なぜ「つば九郎」なのか?

「つば九郎」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      【プロ野球】《球界マスコット事件簿・2017春》ジャビットが警察署長!? つば九郎は一日店“鳥”……

      スタートダッシュに成功した球団、選手の好不調など、今季の傾向を見定めるのには頃合いだ。

      今年ここまでのマスコット事情、注目点を総ざらいしてみたい。大好評! 今季の開幕時、マスコット的にもっとも話題を集めたのは間違いなく中日のドアラだった。 この手の他球団を揶揄したようなビジュアル訴求は、これまでロッテの独壇場だったが、今回、中日がドアラを使って参戦してきたわけだ。

      発売されると、オンラインショップで用意していた300個がたった7分で完売!ポンタ人気は今年も健在。ポンタ完売の裏には、モモコ効果があったのかもしれない。 実はつば九郎、今季の年俸交渉の席に遅刻してしまい、年俸アップとはならず。その補填としてなのか、アルバイト感覚で一日店“鳥”に就任。 ■つば九郎、馬券的中 アルバイトに勤しんでいたつば九郎。だが、しばらく新たな臨時バイトは必要なさそうだ。

      肝心の予想については「ひじょうにむずかしいです。なんと、12球団のマスコットが選手として起用できるのだ。

      ファミスタ30周年記念作品、とあって、さすがの気合いの入れよう。これを機に、マスコット人気と認知がますます高まるのを期待するばかりだ。

      週刊野球太郎では今年も引き続き、球界のマスコット事情を追いかけていきたい。
      関連キーワード - 話題 -

      美女か野獣か?LiLiCo、神宮球場で魂のスタジアムDJ&始球式!

      今日はつば九郎もジョア仕様 前日の試合は雨天により7回コールドとなりましたが、和製ライアンこと小川泰弘投手の力投で勝利を手にしたヤクルト。昨日とは打って変わって晴天に恵まれたこの日は、多くのファンが球場に足を運びました。

      リングアナ顔負けの選手紹介に、スタジアム熱狂! プレイボールが間近に迫り、各照明が点灯され始めました。

      LiLiCoさんの神宮球場での最初の仕事は、ヤクルトスワローズのスタメン紹介です。 さすがは映画コメンテーターとプロレスラーの顔を持つ野獣。圧倒的な声量と観客を煽るような巻き舌で、スタジアムのテンションが一気に上がりました。

      魂のシャウトに、ヤクルトベンチも興奮の様子でした。ここでは生ナレーションをして観客を沸かせていました。

      渾身の一球は惜しくもワンバン バラを思わせる華やかなパンツとヤクルトのユニフォームでマウンドに上がったLiLiCoさん。グッと左足を高く上げ、軸足に体重を乗せる姿は、村田兆治のマサカリ投法を思い出させます。 投じられたボールはホームベース手前で惜しくもワンバウンド。それでもLiLiCoさんは「練習したからノーバンで行きたかったけど、気持ちが良かった。LiLiCoさん その後、つば九郎は花束をLiLiCoさんに渡し、公開プロポーズ。 LiLiCoさんは自身について、美女か野獣かを問われると「いや、絶対野獣でしょ。 ちなみに試合の方は、一時ヤクルトが逆転するも7回に同点に追いつかれた後、8回に3点を奪われ、惜しくも連勝は逃してしまいました。


      関連キーワード - 話題 -

      LiLiCo 初の始球式「満足」 “先生”はヤクルトのあの投手の息子だった

      宣言しており、野獣のように大きく振りかぶったが、惜しくもワンバウンド。 この日、ヤクルト選手紹介のアナウンスも担当したLiLiCo。
      関連キーワード - 話題 -

      【プロ野球】秋吉亮vsバレンティン! デニングが中堅!? ヤクルトファン的WBC名場面はコレ!

      日本は惜しくも準決勝で敗れたが、熱い戦いぶりで野球ファンに大きな感動を与えてくれた。 ちなみに、ヤクルトファンの筆者としては秋吉亮の快投、バレンティンのベストナイン選出、ロマン、ラルー、デニングといった元燕戦士たちの出場など多くの希望も受け取った。 ※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週刊野球太郎』でニュースやコラムが読み放題! ■これぞ真剣勝負!見たくないけど見たかった! まずは誰がなんと言おうとこの場面しかない。 この対決にはヤクルトファンだけでなく、東京ドームもスタンド全体が盛り上がり、一塁側内野席で見ていた筆者も身震いした。その言葉通り、初球から秋吉は外角へのスライダーを2球続ける。3球目のスライダーをファウルされ、4球目はインハイへのストレートを投じ、これもファウル。外角低めに決まった渾身の一球にバレンティンは空振り。 この勝負の後、両者は笑顔で言葉を交わしている。

      しかし、あの笑顔から察するに称え合っていたのだろう。この場面が全6試合行われた東京ドームで最も印象に残ったシーンだった。 この試合は延長タイブレークの末に8対6で日本が勝利。日付が変わる直前に試合が終わったたが、筆者は最後まで戦いを見届け、無事終電に乗ることができたこともつけ加えておく。併殺打となり、日本の攻撃がサクッと終わったからだろう……。このままで終わるはずがないと思いつつも、どこか不安を拭えなかった。 1回裏、先頭打者の山田は幻になりようがない文句なしの先制本塁打を放つ。この試合、筆者は左翼スタンドで観戦していたが、席から10メートルと離れていない位置に着弾し、周囲は大騒ぎとなった。この本塁打で8対5とキューバに3点差をつけ勝利を手繰り寄せた。 山田はこの一戦で息を吹き返し、続くイスラエル戦でも2安打を放つ活躍。大活躍とはいかなかったが、バレンティンが不在の中で一定の活躍を見せ、人気を博していた。 つば九郎のボブルヘッド配布デーでもあった6月のロッテ戦で見せた満塁本塁打は、今も目に焼き付いている。

      そして左翼に就いていたが、危なっかしい守備だったことも当然覚えていた。

      しかし、WBCでは守備に不安のあるデニングがオーストラリア代表の中堅を守っていたのだ。

      オーストラリア戦では、ヤクルトファンの筆者が通常では立ち入ることのない東京ドームの右翼スタンドで観戦していたが、右前方に見えるデニングの姿に懐かしさを覚えた。 WBCでは打撃が振るわなかったデニングだが、この試合では4回飛んできた打球を無難に処理していた。 山田の打球をデニングが処理するという光景を3度目の当たりにし、ヤクルトファン的にはこれだけでお腹いっぱい。
      関連キーワード - 話題 - 中居正広 -

考察。「つば九郎」とは何か?

「つば九郎」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

つば九郎に関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news1/index.php(562): tweet_output('\xE3\x81\xA4\xE3\x81\xB0\xE4\xB9\x9D\xE9\x83\x8E') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143