > https://t.co/TTederZdOu

    我々の税金から収奪される平成日本軍部の軍事予算は、あらゆる国民生活予算が削られるなかで異常な伸びを示している。理由は簡単。軍需産業は独占体制であり利権が桁違い。資本主義の経済原則に従えば人殺し産業こそが終着点である。 - 8 日と 20 時間 9 分 26 秒前
  • Mira Infinityさん: ビショップミラーの時のイージスほど頼もしいものはない
    > https://t.co/MvhA03tNes

    - 8 日と 20 時間 9 分 43 秒前
  • 神は恵み深しJohnさん: @iwakamiyasumi 安倍が頼りにしている在日米軍がこの体たらくで良いのかい❓この2、3年で、どれだけ事故を起こしているのだろうか❓イージス艦2隻が民間船と衝突。オスプレイは2機体大破、故障1機❗️そして今回の事故…
    > https://t.co/m2OpJ2FG4M

    - 8 日と 20 時間 11 分 14 秒前
  • ai9262g バトネク格闘機厨さん: 今更バスターをレベル5にしていくぅ!これであとはイージスをレベル5にするだけでフェイズシフトダウンが( ´艸`)ムフフ
    > https://t.co/P1wCnDxAk8

    - 8 日と 20 時間 15 分 14 秒前
  • 多絵さん: RT @TsuchiyaMasatad: 朝、西田昌司議員が武蔵野まで来てくれた。北朝鮮危機に警鐘を鳴らし、特定秘密保護法があってミサイル発射情報が米韓から日本にもたさられ、安保法案があって海自と米海軍イージス艦との連携が取れると力説。 - 8 日と 20 時間 15 分 32 秒前
  • 南熊うさぎさん: RT @Sankei_news: 米海軍のイージス駆逐艦が南シナ海で「航行の自由」作戦 中国の「度を超した主張」に対抗
    > https://t.co/87ytcdoCk1

    - 8 日と 20 時間 21 分 26 秒前
  • のりっぴぃさん: @sp_kanata イージスの時代を経験してないから初めて見たときはビビったわ!エルフの時代が来たって聞いたからとりあえずエルフ強化するか〜って感じ冥府懐かしい笑 - 12 日と 5 時間 42 分 22 秒前
  • れいさん: RT @resistancecat: 外国人に支払われる生活保護費は年間1200億円。イージス艦一隻分。
    > https://t.co/ACJ7W9pAFo

    - 12 日と 5 時間 45 分 22 秒前
  • 灰猫さん: RT @neroliszt: イージスがレリアの効果を受けるか検証しました!結果は顔面に4点飛んで来ました!!
    > https://t.co/8dAQsu4fkk

    - 12 日と 5 時間 54 分 26 秒前
  • tomo0327hさん: RT @gunkanbot: あたご型護衛艦 (日本)排水量7700t/全長165m/速力30kt2007年より就役。同型艦は2隻。こんごう型の改良型であり船体のステルス性や対空索敵・処理能力が強化。ヘリ格納庫の設置により大型化し世界最大のイージス艦となった。https:/… - 12 日と 5 時間 55 分 26 秒前
  • おさけさん: 腐ってもmasterなんだからコピペデッキは止めようと思って一からイージス構築したんだけど、有名プレイヤーと構築が被り気味になるのはしょうがないよね。こうでもしないとアグロにフクロにされちゃうからね。 #シャドウバース
    > https://t.co/1ngcb9NT8e

    - 14 日と 9 時間 34 分 13 秒前
  • ウーメン北沢さん: 前のクソ環境から少し改善されたみたいだから久しぶりにシャドバをインストールしてプレイしたら2ピック5連勝!イージス引けたら勝てるってハッキリわかんだね#シャドバ
    > https://t.co/F1njuBXQyI

    - 14 日と 9 時間 37 分 39 秒前
  • そ ま り@♡さん: イージスに嫌がらせだけして負けました( •́ω•̀ )
    > https://t.co/hNFrVN5zTy

    - 14 日と 9 時間 41 分 28 秒前
  • シャドウバースまとめアンテナさん: シャドウバース ロキを使うなら何と組み合わせる良いのか!?アイテールでイージス×2はやばいな・・・ロマン砲だけどw
    > https://t.co/uwQnY2cGEw

    - 14 日と 9 時間 42 分 53 秒前
  • 河野息吹@秋例大祭さ19aさん: 【定期】C92加賀本新刊「蒼海のイージス04」委託中です!どうぞよろしくお願いします
    > https://t.co/LjfPAJXN60

    - 14 日と 9 時間 45 分 51 秒前
  • DICEさん: エヴァコラボ?マリコラボじゃね?www…ってか、イージス…お前じゃねぇんだわ( ˙-˙ )
    > https://t.co/obSQiPAEEA

    - 14 日と 9 時間 47 分 37 秒前
  • 皆月にとさん: @fabu1ousYA ボルテールもルソーも確かに処女だっただろうけどもやな…って思っちゃいますよね(憂理さんを巻き込むのはやめろ)機体交換いいですね…!勝手に調整してすごい喧嘩になりそう…中世パロでついつい馬にイージスとデ…
    > https://t.co/08d6Ci0aag

    - 14 日と 9 時間 58 分 35 秒前
  • 宮寺達也さん: RT @miyaderatatsuya: @Tesuko1966_01 いえ、こじつけでは無いと思います。「アウフヘーベン」と良く言うように、問題が収集つかなくなったら、他を炎上させてぐちゃぐちゃにするのは得意技です。防衛大臣を辞任したのも、次官交代とイージス艦機密情報漏洩… - 18 日と 3 分 41 秒前
  • こbox@勉強さん: RT @sonakang114514: 現代艦はよく一般人が見たイージス艦とか「大砲一つしか積んでないし弱そう」って言われるけどロシア艦は間違いなく素人目に見ても強そうって思わせる見た目してる
    > https://t.co/MD7ajEyo2p

    - 18 日と 6 分 43 秒前
  • 穴掘り忍者さん: イージス3じゃなきゃダメなのかなずっと置くタイミングあったのに1枚目イージスめくれたのデッキ残り12枚のとき、、
    > https://t.co/ivMCy2jImZ

    - 18 日と 6 分 44 秒前
  • ユークさん: @Asyuuu_MIR 超越とOTKとイージス以外なら有利取れます
    > https://t.co/qT7bvLWsu1

    - 18 日と 10 分 58 秒前
  • 迷いうさぎ@次はアニマ!さん: 久しぶりに10連勝したのであげますね。名前消してないのはゆるちてください…イージス主体ですけど7戦はイージス出さないで押して勝てたので割とイージスにも頼らないでいけると思います。
    > https://t.co/VmGj5f1A5K

    - 18 日と 12 分 31 秒前
  • tomo san #こんな人たちさん: ま、日本が米国から買うイージス艦は一隻の建造費が1,400億円、年間維持管理費が40億円・・・いくらで買ったのか知らないが、現在6隻かな。年収8400億円の人から見たら250億なんて一ヶ月の賃金にもならないが・・(汗) 
    > https://t.co/v8zLdJbUDb

    - 18 日と 12 分 45 秒前
  • new saikoさん: RT @masaru_kaneko: 【戦争参加の危機を回避せよ】安保法制で、イージス艦の警護、給油など情報開示のないまま日米の軍事一体化が進んでいる。米軍が戦闘行動の場合はただちに日本を交戦国にしてしまう。トランプと金正恩の挑発競争に「交戦権」を渡してはいけない。https:… - 29 日と 14 時間 19 分 34 秒前
  • ペンギン@シャドバさん: 自作イージス、色々ギリギリすぎる…獅子絶対殺すつもりだったけど毎ターン相手の盤面空にしなきゃいけないのギリギリすぎるわw
    > https://t.co/hSJeXDsJDF

    - 29 日と 14 時間 23 分 48 秒前
  • 品川介護福祉技術さん: 米軍、先制攻撃準備→ 新型の最強爆弾を投入!イージス艦16隻配備!ICBM発射の可能性も! ⇒ 
    > https://t.co/vYe0nTpt6u


    > https://t.co/NUORh6aBIN

    - 29 日と 14 時間 29 分 38 秒前
  • あおいくまさん: 日本のイージス艦こんごう型とあたご型の性能や建造費・維持費について
    > https://t.co/yyxjkqsKcQ

    - 29 日と 14 時間 30 分 13 秒前
  • Apple &飛行機マニアさん: イージス艦で579本のミサイルを迎撃し、20110点を獲得した - イージス・コマンド 迫り来る弾道ミサイルを迎撃せよ!
    > https://t.co/bXPDPYqfsf

    #9leap #9leap_744 - 29 日と 14 時間 30 分 19 秒前
  • ヘンリエッタ@ユニ鯖さん: RT @Shelldy_h: イージスのなんちゃってバーラムダだよ!バーラムダの雰囲気が味わえるよー!ミスト1-4の2階だよー、興味ある人は覗いてみてね!
    > https://t.co/63HQOCVEvR

    - 29 日と 14 時間 46 分 57 秒前
  • さん: 中国人民解放海軍航空母艦「辽宁(Liaoning)」にはHHQ-10SAM18などが装備されているだけでなく、通称中華イージスと呼ばれるH/LJG-346が装備されているようだ・・・これは本当に練習空母なのだろうか?仮に実戦に出すとしても防空艦として普通に戦える気がする - 29 日と 14 時間 48 分 25 秒前
  • 因幡のよっちゃん(CV・内田真礼)さん: RT @dongame6: ロシアはやっぱり後進国だな。これは日本の沿岸なら割とどこでも見られる野生のイージス艦です。
    > https://t.co/Y03drwtKmh

    - 1 ヶ月 3 日と 41 分 46 秒前
  • なちさん: 斃れイージス
    > https://t.co/Q4kt1VEich

    - 1 ヶ月 3 日と 43 分 23 秒前
  • ゆのさん: ドロシー超越とイージス勝率7割くらいで良い感じ。
    > https://t.co/J4RPJoZZpA

    - 1 ヶ月 3 日と 50 分 37 秒前
  • 仮称121号さん: 唐突な暴論で草。排水量だけならイージス艦より大きいけど……
    > https://t.co/qnCEnmjYWz

    - 1 ヶ月 3 日と 50 分 51 秒前
  • おぺんさん: あれイージスいけるじゃん
    > https://t.co/tfLgyA6V9S

    - 1 ヶ月 3 日と 54 分 10 秒前

    「イージス」に関するブログ
  • (怒)
    スピードはゆるかったでしたが、昨今、安全安全を謳うボディですので結構なお点前で・・・・・哀れ最新イージス艦は恐らく台風一過の後ホンダ座間ドッグ入になるだろうなあ〜仕事が急に大変な事になってきているから集中力がないときは運転せん方がよいな〜を痛感・・・
    落ち込んで会社に戻ると某信用金庫がお付き合い貸付のお願いに来てました。

    http://seiryu-nicopa.at.webry.info/201710/article_3.html


  • 米国と南朝鮮のかいらい一味が、16日から朝鮮の東海と西海で史上最大規模の連合海上訓練を強行して現緊張局面を最悪の爆発ラインに追い込んでいる。
    すでに、訓練水域に展開した米国の原子力空母ロナルド・レーガン打撃団とミシガンをはじめ3隻の原潜、イージス駆逐艦を含む40余隻の各種の戦闘艦船と戦闘機が濃い火薬のにおいを漂わせながら戦争狂気を振るっている。
    米国とかいらいは訓練が終わった後も、核戦略資産を南朝鮮とその周辺水域に配備し続けて、10月末頃に米原子力空母セオドア・ルーズベルト打撃団を追加投入してもう一度の大規模の連合海上打撃訓練を行おうとしている。

    http://d.hatena.ne.jp/mudankatsuyoo/20171020/p1


  • 猫に小判・・・じゃなくて忌避剤、馬の耳・・・じゃなくて猫の足元にネット。
    こうなったら当猫額畑にもPAC3と地上イージスも配備だ。
    ・・・という訳で急遽塩ビパイプを輪切りにしたものを緊急追加配備。

    http://blog.goo.ne.jp/xb9dv5/e/70ae6bbeedcca8265a8f7d96734c3c68


  • 米国と南朝鮮は、16日から、朝鮮東海・西海海上で史上最大規模の合同海上訓練を開始した。
    訓練には米原子力空母ロナルド・レーガン号打撃群とミシガン号をはじめとした3隻の米原子力潜水艦、イージス艦を含む約40隻の各種戦闘艦船と戦闘機が投入された。
    米原子力潜水艦「ミシガン号」(連合ニュース)

    http://blog.goo.ne.jp/micchan_oohashi/e/872299a501be8f0ecd426e1f384a412e


  • 安倍が強行突破した安保法制についても、今ほど必要とされている時はない。
    同法制に基づき政府は自衛隊の艦船で米軍の補給艦を守る平時の米艦防護や、補給艦による米軍イージス艦への給油を行っている。
    公式発表がないケースも増えてきているようだ。

    http://thenagatachou.blog.so-net.ne.jp/2017-10-20


  • 「イージス」に関する教えてGoo!
  • イージス艦が叩かれていますが、逆になぜ漁船は回避行動をとらなかったんでしょうか?

    あれだけ大きいイージス艦なら一目見ただけでわかる気がします。それともイージス艦はライトも何も付けずに航行していたんでしょうか?

    イージス艦がライトも何も付けないで航行していたら、深夜の事故ということもあり漁船は気づかなかったでしょうけど。どちらにしても漁船にも非はあると思うのでイージス艦ばかり責めるのはおかしいと思いますがどうでしょうか?


    本件特有の条件は、所謂マスコミのバイアスがかかっているので不明なテンが多いのでなんともいえませんが、一般には海上衝突予防法に定められています。


    第十四条 (行会い船) 二隻の動力船が真向かい又はほとんど真向かいに行き会う場合において衝突するおそれがあるときは、各動力船は、互いに他の動力船の左げん側を通過することができるようにそれぞれ針路を右に転じなければならない。
    3  動力船は、自船が第一項に規定する状況にあるかどうかを確かめることができない場合は、その状況にあると判断しなければならない。
    この(互いにほぼ正面から接近している)場合は双方に右転する義務があります。
    第十五条 (横切り船) 二隻の動力船が互いに進路を横切る場合において衝突するおそれがあるときは、他の動力船を右げん側に見る動力船は、当該他の動力船の進路を避けなければならない。
    この場合は、“右げん側に見る動力船”に回避義務があり、
    第十七条 (保持船) この法律の規定により二隻の船舶のうち一隻の船舶が他の船舶の進路を避けなければならない場合は、当該他の船舶は、その針路及び速力を保たなければならない。
    回避義務が無い“船舶”は逆に保持義務があります。
    これは、“歩行者が互いに避けあって、その結果ぶつかってしまう”というよくある状況を避けるための方法です。


    仮に、“イージス艦”側に回避義務があったのであれば、“漁船”側は、針路を保持する(つまり回避行動をしてはならない)義務があります。
    但し当然ながら、“衝突するまで針路を保持”する義務はなく、同条3項では
    3  保持船は、避航船と間近に接近したため、当該避航船の動作のみでは避航船との衝突を避けることができないと認める場合は、第一項の規定にかかわらず、衝突を避けるための最善の協力動作をとらなければならない。
    による回避義務が発生します。
    次に、確かに“大きいイージス艦”です、しかしそれを漁船から発見するには“イージス艦”が視界内にいる必要があります。そして、地球は丸いです。


    つまり、海面から1.6m程度の高さに目玉がある場合、水平線までの距離は高々4.3Kmしかありません。
    また、特殊なレーダ以外は水平線の向こうは見ることができません。
    報道にあるようにイージス艦が10ノットまっすぐ接近していた場合、漁船が停止していても14分で衝突します。漁船側の速度の情報は無いでしょうが、少なくとも5ノット程度は出していたと思われます。そうすると、衝突まで9分です。


    夜間であること、イージス艦の航海灯等をみて針路判定を行うための時間などを考えると、水平線上に発見してから危険を感知し判断を行うための時間は5分をゆうに切っていたと思われます。
    逆に、“イージス艦”からは、レーダ設置位置、見張り位置も水面からの高さは漁船の比では無いので、例え漁船の小ささによる影響を考慮しても、より遠距離から発見できた可能性が高いと思われます。
    単に“相手が大きいのだから発見できなかったのはおかしい”の主張はあまりにも一方的過ぎると思われます。
    但し、これは漁船側が
    第五条 (見張り) 船舶は、周囲の状況及び他の船舶との衝突のおそれについて十分に判断することができるように、視覚、聴覚及びその時の状況に適した他のすべての手段により、常時適切な見張りをしなければならない。
    の義務に関して過失が無かったとの主張ではありません(念のため)。
  • ご存知の方には、「何言ってんだ」「今頃アホか」な質問でしょうが、知らないものでお願いします。

    日本には、現在、6隻のイージス艦があるそうです。

    アメリカから購入しているとばかり思っていましたが、【日本、新たにイージス艦を建造】とあり、読んでみますと、2隻のイージス艦を建造し、追加配備するとの事でした。

    イージス艦は日本製だったのでしょうか?

    それとも米と、ライセンス契約を結んでおり、建造すると言う事なんでしょうか?

    それとも、360°あらゆる方向のミサイルを迎撃出来るシステムを搭載した艦の事を、【イージス】と呼ぶだけなのでしょうか?


    「イージス艦」とは「イージスシステムを搭載した戦闘艦」の略称です。


    なので、イージス駆逐艦やイージス巡洋艦、定義上からいえば戦艦にイージスシステムを積めば「イージス戦艦」となります。
    >イージス艦は日本製だったのでしょうか?


    全体としては日本製、ただし、イージスシステムはアメリカからの輸入(またはライセンス生産)。
    イージスシステムと一言で言っても、大きく分けて「レーダー」「ミサイル」「情報処理システム」で構成されています。


    これらのハードウェア・ソフトウェアを組み合わせて初めてイージスシステムです。


    >それとも、360°あらゆる方向のミサイルを迎撃出来るシステムを搭載した艦の事を、【イージス】と呼ぶだけなのでしょうか?


    「あらゆる方向にミサイル迎撃できる」だけでは【イージス】とは言えません。

    【イージス】は結果的に「あらゆる方向にミサイル迎撃できる」ものではありますが。
    イージスシステムの本領(開発された目的でもある)は、「(全方位)同時多目標迎撃」です。


    優秀な「レーダー」で多数の敵やミサイルを捕捉し(これには友軍の船や偵察機からの情報共有も含む、データリンクとも呼ばれる。)、
    それを「情報処理システム」で分析して脅威判定などを自動で行い、
    その判定をもとに「ミサイル」を用いて対処(迎撃)する。
    これらを実現するためのシステムなのです。




    ただ、似たような構想を持ったシステムを慣用的に【イージス】ということはありますね。

    (実際に「ミニイージス」だったり「中華イージス」なんて言葉があります。)


    ただ、同性能かどうかは判断できませんので、要注意。)
    以上、参考まで。
  • 「イージス」の関連語
    1位 イージス艦
    2位 参加
    3位 日本
    4位 北朝鮮
    5位 中国
    6位 危機感
    7位 潜水艦
    8位 配備
    9位 こんごう
    10位 演習

話題のトピック