なぜ「てるみくらぶ倒産」なのか?

「てるみくらぶ倒産」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      格安旅行業者「てるみくらぶ」倒産により影響を受けた人たちの声

      内定を取り消された方の相談に対応する特別相談窓口を、東京と大阪の新卒応援ハローワークに設置しました。

      そして2017年、てるみくらぶが日本の旅を変えます。てるみくらぶで9万円の被害にあったことを電話にて取材されました。

      別で予約していたホテルもスムーズにチェックインできました。

      てるみくらぶでの韓国旅行キャンセル分7.5万戻ってきました。

      セゾンでも返金されたのはお客様が初ですと言われました。

      数日前にお話した人生最大のピンチの件、返ってこなそうだから言うけどさ、、、。立て替えてた友達にてるみくらぶで予約してたとは言えずJTBで取り直したから更に100万近くかかってるしね。

      フロントスタッフに寛大な対応をして頂き、実費ではあるものの通常料金でのお部屋のランクアップ。 てるみくらぶで予約した9月のハワイ、現金一括入金キャンペーン詐欺に引っかかりました。

      時給950円で、汗水たらして2年間貯金した35万大切な旅費です。6月にベトナムのダナンへの旅行を予定していたのだが、申込んだ旅行会社がてるみくらぶのためご破算に。決済したクレカ会社に返金できるか問合せて、目下連絡待ち。汗水流して働いていろんな思いがあって申し込んだ旅行です。お金ないない言ってた父親が、母親の癌手術成功から10周年記念で考えたハワイ行きのビジネスクラス。母も自分もお金出すけど久しぶりに父が連れてってくれるって半年以上前から楽しみにしてめちゃ喜んでた。現地で、てるみ日本が、未払いの為にホテルや送迎等費用を、400ドルをてるみキューバへ支払ったみたい。取り合えず、申請するが帰国できたから良し!すべきなんやろうな~。予約は入ってるけど入金されてないから発券出来ない。他社で名前を入れることも予約が重複するので出来ない。航空会社はてるみくらぶがアクションを起こさないと何も出来ないとのこと。このメール見ると、勝手に来たツアー客が悪いような印象を受ける。 てるみくらぶで4月下旬からハワイ7日間の旅を予約してて、、計100万以上出してます。本社ドアにはダンボールが貼られ、同じ被害に遭われた方の話では社員と顧問弁護士の計3人が出社していた模様です。 隙間から中が少し見え、男性がオフィスを歩いているのが見えました。

      【事業停止】てるみくらぶ倒産か?ツアー催行を当日中止 被害を受けている人達のレポまとめ

      BSPでは3月8日から15日までの発券分が 23日に精算されることになっていた。 メールを申込者に送付しており、 JATAの弁済業務保証金制度を活用する可能性がある。 ちなみにてるみくらぶ、49800円ハワイ旅行、3/22までの現金一括のみ募集してた。 参加者をもの扱い、予定にない場所へいきなり寄り、 速く歩けもたもたするなと怒鳴る始末。 高齢者がほとんどの旅行で、崖から落ちて死んでも 自己責任と繰り返し言う。言葉づかいがひどすぎるし、 ついには、添乗員のミスで予定にあった場所へ辿り着けず、 一日中バスの中で終わる日まであった。 やりたくない、面倒臭いを出しまくり、最低な添乗員でした。 あんな人が添乗員として働ける、てるみくらぶを疑います。

      二度と会いたくない、利用したくない旅行会社です。 電話の対応もため口混じりで そんなことじゃ困ると言ったら電話を切られました。

      数年前に一度だけ利用し、二度と使わないことを決めました。

      いまバンコクにいるのだが、てるみくらぶのこの事件のために、ホテルを追い出されるし、航空券も発券されるか未定。 てるみくらぶで旅行中でロシアにいます!さて、どうなることやら。 初めてニュースのビッグウェーブに巻き込まれようとしている。

      今日からヨーロッパ行く予定だったんだけどその旅行会社が今日いきなり倒産するかもしれないらしくてよくわからないけど中止っぽい。母親が電話したらしいけどその電話出た人もよくわかってないっぽい。行けなかったとしても、全額返金してくれないと困る。 韓国到着したけど、なんかホテルがキャンセルされてた。お店の人が韓国の人でさっぱり伝わらなくて、、韓国人のお友達に電話で通訳してもらいました。

      ホテルキャンセルされていて、本当にパニックになりました。

      【事業停止】【破産】当日にツアー催行中止の旅行会社てるみくらぶ倒産か?【韓国・ハワイ】

      旅行当日や旅行中にあるはずの予約が取れていないというトラブルが相次ぎ利用者は大混乱。自転車操業状態だったことを認め利用者や取引先に謝罪しました。

      シニアをターゲットに新聞広告を打ち出したという山田社長。しかしインターネット媒体で成長してきたてるみくらぶにとってはかなりの高コスト。 当日にてるみくらぶから連絡を受け旅行に行けなくなった人を始めパッケージツアーの支払いを済ませている人や渡航中にも関わらず宿泊先の予約がされていないなどトラブルが明るみに。今後出発するツアーなどでも8万~9万人が代金を支払い済みで、その総額は約100億円に達する可能性がある。利用客がすでに支払ったツアー代金の返済については、日本旅行業協会などと協議したうえで、検討するとしている。

      問われると、山田社長は「詐欺をはたらくとか、毛頭考えておりません。
      すでに航空券を受け取っていても、現地で宿泊できないなどのトラブルの可能性があるとして、渡航を控えるよう呼びかけている。

      一方で、すでに海外へ出国した人については、自力で対処してもらうしかないとしている。

      何年も前から悪評高かったけど、安いから何度かてるみくらぶ使って海外行ってた。 当日朝にいきなりメールで告げられる人が相次ぎました。

      韓国到着したけど、なんかホテルがキャンセルされてた。ほかのニュースあたってみてもサイト自体につながらないとか。 てるみくらぶ、事業停止って倒産とは違うのかな。

      > 【阿鼻叫喚】格安旅行会社てるみくらぶ倒産!「出国した人は自力で対処を」
      > これは詐欺?ネット民がてるみくらぶの計画倒産を疑う
      > てるみくらぶ GW目前に計画倒産か?女社長 山田千賀子は逮捕あるか?
      > てるみくらぶ事業停止により混乱続く…当事者の声まとめ【事業停止・倒産?】
      > 「てるみくらぶ 」航空券トラブル相次ぐ…臨時休業に不安の声
      > どうする??【旅行会社トラブル】あの有名旅行会社「てるみくらぶ」倒産か!?旅行商品の基礎と豆知識♪♪
      > てるみくらぶ GW目前に計画倒産か?被害にあった場合の対策とは?

      てるみくらぶ、倒産直前に一大セールで顧客から資金集め…その怪奇的な杜撰経営

      格安旅行会社、てるみくらぶの倒産劇は衝撃的でした。具体的には、負債の総額が151億円、そのうち顧客からの代金の前受金が100億円もあったことです。 ●てるみくらぶの資産状況 てるみくらぶは上場会社ではないので、詳らかな会計情報は開示されていません。
      負債の総額が150億円だということは、次のような貸借対照表がイメージされます。 ●3月23日までに代金を振り込めば割引という商法の裏 てるみくらぶは倒産の直前段階になって、旅行の募集を行っていますが、3月23日までに入金すると旅行代金が割引されるというものでした。 つまり、てるみくらぶは顧客より100億円も代金を前受しておきながら、4億円程度の決済の資金にも行き詰まっていたことがわかります。 旅行会社というのは、大掛かりな設備投資も不要であり、たな卸資産などの在庫保有も不要なので、資産を保有するといっても、預貯金をたくさん抱えているのが一般的です。てるみくらぶの場合、その預金が4億円もの決済に困るほど底をついているような状況に陥っていました。

      ●半端ではなかった債務超過のレベル ということは、債務超過のレベルも半端ではないと思われます。かつて上場している会社において、債務超過の末に破たんした会社もありました。

      上掲における自己資本比率がマイナスの会社というのは、債務超過にあることを意味します。そのなかでも、そごうの債務超過のレベルは甚だしく、マイナス73.5%にも上っています。

      ような小売業者の名前がありますが、これらはいずれも小売業者であって、店舗と在庫に相当の資金を投入したうえで、事業を営んでいました。

      また、使い捨てライター製造会社、東海などは、製造業を営んでいたので工場設備に相当の資金を投入したうえで事業を営んでいました。

      これらの業種は、預貯金以外の資産を保有しておく必要があります。 ●資金管理の杜撰さ 以上は、倒産直前期におけるてるみくらぶの資産内容に関する分析結果ですが、次に同社の資金管理についてみていきます。5000円で、残りの2万5000円を航空券代や宿泊施設などへの代金として払う必要があるとします。 そうすると、旅行業者は預かった3万円を自由に使うのではなく、2万5000円部分を除いておいて、自分たちが受け取ってもいい5000円部分のみを会社の運転資金に回そうと考えるべきです。そこから従業員の給与を払ったり、事務所の家賃を払ったり、新聞広告の経費に充てるのが常道です。 ところがてるみくらぶでは、そのあたりが一緒くたになってしまい、顧客からの預かり金の相当部分が、会社の運転資金に回されてしまっていました。

      この資金管理の杜撰さが、同社の被害額を大きくした主要因です。 これは、旅行代理店にとって、決して小さくない教訓です。たとえば証券会社の場合、顧客からの預かり金は別管理されることになっており、他に流用されることはありません。


      しかし、旅行代理店の場合、金融機関などと比べて企業経営も小規模になり、このあたりの管理はさほど徹底されず、資金管理がわずかに疎かになる傾向があります。 数年前より、てるみくらぶは採算の悪化に直面します。まず第1に、航空会社が大型旅客機から中型機にシフトしたことがあげられます。これにより空席が減った結果、格安の空席の確保が難しくなります。2008年から11年頃までは、円が高くなり、1ドル80円程度の円高が生じました。

      これは、格安旅行を提供する企業にとっては追い風でした。

      しかし、12年以降は円安となり、1ドル120円にまで円が値下がりしました。

      これは、格安旅行を提供する企業にとっては向かい風です。走ってしまい、そのまま一直線に倒産してしまいました。

      ことが、必ずしも当の事業者にとってプラスになるのではありません。
      松下さんは、「王様は、ときには家臣や人民に理不尽なことを要求することもある。それでも、王が理不尽な要求を止めないのであれば、国外に逃亡したり、反乱を起こすのが正常な民の行動です。ばかりに、無理をして泥沼の価格競争に足を踏み入れて破たんしました。

      神様であったはずの顧客のうち、400名は今も海外で途方に暮れています。

      自社の採算をどう守るか、これが疎かになると結局、顧客に大迷惑をかけてしまうことを、この倒産劇は物語っています。


      関連キーワード - てるみくらぶ -

      格安旅行会社「てるみくらぶ」倒産が“東京芸人の父・ぶっちゃあ”も直撃!

      今回の騒動に、多くの若手芸人たちから慕われる“東京芸人の父”も金銭的被害に巻き込まれていた。 「3月26日から31日まで嫁と小学生の娘と3人でハワイ旅行に行く予定だったんですよ。しばらくたってからお掛け直しください』のアナウンスが繰り返されるだけ。そこで現地の旅行会社にもメールで確認したところ、〈現地でもホテルのお部屋は取れていても、ホテル側から宿泊費を請求されたといったご連絡を頂いております〉と。 結局、ぶっちゃあ一家はハワイ旅行をキャンセルするハメになった。当初はハワイアン航空のビジネスクラスにリゾートホテル宿泊込みで1人18万円なら安いと思っていたものだが、3人分のツアー料金約60万円は水の泡となったのだ。

      影響は、契約者数で3万6000人、被害総額は99億円に上る。 債権問題などに精通する弁護士の坂東利国氏が解説する。 「日本旅行業協会の保証金は1億2000万円が限度となっています。

      また、27日に東京地裁に破産を申請した同社は、直前まで営業担当者がツアー代金の振り込みを催促する連絡を行うなど、計画倒産の疑いも指摘されている。

      「これだけの報道がなされ、警察が捜査に乗り出すことは十分考えられます。ただし、顧客に旅行代金を振り込ませていただけでは詐欺罪は成立しない。現在も怒りが収まらない、ぶっちゃあは声を荒らげる。サンセットクルーズのディナーやウオータースライダーを楽しみにしていたのに、60万円が6000円とは‥‥。まぁ、僕は芸人だから、今回の騒動でこうやってアサ芸さんにも取り上げてもらえた。60万円は広告宣伝費だと思えば、割り切ることもできる。被害者の中には、アルバイトでためたお金で卒業旅行に行こうとしていた学生さんたちもたくさんいると思う。
      関連キーワード - てるみくらぶ -

      てるみくらぶ破産にみる、会社の「良い借金」「悪い借金」とは?

      東京地裁に破産を申請し、破産手続きの開始決定がなされた。同社で予約した旅行者は、現地でホテルがキャンセルとなったり、帰国できない可能性があったりと、春休みという旅行シーズンに日本中に大迷惑をかける破産劇となっている。

      ニュース報道によると、同社は前期過去最高の195億円を売り上げていたものの、2015年春ごろから経営状態が悪化。資金繰りが厳しくなり、151億円の負債を抱え破産申請に至ったという。破産の決定的要因は、航空券の発券に必要な国際航空運送協会への支払い4億円が用意できなかったことだ。

      破産せずにすみ、春休みの旅行者に大迷惑をかけなくても済んだ可能性がある。解説するのは、企業の再生を手がけるファンド会社日本創生投資で代表取締役社長を勤める三戸政和氏だ。

      「てるみくらぶは、『現金一括払いで予約すると割引』という消費者から前借りするようなことも行なっており、相当資金繰りが厳しかったと考えられます。 10年ほど前の2008年には、不動産会社アーバンコーポレーションが616億円もの経常利益を上げていたのにも関わらず、不動産不況や全国銀行協会による暴力団排除条項などによる銀行からの借入が上手くできなくなり民事再生に至り、日本最大の黒字倒産と言われた。つまりは、会社というのは、売上や利益水準が良くても資金繰りが詰まれば倒産し、逆に赤字が続いていても、資金繰りが続けば倒産はしない。 まず、借金には融資と出資の二種類があります。 導入部分で触れた資金繰りの問題では、前者の融資は、返済ができなくなれば会社は倒産してしまいますが、後者の出資は返済の概念がないので、倒産のリスクは非常に低くなります。 この資金調達の割合で1つ、良い借金と悪い借金を見分けることができます。
      ◆トヨタの自己資本比率が少ない理由 自己資本50%以下で、さらに悪い状況に置かれるのが、債務超過状態です。 これは例えば、融資の合計が10億円あるのにも関わらず、資産が8億円しかない(出資された金額を全て使い切って出資額がマイナスの状態になっている)ことを指します。この場合、銀行などは、資金を貸し付けても返済の可能性が非常に乏しいと考えますから、形式基準として融資を行わないのが普通です。結果、会社側はこれを回避するために、資産を大きく見せるようになり粉飾決算が行われてしまうわけです。 基本的には、自己資本比率が50%を超えたほうが優良な企業と言われています。

      ですが、たとえば日本を代表するトヨタ自動車の自己資本比率は、38.1%です。を銀行などからの融資に頼っていることが理由です。 自己資本が少なく他人資本に頼ることは、融資が継続しない、返済が滞るというリスクが高まる一方で、うまく利益を上げることができれば、大きく利益を生むことができます。
      この発想で日本で一番勝負を掛けているのが、ソフトバンクグループです。同業のNTTドコモが73.5%ですから、全く次元が違います。

      これが両社の社風の違いに表れているというのは想像に難くありません。
      ◆ソフトバンクとドコモは何が違ったのか 実際に、2006年にソフトバンクがボーダフォンを買収したころ、孫正義社長が絶対的王者のドコモを抜くと決算発表で言っていた時は、メディアも含めてほどんどの人が夢物語だと言っていました。



      しかし、今のソフトバンクは売上高9.2兆円、営業利益1兆円の会社にまで成長しました。

      これは、ドコモの売上高4.5兆円の営業利益0.8兆円を大きく凌いでいます。

      ◆中小企業はいくらまで借金してもよいのか とは言え、ソフトバンクは上場企業であり、借入金以外にも多角的に調達の手段があることから、中小企業の勝負ができる”良い借金”とは少し数値感覚が異なります。そこで、日本の中小企業の”良い借金”の基準を考えてみます。この4ヶ月分と考えると1.5億円程度の借入となります。 私が代表を務める会社が投資検討する際には、支払利息に意外と無頓着で高金利を支払っている経営者が少なくありません。
      昨今の低金利時代において、会社の借入全体に対して利息を年利で2.5%以上支払っている先は、金融機関への交渉を行うべきです。 この基準を超えてでないと会社が借り入れることができない状況にあるとすれば、それは悪い借金を背負っていると言える。ここ数年は、アベノミクスのマイナス金利の影響も受けて、金融機関はタダでも貸したい状況にあります。1%を切る貸出金利も当たり前の状況であることから、通常の金融機関からの借入を借り換えすれば、2.5%以下にならなければ借入余力がない、つまり何か問題があるということです。 古くから日本の金融機関は、資産を評価して貸し出す不動産担保付き融資の形がほとんどでした。しかし昨今、金融庁より、事業性を評価して貸し出すという指導も進んでおり、事業内容を見て将来的に利息の支払いや返済が可能なのかを見極める貸し出しも増えてきています。

      ◆SHARPはどんな借金をしてしまったのか この事業性評価を読み誤って返済ができずに、身売りを余儀なくされてしまったのが、昨年台湾企業鴻海精密工業に買収されたSHARPです。 SHARPの歯車が上手く噛み合わなくなってきたのは、2009年稼働の堺工場に4000億円もの投資を行なったからと言われています。

      実際、2004年には4000億円ほどしかなかった有利子負債が、2009年には、倍の8000億円になり、2012年には1兆円を超えてしまいました。

      資金調達は、事業の収益で返済することが基本なのに、経営者の個人保証や自宅を担保に借りた資金は、どうやって返していくのか普通では説明できませんよね。

      売却すれば借入を返済できる資産があるから金融機関は貸し出しているわけです。つまり、少しでも事業が上手くいかなければ、その資産を売り払って返済できる前提で貸し出しを行っているわけです。社長の自宅(資産)は売り払えば必ず返済できる額になるかと言えば、疑問符がつかざるを得ません。
      個人保証のせいで、社長の人生そのものがトラブルになることを防ごうというわけです。個人から金を借りてる会社は一番ヤバい 上述した個人保証の問題は、中小企業の経営者にとっては、かなり大きな問題でした。 一方で、このガイドラインに乗らない借入が一番悪い借金となります。からの調達は、合理的な判断で調達できるので、調達に時間はかかりますが、返済できない時に合理的に判断されます。 ◆科学雑誌『ニュートン』は何が悪かったのか 例えば、上述のガイドラインに沿って借入金の整理をすれば、自己破産せずとも一切の借金を免れることができます。


      しかし、知り合いの経営者からお金を借りると、心情的な理由から、法的にはクリアになった借入も個人間の恨みつらみをかってしまう恐れがあります。 つい先日、ニュースを賑わせた科学雑誌『ニュートン』を発行するニュートンプレスがまさにその罠に陥ってしまいました。

      経営者は逮捕され、会社は民事再生をかけざるを得なくなってしまいました。

      実は、科学雑誌の『ニュートン』自体は業績は悪くありませんでした。折からの雑誌不況の中で、経営者は新規事業の思考が高く、iPad向けの教材を扱う会社を作り、開発資金に数十億円をかけたといいます。


      関連キーワード - てるみくらぶ -

      てるみくらぶ破産で考える、格安旅を自分でつくる5ヶ条

      そんな矢先、格安旅行会社てるみくらぶ倒産の報道が。 ◆てるみくらぶの破産は、消費者には予想できなかった てるみくらぶについて、旅行業界で仕事をしている友人に尋ねたところ、事前に一般消費者が察知するのは、難しかったのではないかという見解でした。早めの予約で安くなるプランは通常でも考えられるし、取引の多さからもほぼ大手という印象のある会社だったため、格安だから怪しかった、とは言いづらいとのこと。所属していて、弁済業務保証金制度を利用できる可能性があります。今回のケースでは旅行代金の1%程度の保証になるとされています。

      所属していて、それぞれ同様の制度を備えています。

      カード会社によって対応が異なること、事態が進展したことで当初の回答から変化して対応してもらえたケース、カード引き落とし後でも対応を検討してもらえたケースなども見られます。 諦めず根気強く冷静に相談を続けることも、重要と考えられます。 予約をされていた方や、旅先で不安な環境下におかれた方のことを考えると胸が痛みます。少しでも被害が救済されることを願ってやみません。
      通常、旅行においてはパッケージツアーの方が割安になることが多いです。これは、旅行会社が多くの予約を取り扱うスケールメリットを活かして、航空チケットやホテルなどを割安に手配できるためです。 一方、自分たちで手配する場合、旅行会社のツアーを利用するときのようなスケールメリットは得にくいですが、そもそも旅行会社と大規模な提携を結ばないこだわりの宿を選べたり、選択肢を増やせる利点があります。 個人が宿泊先などを手配するサイトには、“場貸し”サイトも多いです。契約は旅行会社とではなく、宿泊先などと直接する点が特徴です。サイト運営側は募集をするための”場”を貸すだけで、予約が成立すると広告費として、宿泊施設などはサイト運営会社に手数料を支払っています。

      割安に手配できる航空チケットやホテルを組み合わせてツアーを提供することとは、構造が異なります。 利用者としては、サイト自身の信頼性と宿泊先は必ずしも関係がないことを心得て利用する必要があります。ポイントを貯めるサイトを統一し、最低価格保証の交渉をする。旅立つ前にも一度価格をチェックしてみようと思いました。

      最後になりましたが、色々とヒアリングをさせてくれた友人達に感謝します。26歳でマンションを購入したことをきっかけにお金の勉強を始める。
      関連キーワード - てるみくらぶ - 旅行 -

考察。「てるみくらぶ倒産」とは何か?

「てるみくらぶ倒産」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

てるみくらぶ倒産に関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news1/index.php(562): tweet_output('\xE3\x81\xA6\xE3\x82\x8B\xE3\x81\xBF\xE3\x81\x8F\xE3\x82\x89...') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143