なぜ「#日向灘」なのか?

「#日向灘」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



考察。「#日向灘」とは何か?

「#日向灘」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

#日向灘に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 「#日向灘」に関する教えてGoo!
  • 日向灘が震源地宮崎で震度3でした
    まぁ大丈夫だろうけど、明日は17日予言当たるのかな?
    南海トラフ地震で日向灘までが連動するとマグニチュード9かそれ以上になる可能性もあるとか。
    恐ろしや。
  • プレート境界の地震には、大きく分けて
    重いプレートが急角度で沈むマリアナ型と、
    軽いプレートが浅い角度で沈むチリ型と、
    があるそうです。


    マリアナ型は大地震が起き難く、チリ型は大地震が起き易いそうです。


    宮城沖(東日本大地震)はその中間型っぽいらしいです。


    東海大地震が想定されている駿河トラフから南海トラフ、日向灘では、
    フィリピン海プレートがユーラシアプレートに0度~20度くらいの浅い角度で沈んでいるらしいです。


    そうすると、東海~日向灘では、マグニチュード9クラス以上のチリ型の超巨大地震が想定される、と考えていいのでしょうか?


     南海トラフのプレートの沈み込み角度はチリ型に属します(山岡、2001,固着域と東海地震、
    http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/yamaoka/nnsl/nnsl-n

    … )。
     慶長タイプの海溝軸の大きな断層すべりと宝永タイプの長大な震源域の両者の性質を合わせ持った超巨大地震はMw9クラスの超巨大地震の可能性はあります。
     最近、徳島県や高知県で巨大津波による数十センチの分厚い津波堆積物が発見されました。

    高知大学・岡村によると、Mw9クラスと推定されるそうです。

    同じような分厚い津波堆積物は貞観津波(869年)、スマトラ-アンダマン地震(2004年、Mw9・1~9・2)でも観察されています。


     東日本大震災の震源域の長さ約450~500km、幅約200km
     西日本大震災の震源域の長さ約700km、幅約150km
    両者ともに断層面積はおよそ100,000km2です。


    モーメントマグニチュード(Mw)=断層の長さ*断層の幅*すべり量*断層面の固さ
    断層面の固さは海溝域ではほとんど変わらないので無視できます。

    断層すべり量にも依りますが、ダイナミックオーバーシュートが起きたとすると、南海トラフ(日向灘~東海)では東日本大震災と同じエネルギーを放出する可能性は十分にあります。

    このようにプレートの形状だけで判断するだけではなく、古津波などの判断材料もあります。
  • M9クラスの超巨大地震が起こりうる地域はどこですか?


    1)チリ南部
    2)ペルー・チリ国境
    3)カスケード沈み込み帯
    4)アラスカ南部
    5)カムチャッカ南部
    6)日本・日向灘-東海
    7)スマトラ-アンダマン
    8)日本・東北
    9)その他
    全部。
    なんせ起きないはずの東北で起きてしまったからねえ。
    近隣の複数同時の地震現象があればどこでも巨大地震はあり得るってことが証明された。

話題のトピック