なぜ「Bonnie and Clyde」なのか?

「Bonnie and Clyde」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



考察。「Bonnie and Clyde」とは何か?

「Bonnie and Clyde」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

Bonnie and Clydeに関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    「Bonnie and Clyde」に関するブログ
  • あらすじを書いてもこの本の魅力は伝わりませんが、要するに幕末の刀が蔓延るご時勢に拳銃とライフルを得たヤクザ者が「俺たちはギャングだ」と賭場荒しをすることから始まり、やがて悪どく金稼ぎをする人の財産を強奪して貧しい人に配るようになり、講談師と仲良くなって自分たちの宣伝をしてもらい、やがて幕末の混乱に巻き込まれるという内容。
    途中から著名なアメリカ映画“Butch Cassidy and the Sundance Kid(邦題:明日へ向かって撃て!)"と“Bonnie and Clyde(邦題:俺たちに明日はない)"を思い出しますが、結末もそんな感じ(より前者に近い内容)でした。
    とはいえ、僕たち世代にとってアメリカン・ニューシネマは身体感覚になっています(ハリウッド流ハッピーエンドには説得力を感じない)ので、たいへん納得のいく、説得力のある結末だと思いました。

    http://keizo-goshi.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/arakure-7ed4.html


  • 発音表記の違いなのだ。
    彼はシャーリー・マクレーンの弟で、「俺たちに明日はない」(Bonnie and Clyde)でスターの座を獲得し、その後多くの女優と浮名を流した。
    *

    http://blog.goo.ne.jp/ocadeau3/e/9a559145fc8a8242dde32473110e421e


  • 発音表記の違いなのだ。
    彼はシャーリー・マクレーンの弟で、「俺たちに明日はない」(Bonnie and Clyde)でスターの座を獲得し、その後多くの女優と浮名を流した。

    http://blog.goo.ne.jp/ocadeau3/e/9a559145fc8a8242dde32473110e421e?fm=rss


  • 3時間にも及ぶ長い動画でしたが、今年の授賞式の最大の出来事は、すでに報道されているように、最後に発表される作品賞を間違えて発表してしまったことでしょう。
    賞のプレゼンテーターも賞ごとに入れ替わり立ち代わりかつての名優や現在の名優が行うので、楽しみの一つですが、最後の作品賞のプレゼンテーターは『俺たちに明日はない』(英語原題 Bonnie and Clyde )のウオーレン・ベティとフェイ・ダナウェイでした。
    『俺たちに明日はない』で一世を風靡した2人ですが、今はすっかりいいお爺さん、お婆さんになっています。

    http://blog.goo.ne.jp/creativeness/e/a01c392c69823534c3d159f69af1ca77


  • おお、Foggy Mountain Breakdownじゃないか。
    俺たちに明日はない(Bonnie and Clyde)でめっちゃ有名な曲だし、Youtubeには素人玄人問わずになんぼも演奏がアップされてる。
    でも、難しくね?

    http://blogs.yahoo.co.jp/hugh1077/17953588.html


  • 「Bonnie and Clyde」に関する教えてGoo!
  • 林田健司の初期の作品などで編曲をしている「Bonny & Clayd」(bonny & clayd)とは、誰なのでしょうか?

     発音やつづりは異なるものの、映画『俺たちに明日はない(BONNIE AND CLYDE)』のボニーとクライドから取った名前だということはわかります。

    しかし、それ以上は、まったくわかりません。
    映画と同じで、女(Bonnie)と男(Clyde)のペアの編曲家なのでしょうか?

     それとも1人? もっと有名な誰かのペンネーム? 本名、プロフィール、他の編曲作品などをお教えください。よろしくお願いします。


    こんばんは。
    アレンジャーの氷室昌之さんと林田健司さんご本人のことのようです。


    googleで“Bonny & Clayd”で検索してみてください。ファンサイトらしきものがあります。
    (リンク先を書きたかったのですが、そのサイトがリンクフリーではないと書かれてあったので一応・・・)
  • 昔見た映画のタイトルがわからずに、困っています。


    うろ覚えですが、舞台はアメリカっぽかったような気がします。男というか青年達(4人くらい)が車で犯罪を犯しながら、逃亡のような旅のような感じでアメリカの田舎道を走っています。


     そして最後は銃撃戦になって、何人かは死んでしまいます。


    内容があっているかは、分かりませんが分かる方がいましたら、教えて欲しいです。


    『俺たちに明日はない』(Bonnie and Clyde) 1967年米
    ラストのボニーとクライドがハチの巣にされるシーンが強烈な印象で残っています。



    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%BA%E3%81%9F%


  • 思わずグッジョブ・・と頷きたくなる、そんな洒落た邦題の洋画を教えて下さい。
    そうですねぇ、私は「愛と青春の旅だち」ですかね。これしかないって感じのナイスな邦題だと思います。

    そういえば、深夜に「デブラ・ウィンガーを探して」って意味深な邦題の映画がTVであるようですが、これもなかなか洒落てますね。
    思わず見てみたくなります。
     「きみに読む物語」(THE NOTEBOOK)
     
     原作を翻訳している 雨沢 秦 さんの力量だと思いますが、内容にもっとも合致していて美しい題名だと思いました。


話題のトピック