なぜ「The Beguiled」なのか?

「The Beguiled」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



      ソフィア・コッポラ監督最新作は新境地“スリラー” 日本版タイトル&公開日決定

      欲望のめざめ』に正式決定し、2018年2月23日より全国公開される。Beguiled』を基に、南北戦争期、閉ざされた女子学園に一人の負傷兵が転がり込んで来ることで巻き起こる女たちの愛憎劇を描く。 さらに、キャスト陣にはソフィア映画史上最も豪華ともいえる面々が集結。 本作は、今年の5月に開催された第70回カンヌ国際映画祭にて世界初披露され、女性としては実に56年ぶり2人目の快挙となる監督賞をソフィアが受賞したことでも話題に。
      関連キーワード - アニメ -

      トム・ホランド、『スパイダーマン:ホームカミング』の高評価に「泣きそうになったよ」

      スパイダーマンも歓喜のあまり泣く事があるようだ。

      現時点で110件のレビューが投稿され、92パーセントの高評価を受けている。

      米国での一般公開日は7月7日だが、先週行われたプレス向けの試写会では、絶賛の嵐だった。そうは言っても、僕もこの映画に全身全霊で取り組んだんだ。

      初期のレビューは高評価が多いが、批判的なレビューも一部存在する。レビューサイト『Metacritic』では、『ホームカミング』は現在、批判的なレビューが45件あり、73スコアを獲得している。

      ただ、ファンは慎重ながらも楽観的で、あまり期待しすぎずに観に行ってほしい。さもなければガッカリしてしまうかもしれないからだ。

      『スパイダーマン:ホームカミング』は8月11日、日本公開予定。
      関連キーワード - アニメ -

      幸せは自分次第。エレノア・コッポラ最新作『ボンジュール、アン』

      Beguiled』にて監督賞を受賞したニュースが記憶に新しいですよね。

      カンヌ映画祭史上では56年ぶり、2人目の女性監督の受賞だったのだとか。筆者の目をジッと見つめて話すエレノア監督の真剣な瞳の奥には、優しい光が。2人きりで南フランスを車で巡る旅に出る、というロードムービーです。 ところが、目的地では夫が待っているというのに、ジャックはロマンチックなところに寄り道ばかりしてアンを苛立たせます。

      しかし、魅力的で強引なジャックと一緒に旅するうちに、アンは自分の人生に欠けているなにかに気づき始めます。 「ジャックとの旅で、アンは、自分には選択があるということに気づいたの。エレノア監督のほうを笑顔で茶目っ気たっぷりに見るダイアン。 スクリーンで見るよりもびっくりするほど華奢で目鼻立ちがくっきり。その優雅な立ち振る舞いは若さを凌駕する品格のある美しさでした。 「人生で大切なことはその時々で変わっていくけれど、わたしのなかにはまだまだ恐れや不安でいっぱいの子どもっぽい女性がいるの。

      ただ、恐れや不安は心にあっても、歳をとっていくうちにリスクを恐れなくなってきたと思う。それはわくわくする冒険でもありましたが、エレノアや子どもたちとっては大変な重荷だったそう。 自身もアーティストである彼女は、よき妻、よき母という役割を果たすために自分のアート活動に充てる時間がなくなってしまったことに長年悩んできたと言います。

      「わたしの時代では、女性は夫のために心地よい家庭を作り、子どもを育てるということが当たり前でした。自分のクリエイティビティが抑圧されていることに、ずっとフラストレーションを感じてきたの。 それにくらべてダイアンは、6歳から役者として働き、子どもを育てながら自立した人生を築いてきたわ。を共同で監督してエミー賞を受賞したり、エッセイを出版したり、ビジュアルアーティストとして展示会を開いたりなど、精力的に活動してきました。

      "見せる"べき「以前、エレノアが抑圧されてきたクリエイティビティを解放するひとつの手段としてアート活動に励んだという話を聞いて、とても心に響いたの。自分が情熱をもつことは、たとえそれが趣味であっても、本当に大切だと思う。 この作品では、写真を撮るのが大好きなアンは、自分が撮った写真をジャック見せるのを恥ずかしがるシーンがあります。写真を撮るということは彼女のアイデンティティであり、心の主張でもあるの。

      ただ、彼女自身は家族や友人以外に自分の絵を見せることはしないという。 「だって、わたしの仕事は常に批評されるでしょ。なんて言うと、エレノア監督はダイアンのカーディガンの袖をひっぱりながら「わたしはドキュメンタリー監督をはじめて以来、役者に嘘を言ったことはないわ。そんな様子は、母が娘に話しているようで微笑ましい。 エミー賞を受賞しているのにも関わらず、監督クラスや演技クラスを受講して本作に備え、映画の資金集めのために6年間も奔走したエレノア監督。夫や娘と絶対に比較されるのがわかっていても恐れずに映画を作り、ありのままの自分を世界に見せてくれました。

      そして、そんな想いをパーフェクトに理解して表現したダイアン。 2人の心が通じ合ってつくり上げられた『ボンジュール、アン』からは、人生の行き先ばかりに目を向けるのではなく、たまには立ち止まって一瞬一瞬を楽しむことの大切さを教えられました。


      関連キーワード - アニメ -

      ソフィア・コッポラ、カンヌ映画祭で女性としては史上2人目の監督賞を受賞

      残念ながら、コッポラもキッドマンも授賞式に出席しなかったが、コッポラは「この作品の制作は、興奮の連続でした。本人にとっても全くの予想外だったようで、足元がスニーカーのまま壇上に上がる羽目になった。
      関連キーワード - アニメ -

考察。「The Beguiled」とは何か?

「The Beguiled」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

The Beguiledに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • Tell Me Moreさん: News Topic: The Beguiled recensie
    > https://t.co/w6FwRQBSNr

    #movie #theater - 2 ヶ月 23 日と 20 時間 28 分 35 秒前
  • オッケーやで♡さん: RT @149lunettes: "The beguiled"「白い肌の異常な夜」をリメイクしたソフィアコッポラ最新作。南北戦争下、女学校に敵の負傷兵が運び込まれたことにより、純真で敬虔な淑女たちの間に嫉妬と憎悪の影が差していく…。豪華キャストによる女の園怖い&ち●こで物を考え… - 2 ヶ月 23 日と 20 時間 49 分 41 秒前
  • 憂さん: 「○○(役名)も出ます!」がいけるなら『The Beguiled』も「グレイブス長官が出ます!!」でいけるのでは??(謎理論) - 2 ヶ月 23 日と 23 時間 11 分 16 秒前

    「The Beguiled」に関するブログ
  • ◆最優秀ミステリー/スリラー映画賞(Best Mystery or Thriller Film)
    ・『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』
    ・『ゲット・アウト』

    http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_56.html


  • ソフィア・コッポラ(1971〜)は一番注目しなければならない監督のひとりです。
    2003年『ロストイントランスレーション』でアカデミー賞脚本賞、2010年『SOMEWHERE』でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞、2017年『The Beguiled』でカンヌ国際映画祭監督賞、出す映画すべてがすべて国際的な注目を集めています。
    『椿姫』は衣裳をヴァレンティノ・ガラヴァーニ(1932〜)が担当することで、見たい映画ではなく見なくてはならない映画なりました。

    http://d.hatena.ne.jp/osawatatuo/20171205


  • キャスリン・ビグローの“Detroit"は、編集賞には名前が挙がっていますが、メイン・ストリームからは消えたようです。
    公開済みのソフィア・コッポラの“The Beguiled"も全くタイトルが挙がっていません。
    ジョージ・クルーニーの“Suburbicon"も挙がっていません。

    http://umikarahajimaru.at.webry.info/201709/article_23.html


  • 40/1 “Marshall" 監督:レジナルド・ハドリン(Reginald Hudlin)
    40/1 “The Beguiled" 監督:ソフィア・コッポラ
    50/1 『オクジャ/okja』(米・韓) 監督:ポン・ジュノ

    http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_5.html


話題のトピック