なぜ「Happy spring」なのか?

「Happy spring」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



      MERRY 自らの主張を投げかけ世に問うてきた彼らが結成16年目に辿りついた“禁断の世界”

      ――トリッキーかつ哀愁味のあるメロディラインを軸に、奇天烈に爆裂するアッパーチューンあり、昭和歌謡をベースにしたレトロな歌モノあり。初期の作品に通じるような、いわば“見てはいけない世界”を感じて、思わず“これが聴きたかったんだ!”と言いたくなりましたよ。 結生(Gt):個人的にもMERRYのギタリストというより、MERRYのいちファンとして作ったような感覚なんですよね。

      散歩しながら制作途中の曲をイヤホンで聴いて、“MERRYのニューアルバムってこんなもんじゃねーだろ!”って感じで、その後またMERRYモードに戻って“じゃあ、こうしよう”ってアレンジを進めていくという。”って感じたら、その理由を探したりしました。

      日比谷デモクラティック~羊達の主張~』だったんです。節目の度に立ってきたあの会場で、進むべき方向が見えたというか。結局、俺らは『エムオロギー』という主張をしたかったんですよ。 ――アルバムリリースと『エムオロギー』というタイトル、それを引っ提げた47都道府県ツアーも、あの日に発表されましたからね。

      ガラ:そこで発表するために、まず、先にアルバムタイトルを決めたっていうのも、今までになかったことだと思うんですよ。”っていうのを細かく話し合って、1曲ごとにテーマを決めながらピースを埋めていったから、すごくわかりやすかったんですよ。 ネロ(Dr):そのテーマはCDのブックレットにも記載されていて、レコーディングの後半戦は完全にそれに沿って進めていった感じです。歌やメロディが立っているものが揃っていたので、自ずと新曲ではライブ感や、強い曲というのを模索しながらやっていきました。

      ドカン!と終わってきてたんで、それを超える曲を作らないと完成しないなぁと。今まで自分のことをバンドマンって言ってたけど、今はミュージシャンって呼びたいんですよ。アーティストとしてもっと上を目指さなければいけない。 ――では1曲ずつ、その曲テーマも合わせて伺っていきます。とは“妄想”というテーマで、想像してはいけないものを考えて……例えばビルの屋上に上っても、飛び降りたら死ぬなと思うから普通はやらないじゃないですか。っていうところから、コンピューターの狂ったような音を入れてみたり、実験的なアレンジに挑戦して。最初は普通の曲だったのがSEにしようという話になって、自分はSEを作った経験がないので試行錯誤してたんですけど、そこから結生くんが大胆なアレンジをしてくれました。

      結生:デモの段階のコンピューターがブッ壊れた感覚に、どこか近未来的な雰囲気を持つ『エムオロギー』というワードに繋がるものを感じたんですよね。

      あとは客観的に見たとき、MERRYっぽさの一つに“生々しさ”があるなと感じたから、それをデジタルと上手く融合させようと、女性のソプラノコーラスとかストリングスの音とかを生で入れたんです。その結果、綺麗だけど気持ち悪いような雰囲気が出せたらなぁと。だから反日常的な歌詞になるだろうと思っていたし、それに反したキャッチーなメロディと楽曲構成こそがMERRYなんじゃないかと。 ガラ:結局これ、何もできなくて世間に文句だけ言ってるヤツのことを歌ってるんですよね。

      待ってるだけじゃ何も変わらないから、そこから抜け出そうっていうのが俺の中の『エムオロギー』なんですよ。周りなんて関係なく、俺らは俺らなりの主張をしてMERRYというもの、ガラというものを残していきたい。誰かを羨んだりグチグチ言ったりするヤツに限って、動いてないんですよ。動いてる人はそういうことを言わないし、周りのことなんて気にしないんですよね。

      ガラ:16年MERRYを続けてきましたけど、別に惰性だとか趣味でバンドやってんじゃねーぞ!っていう想いが、ここ数年強くなっているんですよ。”っていうところに、だんだん想いがシフトしていってる。だから、今まで自分のことをバンドマンって言ってたけど、今はミュージシャンって呼びたいんですよ。う、そのタイミングにMERRYは来ているし、アーティストとしてもっと上を目指さなければいけない。だから、このタイミングでこの歌詞、このアルバム、このタイトルが出せたのは、俺にとってはすごく必然で、もっとちゃんとMERRYを伝えなきゃ!と腹を括れました。

      その結果、横から口を挟むのが好きな俺が、今回は楽曲に関しては一切何も言ってないんですよ。 結生:やっぱりMERRYは歌が大事なんだってことに、自分も気づけたんです。 MERRY結生(Gt) MERRYのいちファンとして作ったような感覚なんです。 ――これ、曲と歌詞のギャップが凄まじいですよね。

      曲だけ聴いたら切なくて泣ける曲なのに、歌詞は完全にSM。この曲は最初のテーマが“依存”だったので、普通じゃない状況を思い浮かべられる音を入れようと、ベルのような効果音も使ったりしたところに、こんな歌詞が来て。まとめるのは大変だなと思いつつ、すごく楽しくアレンジできて、最終的に“嗜好”というテーマになりました。

      ガラ:タイトルは英語で“極彩色”とか“派手”とかっていう意味なんです。ただ良い意味の派手じゃなく、イメージしたのは大阪のおばちゃん的なけばけばしさ。 テツ:ベースに張っている弦とかピックとか大元の部分を見直した結果、すごく音が良くなったんですよ。それこそ『現代ストイック』がそうじゃないですか。野音の前に原曲が出来ていて、それこそイントロのネタだけは昔に作ったものを、いつか出そうと温めていたんです。とのテーマは“核兵器”で、それにしてはポップすぎるかなぁと不安だったものを、結生くんがメロディを付け直してくれて、ものすごく核兵器っぽくなりました。

      ただ、マーチングというか、民族っぽい雰囲気にはしたくて。ライブでも盛り上がりそうな気がしてるんで、すごく楽しみです。歌詞の流れで言うと、ここまでは基本的に待ってる人の歌なんですよ。“未来はきっと明るいだろう”って他人事みたいに歌ってるから、まだちょっと待ってるヤツかもしれない。 ネロ:この曲は元のテーマが“ギャンブル”で、僕は『賭博黙示録カイジ』みたいなものをイメージしてアレンジしてたんですよ。ガラがもっと俯瞰から世の中を見た感じの歌詞にしてくれて、最終的には“歯車”というテーマになりました。

      大概ダメなヤツって、こういうことを言うんですよ。何においても“まぁ、明日があるさ”とかって、ギャンブル好きの人とか、まさにそうじゃないですか。 ネロ:それを言ってる真ん中の演説のところとか、いいですよね。

      とMERRYはライブを意識した曲が多いんですけど、今回のアルバムは特にライブ感があると思う。 ガラ:これは野音で演奏したときのバージョンで、本当はファンクラブ限定盤にだけ入れるつもりだったんです。全部コッチに統一したい”っていうLINEがみんなに来て。11曲並べて聴いたときに感じた違和感が、このアレンジで録り直したものに替えたら無くなったんですよね。

      差が激しいみたいで、歌詞も同じはずなのに同じに聴こえない。コッチのほうが生々しいので、ぜひシングルと聴き比べて楽しんでほしいです。飛躍的に説得力が増したなと、私も強く感じていました。

      出来たときは、なんか変に浮いちゃうんじゃないかっていう心配があったんですけど、こうなったことによって馴染んだ感がありますね。


      ガラ:たぶん、リリース当時は“このままじゃいけない、変わらなきゃいけない”という気持ちばかりが先走って、そこに付いて行けてない自分がいたんです。そうなると当然ファンも安心して付いてこれなかったのが、ライブでやり続けることによってどんどん自分と一体化して、ファンが聴いても“いい曲だな”と感じてくれるようになったんですよ。ギャップも激しい相当エキセントリックな曲で、随所に琴の音が入っているのがよけいに不気味です。 結生:簡単に言っちゃうと、ありえない組み合わせで、普通じゃない世界観を作りたかったんですよね。

      “和”の要素って、俺の中では『エムオロギー』に必要不可欠なものなんですよ。ガラの声色もコロコロ変わって、秒針の音が焦燥感を煽る張りつめた空気感から、いきなり<したいしたい>と喚き出すのに、最後はなんか変な感動があるっていう。良くも悪くも適当に歌ったんで、ライブは絶対に音源とは同じにならないと思う。 結生:常に3つくらい音が鳴ってるから、どれがメロディなのかもわからないしね。

      ――歌詞も一見卑猥に見えて、ダブルミーニングの非常に良く出来た歌詞ですよね。

      同じ“口に出す”でも物理的に“出す”のと“言葉にする”の両方の意味が掛かっていたり。

      ただ、それだけだと歌詞が微妙だなぁってことになって書き直しました。

      単にエロい歌詞を書くだけだと、やっぱり普通になっちゃうんで。この歌詞とこの歌を歌えるボーカリストは、なかなかいない。感動させる締めくくりがギャップ満点で、インパクト大ですよ。 ガラ:この曲のテーマは“未来”ですからね。

      ここまで文句を言ったり、燻ってたり、暗いことばかり歌っていたかもしれないけど、やっぱり最後には希望というか、俺らなりの未来を示したかったんです。ツアーのことも念頭に置いて考えて作った曲なので、47都道府県ツアーで1本しか足を運べない人にも、その日、全力で俺らを感じてください……という想いも込めて歌詞を書きました。

      健一:もともとMERRYはライブを意識した曲が多いんですけど、今回のアルバムは特にライブ感があると思うんですよ。 ネロ:あとは、ちょっとインテリになった気がするんですよ。あとはバンドマンと飲んでいても、思想を持ってやってる人たちと話が合うようになった。 ガラ:自分も今回は歌詞に専念することができたんで、この『エムオロギー』を聴いてもらえれば今、俺が思っていること、伝えたいことが全部わかってもらえるはずです。

      ただ、アルバムとしてはこれで完成でも、さらなる完成形には俺らだけでは到達できないんですよね。

      ライブを観に来たファンの人たちと一緒に共有してこそ『エムオロギー』は完成するから、47都道府県ツアーの1本1本で皆さんにちゃんと熱いものを届けていきたいです。

      ただ、俺らがその空間をちゃんと作ってあげないと、お互いに“あ、久しぶりっす!”ってノリになっても面白くないんで、ちゃんと先導していけるツアーにしたいです。ちろん『エムオロギー』がメインなのは変わらないんですけど、そこに『現代ストイック』だとか2ndの『モダンギャルド』あたりから、“妄想”“嗜好”“思想”それぞれに当てはまりそうな曲をつまんで、ある意味ベストツアーみたいな感じにはしたいなと考えてます。 健一:結構狭い会場も多くて、そういう客席との距離が近いライブのほうが、お客さんの反応も伝わりやすいので楽しみです。たぶんツアー中に2、3回衣替えしなきゃいけないんじゃないかなぁ。やれる自信があるからこそ、このツアーにも賛成しましたし。会場がリニューアルされたっていうのを聞いて、“じゃあ、久々だからやろう!”ってなったんですけど、考えてみたら前回2003年のワンマンも『青年達の主張』っていうタイトルだったんですよね。

      日本青年館で“青年達の主張”をしたバンドが、14年経って野音で『羊達の主張』をやって、またそこに戻ってくるっていう流れも面白いと思うから、期待していてください。※数量限定のため、予定数が無くなり次第販売を終了致します。記事の感想や『SPICE』へのリクエストも書き添えて、下記の方法でドシドシご応募ください。
      関連キーワード - AKB48 - EXILE - Hey!Say!JUMP - LINE -

      Risky Melody主催イベント「Happy Carnival」を実施。千秋楽となった東京公演は8時間に及ぶ熱狂が繰り広げられた

      このイベントは、ガールズバンドやアイドル、ソロシンガーなどジャンルを超え多種多彩な女性アーティストたちが共演してゆく内容。途中にトークコーナーも設け、出演者どうしによる素顔の垣間見える会話も実施。題し、東名阪のライブハウスを舞台にイベントを実施。High!!/雪乃ユーリ/KONSOME+/前田みつき/みならいモンスター/MIAKA/969が出演。ファンたちも一緒にイベントを盛り上げようという意識を強く持っているところにも特徴がある。前半部には、着ぐるみのメンバーが追加になったバンドアイドルのHONEYBEEや、オケも加えつつ弾き語りを軸に据えたステージングを見せた深月るな、迫力ある声をぶつけたシンガーのMIAKA、可愛さも魅力にしたガーリーなバンド、969やみならいモンスターなどなど、バンド/シンガー/アイドル様々なスタイルのアーティストたちが登場。演奏する形もバンド/弾き語り/オケと多種多様なれば、ポップスから激しいロックなスタイルまで多彩な魅力を放っていた。 トークコーナーでは、出演者たちが舞台に勢ぞろい。 後半は、バンドを中心に次々と熱いステージングを実施。Jadeなど、こちらも多様な魅力を持ったバンドが終始場内へ熱を注ぎ続けでいた。ファンやメンバーたちと彼女の誕生日を祝うサプライズも登場。 幸せや笑顔って、こんな風に無邪気な自分に戻り夢中になって楽しめてるから生まれてゆくもの。Melodyのライブは、『閃光よりも眩しいヒカリ』からスタート。躍動する演奏、ALICEの歌声は、触れた人たちの気持ちに情熱を注ぎ込んでゆく。彼女の歌声や気持ちを弾ませる演奏に刺激され、フロアーでは飛び跳ねる観客たちと無数の拳が舞い踊っていた。フロントに進み出て観客たちを煽ってゆくギターのMAYU。間奏のギターソロでは、彼女の元へ無数の手が捧げられていた。 情熱渦巻く歌謡ロックナンバー『情熱Splash!』が炸裂、なんて雄々しくも感情を熱く熱く盛り上げてゆく歌だ。

      サビではALICEの歌に合わせ、会場中の人たちが沸き上がる情熱のままタオルを大きく左右に振り続けていた。腹にズシッと響くRieのドラムを合図に、楽曲は重厚なドラマを描き出した。何より、雄々しいALICEの歌声に、気持ちの昂りを止めることはなかった。凛々しい始まり、秘めた情熱は演奏が進むごとに大きく膨らみ、サビで爆発していった。何時しかALICEのまわりに大勢の観客たちが押し寄せ、熱いエールを捧げていた。大勢の人たちがスクラムを組み、込み上げる感情をぶつけずにいれなかった。ツアーも今回で2回目で、レギュラーイベントも20回以上。楽しくしたい、楽しみたい、その気持ちがこの空間を作っています。

      ジャンルを越えて楽しめるイベントにしていきたい。(ALICE) 最期は哀切な歌メロの中へ美しも華やかなドラマを描く、スケールあふれた『ペチュニアの咲く丘』だ。

      弾むビートに合わせサビでみんなで大きく手を振りはしゃいでいたとき、童心に戻れていた。幸せや笑顔は、無邪気な自分に戻り夢中になって楽しめるから生まれるもの。最期は、この日出演したメンバーたちを呼び入れて大セッション。ステージには無数のバルーンも華やかに飛び交っていた。そのカラフルな色は、ここにいる人たちみんなの心の色。Melodyが鍵盤&コーラスのYuka(Les.R)と一緒に、どんな風に役者や物語と絡んでゆくのかも楽しみにして欲しい。
      関連キーワード - AKB48 - EXILE - Hey!Say!JUMP - LINE -

      ニコラス・エドワーズ、2016年の集大成となるライブ映像作品の詳細を解禁

      Document』のジャケット写真と収録内容が発表された。赤と黒の和洋折衷の衣装に身を包みステージ上に立つ姿が印象的なジャケットとなっている。

      さらに、DVD&Blu-ray2枚組の豪華収録内容も発表となった。CONCERTの模様をアンコールを含めた全21曲余すことなく収録。各公演からピックアップされた全20曲が収録されるメモリアルな一枚となっている。

      このDVD&Blu-rayには各公演の写真をふんだんに盛り込んだ24ページのブックレットが封入されるほか、全3種類の内ランダムで1種オリジナルポストカードも封入となる。こちらもとても貴重な商品となっているため、是非一度チェックしてみてはいかがだろうか。
      関連キーワード - AKB48 - EXILE - Hey!Say!JUMP - LINE - Instagram -

      La PomPon・KIRI作詞の話題曲「come on NOW」が配信決定!

      store、ドワンゴジェイピー、mora他で配信されることが分かった。から誕生した楽曲で、KIRIが作詞を担当し、同番組で共演するDickeyが曲を付けたもの。PomTer(=ファン)を中心に話題を呼んでおり、配信&音源化が切望されていた。大手音楽配信サイトにて配信を開始し、好評を博している。


      関連キーワード - AKB48 - EXILE - Hey!Say!JUMP - LINE - Instagram -

考察。「Happy spring」とは何か?

「Happy spring」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

Happy springに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 美蘭さん: RT @USJ_Official: 【 - 1 ヶ月 14 日と 13 時間 4 分 2 秒前
  • アリスさん: @will031025 - 1 ヶ月 14 日と 13 時間 39 分 48 秒前
  • ハル@LOVE×3ありがとうさん: RT @Art_C_Lounsbery: Happy Halloween! #Halloween2017
    > https://t.co/BbpgU3Gpko

    - 1 ヶ月 14 日と 13 時間 40 分 40 秒前
  • アリスさん: @siro_0406 いづなちゃんおはようございます꒰⑅•ᴗ•⑅꒱ - 1 ヶ月 14 日と 13 時間 45 分 11 秒前
  • Mikey Jacksonさん: @spring_flower73 I’M SO HAPPY FOR YOU - 1 ヶ月 14 日と 13 時間 50 分 13 秒前
  • アリスさん: @wvxnm おハロ! - 1 ヶ月 14 日と 13 時間 50 分 37 秒前
  • アリスさん: @ranranranmakun - 1 ヶ月 14 日と 14 時間 50 分前
  • Norah Markerさん: Happy day of the Spring!!!!!! - 1 ヶ月 14 日と 14 時間 56 分 27 秒前
  • 舞莉さん: とりあえずhappy❤ - 1 ヶ月 26 日と 23 時間 13 分 15 秒前
  • Missy Monroeさん: The happy spring journey
    > https://t.co/r9TZ6JN62D

    - 1 ヶ月 27 日と 33 分 4 秒前
  • 진여영さん: RT @sonnaberries: A lucky happy hopping nangni
    > https://t.co/rzeLnoX0m6

    - 1 ヶ月 27 日と 45 分 51 秒前
  • w_Springさん: RT @Namsangeun: 야무지게 케이크 써는 울갓#Happy_Wolf_Day
    > https://t.co/ax49G7ZGP8

    - 3 ヶ月 5 日と 23 時間 25 分 52 秒前
  • さん: RT @nikittysan: #무한이들과_인슾의_소중한6년 Happy birthday #Inspirit!!
    > https://t.co/Wt5l5ecaMZ

    - 3 ヶ月 28 日と 5 時間 20 分前
  • 東堂と真波のhappy end劇場さん: (ㅍ∇ㅍ)…ハッ(ㅍ∇ㅍ)いかんいかん、ソファーで転た寝など(ㅍ∇ㅍ)真波にしめしがつかん…………(ㅍ∇ㅍ)スヤ…………~spring beauty~ - 3 ヶ月 28 日と 7 時間 12 分 59 秒前
  • すずよし みさこさん: @happy_rino08 だめだよ、springが最初に来ないと(こだわり) - 3 ヶ月 28 日と 9 時間 4 分 34 秒前

話題のトピック