なぜ「アグエロ」なのか?

「アグエロ」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      神様マラドーナの十字架を背負う男!【セルヒオ・アグエロ】

      アルゼンチンサッカー界史上最高の遺伝子のもと誕生。2010-11シーズン終了から3日後に、退団希望を自身のサイトで発表[1][2]。結局このシーズンは得点ランク3位となる23ゴールを決めた。2014年1月には1か月の怪我から復帰した後のFAカップで途中交代1分のファーストタッチで得点を挙げた。2006年9月3日のブラジルとの親善試合では、18歳3ヶ月でフル代表デビューを果たした。U-20ワールドカップ2007ではチームのエースとして大会に臨み、グループリーグの北朝鮮戦でのFKからのゴールやトーナメント第一試合のポーランド戦での芸術的なゴール、決勝のチェコ戦での同点弾などの印象的な活躍で6得点・4アシストを挙げてチームを優勝に導き、大会得点王とMVPに輝いた。2007年11月17日に行われたワールドカップ南米予選のボリビア戦でフル代表初ゴールを記録。15歳からインデペンディエンテのトップチームで活躍していたことや、メッシが早くからスペインに渡り、アルゼンチン国内リーグでのキャリアがないことなどが理由として考えられる。アグエロの2人で部屋の中でPKをして遊んでいる動画をアグエロの公式サイト上に載せると、力強いシュートを打ち込むかわいい姿のベンハミンが話題となった。

      マンC セルヒオ・アグエロ 【14-15】

      小柄ながら当たり負けしないフィジカルを備え、弾丸のようなシュートを放つ。圧倒的なスピードと巧みなテクニックを兼ね備えたドリブル突破で相手ゴールを脅かします。また、当たりに強くキープ力もあるため、小柄ながらポストプレーもできます。
      U-20ワールドカップでは得点王とMVPに輝き、2007年のFIFA世界最有望選手賞を獲得している。

      アグエロ「僕はプレミアリーグのタイトル2個では物足りないんだ。

      海外のテレビ企画で、アグエロがメッシにインタビュー。

      【2016年最新】"アルゼンチンの宝石"ディバラのプレースタイルとは【アグエロ二世?メッシ二世?】

      イタリアでの成功を信じ、18歳でパレルモへ移籍。 1年目から27試合出場3ゴールという実績を残します。 2015年、年が明ける頃には名実共にパレルモのエースに成長。その名が欧州中を駆け巡るのにそう時間はかかりませんでした。 結果的にシーズン34試合出場13ゴールの2桁得点を挙げる活躍。シーズン終了後の夏には移籍金約45億円でユベントスへ。 当時ユベントスは絶対的エースであったテベスを放出し、新たなるエースを何としてでも確保したい状況でした。 そんなチーム状況で、ディバラはまだまだ新戦力の若手エース候補生としての扱い。数年後にはチームのスターになることが期待されていましたが、そんな周りの評価を最高の意味で裏切ります。 蓋を開けてみればテベスの抜けた穴を埋めてなお余りある大活躍。 主力で尚且つチームの屋台骨であったテベス、ビダル、ピルロを放出し、シーズン開始直後こそ低迷していたユベントスでしたが、ディバラのフィットと共に大爆発。 勝利に勝利を重ね、クラブ新記録となる15連勝を記録。先を走るライバル達を悉く抜き去り、リーグ無失点記録も更新しました。

      その爆発の原動力となったディバラも19得点を記録してセリエA準得点王を獲得。 圧倒的存在感を示し、一躍チームのエースへと成長しました。

      彼にはずば抜けたスピードとテクニックがあるんだ。

      彼はメッシやCロナウドを上回る才能を持っている。

      国内外の多くのクラブが彼の獲得を望んだが、彼が望んだクラブはユーベだけだった。僕達は数年後彼の話題で持ちきりになっているだろう。 パレルモ時代にはその得点力を買われ、CFとしてブレイクしました。

      ただし、得点の匂いに敏感であるため、ポジションに縛られず、スペースを見つけるや否や直ぐ様ポジション修正を試みます。 時には中盤まで降りてビルドアップをサポートし、組み立てにも参加する場面も見られます。 ①限定された狭いスペースでの高いテクニックを生かしたドリブル突破。 ②スピード感溢れるタイミングの良い鋭い裏への飛び出し。 ③強烈でボールの芯をしっかり捕えた精度抜群のシュート。”ボックス内の点取り屋と典型的なセカンドストライカーのハイブリッド。彼の華奢な体つきと巧みなボールタッチは後者により適しているが、エリア内での鋭さと相手守備陣を引き延ばす明晰な動きはセンターフォワードとしてのプレーも可能にする。彼のスタイルはよく比較されることが多いアグエロと確かによく似ている。

      そのタッチは細かく、トラップの際も非常に繊細なコントロールを見せます。ドリブル自体も重心が低く、グングンと持ち上がる姿を見せます。 そして、シュートは体格に見合わずに恐ろしく強烈。決っしてパワーのある選手ではありませんが、ボールの芯を捉える能力が桁外れなんです。動くボールでも確実に芯を叩く為、スピードの乗ったパスでも力を逃す事なく、ゴールへ叩き込む事ができます。
      エゲツない回転の掛かったボールは急激にカーブし、綺麗な放物線を描いてゴールに吸い込まれます。移籍金として9000万ユーロ支払う考えを伝えたようだが、ユヴェントスの了承は得られなかったという。22歳でありながら、ユヴェントスのエースでありシンボルにもなりつつあるディバラ。今季はセリエAでイグアインに次ぐ19得点をマークしており、その才能を全世界へ知らしめた。そんな同選手に対して、バルセロナは9000万ユーロを払う準備があると伊『Tuttosport』が報じている。

      世界のビッグクラブから関心が噂されるディバラですが、現時点ではバルセロナ移籍が噂されています。

      「最近数ヶ月以内に、ユベントスが彼の獲得に支払った額の2倍となるオファーをバルセロナから受けたのは事実だ。

      しかし、パウロは最も重要なことは最高レベルで成功を手にするチャンスを彼に提供してくれるクラブで経験を積むことだと考えている。



      > 「アグエロ2世」「未来のメッシ」と言われる天才現る。期待の新人【パウロ・ディバラ】
      > アルゼンチン代表のイケメン選手アグエロがマラドーナ次女と離婚!?
      > アグエロのPK失敗は同胞の裏切りのせい!?
      > 【サッカー】アグエロと結婚、離婚したマラドーナ次女まとめ
      > 【メッシ、C・ロナウド、アグエロ…】サッカー選手の愛称についてまとめてみた【FW編】
      > 【衝撃】マラドーナの娘と離婚したアグエロがカッコよすぎる。。
      > マンCのアグエロの息子のサッカーセンスがやばい!!!

      尿管結石でまさかの欠場となったメッシ、置き土産となった練習での超人フリーキックが話題に【動画】

      なってしまったスーパーすぎる練習シーンがネット上で話題となっている。

      ピッチの左サイドから右端になる小さなゴール目掛けて蹴りこんだボールが、見事に吸い込まれていくシーン。凄さは、その場に居合わせた子どもたちの歓声からも感じ取れるが、実はこれ3度めの正直で決めたそうだ。

      胸をなでおろすバルサファンもいるだろうが、今年前半ケガで棒に振ったメッシ。年末の公式戦に元気に復帰してくれることを願うばかりである。

      宮本恒靖とセルジオ越後が選ぶ「最強イレブン」

      2人は、同ゲーム内のコラボ企画にちなみ、“監督”目線で選んだ自身のベストイレブンを発表した。 宮本氏は「この並びなら、しっかりボールを前に運べる。ゲームでしか体験できない、好きな選手を選ぶ楽しさを語った。セルジオ越後氏が「サッカーに限らず、チームでも個人でも、自分の記録を上回っていくという気持ちを持たなければいけない。個人競技、団体競技を問わず、一人ひとりが自分を高めることが大切。そして、まずは試合で相手に勝つ前にチームメートに勝つことが前提になるよね。

      そうしないと試合にも出られないから、相手に勝つこともできない。語れば、ガンバ大阪アカデミーのコーチングスタッフを務める宮本氏は育成面の重要性を強調。そうすることで、これからより優れたサッカー選手が生まれる。話すセルジオ越後氏に宮本氏が苦笑いで応じる場面もあり、会場は大いに盛り上がった。

      岡田武史、日本に一番欠けていることは、「16歳までに基礎を終わらせ、それを破って自由に発想していく」こと

      岡田氏強いチームには、選手全員の意識統一。チャンピオンズもW杯も両方が融合しているチームが上位に行った。 MC意思統一は、チームのアイデンティティーと置き換えられますが、ドイツ代表はプレッシングを。チェルシーは堅守速攻を実行できる強力な個が存在している。

      それ以外のエネルギーは割きたくないという意志も働く。監督の立場からすると、彼らの良さを最大限に生かしながら、いかにチームの共通意識を持たせるためにエネルギーを効率良く出させるか。 岡田氏個の良さを生かすためのチーム戦術になってくるハズです。理想は、全ての個のいいところを集めたのがひとつのチームになるのがベスト。それとともに選手に合わせて作っていかなければいけない。個を活かしながらも当然チームに合わせてもらわなければいけない。バルサはポゼッションだといわれているけど、速攻もする。最高のシェフの条件は、いま目の前にある食材で最高の料理を作れるのが№1シェフ。その次が、最高の料理を作るために最高の食材を集めることのできるシェフ。最高の肉が欲しい、あの野菜が欲しいといってもなければ仕方ない。 岡田氏サッカーはトータルフットボールといっても長所短所がある。ゴールを獲る目的のために、決める人、作る人、運ぶ人と役割が出てくる。相手の意表を突くような組み立てをして仕留める人。 MCベイル選手やスアレス選手といった相手のゲームプランを破壊する。 城福氏パスを何度もつないで、ポゼッション率を高くしてもゴールは得られない。消えている時間が多くても、最後の一振りで現れる。消えてる時間が少ないほうがいいんですけど、ゴールが決められなければ勝ちにつなげられない、最後のゴール前で際立つ選手は貴重です。ベイルのような選手がチームにいれば、決定的な選手がいれば、チームにとってどれだけ心強いか、選手の時にはずっと感じていました。

      そういう決定的な仕事ができる選手がいるチームは、苦しい時でも点が取れるし、より上にあがっていけるのかな。 中田氏そんなに大きく変わっていくことはない。 二宮氏亡くなった中村勘三郎さんの口癖で、「型を付けてこそ型破りだ。

      何かに縛られるから、そこから解き放たれる自由だからこそ、イノベーションが起きる。岡田さんが今治でやっていらっしゃることだと思うんですけど。 岡田氏おっしゃるとおりで、“自由”なものから“自由なもの”は出ない。驚く発想は、型を破って驚く発想が出るというのが僕らの仮説。誰がやっても、どのコーチがやっても、どの選手が出てもこのときはこうするという意思統一。戦術では、どうしてもいき着かないところが出てくる。戦術でどうしようもないところを1人交わしてくれたり、とんでもないシュートを決めてくれたりする。昔は、アジアの弱い国の守備はいいかげんだったけど、今はどこの国でもしっかり組織してくる。今治モデルが全てを解決できるとは全く思ってないですけど、そういう基本的なものを作ろうと思ってやっています。

      西村氏レフェリーからすれば、日々新しいサッカーに出会える感じ。レフェリーは一番のサッカーのサポーターで大好きな人の集まり。それが、一番の醍醐味なので、次のサッカーが楽しみです。タイプが気持ちよくブレイできるようにするのがレフェリーの役割。得点にはならなかったんですけど、パストーレが右サイドをトップスピードであがってきて、最後、股抜きのクロスをした。アグエロが一瞬のフェイクで合わせたんですが、キーパーにふさがれた。それをさらにメッシがヘディングしたけど、また、キーパーにふさがれた。それに象徴するように、エースであるパストーレがトップスピードながらアグエロの一瞬のフェイクを見逃さず、股抜きのクロスを入れた。アグエロもトップスピードでフェイクを入れて相手を振り切りシュート。まばたきしたら、両方の駆け引きが両方分からない。ただあわただしいのではなく、判断のスピーテイー化が求められてくる。 岡田氏戦術が浸透して組織化されてアベレージが上がってくる。を抑えようと世界のサッカーはマンマーク気味になってくる。いままで、劇的な変化があったのは中に入っていくと思っていたけど、新たな変化も起こるんじゃないか。イノベーションを起こさないともたなくなってくるのではないかと感じています。


      関連キーワード - 岡田武史 - サッカー -

      【動画あり】子供にも容赦なし! マラドーナが6歳の孫をガッツリ削る

      その存在はサッカーに詳しくなくても、おそらく誰もが知っていることだろう。現在、54歳と年をとった彼だが、何かと世間を騒がせる存在なのは周知の通りである。整形したのも記憶に新しいが、今回のフィールドはサッカーが舞台。マラドーナが太りすぎているのはおいといて、おじいちゃんと孫のほのぼのした様子だ。

      まずはマラドーナが孫の守るゴールに向かってシュート。

      しかし、ベンジャミンくんがマラドーナ相手にドリブルを仕掛けると、思わぬ光景が飛び込んでくる。なんとマラドーナは孫相手にも容赦なし!猛プレスをかけ、ガッツリと孫を削って倒してしまうのである!!どうやらおじいちゃんとなった今でも闘争心は衰えておらず、孫との対決でも負けず嫌いなところが出てしまったようだ。

      神と呼ばれたおじいちゃんと世界屈指のストライカーである父の血を引く子なだけに、ベンジャミンくんは今からその将来が期待されている。


      関連キーワード - 岡田武史 - サッカー -

考察。「アグエロ」とは何か?

「アグエロ」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

アグエロに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 三浦大さん: チェルヴァリシュが24歳のCF、☆7 アグエロを獲得しました!公式HP
    > https://t.co/kVg83JlYn3


    > https://t.co/EsmRcLQmf0

    - 3 日と 11 時間 57 分 31 秒前
  • masaさん: RT @Ester_FIFA: #FIFA18 TOTW 今年の第一号。ディバラ、アグエロ、メルテンス、ファルカオ等いきなり豪華なメンツから。
    > https://t.co/nvXoZjytAC

    - 3 日と 13 時間 5 分 37 秒前
  • 高橋佑太さん: え、ここにきてFW熱い。アグエロ、スアレス
    > https://t.co/R1ZmGRUuWJ

    - 3 日と 13 時間 18 分 53 秒前
  • LOVE MANCHESTERCITYさん: アグエロとか、デブライネぐらいは選ばれてもいいと思うのに…
    > https://t.co/C8hBRgEw2l

    - 3 日と 13 時間 27 分 6 秒前
  • 岡井マテウスさん: ディバラ、バレンシア、アグエロ、メルテンス最高だね地味にバカンブほしい
    > https://t.co/0kWnDX6z9Z

    - 3 日と 13 時間 50 分 58 秒前
  • せやっちさん: @kane__sv アグエロ×3 - 3 日と 14 時間 38 分 28 秒前
  • S.KANOH サッカー垢さん: @taiseimancity 最近結構シティの試合見てるんですけどやっぱり攻撃は素晴らしいですよねサイドバックがより運動量増えたってゆうのとデブライネはパスセンス以外にもドリブルで持ち上がれるのとフィジカル持ち合わせてていい選手…
    > https://t.co/FUJuu6YTE6

    - 3 日と 14 時間 45 分 5 秒前
  • 山川 廉さん: RT @soccer08030525: シティの1点目アグエロのゴール。デブライネ→アグエロ
    > https://t.co/hPvmooRsax

    - 14 日と 11 時間 34 分 15 秒前
  • アブトレイカJAPANさん: ウイイレアプリの20万報酬でyoutuveの動画見て自分も期待して降臨したのがファン・セバスチャン・ベロンでした。個人的には大好きな選手だけどスキルが少ないから控えかな(T_T)アグエロ欲しかった。。。#ウイイレアプリ - 14 日と 11 時間 51 分 3 秒前
  • MCFCJapanさん: RT @ManCityJP: 【後半8分】デブルイネのスルーパスに裏を抜けたアグエロがボールを受け取りラストパス。PAでパスを受け取ったジェズスが左足でゴールを決めた
    > https://t.co/ynijCybIkv

    - 14 日と 12 時間 17 分 6 秒前
  • ゆずきさん: RT @adg_10_: アグエロ!!!ホームのシティ先制!
    > https://t.co/BCCuAsKU8f

    - 14 日と 12 時間 19 分 22 秒前
  • あいすまん/Barcheloneさん: やっぱりアグエロってはんぱないんだな
    > https://t.co/JyGpe6xfUM

    - 14 日と 12 時間 47 分 12 秒前
  • TAISEI@MANCITYさん: 今試合観終わりました‼️リバプールに5-0は最高すぎる - 14 日と 12 時間 47 分 59 秒前
  • カッチャンさん: RT @adg_10_: フェルナンジーニョ→アグエロ→最後仕留めたのはジェズス!!!ホームチーム3点目!
    > https://t.co/On05u9e5RC

    - 14 日と 12 時間 51 分 26 秒前
  • 宮村さん: デブライネの右足精度、相変わらずすんごいね……あとGジェズスが出てきたからもういらないとか、代表では役に立たないとか散々言われてたけど、アグエロはやっぱ役者が違うね……。今は共存してるとはいえ、なんだあの利他的アシスト。 - 14 日と 12 時間 52 分 22 秒前
  • エイコサペンタエンサンさん: RT @FootballTribeJP: マンC、マネ退場のリバプールを5発粉砕。アグエロ&ジェズスがゴール
    > https://t.co/fz5c5a8aFE

    #JoinTheTribeJP - 14 日と 13 時間 2 分 17 秒前
  • オジー・ケイ®さん: マンCとリヴァプールの試合、マネが退場したGKとの接触後に2点目を取られてから流れ持っていかれたね。それまではいい試合。1点目のアグエロへの縦パス、サネのゴールは完璧。マネやサラーに対するフェルナンジーニョやオタメンディの削りへのカードの色が違ったら結果もまた違ってたかな - 14 日と 13 時間 7 分 38 秒前
  • てぃさん: RT @mori_shio: マネ退場でリヴァプール崩壊 G・ジェズス、アグエロら躍動のマンCが圧勝
    > https://t.co/OJss9MEDaY

    #FootballNEXT
    > https://t.co/ZJ3gVhRQcA

    - 14 日と 13 時間 22 分 52 秒前
  • hayato yasuiさん: アグエロの1点目の抜け出しとデブライネの切り替えの早さからのスルーパスには鳥肌が立った!スタジアム内も一瞬空気が止まったでももちろん今日のMVPはジェズス、素晴らしいプレーヤー。ベンチにはギュンドガン復帰、フィルフォーデンはU-18から見てるけど凄まじい!まさにペップ好み - 14 日と 13 時間 53 分 37 秒前
  • 高橋遼さん: だいぶ強くなって87の数値ではなくなった。そしてアグエロとならんだ。
    > https://t.co/5DKEvR4Vc3

    - 22 日と 12 時間 34 分 13 秒前

    「アグエロ」に関するブログ
  • マンチェスター・シティー(イングランド)がアウェーでフェイエノールト(オランダ)に40で圧勝した。
    前半2分、ショートコーナーからMFシウバのクロスをDFストーンズが頭で押し込んで先制し、同10分にはMFウォーカーのクロスをFWアグエロが鮮やかに右足で流し込んで2点目をゲット。
    同25分にもFWガブリエルジェズスがこぼれ球を押し込んでリードを広げた。

    http://blog.goo.ne.jp/bunyobunyosama/e/843c0118d0c0c6a3a4a091066788f703


  • アグエロはブラジル代表FWジェズスにポジションを奪われたと思っていました。
    もちろんアグエロとジェズスを共存させないと勿体ないです。

    http://blog.goo.ne.jp/kuwa16madaowa/e/399b007d9994dcc38428a9f3a64dfaa1


  • #LFC
    (※アグエロに簡単にパスが通って、キーパーもかわして、やられた。
    1-0)

    http://praline.moe-nifty.com/blog/2017/09/post-f71e.html


  • 言うまでもなく、シティ・ファンは「(大金を払ってでも)アレクシス・サンチェスを欲しい」けど、「あくまで現金のみとの交換であり、ラヒーム・スターリングを交換に提供するというのはあり得ない」と憤慨しています。
    しかも、つい先日は、「交換に出す選手」としてセルヒオ・アグエロの名前すら出ました。
    ●マンチェスターシティ・ファンの反応

    http://lscj.at.webry.info/201708/article_59.html


  • 今季は開幕からコンパニがいる事で得られる安定感はかなり大きなポイントになりそうです。
    主将コンパニが守りエースのアグエロが獲る。
    シティサポーターは大満足の開幕戦だったのではないでしょうか。

    http://blog.goo.ne.jp/i8x6m10/e/03dd7c5fcac8ad50ee5f27fba3923cec


  • 「アグエロ」に関する教えてGoo!
  • CFに、シャルテンコかアグエロか迷っています。


    どちらがよいか、教えてください。
    アグエロ
  • メッシ、アグエロ、イグアイン、テベス、パレルモ、ミリトやったかな?南アフリカワールドカップのFWで誰を柱にするべきやと思いますかタイプが違うので一概には言えませんがこの中でNo.1はやはりメッシでしょうか
    こんにちはー。
    あくまで私の考えですが、やはりメッシを柱にすべきだと思います。

    現在は2トップを採用していますが、メッシを活かすには3トップにしてバルセロナと同じ右サイドで起用していくべきだと思います。

    あと個人的に期待しているのはイグアインです。

    彼は得点力ありますし2トップでも3トップでも問題なく機能すると思いますよー。
  • マラドーナの後継者として私の知る中でも、オルテガ、ガジャルド、リケルメ、アイマール、テベス、メッシ、アグエロと上げられましたが現代サッカーは、スペース与えてもらえないし、マラドーナみたいなプレイしてたらすぐ囲まれて反則で止められますし出て来ようにも、多分超える存在は出て来ないやろし、今後も名前上がりながら消えて行くのではないでしょうか。フランスのジダンはプラティニを超えたと個人的には思います
    個人的には、アグエロに期待してますが、皆さんの知るマラドーナの真の後継者(マラドーナに近づける存在)教えて下さい。
    上記の中でマラドーナのプレイスタイルと一番似てるのは誰ですか?


    アルゼンチンが求める「マラドーナの後継者」とは象徴的な意味です。


    南米の大国ブラジルの後塵を拝し続ける(サッカーでも経済でも)現状を打開し、アルゼンチンを国旗の如く「太陽の国」に引き上げる「メシア」を求めているのです。

    したがって単に似ている、近いで議論される存在ではありません。

    今後も、どんなに傑出した選手が出てきても所詮「後継者」でしかないのです。

    その選手は生涯マラドーナの「偶像」との比較に苦しめられるのです。


    しかし今後マラドーナの影を払拭するのであれば、以下の最低条件をクリアする必要があります。
    (1)独自のプレースタイルで後のサッカー界に影響を与える
    (2)バロンドール等の個人賞を複数年受賞する
    (3)W杯でアルゼンチンサッカーを自分の手でドラマティックに世界一に導く
    (4)欧州ビッグクラブに在籍しCL制覇を自分の手でドラマティックに導く
    (5)アルゼンチン国の地位向上に貢献
    追加:個性的なキャラで世界の若者に影響を与える
    おそらく100年経ってもこんな選手は出てこないでしょうが・・。
    >マラドーナみたいなプレイしてたらすぐ囲まれて反則で止められますし
    かつてマンチェスターユナイテッドのレジェンドのジョージベスト(故人)が晩年、雑誌のインタビューでこう答えています。


    問い:「貴方の選手時代より、現代のDFの方がフィジカルも厳しく、スペースも無い。現代のドリブラーは大変じゃないですか?


    ベスト:「その逆です。

    私の時代のDFは後ろから足を入れて蹴ってきた、現在ではレッドカードです。

    現代のDFの方が私にとってはイージーです。


    おそらく80年代中盤?にDFのバックチャージが厳罰化したはずです。

    この厳罰化にもマラドーナの存在(常に削られてた)があったとの事です。


  • 「アグエロ」の関連語
    1位 クロス
    2位 押し込んで

話題のトピック