なぜ「Hitler」なのか?

「Hitler」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      笑った後にゾッとする…衝撃映画「帰ってきたヒトラー」が日本公開

      本国ドイツにおいて200万部を超えるベストセラーを記録し、ここ日本でも16万部を記録するなど世界的に話題を呼んだ作品です。そんな同作を映像化した本作は原作の挑戦的な作風を尊重しつつ、現代ドイツの世相をしっかりと映像の中に刻み込むなどの工夫を加え、観るものを惹きつける秀作となっています。

      映画『帰ってきたヒトラー』が、6月17日より日本で公開される。かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識される自信に満ちた演説。過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題に。彼がタイムスリップしてきた〈ホンモノ〉で、70年前と全く変わっていないことを。その事実をを知ったヒトラーは大きなショックを受ける。背に腹は代えられずキオスクで働き始めたヒトラーだが、テレビ番組制作会社のゼンゼンブリンクとツヴァツキのスカウトを受け、テレビのトーク番組に出演することに。ヒトラーは持ち前の巧みな弁舌によって一躍人気者となり、やがて大衆の支持を獲得していく。ヒトラーはドイツをどこへ導こうとしているのか…。ドイツ人が書き、ドイツでベストセラーとなったことで世界中を驚かせた原作は、ヒトラーの一人称で展開される意欲的で強烈、勇敢にして芸の細かい風刺小説。原作自体が賛否を呼びながらもミリオンセラーになっているだけに、作り手に躊躇や遠慮は見られない。本作が見事なのは、フィクションの利点を用いてヒトラーの人間的魅力というタブーに果敢に切り込んでいることに加え、虚実のあわいという映画的な主題にまで触れているところ。ヒトラーになりきったマスッチが実在の政治家や有名人、ネオナチと顔を合わせるアドリブシーンを盛り込んだ過激な内容が話題を呼んだ。

      スポーツはメジャースポーツから地域限定のマイナースポーツまで何でも観ます。

      なぜヒトラーは大衆の心をつかむことができたのか【ヒトラーから学ぶ人心掌握術】

      政治学や力学を体系的に学ばなかったヒトラーを最終的に権力の座に就かせた最大の要因は演説であった。ヒトラーという人は演説がたいへん上手で、ヒトラーの演説を聞くと多くの人が熱狂した。ジェスチャーすることにより、

      ただ、口から言葉を述べるだけよりも、より強烈なインパクトを聴衆に伝えることが出来る。 また、全身が映る鏡の前で身振りなどを研究し、取り巻き連中に効果的かどうかを尋ねることもよくありました。

      抑揚をつけることで、人を引き込む話し方となりました。

      ヒトラーは首相就任まで当時の政府を容赦なく罵倒。そうすることで話者と聴衆にとって共通の敵を仕立て上げ、団結力を生み出しました。

      その後で、『偉大な国家』など、本来は力があることを強調することで、大衆の心を揺さぶることができます。
      スローガンは短いが具体的で、達成したときの情景が浮かぶ。 この当時、ドイツは世界大恐慌によって、国民の生活は更に混乱し、とてつもない大不況におちいっていました。

      刺激的で誰もが復唱できるような歯切れのいい短い言葉を繰り返すことにより、人の心を突き刺し、心を動かしました。

      夕方が一般的に人間の心理的バリアが一番弱まる時間帯である。一日の疲労が、精神的、肉体的もピークに達するのは、夕方。 人々はイライラして落ち着かず、一種の思考低下をきたし、暗示にかかりやすい。 民衆が熱狂したら少し黙って落ち着いた声で話し、そして更に語りかけるという感じで緩急を付けています。

      時に激しく身振り手振りを入れますが、そうでない時は割と紳士的な態度で通します。独ソ戦が開始された当日、ヒトラーは歴史的な演説を行った。長く沈黙を強いられてきたあと、重大な懸念は残るものの、私が最終的に演説するときがきた。まず、ヒトラーが最初に首相になった様子から説明します。当時のドイツの状況を見ますと、1929年に世界中で大恐慌と呼ばれる経済不況があって、ドイツの経済もたいへん苦しいものでした。 橋下徹大阪市長の発言はほぼ毎日、何らかの形でニュースになる。

      【最凶独裁者】アドルフ・ヒトラーの鬼畜すぎる残虐行為まとめ

      基づき、北方人種が世界を指導するべき主たる人種と主張。ユダヤ人をはじめ多くの人々の殺害命令を下した独裁者とされる。ナチス党政権下のドイツが行ったホロコーストの象徴。ドイツ人医師たちは、被収容者をさまざまな実験の検体として扱った。移送されてきたユダヤ人を使ってガス室実験が行われた。じめ一酸化炭素が試用されたが、続いて試された戦車の排気ガスを管を通してガス室に流し込むやり方の方が良いと判断して以降ベウジェツではこの方法でガス殺が行われることとなった。呼ばれていながら、おびただしい数の死者を出した。死因として最も多かったのは与えられる食料の少なさによる衰弱死であった。結核、赤痢、チフス、急性肺疾患、疥癬、丹毒、ジフテリア、ポリオ、脳炎、外科疾患、静脈炎などが流行。慰霊碑によると5万人ものソ連兵がここで拷問されて死亡したのだという。ここに到着するまでの間、何度も激しい戦闘をくぐりぬけ、死体もたくさん見てきたはずのアメリカ兵たちもブーヘンヴァルト強制収容所の惨状には思わず言葉を失った。腐乱した囚人の死体があちこちに転がり、中庭には裸の老若男女の死体が山積みにされていた。生き残っていた囚人たちも肉がほとんどなく骨と皮のようにやせ細っていたのだった。ユダヤ人45万人を絶滅することを目的として設置されることとなったのがヘウムノ強制収容所である。高度の低気圧に人間がどこまで耐えられるかを調べるために行われた実験である。実験に使われた囚人はほとんどが死亡し、生き残った者も重大な後遺症を残した。冷たい海面に落ちたパイロットを救出できるかどうかを調べるための実験であり、冷たい水面につけるなどして囚人を凍死させた後、蘇生が可能かどうか様々な実験が行われた。1945年4月中旬になると、この収容所からの撤収が開始され、囚人たちはダッハウ強制収容所へ移送されることになった。多くの場合、囚人達に銃口を突きつけて歩かせ、水も食料も雨風をしのぐ場所もなく行進が続けられ、脱落した者は銃殺された。ヒンツァートの囚人たちは非常に粗悪な環境の下で暮さねばならなかった。恐怖支配を維持するために拷問と公開処刑は公然と行われた。「私はマイダネクで今まで見たことのないおぞましい光景を見た。ソ連軍が入った時、収容所は生ける屍になった収容者が1000人程度が残されているだけだった。ここのガス室には人々が限界まで詰め込まれたため、死亡したあとも死体は直立したままであった。みなされた囚人を収容する強制収容所に指定された。そのためここの囚人は強制収容所の中でも特に過酷な扱いを受けた。ラーフェンスブリュックでは女性囚人を使った残虐な人体実験が行われていた。切り裂いた傷口からさまざまな細菌の培養液を注入する実験も行っていた。

      > 「毒殺を恐れたヒトラー」その毒見役だった女性の告白
      > ナチス独裁者ヒトラーの壮絶な生き様のまとめ(動画あり)
      > 本物だった!?ヒトラーの和服姿が違和感ありすぎると話題に!
      > 【歴史】 A級戦犯か英雄か① 東条英機 ~アジアのヒトラーは人道的~
      > ヒトラーのように「麻薬中毒300万人殺したい」…ドゥテルテ大統領の発言がヤバイ
      > 【1936ベルリン五輪】華やかさの陰に人々の涙が…。「ヒトラーのオリンピック」にみる五輪の光と影。
      > 「画家志望だった」ヒトラーが描いた水彩画が競売にかけられる

考察。「Hitler」とは何か?

「Hitler」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

Hitlerに関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news1/index.php(562): tweet_output('Hitler') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143